12月25日は、イエスではなく悪魔大王ニムロドの誕生を祝う日




前書き


再掲~謎の転落死を遂げた
クレヨンしんちゃん作者・臼井さんは
日本人の真の正体を漫画に描こうとしていた!

http://ameblo.jp/64152966/entry-11220799413.html



ご存知のように再掲載した記事です。

にもかかわらず、思っていた以上にかなりの関心が集まって

私自身、驚いています。

ところが、それ以上に驚いたことがあります。

京大ダメ子さんが、今年の10月に記事をアップしていた事です。

~不老不死のクロネコ・ヤエと桜の木の下で再会~「騙されるな」

http://ameblo.jp/madonna-ayumi/archive1-201510.html


ネットの世界に再デビュー致します。

最後の更新が、2009年の9月・・・

あれからもう6年が経っています。

6年も放置していて、ブログを再開するなんて聞いたことがありません。

ブログをやっている人なら分かると思います。

しかも、いきなり・・・

ネットの世界に再デビュー致します。~なんてねぇ・・・。

私もその記事を読ませていただいたのですが、

どうも違う人物が書いているように思えて仕方ありません。

しかも、末尾に・・・

これから徐々に小出しにしていきます。
追記。あくまでもこのブログは一人称であることを御理解ください。

以上のような注釈が入っているのも何か変です。

これから徐々に小出しにしていきます。・・・と。

しかし、それ以降、記事は出ていません。

何やら、既成事実づくりに出しているとしか思えません。

外部の人が、注目し始めたからでしょうか?

ご本人だったら、何等問題は無い訳ですが、

もし、あのサイトが何者かによって、既に、乗っ取られているとしたら、

やはり、
京大ダメ子さんの安否が大変気になります。

私には、最新の記事は、京大ダメ子さんが書いたとは思えないのです。

皆さんは、如何思われたでしょうか?

京大ダメ子さんは、我々の窺い知ることの出来ないような

パンドラの箱を開けようとしていたのかもしれませんね。

決して開けてはならないパンドラの箱を・・・




      




----------------------------------------



クリスマスは、イエスではなく悪魔ニムロドの誕生日

http://ameblo.jp/64152966/entry-11723858209.html



クリスマスはニムロド(ニムロデ)生誕を祝うもの



「Merry Xmasの『X』というのは、二ムロドの象徴で、merry Xmas は

『Magical or Merriment Communion with Nimrod』という意味である。
ニムロドの誕生日は12月25日の日曜日で、それはバビロニアの

安息日である。したがって、クリスマスはイエスではなくニムロドの

生誕を祝うものである。
ニムロデのシンボルが『X』の十字であることは重要である。

多くの魔女(例えばチャールズ・マンソンの女性たち)の額の上に

このマークがある」-ジョントッド

--------------------------



   12月25日は、イエスではなくニムロドの誕生日


こう書かれているのは、上の画像の本です。
本というより、80ページ程度の小冊子と言える体裁のものです。
タイトルは、「イルミナティと魔術」。
著書は、悪魔の13血流随一の強力なオカルティストの家系、

コリンズ家のジョン・トッド。
ジョン・トッドは、イルミナティのおぞましい秘儀をこの本によって

世間に暴露したがために、イルミナティに暗殺されてしまいました。


--------------------------



クリスマスでは、いったい誰を祝っているのだろうか?

Who Are You Honoring on December 25th ?






人々が毎年、12月25日に敬愛して祝う「LORD」(世界のほとんどの

人が、それはイエス・キリストのことだと思い込んでいる)なる存在は、

実は、まったく敬愛すべき存在ではないどころか、恐るべき存在なのです。

イエス・キリストは、もっと暖かい季節に生まれたのです。

イエスが生まれたとき、羊飼いは、彼らが飼っている羊とともに

野外でスヤスヤ寝ていたのですから。管理人:イエスが生まれた

土地では10月下旬までは野宿することがあったようですが、

12月では確実に凍死してしまうのです)
断じて、イエスは氷雨の降る12月に生まれたのではないのです。

では、12月25日に生まれたのはいったい誰なんでしょう。
それは、他ならぬエホバの神(旧約聖書の唯一神、ヤハウェのこと)

