子宮頸がんワクチンの99.9%が
接種をした女性に全く効果がない事を厚労省が認めた






アロマでサンバさんより一部引用
http://ameblo.jp/il-mano/entry-11503090402.html


2013.3.28の厚生労働委員会質疑の模様です。

先日定期予防接種になった子宮頸がん予防ワクチンについての事実です。

日本で現在認可接種されているワクチンはガーダシルとサーバリックスの2種類です。

どちらも、16型と18型のHPVに対するワクチンです。

ここで質疑を見てもらうと、

日本人の一般女性でHPVの16型に感染している人は0.5%、
18型に感染している人は0.2%だと厚労省が発言しています。

99.5%の人は感染していないウィルスのためのワクチンだったんですね。

さらに副反応については、

インフルエンザワクチンに比べて、

サーバリックスは38倍 そのうち重篤な副反応は52倍

ガーダシルは26倍 そのうち重篤な副反応は24倍

こんなにも多いんです。

また子宮頸がんについても、

HPVウィルスは性活動のある女性の50%は感染し、
感染しても90%以上は自然に排泄されると認めています。

その上、適切に治療すれば治癒率はおおむね100%と発言されています。

つまり、HPVはありふれたウィルスで多くの人が感染し、
感染しても90%以上は自然に排泄してしまうもの。

仮に持続感染しても適切に治療を行えばほぼ100%治る。

このウィルスのなかのしかも99.5%の人が
感染していないタイプのウィルスに対して、
インフルエンザワクチンの何十倍もの副反応が出るワクチンを打つ
という事はどういう事なんでしょう?

しかも対象は小学校6年生から中学生、高校生。

10代の若い女の子に打つわけです。

厚労省が認めたこの事実をあなたはどう考えますか?


資料 (HPV)ワクチンに関する ファクトシート - 厚生労働省


以上、引用終わり
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



もみじ
様々な危険性が指摘されているのにも関わらず政府はこのワクチンを推進し
今月から定期接種化となってしまいました。

wake up Japan さんのワクチン関連動画を
お気に入りにしておくことをお勧めします。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL88716CBBAB6D3880



アメノウズメ塾中級編③ 人口削減計画 ワクチン






予防接種を受けた人を中心にインフルエンザが大流行
http://ameblo.jp/64152966/entry-11453543181.html



賢いユダヤの人々は、ワクチン接種を受けないのだそうです!

http://ameblo.jp/64152966/entry-11129823317.html

やはり、ユダヤの人々は賢くて優秀なんですね。
ワクチン接種を受けないのだそうですよ。
オバマ大統領も娘への接種を拒否したそうです。
脳に水銀やアルミニュウムを蓄積させたい人にはお勧めです。





ある米軍女性兵士の命を掛けた最後の告発
~安部が進めるFEMAと豚インフルの恐るべき真相

http://ameblo.jp/64152966/entry-11474417045.html



「このビデオが見つかったら
その時には、私は既に存在していないだろう!」


米軍女性兵士の命を掛けた最後の告発ビデオより






豚インフルエンザ予防接種プログラムの目的とは何か?

http://satehate.exblog.jp/13573308/



$wantonのブログ



その映画は決してその神秘的な不妊症の流行を説明しないが、
しかし、インフルエンザパンデミックが2008年に発生し、
そして最後の子供が1年後に生まれた。

その年は2010年で、老化に対するワクチンが少なくとも
90%の人類を永久に不妊化されたままにする。




豚インフルエンザワクチン
基盤とするらしいそのパンデミックワクチンは、 4.86 mgのTween 80としても
知られる ポリソルベート80 を含んでいる。
これは実質的に、50μgのポリソルベート80を含むメルク社の
子宮頸癌ワクチンであるガーダシル中に見出される量と比べた時、
ポリソルベート80の量で 100倍の増加 である。


$wantonのブログ

ポリソルベート80は、建前上は、我々のワクチン中に安定化剤
として入っている。 なぜある一つのワクチンがこの安定化剤を
他の一つに比べて100倍の量を必要とするのかは私の理解を超えている。
しかしそれはこのワクチンの意図を問うためには十分な理由となる。

スロバキアで行われた一つの研究は、新生児の雌ラットが
ポリソルベート80を注入された時、
ラットは 成長してから不妊になる ことを見い出している。



強毒性新型インフル予測時、全国民に予防接種へ + 愛国心詐欺
http://satehate.exblog.jp/17618413/

政府は、強い毒性と感染力を持つ新型インフルエンザの国内流行
が予想される場合、国民の安全確保のため、原則として全国民に
予防接種を行う方針を固めた。

国内の医薬品メーカーなどと連携し、2013年度に
1億3000万人分のワクチン供給体制の確立を目指す。
9日の閣議で 特別措置法案 を決定し、
今国会に提出する予定だ。

政府は、強毒性の新型インフルが流行すれば、
国内で最大64万人が死亡すると推計している。

特措法案では、新型インフルの流行時に、首相が本部長を務める
政府対策本部を設置すると明記。予防接種は、対策本部が
「新型インフルエンザが国民の生命・健康に著しく重大な被害を与え、
国民生活・経済の安定が損なわれないようにするため緊急の必要がある」
と判断した場合に実施する。接種対象者や期間は対策本部がその都度
検討するが、深刻な流行が予想される場合、持病が悪化する恐れがある
患者などを除き、全国民への接種を想定している

(2012年36日14時36分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120306-OYT1T00656.htm?from=tw


AD

コメント(21)