安倍総理が週明け電撃辞任か!?
~『元外交官二人が安倍総理辞任を予言!』






dendrodium ~さんのサイトより

2017年02月26日

元外交官二人が安倍総理辞任を予言している
http://blog.livedoor.jp/dendrodium/archives/69591315.html

<概要>

◇ 元外務官僚の原田武夫さんがメルマガで安部晋三総理が週明け電撃辞任!?

◇ 元外交官の天木直人さん、もはや安倍首相の辞任は当たり前!




元外務官僚、原田武夫 さんのメルマガより

IISIA公式メールマガジン ⇒

「安部晋三総理が週明け電撃辞任!?市場への​影響は?」 
http://www.haradatakeo.com/


─大事なことはただ一つ。
  「引き際」なのです。

安部晋三総理大臣が非難されています。
「森友学園」による国有地購入に関与しているというのです。

 本人は否定しています。
 また実際にその可能性は低いとも言えます。

 しかし問題は「逆風」が生じたということなのです。
 本来ならば生じるはずのない「逆風」です。

 これに怯えているのは安倍晋三総理大臣自身であるはずです。
 なぜならば「あの時」と全く同じだからです。

 第1次政権を退陣した際にもそうでした。
「週刊現代」によるスクープ記事が出る直前に退陣しました。

 それが「我が国の本当の“権力の中心”」からの声だからです。
 これまで何度となく聞こえてきた声を完全に圧殺してきました。

  今回も巧みにそうできるのか。
 ・・・そう怯えているはずです。

 「潮時」は肝心です。
 “潮目”は逆らう者を巻き込むからです。

「いよいよ」なのです。
 その瞬間が到来したのです。

-------------------------------



元外交官、天木直人 さんのホームページより

2017年02月26日

外国メディアは安倍首相辞任の理由をどう報じるか見ものである
http://kenpo9.com/archives/1036


私の頭の中には、もはや安倍首相の辞任は当たり前となっている。

問題は辞める理由である。

国有地払下げ疑惑に関与していたから辞めるということは、あり得ないと思う。

いくら安倍首相がお粗末な政治家でも、
国有地払下げに直接関与していたとは思えないからだ。

いくら安倍首相が嘘つきでも、
「国有地払下げに関与していたら国会議員も首相も辞める」、
などという墓穴を掘るような嘘はつかないと思うからだ。

安倍首相にはまったく辞める気などない。

ないからこそ、直接関与していたら辞めるとまで自信を持って大見得を切ったのだ。

ところが、今度の大騒ぎの過程で、想定外の、もう一つの大きな問題が表面化した。

それが、日本会議の幹部である籠池理事長の韓国、中国に対する
数々のヘイトスピーチであり、その偏った歴史認識に基づく
軍国主義的教育方針である。

このことこそ、日本会議と価値観を共有し、昭恵夫人に至っては堂々と
籠池理事長の教育方針を賛美して名誉校長まで引き受けていたと言う意味で、
「私も妻も」直接に関与していたのだ。

いよいよ外国メディアが関心を持ち始めた。

その理由は、まさしく安倍首相夫妻の、この、右翼的、軍国主義的歴史認識であり
教育方針に着目したからだ。

外国メディアに書かれ始めたらお終いだ。

私は繰り返し書いてきた。

一強多弱の政治状況の中では、安倍首相が国内問題で倒れる事はないと。

しかし世界を敵に回してはひとたまりもないと。

わずか8億円程度の国有地払下げ疑惑など、外国メディアは関心がない。

そんなことを書いても外国人には理解できない。

しかし軍国主義の再来は別だ。

安倍首相が軍国主義を復活させようとしているとなれば、世界的なニュースになる。

それを危惧する日本国民が安倍首相を拒否したと報じれば世界は納得する。

このまま行けば、「瑞穂の國記念小學校」は間違いなく4月には開校できなくなる。

それどころか、幼稚園児を軍国主義に染め上げようとしていたことがバレた
森友学園さえも、存在が危うくなる。

安倍首相が辞任する理由は、
まさしくその社会的混乱を招いた引責辞任となるに違いない。

そして外交メディアはそれを、極右の歴史認識を持つ安倍首相が
国民から拒否された、と書くに違いない。

まさしく安倍首相は自らの間違った政治姿勢の為に辞任の追い込まれるのである(了)


