まさに開戦前夜の様相
~カール・ビンソンに加えロナルド・レーガン
他、もう1隻の空母も北朝鮮に大集結!









【朝鮮半島有事】アメリカがついに本気!
カール・ビンソンはわざとゆっくり到着!?





<概略 文字書き起こし>

アメリカのペンス副大統領が18日に、日米経済対話のため日本を訪れた。
総理官邸に移動したペンス副大統領は、麻生副総理との会談を前に
安倍総理との昼食会に出席した。
およそ1時間半にわたって行われたこの会談では、北朝鮮問題について
「安全保障分野で緊密に連携し、日米同盟の強化が不可欠との認識で一致」したという。

マティス国防長官、ティラーソン国務長官、ペンス副大統領と・・
これほど頻繁に要人が訪れて会談するというのは異例のこと。
もし何か起きた場合に備えて、軍事的にも政治的にも、
様々なことを調整しておく必要がある。

日米韓の役割分担のようなところまで具体的に話す、
実質的には「事前協議」に近いものだったのではないか。
北朝鮮にとっては非常な脅威になるだろう」と分析した。

次の Xデー 、つまり北朝鮮が核実験やミサイルの発射を行う可能性が
あるのは、北朝鮮が朝鮮人民軍の創設日を迎える25日だとされている。

山口氏は、「4月13~15日に核実験があるかどうかについては、
政府内でも非常に緊張が高まっていたが、米中首脳会談などの動きの中で
可能性は低くなっていった。
安倍総理も、ここまでの動きはある程度の予想の範囲内だと思っている
だろう」と話す。

更に山口氏は、「米韓合同演習とも重なるため、北上中のカール・ビンソン、
また横須賀に停泊中のロナルド・レーガン、さらにもう1隻の空母も
向っていると指摘、4月25日からの1週間程度、かなりの数の米軍の
艦艇が朝鮮半島付近に集結するという状態が続く」と指摘。

「アメリカは敢えて25日くらいにカール・ビンソンが到着する
スケジュ-ルで動かしていると思う。
急いでいたら既に着いている。

ゆっくり北上させることで、中国に時間的猶予を与えているんだと思う。
中国が北朝鮮にどういうプレッシャーをかけてどういう成果が上がるのか。
これは、習近平に対する圧力でもある。」 (山口氏)


<書き起こし終わり>
---------------------------------------------



管理人

私は、世界最大の巨大原子力空母・ロナルド・レーガンの動向に
注目していました。
カール・ビンソン+ロナルド・レーガン+他のもう1隻の空母。
そして、何隻ものイージス艦、駆逐艦、ミサイルフリゲート、
攻撃型原子力潜水艦、補給艦・・・

これは、もはや戦時体制に突入したと云っていいと思います。
つまり、アメリカは本気で動いているということです。
単なる脅しでした・・で終わるなら、後で、猛烈な避難を浴びるのは
トランプ合衆国大統領です。
もはや、開戦前夜といえるような様相を呈してきたと、
多くの軍事専門家は分析していることでしょう。

カール・ビンソンの到着を意図的に遅らせたのは、山口氏の解説にも
ありましたが、私はそれだけではないと思います。
中国に、米艦隊に対して対艦迎撃中距離弾道ミサイルを絶対に使用しない
といった確約をとっていたのではないかと推察します。
このミサイルを使われたら、米艦隊の航空母艦3隻は撃沈されます。
イージス艦といえども、到底、対処しきれないのです。
アメリカは、このミサイル攻撃システムを最も恐れています。
それほど、中国本土のミサイル攻撃網は大変優秀だそうです。

北朝鮮の金正恩は、中国傀儡の金正男を暗殺しました。
これに、中国は激怒しました。
米国は、これを待っていた節があります。
この機に乗じて、一斉に動き始めたと考えられる訳です。


考えられるシナリオとしては、米艦隊の一部が北朝鮮の攻撃を受けたと
偽旗テロを装うことです。
陰謀論でもなんでもありません。
第2次世界大戦以後、米国は幾度となくこの偽旗テロを行って来た前科があります。
ベトナム戦争もそうでした。
トンキン湾事件は、米艦隊の一部がべトコンから奇襲を受けた事件でしたが、
この事件をきっかけにベトナム戦争が勃発したのです。
しかし、後になって、トンキン湾事件は米国が仕組んだものと判明しています。

恐らく、アメリカの軍需産業が不景気で悲鳴を上げているのでしょう。
そのすさまじい圧力は、歴代の米大統領を常に動かしてきました。
戦争は、アメリカにとって公共事業そのものです。
日本の道路工事みたいなものです。

