あるサイトを批判するのは相当な覚悟が必要!






https://twitter.com/tokaiamada/status/674490332986269696

予言で有名な松原照子氏が地震に注意喚起⇒予言の正体が話題に!

記事の投稿時間を改変したトリックだった!?

この松原さんに対する文は完全に誹謗中傷のウソ

私は311当時連日、彼女をチェックし、陸前高田の記事から

数日後に壊滅を確認した

https://twitter.com/tokaiamada/status/674491715722473472

当時、松原照子による陸前高田の予言、大震災に至る経過を

自分の目で確認していた人も大勢いるはず

私も、その一人 彼女の予言は完全に事実だ

それを一ヶ月もの後出しであるかのようなウソ記事を載せるな!

私は彼女からビタ一文もらってないよ

https://twitter.com/tokaiamada/status/674491034022244352

こんな嘘つきデタラメ誹謗記事を掲載するようでは

「真実を探すブログ」も終わりだな

このところ、ロシアの領空侵犯をアメリカやNATOが正当のように

批判していたし、ちょっとおかしくなってるなとは思ってたが、

真っ赤なウソを記事にするようでは問題外!

ここからは管理人

私も「真実を探すブログ」さんを推奨ブログにしている関係上、

スルーする訳にもいきません。

という訳で、拙ブログにて記事として取り上げることにしました。

例え予言サイトであろうと、他のサイトやブログを公式の記事で

批判するのはかなりの下調べが必要。

また、相当の覚悟も必要になってきます。

「真実ブログ」さんが間違いであると理解したら

謝罪と釈明記事を出す必要があります。

アマさんへの謝罪もあって然るべきです。

何故なら、アマさんは311以前に予言されていた事実を

リアルタイムで目撃し、その信用をもとに、311以降、

松原照子さんの記事を随分引用されておられた訳ですから。

つまり、アマさんへの間接的非難と受け止められます。

「真実を探すブログ」さんは、まだお若いのですから、

将来のこともあります。

もし、きちんと総括出来たら、謝罪なり、釈明記事を出すべきだと思います。

もし、そのことが全く成されない場合には、拙ブログにおける唯一の

推奨ブログを取り消さざるを得ません。

真実さんには、善処されることを強く望みます。

ところで、大地震の可能性としての予測と一方の予言とでは

その意味合いはまるで違います。

ただ、何故、予言出来たのかについては、多少の疑念は残ります。

これは、また全く別次元の問題になります。

---------------------------------------------------



http://ameblo.jp/64152966/entry-11112786084.html ~より

o0600042611144113774.png

イルミナティ カード・東京銀座のワコー時計台は3.11をさしている
倒壊する時計台の中で真っ先に逃げてるのは、外国人達である)



600x450-20100311004341_1.jpg


2007.10(ニュートンでは地震の規模が伝えられた)



2月下旬に京大カンニング事件が起きた。
京大の入試問題が「aicezuki」というハンドルネームでヤフー知恵袋に

投稿された。
中東問題に揺れる中この事件をなぜかメディアは大々的に取り上げた。

「aicezuki」逆から読むと「ikuzecia(いくぜCIA )」になる。

後ほど犯人は東北仙台出身の予備校生だという事が分かる。

「いくぜCIA 」が地震実行の合図で、東北出身が震源地であると言う

暗号である可能性が高い。

そして、カンニング事件が報道されると同時にゼネコン・建築関係の

株式の出来高と株価が軒並み上昇を始めている。

特に犯人が逮捕された日は出来高が急激に上昇している。

佐田建設、東洋建設、世紀東急工業、 熊谷組、三井住友建設、

大末建設、 技研興業、東日本ハウス、東海リース 他多数。

01898t00000z00000z00000z00000z00000z1006011112222212002110222222122000120110427のコピー

(2月後半から地震前日にかけて、出来高が急上昇している

世紀東急工業)

01873j00000z00000z00000z00000z00000z1006011112222212002110222222122000120110427のコピー

(東日本ハウスは、2月後半から地震前日までに不自然に出来高が

増え始め株価が上昇。大量の買い注文が入っている。)

これはインサイダーによる仕手筋の動きである。

しかも建築業界の株ばかりだ。


この現象は阪神大震災の時にも起きたことだ。

復興後の需要の拡大を見越して確実に株価が上がる銘柄を地震前に

集中的に買いを入れ、地震後、売り抜けた者達がいるのだ。

普通は株式市場ではインサイダー情報でもないかぎり

このような買い注文は絶対に入らない。

OSSの機密文書にも記載されているとおり、
スパイたちは事前に地震が

起こることは何らかの媒体を通じ知らされる。 カンニング事件から地震が

実行されるかどうかを判断したのだろう。

犯人が逮捕された仙台市の沖が震源地だった。

このように
CIAなど謀略機関は直前まで実行可能かどうか

協力者には教えない。

もちろん情報が漏れる事を防止するためだが、

直前になって中止になる場合や、プラン変更もありえるためだ。

人工地震 は近年多発しており、スマトラ島沖地震(2004)、

四川大地震(2008)、ハイチ地震(2010年)