<引用終わり>
-------------------------------



管理人

正直な気持ちを言わせてもらうと・・・
「ホンマかいな?」・・っていうのが偽らざる心境です。

元外務官僚と元外交官のお二人が、期を同じくして、
安倍総理の辞任を予言したという事実は、軽いものではありません。

このお二人は、外務省だけではなく、霞ヶ関の様々な省庁の中に、
独自のルートがあるでしょうし、それを情報収集し分析した中から
記事にしているのは明らかです。

取分け、元外務官僚の原田武夫さんはメルマガで書いておられます。
メルマガっていうのは、ブログ記事よりも更に、上位に位置づけられており、
大変重みのある記事のはずなんです。
あまり変なことを書くと、一辺に信用を失います。
まさに、自己の存在が問われる代物なんです。

しかし、よりによって・・週明け電撃辞任・・なんて書きますかね?
余程、何か特別な情報があった可能性がうかがえます。

原田武夫さんのメルマガの中で、一番目を引いたのは以下の一文です。

第1次政権を退陣した際にもそうでした。
「週刊現代」によるスクープ記事が出る直前に退陣しました。

 それが「我が国の本当の“権力の中心”」からの声だからです。


「我が国の本当の“権力の中心”」からの声・・・ですか?
官僚の牙城~霞ヶ関の声と言い換えたほうが分かり易いですね。

そうしますと、大阪の森友学園の一件はキッカケに過ぎないと考えられます。
ずっと・・・くすぶっていたんだろうと思われます。
それは、一体何だったのでしょうか?

国家と国民のお金をあまりにも放蕩三昧に使い過ぎたのが、
その最大の理由ではないかと、私は考えています。

●米国債をムチャクチャ購入し・・何百兆円以上のレベル。

●海外へのバラマキも50兆円。

●アメリカ議会に、毎年、6兆円を5年間・・30兆円の武器や兵器を購入約束。

●実質的に、日本株を買いまくり官製相場にして、大企業の大株主のほとんどが、
 政府系金融機関であることが明らかになった。
アベノミクスの破綻が明らかとなり、先が見えて来た。

●トランプ大統領に、アメリカへの100兆円の投資を約束した??

つまり・・・
もっとうまくやればいいものを、あまりにもやりたい放題やり過ぎてしまった。
二代目社長が、創始者の会社を食いつぶすのと似たような話です。
いずれ来るそのツケを誰が尻拭いするのかといった問題が大きく浮上して来ます。

官僚も、安倍総理のあまりのバカぶりに
堪忍袋の尾が切れたってことじゃないですかね。
恐らく、官僚連中は今の大阪、森友学園のような不祥事の一件を
待っていた節があります。
週刊誌に、裏からリ―クするのは官僚のお家芸です。

残念ながら、そのツケは全て国民に押し付けられるのでしょう。
その仕組みを作成するのは、官僚って訳です。
今度ばかりは、さすがの官僚も嫌気が差したのかもしれません。

今週中に、何かあるかもしれませんので、
皆さん、注目しておきましょう。
但し、今のところ、私にはまだ確信が持てません。
安倍総理が辞任することは、国民にとっても願ったり叶ったりなんですけどね。
早く、辞任してくれないかなぁ~。
安倍さん、あんたは総理としてはヤバ過ぎるよ!
いい加減にしろ・・と言いたい。



もみじ
即、消されるから一刻も早く見といてね。

【安倍夫妻運営】~運動会の宣誓~/塚本幼稚園(森友学園)





お知らせ

2月22日~最新のメルマガを配信しました。

メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!















AD
『がんの盲点―白血病はがんではない』
~白血病細胞は薬によって造られる。





管理人

抗がん剤と骨髄移植は、今や巨大利権となっており
ある意味において、本質的には同じものです。

白血病になると、血液は骨髄で造られているから
他人の骨髄を移植しましょうというのが骨髄移植です。

これを世界的に進めているのは、ロックフェラーを中心にした
人口削減委員会~イルミナティの連中です。

骨髄とは、血液を脂肪に変換して貯蔵する貯蔵庫に過ぎません。
飢えたり空腹になると、また血液に還流される仕組みです。

しかし、骨髄には血液を造るために絶対に必要な酵素が全く見当りません。
ですから、骨髄移植は百害あって一理なしというのが私の一貫した考えです。
血液は、小腸で造られるというのが最有力であり、
今や、真相究明による最先端現代医学の常識となりつつあります。


