20キロ圏に数百~千の遺体か

「死亡後に被ばくの疑い」←ウソ




20キロ圏に数百~千の遺体か 「死亡後に被ばくの疑い」

http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011033101000278.html

福島第1原発事故で、政府が避難指示を出している原発から約20キロ

の圏内に、東日本大震災で亡くなった人の遺体が数百~千体あると

推定されることが31日、警察当局への取材で分かった。

27日には、原発から約5キロの福島県大熊町で見つかった遺体から

高い放射線量を測定しており、警察関係者は

「死亡後に放射性物質を浴びて被ばくした遺体もある」と指摘。

警察当局は警察官が二次被ばくせずに遺体を収容する方法などの

検討を始めた。

当初は20キロ圏外に遺体を移して検視することも念頭に置いていたが、

見直しを迫られそうだ。

警察当局によると、高線量の放射線を浴びた遺体を収容する際、

作業する部隊の隊員が二次被ばくする可能性がある。

収容先となる遺体安置所などでも検視する警察官や医師、

訪問する遺族らに被ばくの恐れが生じる。

遺体は最終的に遺族か各市町村に引き渡すことになるが、

火葬すると放射性物質を含んだ煙が拡散する恐れがあり、

土葬の場合も土中や周辺に広がる状況が懸念される。

警察当局は現場での除染や検視も検討しているが、

関係者は「時間が経過して遺体が傷んでいるケースは、

洗うことでさらに損傷が激しくなり問題だ」と指摘している。

身元確認のため、遺体から爪だけを採取してDNA鑑定する方法もあるが、

爪も除染する必要があり、かなりの手間と時間がかかるという。

27日に、大熊町で見つかった遺体は、除染が必要な基準の一つである

10万cpm(cpmは放射線量の単位)まで計ることができる測量計の針が、

振り切れる状態だったという。

このため福島県警の部隊は遺体の収容を断念している。

_____________________________________________________________________________________________________________________




もみじ

この関連の情報

線量が高いので、重機でコンクリート詰めされたため

遺族のもとへ返すことができなかった、、、と

元作業員の方がブログ書いてた

20キロ圏に数百~千の遺体か「死亡後に被ばくの疑い」というのが

あったけど、これって津波が到達していない地域だったのかな。

爆発直後の新聞記事で、放射線防護服を着た警察官か自衛官が、

まったく破損していない民家に入って、なかの死体を回収している、と…

大熊町の被曝死と見られる数百の遺体は、ほとんど遺族に返されず

警察が勝手に処分し遺品やDNAを保管しただけ。

この理由は、震災津波死亡でなく明らかに被曝死亡だったと考えるしかない。

双葉町細谷で発見された遺体は溺死でなく放射能急性被曝死だった。

遺体から毎時数十ミリグレイの放射線検出、回収さえ不能。

そんな遺体が千以上事故後二ヶ月放置された。

すべて津波によると捏造されたが本当は多くが急性被曝死だった。

朝日の山路はこれを嗅ぎつけたので殺られたんではないだろうか

http://ameblo.jp/64152966/entry-11920660715.html

『 南相馬のある女子高生のツイート日記』

①~④の中の①より

津波で亡くなられた方はこれ

⇒自分の学校が死体安置所になる・・・。

考えられるか?

・・・つまり、放置されていたのは、

津波ではなく急性被爆死の可能性が高い。

まとめて海岸沿いに運ばれて並べられ長期間に渡って放置された。

「原発事故で直接死んだ人はいない」ってまだ言ってますよね。


3月12日早朝、浪江町の吉沢正巳さんの牧場に、福島県警の通信隊が

来て、牧場の一角に「ヘリからの原発サイトの空撮映像を受信、

県警災害警備本部に中継する通信基地」を設置した。

その日の夕方、「撤去命令が出たので引き揚げ」

――「ここにいない方がいい。

政府は情報を隠している」との警告を残し

中性子線に延髄を貫かれた殺人!

その証拠隠滅を警視庁が行った(-_-)

何もかも都合の悪い記事は削除されてますね。

アタシがかなり前に検索していたら偶然たどり着いたブログで

「4号機と同じ建物を福島第二に作った。原発に入る道路も分岐工事をした」

このブログを幾ら検索してもありません。


____________________________________________________________________________________________________

管理人

津波で亡くなられた方は、南相馬のように学校に安置され、

その後、火葬された。

近づくことさえ危険な急性被爆死の市民は、重機などで、

海岸に運ばれて、重ねて並べられた。

テレビなどの映像で、遺体の山が並んでいる光景を目にした人は、

恐らく、この情景を目にしたのではないかと思います。

その後、まとめてコンクリート詰めにして、海岸からかなり離れた場所に、

海洋投棄された可能性が一番高いと思います。

その後、あらゆる情報は、ことごとく削除され・・・

何事も無かったように処理されたものと推察される。

千億円単位の補償を払いたくなかったことと、

かなり酷い汚染状況を隠したかった。

そうなれば、補償や避難・移住が激増し、福島は崩壊したに違いない。

そして、全ての関連の補償は、何兆円単位以上になっただろう。

更に、一番核心的な問題は、

福島を人体実験場にしたかった事が挙げられる。

これは、某国の強烈な命令があったのではないか!?

そして更には・・・

関東・東北の市民には食べて応援させる。

これらの地域は、内部被爆、低線量被爆の実験場と化した。

結局、その大元は、ある一つのところに行き着く。

マスコミは、その真相をことごとく秘密にしただけではなく、

寧ろ、積極的に加担した。

これが、この国の腐り切った真の正体である。

哀れなり・・・日本国民よ!









AD

コメント(39)