今年ガンと診断される人は去年より10万人増加!
ガン患者98万人~死亡37万人と予測を発表した。





今年のがん罹患数は98万人、国がん予測-男性は前立腺がトップ


国立がん研究センター(国がん)は28日、今年1年間に新たにがんと診断

される人の数(罹患数)と死亡する人の数の予測を発表した。

予測は昨年に続いて2回目で、

罹患数は98万2100人、死亡者数は37万900人に達する見通しだ。

【敦賀陽平】

罹患数を男女別で見ると、男性が56万300人、女性が42万1800人で、

昨年の予測に比べ、全体で約10万人増えた。

罹患数の算出には、地域がん登録のデータが活用されているが、

今回の使用分から基準が厳格化されたため、国がんでは、

データの精度向上と高齢化が増加につながったとみている。

部位別の罹患数では、大腸がん(13万5800人)と前立腺がん(9万8400人)

が共に増加し、前立腺がんは男性の罹患数の中で最も多かった(昨年3位)。

これについて国がんの担当者は、「PSA検診が普及したことが一番大きい」

と指摘する。

一方の死亡者数は、昨年の予測に比べて約4000人の増加。

部位別では、肺がん(7万7200人)がトップで、次いで大腸がん(5万600人)、

胃がん(4万9400人)などと続き、大腸がんと胃がんの順位が入れ替わった。

胃がんの原因とされるピロリ菌の感染率は、高齢者ほど高い傾向にある。

このため、担当者は「ピロリ菌の保菌者の減少と高齢化が相殺する形で、

胃がんの死亡者数は横ばいの状態が続いていた。

今回、大腸がんが抜いたことは注目すべき点だ」としている。

(医療介護CBニュース 2015年4月28日(火))


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150428-00000001-cbn-soci



____________________________________________________________________________________________





前立腺がんは、2009年当時と比べて激増しています。
PSA検診が普及した為とありますが・・・
これって、血圧正常値の基準を下げたら、血圧が高いと診断され、
たちまち、病人が大量に創り出された話と非常によく似ています。
老衰で死んだ人が、医大などに検体として解剖された際に、
実は、前立腺がんだったことが判明したなんて話も出ているそうです。

重要関連記事 必見です ↓
http://www.asyura2.com/09/health15/msg/228.html











医学が進歩???
お医者さんの数が激増した・・・
国民の医療負担も超大幅に激増・・・
結果として、病人やガンが激増・・・
病死する人も増加の一途を辿っています。
これって、おかしくない!?
ほとんど、笑い話みたいな話だよね。
まるて゜、病人と死ぬ人を増やしているようにみえる。
しかも、莫大なお金がかかるのに比例して、
益々、どんどん悪くなる一方って何だよ!?

埋め込み画像への固定リンク



こんな素朴な疑問を誰も問題にしないような政治家や社会って・・・
しかし、それに追い討ちをかけるように、311~原発の爆発と来た。
病人と死者が、爆発的に増加すると予想する人がすごく多い。






チェリノブイリ原発が、爆発事故を起こしたのが、1986年4月26日。
5~6年後くらいから、爆発的に症状が出始めた。
しかし、当時のソ連政府は、一応、近隣住民を強制的に避難させている。
一方、日本は汚染地域から市民を出さないように圧力をかけ続けている。
しかも、福島県民のみならず、他府県の市民に食べて応援までさせる始末。
日本の人的被害は、チェリノブイリの悲劇よりも大幅に上回る可能性がある。
チェリノブイリ原発には、プルトニュウムは使われていなかった。
福島原発3号機には、核種の中でも一番恐れられているプルトニュウムが
混入されたプルサーマルだったのだ。
プルトニュウムの半減期は、239の場合約2万4000年・・・・
末代まで続くどころの話ではない。
そして、当時のウクライナと違って、日本の汚染地域の人口は密集している。
しかも、いまだに汚染プルームを吐き出し続けており、収まる気配は
全く感じられない。
今後のことを想像すると、本当に恐ろしい・・・
恐らく、今まで出て来ていたガンや死亡率のグラフなんてものは、
今後、公表されない可能性が高い。
また、改竄される可能性も考えておくべきだと思う。
マスコミは、その事実を覆い隠す為だけに存在する。
今の日本のお医者さんは、放射能の事や被爆治療の知識が
ほとんどないときているし、医大でも習っていないそうだ。
しかも、全くの不勉強だとの現役の医師の告発もある。
だから、みんな、それから逃げてしまう。
しかし、数字や統計は、いつか必ず表に出て来る。
その時に、驚愕のグラフが示される可能性が非常に高い。
その際に、日本国民は本当に目覚めるのであろうか・・・
だけど、その時には、時既に遅しといったところであろう。
実際に病に倒れた時に、一体何を想うのか・・・
そして、死に逝く時に、誰を呪うであろうか。
もう、あまり時間が残されてはいない。










AD

コメント(15)