報道ステーションと古舘一郎さんを護る為に

~日本版FEMAは、

裏社会では既に動き出していた!




埋め込み画像への固定リンク



報道ステーション、岩路真樹ディレクターの不審な死が、

ネットで大きな注目を集めているようです。

岩路ディレクターが、大変気の毒でなりません。

一部に、やはり、自死ではないかといった声も出ていますが、

カードによる練炭購入記録などが、もし仮に見つかったとしても、

そのようなものは、簡単に書き換えることの出来るような恐ろしい

連中が相手だという事を肝に銘じておくべきだと思います。

ただ、こういった事は、日頃から、闇を追っている人間で

なければ、到底、理解出来ないでしょう。

世間一般の常識の範囲内でしか生きて来られなかった人には

理解の範疇を超えています。

少なくとも、大きな観点からいっても、岩路記者がすさまじい圧力の

中で、大変厳しい状況下にあったことだけは間違いありません。

残念ながら、今まで、岩路記者のことはあまり存じ上げませんでした。

報道ステーションによる、まさに国民の為になる原発問題の報道は、

こういった真に勇気を持った記者の人によって作られていたのだと

つくづく痛感させられました。

かえすがえすも、本当に残念でなりません。

合掌。。。

今日まで・・・

政治家、ジャーナリスト、原発関係者、警察官、自衛官、内部告発者、

・・・これ等のあまりにも多くの人が、極めて不審な死を遂げて来た

長い歴史がありました。

私もここ数年の間に、その都度、取り上げて来たつもりですが、

残念ながら、そのほとんどに注目が集まりませんでした。

いつの場合でも、陰謀論扱いで、日の目を見ることは無かったのです。

実際に、大臣クラスが不審な死を遂げているにも関わらず・・・

私の伝え方が悪かったせいもあるかもしれませんが、しかし、

ここ最近、一般の方の意識にも変化が見られるようになりました。

これは、大変素晴らしいことです。

今回の岩路記者の不審死には、極めて大きな疑念が生まれています。

ただ、私個人は、報道ステーションの古舘キャスターが一番危険だと

常々、考えていました。

我が国、日本には、岩路記者や古舘キャスターのような本当に国民の

ことを考えるような人材を護ろうとする環境がまるでありません。

まさに、殺され放題の歴史が、ずっと続いて来たのが実情です。

この事件は、絶対におかしいと発言しても、直ぐに、陰謀論扱い

されてしまう、如何ともし難い風潮が社会に横たわっています。

もしかすると、これも洗脳が成功している成果でしょうか???

残念ながら、一定の信頼を得ている反原発のブロガーでさえも

陰謀論扱いして、軽くあしらわれる始末です。

いわゆる反原発で、真面目に事実のみを元にして記事を書いて

おられる事そのものは、大変賞賛されても良いと思いますが、

本当に真実を究明しようとする我々にとっては、時として、

障害にさえ感じることもしば゜しばです。

現実に、目に見えることだけを取り上げるのは無難であり、

人からも一番信用されて、だからこそ拡散もされる訳ではありますが・・・

しかし、これだけは言わせてもらいます。

それだけでは、絶対に世の中は変わらない。

テレビ朝日は、報道ステーションを断固、擁護すべきです。

同時に、古舘キャスターを何としても護ってあげなければいけません。

何度も、同じ過ちを犯しては絶対にいけないと思います。

古舘キャスターも、一刻も早く、ご自身の身を護るべく、

何等かの防御策を練り直していただきたいと切に願います。

でなければ、大変なことになってしまいます。

【911関係】
長谷川浩:NHK解説主幹。

イスラエル国籍を持つ数百人が被害を免れていたことを発表。

数日後にビルから転落死。

NHK元アナウンサー夫婦殺害事件

=NHK人工地震番組放送への「報復」? 2011-08-12

http://satehate.exblog.jp/16730972/


以前から、日本版FEMAが発動されたら、大変なことが勃発すると

何度も記事にして来ましたが、しかし、よくよく考えて見ると、

裏の世界では、もう既に、動き出していたのではないかと、

ふと、脳裏をよぎりました。

今まで、そこまでの認識は持っていませんでしたが・・・

しかし、そのように考えるほうが、寧ろ、今まで起こっている事の

全てに説明がつくことに気づきました。

ここ数十年の間に、一体どれだけの有為な人材が消されたのだろう!?

