東京水道水が311直後の検出限界値から、今は更に、
3倍の0.6Bq/kgに引き上げられていた!?







amaちゃんだ ‏@tokaiamada · 5時間前
https://twitter.com/tokaiamada/status/648976117353742340

原子力規制委員会による精密測定で、
東京水道局の水道水から2014年10月~2015年3月の間、
0.0008ベクレル/Kgのセシウム134と、
0.0022ベクレル/Kgのセシウム137を検出!
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2015/09/kgkg-caff.html#more

もみじ
これを我々が測定すると10~100倍ある



M. Suzuki ‏@cdcreationinc1
https://twitter.com/cdcreationinc1/status/649004126030794752

@tokaiamada 東京都水道局の現在の検出限界値は
Cs-137でおおむね0.6Bq/kg程度になってます。
すべてND表示です。
https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/suigen/shinsai/pdf/sokutei/1jyousui_1509.pdf



管理人

0.6Bq/kg~が検出限界値・・・?
確か、2011年3月24日の時点では、0.2Bq/kgだったはず。


2012-10-18
東京・関東の水道水、
311前の2000倍の検出限界値
&安全基準値はアメリカの約2700倍!

http://ameblo.jp/64152966/entry-11382520527.html

<一部引用>


ヨウ素131・セシウム134・セシウム137に関するものに関しては、

水道水は測定値が概ね0.2Bq/kg未満の場合に

「ND(不検出)」と表示されます。

0.2Bq/kg未満⇒200ミリベクレル/リットル


過去は、どうなっていたのだ?

環境放射線データベース
http://search.kankyo-hoshano.go.jp/servlet/search.top?pageSID=21349183




大気圏内核実験、中国の核実験、チェルノブイリの事故、

それらをはるかに上回る。

昔は、1ミリベクレルじゃないか、つまり0.001ベクレル。

よく見たら、0.5ミリベクレルの時が続いて、2010年は不検出、

きっと検出限界は0.1ミリベクレル以下なのだろう。


そして、今、2000倍 の検出限界となる。


--------------- 以上、引用終わり -------------



検出限界値が、
2011年3月24日の時点では、0.2Bq/kgだったが、
2015年9月の時点で、0.6Bq/kg ・・・
つまり、知らない間に、3倍に引き上げられてます。

普通は、何故、引き上げたのかを考える訳ですが、
そのヒントは、東海アマさんのツイートの中に
あるように思います。

【 これを我々が測定すると10~100倍ある 】

この主張が的を得ているとしか考えられません。
東京都水道局は、正確な本当の数値を発表していない。
もっと言えば、ウソの数値を公開している可能性が
大いに疑われると理解します。

もし、多くの人が実際の数値を計測して騒ぎになった時、
いい訳が出来るように、予め、細工をしておく。
仮に、調べられて0.2Bq/kg以上の計測値が出たとしても
不検出の範囲内ですからと言い逃れすることが出来る訳です。

という事は、実際には、時々、0.2Bq/kg以上出ていると
我々は考えておいたほうが良いと思います。

残念ながら、東京・茨城・千葉北部といったあたりは、
311当時、酷く汚染された奥羽山脈太平洋側から
流れ出る川水や地下水の集積地になっています。
水は高いところから低いところに流れるのですから、
当然といえば当然です。

東京のあらゆる利権を護る為・・・
オリンピック利権を護る為・・・
如何なることがあっても真相を公表出来ないし、
決して世に知られてはならない。

私は東京を崩壊させたい訳では決してありません。
そのような気持ちは露ほどもありません。
しかし、都民の皆さんの健康や命は護りたいのが本音。
その為には、どうしても真相だけは知っておいて
いただく必要があると考えています。

家庭の水源は、全て水道水です。
365日-毎日使う訳ですから、その影響を
決して過小評価すべきではありません。
また、ほとんどの外食産業や食品製造会社、そして、
工業製品も全て水道水を使っていることを
忘れてはならないと思います。

塩素消毒しているにも関わらず、噂になっている
水道水がカビ臭いというのは恐ろしいシグナルです。
塩素と放射能核種のどれかが反応するとどうなるのか!?
放射能~窒素化合物も大きな問題になっています。

カビと放射性物質はセットと思っていい。
つまり、水道水そのものが僅かに有害化している可能性。
その水道水を毎日~何年にも渡って体内に摂取し続けると、
累積して結構、大変な量になるでしょう。
ガンはカビ菌によるものとの説もあります。
人の身体が内部被爆し続けると、身体のあちこちに、
カビの発生源が生まれることを意味します。
肺などは、外気を吸い込む為に、特に危険な臓器に
なってしまう可能性があります。
それが、ガン化することも十分に考えられる訳です。


カビ菌のDNAと人体のDNAが、放射能などの
影響によって接合するなんてあるのだろうか???
考えるだけでも恐ろしい・・・
その細胞はガン細胞になるのではないかと
誰もが考えるでしょうから。
それが増え続けると、幾ら、免疫機能が働いても
排除出来ない細胞が残り続けることになる訳で・・・


追記

今日の夜、群馬の移住希望者の方が広島に来られます。
私は、夕方に竹原を出発して広島駅に出向いて
お会いする予定にしています。
夜遅くに来られますので、私は広島のホテルに泊まります。
明日は、記事の更新が出来ないかもしれません。
人気の過去記事を再掲載することになるかもしれません。
コメントの公開も遅くなるかもしれませんが、
どうか宜しくお願い致します。




関連記事

【放射能大観】~大量の窒素酸化物を発生させ、
社会環境や人体にカビが大繁殖する!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12070434932.html


AD

コメント(12)