アメリカ~北朝鮮~韓国~日本・・・
この中で一番狙われるのは日本の可能性が高いと、多くの専門家が指摘しています。

アメリカは強すぎて巨大すぎる。

韓国は元々の同胞であり、終戦後、統一といった流れになると、
韓国の原発や大都市を破壊したとなると、生き残りの軍部指導者たちが、
国賊として扱われ、A級戦犯として処刑される可能性が高い。
北朝鮮軍部指導者たちは、そのことをよく知っています。

そういった中で、日本が格好の標的にされる可能性が高いという訳です。
特に、日本海側の最大拠点としては、青森の三沢米空軍基地~六ヶ所再処理工場。
六ヶ所再処理工場を叩けば、日本最大の三沢米空軍基地は機能不全に陥ります。

そして、東京にある在日米軍司令部の横田基地が狙われる可能性が高い。

東京は雪が3センチ積もっただけで大騒ぎになるような人口密集地帯です。
青森のような田舎の土地よりも、東京のほうが軍事的効果は絶大です。
従がって、東京の横田基地周辺が最も危険であると指摘しておきます。

金正恩一族は、敗戦を悟ると何でもやって来る可能性があります。
金正恩とその一族は処刑されるでしょう。
彼らは、そのことがよく分かっています。
ですから、生き延びるためには何でもやって来ると考えておくべきです。
経済大国の日本は、世界に大きな影響力を持っています。
その日本を脅して、北朝鮮への攻撃を中止させようと考えるのは、
軍事以前の常識として知っておくべきです。

以上のような・・あらゆる情勢分析が、日本に危険を知らせています。
しかし、悲しいかな、日本はアメリカの植民地です。
自衛隊も実質的には米軍の支配下にあります。
空軍の指揮系統も英語で統一されています。
イザという時に、米軍の指揮下におかれるからです。

という訳で、米国と米軍の意向には逆らえない訳です。
幾ら、戦争に反対といっても駄目なような仕組みが完成されています。
政治家もただのデク人形に過ぎません。
せいぜい、自分の立場のために、国民にあまり被害が及ばないようにと、
建前として申し入れする程度のものです。
つまり、アメリカの言いなりっていうのが真相です。
これに逆らう政治家は、全て暗殺されて来た暗い歴史があります。


かつて・・・ブッシュ元大統領は、
最大の景気刺激策は戦争だと公然と語りました。
アメリカの産業の4割か6割だったか・・・軍事関連企業です。
戦争が無いと経済が成り立たないような国家に成り果てている始末です。
まさに、戦争が公共事業な訳です。
その植民地が、日本という悲しい現実を日本国民は知っておくべきです。

Xデーが本当にあるかどうかは私には分かりません。
複雑な政治的、軍事的、経済的情勢によって判断されます。
しかし、以上のような分析から可能性としては十分あるとしか
今のところは云えません。

よその国の話だと思っている人は、大変な勘違いをしています。
その事だけは声を大にして言っておきたいと思います。

核ミサイルが日本に飛んで来ることは、ほぼ99%無いと思います。
あるとしても通常弾頭でしょう。

但し、日本のミサイル防衛システムは、ほとんど役に立たないと知っておくべき。
また、日本のミサイル防衛システムは、日本を護っているのではありません。
米軍基地だけを護るようにセットされています。

もみじ

ミサイル防衛システムは日本を守っているのではない~元防衛大学教授

http://ameblo.jp/64152966/entry-11462909553.html



関連記事

北朝鮮の元技師「ミサイル部品、日本から」米上院で証言
http://www.asahi.com/special/nuclear/TKY200305210142.html

米上院政府活動委員会の小委員会は20日、
北朝鮮の元技師や元高官、米政府高官らを招いて公聴会を開いた。
弾道ミサイル開発などにかかわっていたという元技師は
【部品の90%は日本から来たと】と証言。



戦争が始まったらこうなる 北朝鮮vs.米・日・韓の戦い
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/35577?page=3



平和ボケ?北朝鮮ミサイル危機が叫ばれる中、
安倍総理は芸能人を呼んで「桜を見る会」を開催!
野田内閣ではミサイル予告で中止!

http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/219.html






お知らせ

4月7日に、最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第40号
『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

まだ届いていない読者の人は、直ぐにご連絡下さい。
ただちに再送させていただきます。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』




第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号
〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号
〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!









AD