永久保存版ー【JAL123便・撃墜事件まとめ】



過去に、アメリカによると推察される事件が、
日本でも多々起こっていますので、いくつかお話します。

情報源は、当時の首相官邸の取り仕切り責任者からです。

昭和60年8月12日、日本航空123便が、御巣鷹山墜落事故を
起こしましたが、あれはアメリカの戦闘機が、発射した空対空
ロケット弾で墜落したのです!

このころ中曽根内閣で、竹下大蔵大臣ですが、円が強すぎて、
アメリカと貿易摩擦が起こっていたのですね!

そこで、アメリカ側が、円を切りあげろと、いってきましたが、
竹下は、せせら笑って取り合わなかったのです。

そうしたら、アメリカは、JAL機にロケット弾を打ち込んだのです!

一発目は、尾翼部分に命中しましたが・・・・・・。

ロケット弾により、油圧装置のワイヤーが効かなくなりましたが、
日本のパイロットは優秀ですから、右のエンジンや、左のエンジンを
交互にふかして、操縦していたのですが・・・。

アメリカの戦闘機のパイロットは、
1発目で墜落しなかったものですから!

そこで、2発目を右の上空から左側の主翼に
ミサイルを打ち込んだのです!

これにはジャンボ機もたまらずに、墜落してしまいました!

落ちた飛行機の損壊状況は、左側の主翼の付け根の損壊が
一番ひどかったのですね。

墜落時には、墜落現場に生存者がいましたので、米軍機は長時間、
現場上空を哨戒して、自衛隊や、救助隊を近づけなかったのです!

日本の救助隊の到着を遅らせたのです!

生存者、つまり目撃者を消そうとしたのですね!

だから生き残った3人は、墜落時に現場では、
悲鳴がたくさん聞こえていたと証言していますが、
他のことは絶対に何も喋らないでしょう。

恐ろしくて、しゃべれないのですよ!

事故調査にあたっていた前橋地検の山口悠介検事正は

「事故原因を、ぎりぎりまで追究すれば、戦争になる!」

と発言しています。ボイスレコーダーも公表していませんね!


これが、一体何を意味しているのかは、
聡明な読者の皆さんには御理解いただけると思います。


これにあわてた中曽根は、40日後の昭和60年9月21日に、
プラザ合意をしたのです。
そして、1ドルが、250円に決まったのですね!

また米軍がグアムに移転するのに18兆円必要だったのですが、
日本が拒否して半年くらいしたころに、山手線の高田馬場と
目白の区間で、レールが二本ひん曲がっていたのです。
朝一番でレールを点検していた者が発見しました。

それを知った3日後に日本政府は、18兆円の捻出を決定しました。

レール2本で、18兆円ですから悪くありませんよね!

また鹿児島でも、沖縄のP3C対潜水艦哨戒機の基地を、
鹿屋に移せと米軍が言ってきましたが、日本政府が
拒否しましたところ、鹿屋基地の前で、指宿に行く、
トッピーいう船の水中翼船の後ろの羽根にアメリカの潜水艦が、
火薬の抜いてある魚雷を衝突させたのですね!

水中翼船の折れ曲がったスクリューに、
ペンキだけがついていたんのす!
またかと、あわてた日本政府は3日後に、
鹿屋基地移転を認めたのです!
このようなことは、枚挙にいとまがありません!

だからアメリカは、日本は脅せば何でも「はい、はい!」と
言うと思っていますから、要求が、だんだんエスカレートして、
過激になるのです。

日本は、アメリカの準植民地ですから、取るものがある限り、
潰してしまうことはありませんが!
何もなくなりましたら、どうなることでしょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




【重要記事】
日航機墜落の真実を求めて
http://nvc.halsnet.com/jhattori/nikkou123/


NHK速報の
「待機命令を無視して救助に行こうとした隊員を 射殺」

NHKアナ「ただいま長野県警から入った情報です。
現地に救助に 向かった自衛隊員数名が、
何者かに銃撃され死者負傷者数名が出ている模様です。
続報が入り次第お伝えします」

この事故(事件?)の1年後から何人もの航空自衛官が自殺に
見せかけられて殺されているようです。

自分も殺されると察したある自衛官は友達に2枚の自殺した
同僚の航空自衛官(1986年7月)の現場写真と決定的な証拠
写真を託して、その自衛官自身も同僚の死後、2ヵ月経った
9月12日に自殺させられたようです。



管理人

自衛隊員・男二人揃って仲良く首吊り自殺なんて聞いたことがない。
殺されたんだね。
警察官が拳銃で自殺という事件も新聞などで結構目に
するけど、これも、口封じに殺されたのが大半だと思う。

