検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
 ~ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!









記事の題名は、色々と調べていて自然と浮かんだものです。
この題名を★メルマガ第41号の冠にすることに決めました。

調べていますと、検査で見つかる癌のほとんど・・99%が
真性=本物ではない「癌もどき」だって書いてあるじゃないですか。
実際に本物のガンとニセモノのガンを見分けるのはものすごく困難なようです。

病院経営は、超高額な検査機器を導入していますから、かなり大変みたいです。
なので、何でもかんでもお金の取れる方向に誘導しがちです。
抗がん剤や手術など必要が無いものまで「悪性ガン」と診断され、
ガンの3大治療によって死に至らしめられる場合がかなり多いようです。

老衰で死んだ人の8割に、ガンが発見されることが判明しています。
ガン検診受けなかったから長生き出来たんだねって話にもなる訳です。
これって本当に酷い話だとは思いませんか?

それでは、本物のガンとニセモノのガンの違いは何ぞやって話になる訳です。
★メルマガ第41号では、このあたりが中心になります。

本当はニセモノのガンなのに、悪性と診断された時から死へのエレベーターに
乗せられて、あっという間に天国へ召されるのが真相のようですが、
何もしなくてもいいような癌もどきが99%近くもあるのでは、
国家的医療サギ~巨悪犯罪の疑いも出て来ます。

年間に35万人の人がガンで死亡しています。
いや、ガンで死亡とされているのが真相です。
実際には、そのほとんどが免疫低下~免疫不全で亡くなっています。
例えば、肺炎や多臓器不全なんかで亡くなっているのです。
ガンそのもので亡くなっている訳ではありません
免疫低下~免疫不全をまねいているのは、現代のガン3大治療法です。
ガン切除・・抗がん剤・・放射線治療・・そして、何種類もの薬剤投与。

本物のガンで亡くなっている人は、本当は何人なのでしょうか?
35万人からその人たちを差し引いた人数が、現代医療の犠牲者の数です。

身体に悪い薬漬けにされて、検査〜検査の繰り返し。
10年ほど前から、大量の薬剤投与が問題になりまして、
ここ最近の病院は、薬剤から検査で利益を上げる方向にシフトしています。
恐らく、検査〜検査の連続が待ち受けているはずです。

何度も同じところを掘り返してやる不必要な道路工事が大変多いですが、
本来、不必要な公共事業も雇用の為になっているんだとか。
そのような意味もあってガン患者さんは、格好のカモにされているのかも。
しかも、ご家族の負担は増すばかりとなってしまいますね。



今日は、メルマガ記事の執筆でかなり忙しいです。
という訳で、面白そうな記事を転載しておきます。

大摩邇(おおまに)サイトより引用します。

元慶大講師の医師が教える 「医者に殺されない47の心得」
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1979591.html

近藤誠(慶応大学 医学部 放射線科講師 定年退職)~より


●ピンクリボン キャンペーン無意味な がん検診などを 女性に勧める
・・・このキャンペーンを あざ笑うかのように 乳がんはこの10年 激増しています


●乳房なら 手元が狂っても命に別状はないから 若い外科医の「練習用」に
 重宝されているという話を 同業者から聞いたことがあります。


●コレステロールは 細胞を丈夫にするので 減らさないことが大事です。
 日本人は コレステロールが高い人ほど 長生きです。


●年を取ると血管が硬くなるので 血圧はやや高めの方が 
 血液が体や脳のすみずみに届きます。


●メタボにさしかかる程度の 小太りが一番長生き
 コレステロールが高いほど 長生き


●世界のデータを見ると 塩が足りない人の方が 病気になりやすく 短命
 高血圧に塩はダメはウソ( ;;´☼;3;☼) アンダールマン博士


●アメリカ心臓学会から 受賞した 故・青木久三博士
 「日本人の高血圧の98%以上は、塩と関係ない。」


●抗生物質は ウイルスには まったく無効で 耐性菌などの厄介な問題を起こします。
 軽い風邪なのに 抗生物質を処方するような医者には 近づかないことです。


●WHOも 厚生労働省も HPで「インフルエンザ・ワクチンで 感染を抑える働きは
 保証されていない」と 表明しています。。。


●ヨーロッパでは インフルエンザでも 病院に行く人は少ない


●高血圧の原因は 9割以上不明です。
 血圧を下げることによって 心臓病や脳卒中などが減ると実証された 
 データは見当たりません


●高血圧の基準値 
 1998年は 160/90
 2000年には 根拠もなく 140/90
 2008年には 130/80
 基準値を ささっといじって 薬の売り上げ6倍増!!以上
 まるで 放射能みたい・・・基準値をいじる