ニュージャージー地震(2011)等。

日本においては阪神淡路大震災(1995年1月17日)も
人工地震であった

ことが予想される。

c0139575_21223251_20110427054737.jpg c0139575_2113742_20110427054752.jpg


平成7年1月8日、オウム真理教の麻原彰晃はラジオ放送(【中波1476Hz】

=1+4+7+6=18、18=6+6+6=666、ヨハネの黙示録の悪魔の数字)

「エウアンゲリオン・テス・パシレイアス」のなかで、「1月18日に、直下型の

大地震が起こる」と予言していた。以下その後に印刷されたオウム真理教

冊子より抜粋。

95年の1月に冥王星が宮を移す--その正確な日付は、1月18日なので

ある。こうして『1月18日前後』が危険日として特定された。更に続けて、

地震の発生する場所についての検討が加えられた。兵庫県--更に限定

して『神戸』という地名が飛び出した。神戸近辺に危険な地点がある。


一番危険なのは神戸だ』神戸近辺が震源--つまり『神戸で直下型の

大地震がある』と麻原尊師は断定されたのである。(緊急速報 神戸地震!

「この惨事はけいこくされていた!」より)

また
オウム真理教の幹部の村井秀夫は外国人記者クラブで

神戸の地震は地震兵器によるものであると言及し以下のように述べた。


『神戸では地震前に、いくつかの要因がありました。

大規模な建築物(新しい超巨大橋、超高層ビル、港湾施設)、

地震の直前に空に光った(ピンク色の)発光現象、

強い電磁気の観測が記録され、月と太陽の潮汐力が最大となっており、

地中からのラジウム放射密度が上昇してから消えた」と、

外国人記者クラブで彼は述べた。

「電磁力を使って地震を活性化させた、あるいは誰かが地中で力を起こす

装置を使ったという強い可能性がある」 』

彼はその後、テレビ放送中に包丁で刺されたが

事件当日はなぜかTBSテレビが犯人を事件が起きるずいぶん前から

犯人をテープに収めていた。

あたかも犯行を知っているかのようだった。

しかも犯人が包丁を取り出すところまで写っている。

村井秀夫の最後の言葉は『ユダにやられた』だった。

しかし後に同じく幹部の上祐史浩はを”ユダ”の部分は三文字だと訂正した。

上祐史浩も記者会見やテレビ放送(朝まで生テレビ)において

神戸の地震は地震兵器によるものであると主張していた。

オウム真理教 イルミナティ の組織の一部だったのだろう。

阪神淡路大震災のことは事前に知らされていたに違いない。

麻原教祖が地震を予言できたの地震を事前に知っていたからだ

また、
オウム真理教 はシヴァ神を崇拝する教団であった。
シヴァは破壊の神であり蛇をまとっている。

蛇は魔王ルシファー=サタン=イルミナティの象徴だ。

シヴァ神はルシファーの化身なのである。


オウム真理教 もまた悪魔教だったのだ。

しかし、最終的に
オウム真理教イルミナティ に裏切られ、

その報復として地震兵器やイルミナティ の計画を

暴露しようとしたのではないだろうか。


kyuuri_430_1.jpg

(2007年、阪神淡路大震災の追悼式 イルミナティ のルシファーの目)


今回の地震は9.11事件と符合する点も多い。

9.11事件当時はテロでアメリカ国民の恐怖をあおり、

愛国者法をわずか45日で制定された。

そして、9.11テロの真相を追求した者はテロリストとして

愛国者法によって逮捕された。

これは言論規制にほかならない。


3.11地震でも同様に地震によって日本国民の恐怖をあおり、

コンピュータ監視法がどさくさにまぎれに閣議決定された。

コンピュータ監視法はインターネットの言論規制だ。

捜査当局が裁判所の令状なしに、プロバイダーなどにパソコン、

携帯電話のメールやホームページへのアクセスなどの通信履歴を

確認できる。

実質、強制的な逮捕に踏み切ることも可能となる。

この二つの事件は全く同じ効果を狙った物だ。

それは言論規制と終わりなき戦争(地震)による恐怖(心理的攻撃)だ。



$wantonのブログ


AD

コメント(25)