骨髄バンクなんて、人から無料で骨髄を提供してもらって、
医療機関の移植手術によって莫大なお金が請求されます。
人減らしして巨額な利益を生むという意味では、
まさしく抗がん剤と同じです。

こういった巨悪犯罪は、徹底訴追を受けるべきです。

同時に、以下の記事も是非、見ておいて下さい。
もみじ
極めて重要な記事です。
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2014/05/1852.html?g=132107



ガン・白血病闘病記なんてブログもウソのサイトが結構多いそうです。
無論、本当のものも多くあるかもしれませんが・・・

目的は、検索した時の洗脳~ミスリードが目的かと考えられます。
ミスリードの目的は、抗がん剤・放射線治療・手術といった3大治療を
正当化し頭に叩き込むのが真の目的でしょう。

ガン・白血病検索サイトには、そういった洗脳サイトが実に多いです。
それによって、人の運命と生死が決まってしまいます。
洗脳サイトの大元の主管は、人口削減委員会~イルミナティです。
そういった連中に殺されないために、私はブログ記事やメルマガを書いています。


関連記事

アボカドの成分が白血病の原因である
「がん幹細胞」だけを攻撃することが判明!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12145377387.html
フェイスブックのシェア~36000



『白血病について』〜重要資料 より転載


急性白血病と慢性白血病

一般の病気とは異なり、白血病の急性および慢性はそれぞれ異なった疾患です。
故に急性白血病の経過が長引いても慢性白血病になる訳ではありません。
成熟していない若い白血球が増加するものを急性白血病、
未熟なものから成熟した細胞まですべてが増加するのを慢性白血病といいます。
臨床経過も異なり、急性白血病は急激に発症し著明な貧血や白血球増加、
血小板減少(出血傾向)を伴います。慢性白血病の白血球数は著明に増加
するのですが、症状のないことも多く健康診断時に偶然に見つかることが
多いようです。



『がんの盲点―白血病はがんではない』
(大沼四廊著 創英社)~より抜粋

白血病治療でよく聞く骨髄移植。
それは「骨髄が造血機能を持っているので、
他人の骨髄を移植して造血を促す」という。

しかし医学研究では骨髄造血は否定されている。
血液は腸管で作られる腸管造血が病理観察でも認められている。

 
大沼氏は「西洋医学の盲点は実に多い」という。
とくに「白血病に関する盲点は、発病原理から違っている」と指摘。
それは「ストレスで細胞が局所壊死し、
壊死細胞を適宜排除できなくなることに起因する」


●死んだり疲弊した白血球細胞 

白血病はガンでない―という根拠を大沼氏は3点あげている。

(1)過労白血球:「白血病細胞は、薬の使い過ぎや過労状態で
『だれにでも見られる細胞』である。
過酷条件下でできた寿命のつきた白血球の死骸や成長の止まった白血球である。
狂って増殖したものではない」 

つまり、白血病細胞は「疲弊した白血球」にすぎない。

(2)顆粒球細胞:
「たとえば顆粒球は交感神経作用で増殖し、副交感神経作用で減少する」。
増減は自律神経(ストレス等)によって左右される。

また白血病細胞は
「血液を浄化し、体液中のPH改善で健全細胞に生まれ変わる」。
つまり白血病細胞は健全な白血球に変化するのだ。
これは、血液を正常化すれば白血病細胞も消えることを意味する。

(3)可逆性変化:
「白血病は骨髄での造血機能障害と言われているが、
骨髄造血の正式論文は存在しない」
「血液ガンと言われるが、血液は浄化することで瞬時に戻る。

白血病は実は可逆性があった」。

白血球が白血病細胞になる。

同時に白血病細胞は白血球にもなる。





●解熱剤、抗ガン剤が悪化させる 

大沼氏は初期高熱に用いられる解熱鎮痛剤が
「白血病を発病させる」と痛烈に指摘。

「白血球細胞は、化学薬品(解熱剤)を〝非自己″と認識し、
食菌して自己を守ろうとする。
食菌した白血球は、薬の成分で白血病細胞に変わっていきます」

なんのことはない。投与する治療薬が、白血病を悪化させている。

「疲労細胞」だから、その原因を取り除けば、
健全な「白血球」に変化してくれる。

よってベストの白血病治療は、
ストレスや過労を避ける徹底した休息にある。

有毒な解熱鎮痛剤や猛毒抗ガン剤を投与すれば
ストレスを増大させ白血病細胞が健全細胞に変化するのを妨げる。


★これで安心! 