●高血圧 高コレステロール血症 糖尿病・・・大部分は治療の必要がないか 
 病気と考えないほうがいい


●製薬業界がスポンサーの試験は 都合のいいデータが出るように 
巧妙に工夫がこらされます・・・・以上  これまた 放射能みたいだね・・・


●日本は 今 世界ワーストの 院内感染国です
 耐性菌MRSAが占める率:アメリカ40% イギリス37% スペイン36% 
 ドイツ9% オランダ0% 「 日本 70~80% 」


●僕の経験では 胃がん 肝臓がん 食道がん 子宮がんの4つは 
 放置すれば年齢に関係なく 最後まで痛みません。。。


●検診で発見できる大きさになるより はるか前に本物のがんなら 
「転移(死亡の原因となる)」が成立しています


●脳ドッグは 害の方が大きいことが はっきりしています
「脳ドッグで見つかる 1センチ未満の動脈瘤の 年間破裂率は 0.05%。
 20年たって ようやく1%」
(1998 総合医学雑誌 ニューイングランド ジャーナル オブ メディスン)


●脳ドッグは 日本だけで 普及しました
 脳外科医:アメリカ3200人 欧州諸国は数百人 
 日本5000人 失業対策もあったのかもしれません


●今の医学で どんなに早期に がんを発見できても 直径1センチ前後から・・・
 そのとき 本物のがんなら とっくに転移し終えています


●風邪などですぐに抗生物質を出す 日本の 薬剤耐性菌の感染率は 70~80%。
 欧米は30~40%。 日本の医療レベルは 低いのである。


-----------------------------------------


この記事のコメントに大変興味深いものがありました。
以下 ↓

3. この世界は 2016年02月09日 20:14

良く解らないけれど、医学でなく、細胞レベルの分子構造の機能において、
生命科学の分野においてだと、『ガン細胞は転移が絶対にあり得ない』そうです。
両者の意見が食い違っている。

私は知りませんがどちらが正しいのでしょうか。

ガン細胞から細胞分裂し、その分裂したガン細胞が別の場所に定在、吸着する事において、
そもそもガン細胞が細胞分裂出来ない、故に転移自体があり得ない。との事。
それはガン細胞の悪性腫瘍化が毎日誰でも何千も作られる特殊コピーの陰性ガン細胞の内、
何れかが悪性腫瘍に変化したとの事。

悪性腫瘍に変化しやすい理由として、血液が汚れている場合、
急ピッチでガン細胞はポンプ細胞へと変化し、急いでその汚れた毒素を吸い上げます。
他の免疫力では間に合わない時に起きる緊急処置として。

故にそれはどこでも緊急ポンプ化しやすく、それを医学では『転移』としているところに、
誤解を生じさせているのではないか…との意見があるそうです。

私はどちらか知りませんが。

個人的には、ガンの秘密は実際はかなり意外で、実はもしかしたら恐ろしい別の理由により、
悪性とされるポンプ化細胞が機能するまでに血が何故そこまで毒まみれになるか…と
言う事に何やら秘密がありそう。

免疫力低下だけじゃHIVだってそうなのに。
それ以上の事が何か血液の中で徐徐に起きている…なんて考えてしまいます。


<引用終わり>
-------------------------------------------



以下のグラフは、世界保健機構(WHO)が出しているものです。
私はこのグラフを何度でも掲載します。
もし、全ての大手新聞がこのグラフを一面に掲載したとしたら、
一体どういうことになるでしょうか?
大騒ぎし出すんじゃないですか?・・・日本国民が!
しかし、彼らマスコミは決して掲載することはありません。
何故なのかは、皆さんの頭でお考え下さい。

ここ最近、私のブログサイトの封じ込めを強く感じています。
以前から、そのような妨害は多々あったのですが、段々と酷くなってきています。
ブログでは書けないような異変も起こっています。
正しいことをやろうとすればするほど、潰されるのが今の日本の現実です。
まだ、殺されないだけマシなのかもしれませんが・・・
最後に残るのは、メルマガだけかもしれないと思うようになりました。






お知らせ

4月7日に、最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第40号
『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

まだ届いていない読者の人は、直ぐにご連絡下さい。
ただちに再送させていただきます。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』




第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号
〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号
〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!




病院が収奪屠殺工場であることに気づいていない方へ 船瀬俊介
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-3bd7.html








AD