311以降の千葉モニタリングポスト ~

一体何が起こっていたのか

(記録保存用)



3/11

東京から千葉に歩いて帰る時にガイガ-カウンタ-が鳴りました。

http://ameblo.jp/64152966/entry-11342224139.html

この記事の続編です ↓





合格 県環境研究センターにおけるモニタリングポストによる
大気環境中の放射線量率の測定結果(平成23年3月分)
http://www.pref.chiba.lg.jp/taiki/h23touhoku/houshasen/list-kekka-atmos-1103.html

お気に入りにしておかれる事をお勧めいたします





合格 福島第一原発事故タイムライン(ドキュメンタリー)

http://agora.ex.nii.ac.jp/earthquake/201103-eastjapan/radiation/timeline/documentary.html

お気に入りにしておかれる事をお勧めいたします






わんわん

管理人


昨日の記事の最重要点は、311からなる福島原発事故からなる

放射能雲が、まだ千葉に全く届いていないのにも関わらず、地震発生

直後から千葉モニタリングポストが夕方より上昇していた事を

確認出来たことです。



去年の3月14日に、3号機が不完全な核爆発を起こしたことが、既に

明らかになっていますが、太平洋側に流れていた放射能雲が、当日の

夜中から風向きが変わり、15日に関東・東京方面に流れた事は周知の

事実ですが、千葉モニタリングポストからも確認する事が出来ます。


3月15日 東京を襲った「見えない雲」の追加説明

http://ameblo.jp/64152966/entry-10879105372.html 2011-05-02




(平成23年3月分)
(単位:マイクロシーベルト/時)



最大値

11日 0.032

12日 0.024

13日 0.025

14日 0.024

15日 0.313
16日 0.141

17日 0.040

18日 0.036

19日 0.034

20日 0.034

21日 0.091

22日 0.125

23日 0.109

24日 0.102

25日 0.095

26日 0.089

27日 0.082

28日 0.078

29日 0.075

30日 0.079

31日 0.079


━─━─━─━─━─


福島第一原発事故タイムライン(ドキュメンタリー)


15日 0.313


2011年3月14日

[05:00] 5:20に3号機で再びベントを実施。11:00には建屋が水素爆発←×した。

しかしこの日はずっと陸から海の方向に風が吹いていたため、陸上では

放射線量率の大きな増加は見られなかった。

[22:00] 21:37に正門では3130.0μSv/h を観測。

そしてこの頃から風向きが、しだいに北風に変わってきた



2011年3月15日

[05:00] 放射性物質は北北東の風に乗ってさらに南下し、関東各地に到達した。

まずは茨城県のモニタリングポストで放射線量率が急上昇し、その後は関東各地の

モニタリングポストでも放射線量率が急上昇した。ただし、この日は雨が降らなかったこと、

そしてキセノン133 (Xe-133)などの希ガス成分が多かったことなどにより、沈着はあまり

起こらずに放射性物質は通り抜け、その後は放射線量率も急速に低下した。


[06:00] 状況はさらに悪化して6:10には2号機で爆発。圧力抑制室が爆発して格納容器

というバリアが破られた可能性がある。

そして正門では8:31に8217μSv/h、9:00に11930μSv/hと、正門の計測値としては

最大を記録した。続いて4号機では9:38に火災が発生。使用済み燃料プールの水位が

低下して燃料棒が溶融したとすれば、覆いがない使用済み燃料プールからも継続的に

放射性物質が放出された可能性がある。

3/15の朝に大量の放射性物質が放出されたことは間違いない


━─━─━─━─━─


15日の千葉モニタリングポストを御覧いただくと分りますが、

風向きが14日夜の22時頃より変わり、千葉に第一波が到達

したのが、15日の朝6時頃⇒0.074、となっています。


風速にもよりますが、およそ8時間後という事になります。

そして、第二波が朝10時の0.087と記録されています。

15日当日の最大値は、夕方17時の0.313と記録されています。



15日に関東を襲った、いわゆる 東京を襲った「見えない雲」

というものが、最大の汚染原因という事らしいですが、しかし、

千葉モニタリングポストを御覧いただくと分りますが、

21日以降の放射線量が、15日のものより、およそ3倍超を

記録しています。

21日から一週間近く高い数値が続いています。



一体何が起こっていたのでしょう!?