日本の自衛隊の中には、"米軍に徴用された在日朝鮮人部隊"と
いう特殊な秘密部隊の存在があると言われています。

彼等なら、自衛隊員や墜落したJAL123便の生き残り搭乗者を
平気で銃撃したり、殺害出来るのも分るような気がします。

そもそも、幾ら命令されたからといって、自国民の同じ仲間の
自衛隊員や同じ国民を殺害出来る訳がないので、予め、
こういった日本人殺害専門の特殊部隊を創らせたのだろう。

創らせたのは、もちろん米軍CIAの連中である。更に、
この事件に関わる米軍に有利な情報などは、そのほとんどが
組織の特殊工作部隊によって流布されたものと考えて良い。
無論、撹乱情報としてである。


日本航空123便は、米軍機のミサイルによって撃墜された。
墜落したジャンボジェット機の中で、
未明まで生きていたとされるJAL123便の生き残り搭乗者の
40~50名は、特殊な殺人ガスを吸引させられた挙句に、
証拠隠滅の為に焼かれたものと考えられる。


自衛隊の中には、「日本国家乗っ取り」=クーデター部隊の
存在があるといわれており、日本版FEMAがこれに該当し、
陸上自衛隊幕僚監部調査部調査第2課調査別室、通称「調別」
である。

パイナップル・ブリゲイズというのは、この中の日本人暗殺部隊
という事になるのだろうか!?
或いは、在日米軍特殊工作部隊そのものか。

http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-365.html

http://alternativereport1.seesaa.net/article/254217317.html

「政府のやる事に反対意見を持つ市民を殺害せよ、

それが軍隊の仕事である。」

「軍隊の仕事は他国との戦争ではなく、

自分の国の市民を殺害する事にある。」

米国アイゼンハワー大統領時代に、こうした戦略を立てた

「ロックフェラー報告」を元に、米国では市民殺害用の

FEMAと呼ばれる軍隊が作られた。

この「一般市民に対する暗殺部隊」の創設は、1958年1月、

大統領により採択された、国家安全保障局命令第177=

「NSAM.177」によって行われ、
この命令書には「日本にも同様の部隊を創設させる」と

記載されている。

この大統領命令に基づき、日本では米国、

自衛隊の合同による日本人市民殺害部隊
「パイナップル・ブリゲイズ」が既に創立されている。

このFEMAの事実上の総指揮官が、
オバマ大統領のボス=ズビグニュー・ブレジンスキーである。

ある日深夜、突然あなたの家に米軍が攻め込んで来る。
玄関は蹴り破られ、あなたと家族は誘拐される。
見知らぬ山中で、あなたと家族は殺害され土に埋められる。
あなたの行き先は誰にも分からない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


世間では、このJAL123便墜落事故に関して様々な情報が
交錯して流れています。
かなり意図的な撹乱情報も相当流されている模様です。
この際、ある程度、簡潔に整理しておく事に致しました。

その理由の第一は、また別の形でまた起こる可能性がある
からで、同じ過ちを何度も繰り返すようでは話になりません。


第一点 (最重要ポイント)


画像と文章は、Dawning様より拝借しました。



ぶつかったと見られるミサイル(標的機)



日航ジャンボ123便 垂直尾翼にオレンジエアが刺さっているカラー写真
$»ä¤ˤȤäƿʹÖŪ¤ʤ⤦³Ç̵¡Þï¤ʤ⤦³Ϥʤ¤
日航ジャンボ123便の垂直尾翼の写真 鶴丸付近に、オレンジ色の破片が突き刺さっているのが
確認できる。

123便の事故は、本当は○○隊が○落させたんだよ。
当時訓練で標的機を飛ばしていて、それが操縦不能になって、
行方が分からなくなり、そのとき近くを飛んでいた123便に
ぶつかったんだ。墜落現場には標的機のオレンジ色の残骸が
あったから、誰もいないうちにヘリで回収したんだ



管理人

無論、絶対という決め付けは出来ませんが、
この文言には、かなり疑念が生じています。

たまたま、操縦不能になるというのも極めて怪しい話ですが、
百歩譲って、仮に操縦不能になったと仮定しても、
JAL123便に衝突するという確率というものは、
実に、とてつもなく低いのではないでしょうか?


恐らくは、何万分の一~何十万分の一以下でしょう。
ですから、偶然に衝突した可能性は、ほとんど考えられないと
思ったほうが良いと考えています。

それよりも、コントロ-ルして、意図的に衝突させたといった
ほうが、はるかに現実性が高く、説得力もあります。

この一点が、まず絶対におかしいと断言しても良いと思います。

また、更に言えば、日航ジャンボ123便の垂直尾翼の写真
鶴丸付近に、オレンジ色の破片が突き刺さっているのが確認
できるっていう写真も果たして100%信用していいものかどうか。

それは置いといて、結論から言いますと、
仮に、標的機が衝突したという説を採るなら、
それは、123便にめがけて意図的に狙われたに違いありません。

そして、その流れで行きますと、なかなか落ちなかったので、
更に、空軍機のミサイルによって攻撃され、止めを刺された
という可能性に行き着きます。

もう一つ、これも本命の一つですが、
最初から某国空軍機のミサイルで撃墜された。
そして、更にその上に、
標的機が、その墜落の原因であるかのように工作された
可能性も十分残っています。