何百人・・・何千人・・・何万人・・・????

JAL123便墜落事故・自衛隊員への銃撃・
更に連続自殺⇒パイナップル・ブリゲイズ

http://ameblo.jp/64152966/entry-11327337215.html

自衛隊員・男二人揃って仲良く首吊り自殺なんて聞いたことがない。
殺されたんだね。

http://plaza.rakuten.co.jp/topsecretx/diary/200802250000/


警察官が拳銃で自殺という事件も新聞などで結構目に
するけど、これも、口封じに殺されたのが大半だと思う。

日本の自衛隊の中には、"米軍に徴用された在日朝鮮人部隊"と
いう特殊な秘密部隊の存在があると言われています。

彼等なら、自衛隊員や墜落したJAL123便の生き残り搭乗者を
平気で銃撃したり、殺害出来るのも分るような気がします。

そもそも、幾ら命令されたからといって、自国民の同じ仲間の
自衛隊員や同じ国民を殺害出来る訳がないので、予め、
こういった日本人殺害専門の特殊部隊を創らせたのだろう。

創らせたのは、もちろん米軍CIAの連中である。更に、
この事件に関わる米軍に有利な情報などは、そのほとんどが
組織の特殊工作部隊によって流布されたものと考えて良い。
無論、撹乱情報としてである。


日本航空123便は、米軍機のミサイルによって撃墜された。
墜落したジャンボジェット機の中で、
未明まで生きていたとされるJAL123便の生き残り搭乗者の
40~50名は、特殊な殺人ガスを吸引させられた挙句に、
証拠隠滅の為に焼かれたものと考えられる。


自衛隊の中には、「日本国家乗っ取り」=クーデター部隊の
存在があるといわれており、日本版FEMAがこれに該当し、
陸上自衛隊幕僚監部調査部調査第2課調査別室、

通称「調別」 である。

パイナップル・ブリゲイズというのは、この中の日本人暗殺部隊
という事になるのだろうか!?
或いは、在日米軍特殊工作部隊そのものか。
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-365.html

http://alternativereport1.seesaa.net/article/254217317.html

「政府のやる事に反対意見を持つ市民を殺害せよ、

それが軍隊の仕事である。」

「軍隊の仕事は他国との戦争ではなく、

自分の国の市民を殺害する事にある。」

米国アイゼンハワー大統領時代に、こうした戦略を立てた

「ロックフェラー報告」を元に、米国では市民殺害用の

FEMA と呼ばれる軍隊が作られた。

この「一般市民に対する暗殺部隊」の創設は、1958年1月、

大統領により採択された、国家安全保障局命令第177=

「NSAM.177」によって行われ、この命令書には

「日本にも同様の部隊を創設させる」と記載されている。

この大統領命令に基づき、日本では米国、自衛隊の合同による

日本人市民殺害部隊
「パイナップル・ブリゲイズ」が既に創立されている。

このFEMAの事実上の総指揮官が、
オバマ大統領のボス=ズビグニュー・ブレジンスキーである。

ある日深夜、突然あなたの家に米軍が攻め込んで来る。
玄関は蹴り破られ、あなたと家族は誘拐される。
見知らぬ山中で、あなたと家族は殺害され土に埋められる。
あなたの行き先は誰にも分からない。


関連記事


自民・安倍総裁が日本版FEMA創設って、

これの本当の意味分ってんの!?

http://ameblo.jp/64152966/entry-11378254747.html




f:id:k1491n:20111028124140j:image

http://megalodon.jp/2009-0318-0308-20/angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/307.html






AD

コメント(12)