に最初に敵対した人間--そう、ニムロド(NIMROD)なのです。

ニムロドの生誕祭は、西暦起源のずっと前から異教徒たちが

祝ってきたものです。
毎年、正確に12月25日、バビロニアの女神(セミラミス )の息子に

祝意を表して。(ニムロドはセミラミスの子供)
その後、この同じ祭はローマ教会でも採用されるようになり、

この祭りの名前に「キリスト」というネーミングが加えられました。

カルデア人の韻文を意訳したものによると、このように言っています。
クシュ の息子(クシュの父はハム 、その父はノア )・ニムロドは、

純潔な血を抹殺してエホバに反逆し、邪悪を世に蔓延らせた」と。
ニムロドは確かに12月25日に生まれました。

ニムロドが死んだとき、その死は

yule log(クリスマスイブに暖炉で焚く太い薪)として表わされる

ようになりました。
ニムロドの死は、この偉大なる“神”の薪の中に封じ込められ

暖炉に投げ入れらることによって祝賀されるのです。

--------------------------


ニムロドと薪(yule log)、ニムロドとクリスマス・ツリー

ニムロドとは、

世界最古の都市国家と言われているバビロンの支配者です。
【ニムロドの末裔たちによる新バビロンの構築】

ニムロドは、現世を支配している神から離れ、

神に敵対する背教を起こし、これを組織化して広めた人物です。
彼は自分を生んだ女性、つまり、実の母親-
セミラミス という

名前の女性と結婚しました。

ニムロドの死後、いわゆる彼の“母親妻”セミラミスは、

ニムロドが霊的な存在となって生き続けているという、

邪悪な教義を世の中に普及し始めたのです。
セミラミスは、完全に枯れてしまった木の切り株から、

一夜にして大きな常緑樹が生え伸びたと主張しました。

死んだニムロドの新しい命が、その中に宿っていると言い出したのです。

セミラミスは、毎年、ニムロドの誕生日の12月25日には、

その常緑樹にニムロドの霊が憑るので、ニムロドへの

プレゼントとして、その木に贈り物をくくりつけるように人々に

伝えまわったのです。
これがクリスマスの本当の起源なのです。

伝統的に、クリスマス・イブには暖炉の中に大きな薪(yule log)

がくべられ、それは一晩中燃え続けるのです。
そして、あたかもマジックのように、贈り物で飾られた

クリスマス・ツリーが部屋の中に出現する、ということに

なっているのです。

大きな薪(yule log)は、太陽神・ニムロド自身を表しており、

クリスマス・ツリーは、ニムロドの息子・タンムズ(Tammuz)として

ニムロドの復活を表しています。


--------------------------


管理人

サンタ SANTAって言葉は、子供の頃から誰でも知っている

訳なんですが、一つ文字をずらすと SATAN ですね。


SANTA ⇒ SATAN 悪魔


彼ら一流の隠語というかジョークのつもりなんでしょうか。

我々は、幼い頃より、悪魔に媚を売り、親しみを覚えさせ

られ続けて来たということになりましょうか。

悪魔崇拝の連中が、いつの間にか、キリスト教と組織そのものを

乗っ取ったのでしょう。

面白いことに、日本の新興宗教のほとんどが、この悪魔教に

属すると考えられています。

トーイツ、ソーカ、オウム、コーフク・・・

日本を裏から、グチャグチャにしている実働部隊と化しています。


宗教法人優遇税制も日本を支配している連中が命じてやらせた

ものに違いありません。

その資金力を日本支配の為に使わせる為でしょう。

そういう意味では、カルト宗教はタチの悪い悪の巣窟になって

いると考えておいたほうが良いと思います。

無論、普通の一般信者の人は何も知りません。

だから余計に始末に悪い。

いわゆる、家畜国民B層の人に輪をかけたくらいに始末に

悪い訳です。


もうお分かりかと思いますが、彼らの一番のボスは、

イルミナティ=666ってことです。

500年前から日本にやって来ている宣教師の真の正体は、

国家を支配する為に派遣されたスパイだったという訳。










AD

コメント(21)