更に、もう一つの情報を見てみます。


日航元社員からの情報で、既にこれは知る人ぞ知る国家機密とも:

「あの日、最初の衝撃音がした海域では、
米軍の極秘訓練が行われ、日航機には撃墜訓練用の
ターゲット飛行物が尾翼に接触。

米軍は民間機に危害を与えたことをオンタイムで掌握しており、
墜落現場にもいち早く到着し、救出活動に入ろうとしたが、
日本政府から『拒否』の連絡をした」という。


う~ん、これも何やらおかしいですね。

米軍が極秘訓練って、一体何をやっていたんでしょう。

米軍が救出活動に入ろうとしたが、日本政府が拒否した
っていう話を私に信じろって言われても、はっきり申し上げて、
全然無理な相談です。

植民地の日本の政府が、しかも、アメポチだらけの
政治家・官僚の中で、拒否出来るような性根のある
人間を探すほうが難しいよね・・・笑。
取り分け、軍事の世界の話では尚更です。

しかも、そんな話が、もし万一外部にでも漏れたりでもしたら、
ただの責任問題だけでは到底収まりますまい。
刑事罰はおろか、国家反逆罪にも相当するものです。

寧ろ、そのように言わされていると判断したほうが、
はるかに、しっくりきます。
皆さんも、そう思いませんか。

あの当時だったら、ふむふむ、そういう事かと思ってしまいそう
ですが、情報がかなり開かれた今の御時世に、こんな与太話を
信じろっていうほうが、土台無理です。


こうして見ると、撹乱情報とも思えるデタラメな話が、あちこちに
満載されているのを痛切に感じています。

まず、一番簡単な分析として、
この日航ジャンボ123便を何がなんでも撃墜させようと考えた
のは、一体どこの誰なんだという原点に立ち返るべきです。

━─━─━─━─━─

円切り上げというのは、米国の至上命題だったはずです。
植民地の日本が、イエスといわなければ、激怒するはずで、
次に何を考えるのかは、子供にだって分ります。

事実として、物理的、軍事的恫喝は、それまでもずっとやって来た
歴史があり、それらの情況証拠にも困ることはありません。

とってもシンプルです。
何故、その他のたくさんある与太話にみんな騙されるのか。

こういった事実関係を心の感性で感じ取れなければ、
いつまで経っても騙され続けるだけです。


もうそろそろ覚醒しなければいけないと思います。

ソ連空軍機との交戦の話も出て来ていましたね。
そんなバカな話は無いと思います。

北海道で、スクランブル発進するのは結構ある話ですが、
日本の中心部付近まで、一体どこから飛んで来たというのか。
空母からでないと、帰りの燃料なんて無いでしょう。

しかも、全然レ-ダ-にも引っ掛からずに・・・

仮に、あの当時、ステルスが既に開発・実用化されていたと
仮定しても、支援機の存在もなく、ほとんど有り得ない話では
ありませんか。

自衛官の自殺させられた話も出ていましたが、統計からして
これは、事実のように思えます。
しかし、これを日本の当時の防衛庁が、そこまでやりますか・・・
そんな恐ろしいことを。到底考えられません。

もし、これを平気でやれるとしたら、
日本を植民地にしている某国しか考えられません。
某国の支配下にある、ある秘密組織。

それと、これらの一連の恐ろしい事実を、隠蔽しようとした連中が、
当時の政府や防衛庁の中に、相当数いたことは容易に考えられます。

いわゆる、防衛利権族の存在です。

つまり、米軍様がいてくれる事で、様々な利権にありついて、
長年ずっと美味しい思いをして来た連中です。

こういった連中には、本当の愛国心など皆無で、利権拡大と
出世や天下り先のことなどしか考えていないでしょう。
無論、かの国にシッポを振るだけの最大の傀儡亡者たちです。

あの御巣鷹山付近に、怪しい軍事設備の存在があるといった
話も、あまり信じないほうが良いと思いますけどね。

UFOの話が出てきたりと、まさに陰謀論が百花争乱の如くの
有様ですが、話を複雑にしている連中がワンサカいるのでしょう。

皆さん、はっきり申し上げて、我が国・日本においては、
工作員だらけだとと申し上げても良いかと思います。
特に、軍事評論家だの独立総合研究所だのといった所は、
もろに末端のCIA工作員だと思ったほうが良いです。


信用してはダメですよ、本当に・・・笑。
今回はこのへんにしておきます。




$wantonのブログ

520人もの尊いお命をあのような形で散らされ、
さぞ、御無念であったろうと本当に心が痛みます。
不幸にも、お亡くなりになられた皆様に、
心より哀悼の意を捧げたいと想います。

合掌。。。






AD

コメント(12)