血球細胞は千変万化する……この真理から、
白血病細胞も健全細胞に変わるのは当然。

ストレスを避ける徹底休養、少食菜食こそベスト治療。


(以上、引用終わり)
----------------------------------------------



内海 聡 医師より

白血病は癌ではない

日本での白血病発症率は10万人に約6人という。
発症すると血液を造る造血幹細胞がガン化して、
血液や骨髄の中に異常な白血球が〝増殖〟する、という。

この〝異常〟白血球の種類によって
「リンパ性」と「骨髄性」に分けられる。
さらに進行の速さから「急性」と「慢性」がある。
この分類に入らない「成人T細胞白血病」という種類もある。
「急性」は数カ月で死亡する可能性もあるが、
「慢性」は発症から3~5年たって「急性」に転化する場合が多い。
これが、一般的な白血病の〝定義〟である。

しかし、これらの定義が正しいとは限らない。
  医学界には──「白血病はガンではない」と断言する立場もある──からだ。
ガンではないなら「血液中などに見られる異常な白血球は、何なのか?」。
それは、なんと「ただの〝くたびれた〟白血球にすぎない」という。
「白血病はガンではない」といえば、首をひねる人が大半だろう。
医学界は猛反発するはずだ。
しかし、「疲弊白血球説」は、十分にうなずける。
「十分な休養を取ることで、白血球はもとに戻る」という。 
「疲れたら休め」。
これは健康維持の鉄則だ。

さらにここでもうひとつ、大事な事実がある。
「現代医学はガン細胞の定義をあきらめました」
「現在の医学界ではガン細胞の明確な定義はありません」
(近藤誠医師、慶応大医学部講師)
標準的な白血病治療とは「抗ガン剤による化学療法が中心」という。
くわえて「骨髄移植」や「臍帯血移植」などを〝必要に応じて〟行なう、という。
これだけ手を尽くしても、5年生存率は40%にすぎない(急性骨髄性の場合)。
つまり10人のうち6人は5年以内に死ぬ。
白血病治療薬のマイロターグは致死率90%を超える。

「『白血病はガンではない』──これが、私が過去二〇年以上にわたって
自然治癒の研究を続けてきて一五〇種類以上の難病と対峙し、
それらを克服してきた結論です」
大沼四廊博士(生化学)は著書『がんの盲点』(創英社)で明快に述べている。
 
「(白血球の一種)顆粒球は、交感神経の作用で増殖し、
副交感神経の作用で減少する細胞である。また、血液を浄化し、
体液中のペーハー(pH)を改善することで健全な細胞に
生まれ変わることが確認されている」

「白血病は骨髄での造血機能の障害と言われているが、
骨髄で造血されているとした(骨髄造血説の)正式な論文が、
この世に実在していない。
あるのはすべて(血球を)発見したという存在説である。

また、他のガンと異なって腫瘍を作ることもなく、マーカーも存在しない。
〝血液のガン〟と言われるが、
血液は浄化することで瞬時にもとに戻ることが証明できる。
つまり、これまで普遍的疾患と思われてきた白血病だが、
実は可逆性(もとに戻る性質)があった」(以上、同博士)
 
「骨髄造血説」自体がペテン中のペテンである。


(以上、引用終わり)
----------------------------------------------


『白血病、千島学説、癌治療における少食と断食の価値』
http://cancer-treatment-with-diet-cure.doorblog.jp/archives/30975825.html

骨髄移植は無意味であり、逆効果。

白血病の真の原因は小腸の絨毛の損傷にある。

損傷させる一番の原因は放射能で、
次いで薬剤(抗生物質、鎮痛剤、精神安定剤など)。

結局、白血病になったらどうする事がベストなのか?

