「原発廃材がフライパンやジュース缶、自転車などに

リサイクルできる」法律の「改正」が国会を通過




オルター通信926号記事さん~より


http://alter.gr.jp/Preview.aspx?id=3013&cls =


「原発を解体してその金属廃棄物でフライパンを作る」という話があるのを知っていますか。
 こんなことを言うとほとんどの人がエーッと声をあげるんではないでしょうか。


去年の4月までは「まさかそんなことあるわけがない」でしたが、5月には「フライパンやジュース缶、

自転車などにリサイクルできる」法律の「改正」が国会を通過し、12月に施行されました。


 日本では廃炉にした原発は解体撤去する方針を立てています。稼働から30年以上になる

老朽化した原発が全国に9基あり廃炉を考えなければならない時期に来ています。


原発は巨大なプラントです。100万kwの原発1基を解体すると50~55万トンの鉄やコンクリートの

廃材が出ると言われています。日常生活では想像もつかない数字ですが、ダンプカー(5~10トン)

で想像してみてください。


これまでは放射線管理区域内の物は「放射性」として隔離し、一般社会に出してはいけなかった

のですが、この大量の廃棄物を隔離管理していては莫大な費用と場所がいるので、産業廃棄物

やリサイクルにしてしまおうと政府は考えました。原子炉等規制法という法律を変えて微量の

放射能なら問題ない、リサイクルしても良いとしてしまったのです。

微量であろうと危険!スソ切り容認の原子炉規制法
 物質そのもの自体は何も変わらないのに法律を変えることによって「危険」を「安全」にして

しまいました。政府は基準値(ストロンチウム○○ベクレル、セシウム○○ベクレルというように)を

決め、クリアランスレベルと呼び、これ以下だと安全だと規定しました。私たちはスソ切りと呼びます。
 

微量であろうと放射線は生命体に何らかの影響を及ぼします。誰がどんな責任で安全と宣言できる

のでしょうか。大人に影響がなかったとしても胎児・幼児にはどうでしょうか。私に大丈夫でもあなた

には危険かも知れません。一度だけの接触なら大丈夫でも連続して接していると危険かも知れま

せん。一つ一つは微量でも気がつけば周りの日用品全てが原発由来の鉄のリサイクル品だった

ということになったら、微量とは言い難いです。「私の机と椅子とベッドは元は原発で使っていた

鉄のリサイクル品なのよ。少し放射線が出ているけど安全なんだって」なんて自慢にもなりません

が、数年後にはあり得ることです。


 また解体廃棄物が大量なために細かく放射線測定が出来ずに高い数値の物が混ざって

市中に出てしまう可能性もあります。台湾では放射能汚染された鉄骨が使われたマンション、

学校、幼稚園などで多くの市民が被曝する事件が起きました。私たちは微量という名の下に

広く薄く汚染された中で生活するのをよしとするのは嫌です。

原発廃材を市中に出させないために
 廃炉になった東海1号の解体が始まっていて、2005年11月、スソ切り対象のスクラップ金属の

うち2000トンを日本鉄鋼連盟が溶融を引き受ける旨合意したと報道されました。原発敷地からの

搬出についての事項、リサイクル品に関しての事項とかなり具体的な取り決めが行われていて、

いよいよ私たちの身近に「原発廃材のフライパン」が迫ってきたように思いました。


 現在スソ切りは解体原発についてだけですが、病院、研究施設、事業所、原発燃料等の

製造過程で出てくる放射性廃棄物-核のごみが溜まり続けている-についても政府はスソ切り

を導入しようとしています。スソ切りを止めたいと思います。そのためにどんな手立てがあるのか

法律を変えることが一番ですが、ダメなら原発廃材を市中に出さないように声をあげていくことが

必要です。リサイクル品は原子力施設のみで使わせるよう市民の声を大きくしていきましょう。


 出来るだけ多くの人にこのことを知ってもらえるように、わかりやすい簡単なリーフレットを作り

ました。もう少し詳しいミニパンフレットもあります。もっと詳しい冊子もあります。パソコンのある方

は自由にダウンロードして友人知人に広めてください。電話でのお問い合わせも待っています。           G113 滝沢厚子

放射性廃棄物スソ切り問題連絡会 

http://www2.gol.com/users/amsmith/susokiri.html
〒606-8203 京都市左京区田中関田町22-75-103
tel 075-701-7223(グリーン・アクション内)



--------------- 以上、引用終わり -------------




 わんわん

管理人


この国は、本当に一体どうなってしまったんだ!?

もう、国家としての体を為していない。


食べて応援に汚染瓦礫全国拡散焼却に飽き足らず、

放射能に汚染された原発廃材のリサイクルと来た。

これで、更に日本全国に放射能が拡散されるという訳か。


国会を通過したという事は、賛成した国会議員が、過半数いた

という事になる訳ですが、そんな話は聞いていないよ。

本当にクズだらけの国会議員と来ている。

賛成した国会議員の名簿を是非、知りたいものだ。


もしかしたら、人口削減を企んでいるイルミの連中の仕業か?

そうとしか思えない。


それに、官僚とヤクザが絡んでいるんだろう。

官僚は、その美味しい利権を差配出来る。

ヤクザは、解体・運搬などの利益に巣食うことが出来る。

無論、例の汚染瓦礫利権で味を占めた政治家も、またまた

その御裾分けにあづかるという仕組みだろう。


もう、どうしようもないね、この国は。

まさに、ガラクタ国家と化している。


既に、改革出来るレベルじゃない。

何等かの、大きな革命を起こすしかなさそうだ。

マスゴミは、相変わらずダンマリだしね。

そして、国民は全くの無関心って訳か・・・


終わっているよ、完全に。

これによって、国民が得るものは、たった一つ。


人口を削減させられるんだろうね。

日本維新の会の橋下も公言している。

日本の人口は、6千万人くらいが妥当だと。


国民が、無関心なら、もう無関心でいいよ。

その代わりに、きっちりその報いを受けるだけだ。





    

          http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/300.html




       祇園精舎の鐘の声,諸行無常の響きあり

      沙羅双樹の花の色,盛者必衰のことわりを

       あらわす。おごれる人も久しからず,只

       春の夜の夢のごとし。猛き者も遂には

      ほろびぬ。偏(ひとえ)に風の前の塵(ちり)

      に同じ。   __平家物語より__

 


          




     諸行無常・・この世に存在するすべてのものは
     関係することであり,現象としてあらわれる全て
     のものが流転し,一刻一刻変化しその全てが
     また真実である。この世には実体と呼ばれる
     ものはない。

     現実をあるがままに認め,願っても叶わない

     ようなものは追い求めない。

     これが苦しみから救われる路。

    いかなる者もいつかは滅びる。あの泥のなかで
    栄養を吸収し美しい華を咲かせる蓮の華を見て
    ごらん。泥に汚されることなく転生し泥という
    煩悩のなかで綺麗な華という菩提花を咲かせる。
    これぞ涅槃なり。だから事実をありのままに
    受け止めなさい(如日知見)。


 もろもろの現象は無常である。生じたり滅したりする性質を
 もっている。生じてはまた滅する。

 それらのものが静まれば安楽という解脱がある。

 安らぎ(涅槃・ねはん)は虚妄ならざるものである。

 諸々の聖者はそれを真理であると知る。かれらは実に真理を

 さとるが故に,快を貪ることなく平安に帰しているのである。

 パーリー語聖典より。これは釈尊の教えである。







AD

コメント(24)