21日を見て見ますと、最大値の0.091に急上昇したのが、

朝の10時と記録されています。

到達時間から逆算すると、21日の0時過ぎくらいからという事に

なりますが・・・



福島第一原発事故タイムライン(ドキュメンタリー)


21日 0.091


2011年3月20日

[10:00] 10:00頃からは東風に変わり、海から陸の方向に風が吹き始めた。

しかし原発の状況が比較的小康状態を保っていたためか、

各地では目立った放射線量率の増加は見られなかった。

夕方からは南風が強まり、南相馬では若干の線量増加を計測。


[23:00] 22:00~0:00にかけて、風向きが反転して北風となる 



2011年3月20日

[05:00] 北風は早朝にかけて強まった。放射性物質は浜通りの海岸沿いを北北東風に

乗って南下し、ひたちなか以南の地域では5:00~6:00にかけて高い放射線量率が

SPEEDIのモニタリングポストで観測された。またそれより遅れていわきでは、

9:00に2.34μSv/h 11:00に6.00μSv/h を記録した。

いわきの方が上昇が遅れたのは、最初は海上を通過していた帯状の領域が次第に

内陸側に吹き寄せられたためではないかと考えられる。


[06:00] 水戸南方を通過した放射性物質は南関東にも流入した。


この日の関東地方の天気は雨だった 雨


いわきでは7:00、水戸では6:00から降雨が始まっており、

この地域に到達した段階ではすでに雨となっていた。

関東に流入した放射性物質は雨による沈着とともに南下したと考えられる。


南関東では3月15日早朝にも放射性物質が通過したが、

この時には雨が降っていなかった。

今回は雨が降っていたために、

ヨウ素131 (I-131)やセシウム134/セシウム137 (Cs-134/Cs-137)などの放射性

物質が沈着してしまった。ゆえに放射線量率はこの日に上昇したまま、

半減期8日のヨウ素131の減少にしたがって緩やかな下降を続けている。


この日に水戸南方を通過したプルームは、主に常磐自動車道の南方あたりを南西に

向けて進みつつ、その付近に拡散したのではないかと考えられる。


後日に各地でおこなわれている放射線量率の測定によって、いわゆる「ホットスポット」

(実際には帯状に高くなった中で特に点状に高いところがある)が見出されているが、

それはこの日にたまたまプルームが通過し、より多く沈着する条件が整ったところである。


最終的には千葉県から神奈川県西部まで広がって海上に抜けたと考えられる。


━─━─━─━─━─



やはり雨でしたか。

普段から、爆発やベントによって大気中に舞っていた

放射性微粒子が、一気に地上に降臨してきたんだね。


放射線量の数値に関していえば、一つの目安に過ぎない

ものと考えています。

恐らく、かなり低く公表されていると思います。


以前、ヤフ-だったか、リアルタイム放射線量公開の

サ-ビスを始めて、市民から喜ばれたのですが、しかし、

出された数値というものは、驚くほど低いものでした。


そのサ-ビスサイトを管理監修しているのは、政府の

天下り組織の特殊法人でしたから納得。


各地の環境研究センターにおけるモニタリングポストは、

災害時の緊急切り替えモ-ドに変換されている可能性が濃厚。


政府や官僚組織から出て来るものはウソばかりです。

そういった数値を元に議論しても始まらない。

多くの意識の高い人は、この1年半の間に嫌というほど

思い知らされたはずです。


まず、彼等には原発利権を守ることしか頭にありません。

放射能拡散シミュレ-ションさえも流さずに、数千万人の国民を

平気で被曝させるような連中が相手であることを強く頭の中に

叩き込んでおかなければなりません。



次には、以下のような理由があると考えます。


東京の放射能汚染の事実が隠される本当の理由

http://ameblo.jp/64152966/entry-11308257844.html



公表された数値を根拠に、反原発の人を攻撃する人間は

心の底から愚かだと思っています。

相手にするだけ時間の無駄。


何から何まで、ウソによって塗り固められている。

そういった意味からも、

311の日の、千葉のモニタリングポストの数値には

極めて大きな疑念を抱いています。


実際には、もっと大きな放射線量だったと思います。

恐らく、国から指令が来たのでしょう。

数千万人の国民を平気で被曝させるような連中ですから。



政権中枢の人間からも内部告発が出ています。


原発・放射能に関する、『ある噂』

http://ameblo.jp/64152966/entry-10992788405.html


ある知人が、最近、親戚に言われたと今、電話がきた。

親戚は国会の事務局に長年いる人。




テレビ 関連動画


関東における甲状腺検査の必要性

http://www.youtube.com/watch?v=ROBnNIT-9Xo&feature=youtu.be




$wantonのブログ








AD

コメント(8)