白血病の改善は真っ先に食事改善をして、
「半日断食」や「週末一日断食」などの
安全な『短期間の断食』をする。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


赤血球母細胞は腸壁で発見された!

http://www.daitouryu.com/iyashi/jouketsu/jouketsu02.html より

 千島学説を支持する森下敬一医学博士は、
「赤血球母細胞は腸の壁で発見されたことが
『腸造血説』のキメ手になった」と述べています。
 赤血球母細胞はその名の通り、
赤血球を生み出す母親の細胞であり、
この大型の細胞が腸の壁の「腸絨毛組織」だけに
存在することが実験によって確認できたのです。

 この様子は顕微鏡写真に収められ、
食べ物が赤血球母細胞に変化し、
発展していく総てのプロセスが記録され、
赤血球母細胞から赤血球が生み出され、
血流に送り出されていく事実が確認されたのです。
 これは間違いなく、血液は腸で造られているという、
「造血のメカニズム」が確認できたのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤血球が細胞に変わるのを顕微鏡で見た3人。
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-1383.html より

実際に「赤血球分化説」の検証をした学者もいた。
 その一人が森下敬一医学博士で、
森下博士は顕微鏡下に、
千島が見たものと全く同じ現象を観察することができた。
森下博士は、ウサギの赤血球よりももっと大きな
ガマの赤血球を使って観察してみることにした。
すると、赤血球が変化して
細胞核を持つ一個の単細胞になっていく
一連のプロセスを観察することができた。

そしてその細胞を染色したところ、それは立派な白血球だった。
つまり、ガマの赤血球が時間を経て
白血球に変わってしまったのである。
つまり「赤血球が細胞に変化する」ことを
そのままはっきりと裏付けるものだった。
森下博士はその後もウサギを使って
「骨髄で血液は造られていない」ことを確認し、
千島学説の正しさを全面的に認めた。
森下博士のこの観察成果は、
1957年3月24日の「中部日本新聞」夕刊紙上に、
十段抜きという大きな扱いで華々しく報道された。







写真をみると肝細胞のあるところに
多数の赤血球が存在している。
「丸い核」がはっきりと見える肝細胞がある一方、
移行期にある肝細胞は「丸い核」が
うっすらと見え始めている。







オタマジャクシの脾臓も同じ
赤血球が脾臓に無数に散乱している。
ところどころに、赤血球から脾細胞(一種のリンパ球)
及び両者の中間移行型の細胞が存在。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


森下・千島学説は、万能細胞の存在を予言していた
http://plaza.rakuten.co.jp/healthycyuunen/diary/201202120000/ より

赤血球や白血球がお互いに変化しあっている・・・という、
当時としては仰天理論であった。
しかし森下博士は、顕微鏡で
赤血球が白血球を"産み出す"瞬間を動画フィルムでとらえている。
この血球の「可逆分化説」も、現在では完璧に証明されている。

安保教授は「赤血球、白血球、血小板などが互いに変化するのは、
現代医学では常識だよ」とニッコリ。
つまり、何十とある各種血球細胞は、
生体の必要に応じてお互いに変化しあっているのだ。
このダイナミックな動きは、全身細胞の相互間でも活発に行われて
いることが近年、立証されている。


<転載終わり>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






お知らせ

2月22日~最新のメルマガを配信しました。

メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!





殺害映像を公開します。
テレビでは病気で死んだと演出されていますが、
こんなヘンな病魔など存在しません。
すべては収奪のために仕組まれた計画なのです。
真っ赤な嘘です。


医猟組織犯罪 殺人工場の悪夢
小児ガン発がん剤による薬殺ビジネス











AD
安倍政権は、
国民の預金をバカスカ使いまくっている!







トランプの「日本は為替管理国」発言を封じた天文学的な口止め料
http://www.mag2.com/p/news/240027

<概略>

トランプが首脳会談で日本の為替操作に一切触れなかった理由

今週は、多くのご質問をいただきました日米首脳会談につきまして、
私見たっぷりにお話ししたいと思います。

米国の大統領ドナルド・トランプと日本の安倍晋三首相は、
先週2月10日に約40分間にわたって日米首脳会談を行い、
その後、共同記者会見を行いました。

今回の首脳会談において、「言及されるはずだったのにされなかった」
大きなポイントは、あれほどトランプが叫んでいた日本の為替操作につきまして、
一切言及されたかった点に尽きると僕は考えています。

