在日スイス大使館が公開した画像は、

福島の溶融燃料は地下深くにあると示している




★阿修羅♪~より


日本のスイス大使館が公開した画像は、

福島の溶融燃料は地下深くにあると示している (ENE NEWS)

http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/866.html


湯気の正体

http://enenews.com/image-published-embassy-japan-shows-fukushima-melted-fuel-deep-underground-photo

Image published by embassy in Japan shows Fukushima melted fuel deep underground
日本の大使館が公開した画像は、福島の溶融燃料は地下深くにあると

示している

Published: January 20th, 2014 at 9:11 am ET By ENENews
公開:2014年1月20日、9:11 ET ENENewsによる

Radioactive Contaminated Water Leaks (Update) from the Embassy

of Switzerland in Japan,

Science & Technology Office Tokyo (pdf), December 2013:
日本のスイス大使館からの放射性汚染水漏洩(更新)、

科学技術局 東京(PDF)、2013年12月:
http://www.stofficetokyo.ch/reports/201312_Contaminated_Water.pdf


★阿修羅♪~本記事コメント欄より


何十トンもあり強烈な放射能を発している溶融燃料が

行方不明であるはずがない。

溶融燃料が格納容器を貫通し地下へ沈下しているのは、

専門家や阿修羅読者の間では常識、定説だ。

貫通したかどうかでなく、どのくらい沈下しているかが議論になっている。

もし貫通していないのなら、
「ご安心下さい。この通り溶融燃料は格納容器内に留まっています」
と東電が証拠とともに発表するはずだ。

格納容器を貫通した事実を認めれば、当然コア・キャッチャー

(溶融燃料の受け皿)をつけろという話になる。
既存の原発に後付けするのはほぼ不可能だし、莫大なお金がかかる。
これでは再稼動できなくなる。

だから東電は貫通の事実をひた隠しにしているのだ。



<引用終わり>


管理人


在日スイス大使館が公開した画像が大きな波紋を呼んでいます。

今更という気もしますが、ここのところ、福島第一原発のメルトスル-

した核燃料の話が忘れ去られた感じすら致します。

廃炉にすると言ったって、この地下深くにあると思われる

数10トンもの核燃料をどうにかしなければ、廃炉どころの騒ぎでは

無いはずです。

残念ながら、今の世界の科学技術力では、どう考えても、完全な廃炉

にするのは、奇跡でも起こらないと無理なのではないかと思う訳です。


しかし、やはり気になるのは、問題の数10トンもの核燃料が、実際には

どのあたりの深さにあるのかという一点です。

恐らく、高熱を発しながら静かに沈降を続ける核燃料は、

冷たく湿った地下の土壌によって冷やされながら、ゆっくり沈降して

いるはずで、これから先、一体どうなるのか、人類の未知の領域に

入っている訳でして、世界の科学者も判断しかねていると思うのです。

徐々に冷やされて、地下のあるところで冷却されて、チェリノブイリの

有名な「像の足」のように、核反応がストップしてくれたら一番良いの

ですが、私には皆目、見当がつきません。



★阿修羅♪~より

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-723.html
2013/08/19 Mon. 14:01:47 真実を探すブログ


先週から福島原発で行われている地下水の汲み上げ作業

ですが、「ウェルポイント工法」と呼ばれる地下水くみ上げ設備

の設置作業中にトラブルが発生し、設備の稼働に数日の遅れ

が発生するとのことです。
東電は原因について「掘削機が固い岩盤に当たり、故障した」

と述べており、福島原発海側の地下には予想外に硬い地盤が

ある可能性が浮上しました。


<引用終わり>


福島原発の地下には予想外に硬い地盤があるということですが、

何十メ-トル地下なのかが明らかにされていません。

更に、その硬い地盤の厚さは、一体、何十メ-トルの厚さなのか?

また更に、硬い地盤の下は、一体どうなっているのか?

私が今まで聞いた話では、大量の地下水脈の存在があると

云われていますが、あくまでも、ある一人の知識人の解説です。

もし、そこまで沈降すると仮定すると、冷やされて核燃料の塊に

なるのか、どうなるのかがよく分かりません。

もし、数10トンもの塊であるなら、容易なことでは核反応は

止まらないのではないでしょうか?


最も恐ろしいのは、巨大な水蒸気爆発を起こす可能性ですが、

それが起こってしまうと、一体どういう事になってしまうのか?

これは、実に大変恐ろしいシナリオですが、今のところ、

その可能性は、比較的低いと考えています。

また、そういった最悪のシナリオは考えたくもありません。


ただ、そのような極めて恐ろしい事態にも関わらず、沈降している

核燃料の塊の話や、福島原発周辺の地下水脈の構造というか、

地下水脈の地図といったものが、話題にすら上がらないのは、

極めて異常であると言わざるを得ません。

何から何まで秘密にすれば済むという話では無いでしょうに。


今回のスイス大使館が公開した画像の一件で、私の過去記事が、

亡霊のように甦っているようです。


☆地下水脈から考察する関東・東京の汚染ルート

http://ameblo.jp/64152966/entry-11592884916.html

4491アクセス



☆全国水道水セシウム汚染ランキング栃木が最悪、福島は3位!?

http://ameblo.jp/64152966/entry-11479567305.html

7181アクセス





関東地下水脈の図

wantonのブログ







AD

コメント(7)