壁の建設からイスラム諸国の入国禁止まで、即座に行動してきたトランプが、
まるで宗旨替えをしたように見える理由があるはずです。

まず、日本国政府は首脳会談直前まで、
一切の為替操作は行なっていないと公的に発言してきました。
その真意と仕組みを、あらためて振り返ってみたいと思います。

2013年に400兆円を超える政府系金融機関が、
米国債をいくつかのヘッジファンドから大量に購入しました。
そのヘッジファンドが、今度は密約のもとに日本株を購入し、
その結果、株式市場が暴騰し、あわせて円の先物売りを行ないました。

これにより、「アベノミクス」と呼ばれる政策は、
短期間に物凄い効果をあげたように演出されることになりました。
これは、単にタネがある手品です。

その後、このような「裏施策」が当面続き為替と株価が維持され、
その原資は、次々と発射される「日銀バズーカ」と呼ばれる金融緩和から
派生することになるのですが、安倍政権になる前の日銀総裁だった白川氏は、
この「裏施策」にとても同調できない、独立性が失われるどころか、
国家財政危機になるとの理由から、任期満了まで3週間を残した状態で、
あえて辞任しました。
そして、安倍政権の「裏施策」を容認し実行する黒川氏に引き継がれることになりました。


しかし、いつまでも米国系ヘッジファンドも、日本の出来レースともいうべき
「裏施策」に付き合っていられません。
徐々に足抜けをはじめ(売り越し)、そうなると、
株も為替も大きく変動してしまうことになりかねません。

そこで、政府系金融機関が今度は直接日経255を中心に
株式購入をはじめることになります。
その結果、あまりに多くの上場企業の筆頭株主として、
政府系金融機関の名が突然浮上することになりました。

もはや、日本の実体経済と株式市場が大きく乖離しているのは言うまでもありませんが、
このような「裏施策」が続けられるのも、長くてもあと2年程度だと思われます。

なぜなら、「裏施策」=アベノミクスはすでに失敗し、インフレ目標も達成できず、
ついにはマイナス金利まで陥ってしまったからです。
さすがに、あと2年程度で原資が底をつく見通しです。

この「裏施策」=アベノミクス全般の仕組みを、
トランプは「為替操作国」と話しているのです。

さて、今回の日米首脳会談で、もっと議題の焦点となるはずだった
為替につきましては、先送りにされ、今後、水面下の交渉となりました。
その上、日本が今回交渉の上に得たのは「尖閣諸島」に関する日米安保の適用ですので、
この二点(為替の水面下交渉と尖閣問題)に関して、
それ相当の「お土産」を持参したと言われています。

それは、政府系金融機関だけでなく、民間の金融機関および日本の大企業から
米国への100兆円を超える投資の確約ではないか、と囁かれています。

次々と有言実行しているトランプが、多少のことでは納得しないのは、
誰もが理解できるところです。

当然、それ相応の「お土産」を持参したと見て、まず間違いありません。

そして、その結果は誰もが数年後に別の形で理解できることとなるでしょう。
高値でウエスチング・ハウスを買った現在の東芝の惨状のように。


<引用終わり>
------------------------------



政府系金融機関

民間出資の銀行などの金融機関に対し、政府からの出資によって
特殊法人として設立された金融機関の総称。
企業等の資金調達のひとつ。
政府系金融機関の資金は、政府関係機関予算や、内外における債券の発行や
民間からの短期借入等によってまかなわれ、その予算・決算については
財務大臣を通じ国会に提出される。

郵便貯金 や 公的年金 などの資金は
さまざまな財政投融資計画に使用されている。
政府系金融機関には
日本政策投資銀行、日本輸出入銀行、国民生活金融公庫などがある。
現在、整理統廃合が進められている。
正式には政策金融機関という。


------------------------------


管理人

2013年に400兆円を超える米国債を大量に購入・・・
政府系金融機関が購入したとあります。
これは、つまり民間の金融機関が購入したことになります。
日本国が購入したことにはならない訳です。
実質は、日本国が購入しているにも関わらずです。

この原資は、公的年金と郵便貯金がほとんどでしょう。
日本の政府に、そのような巨額な予算も資金もありません。

2013年だけで400兆円を超えるですから・・・
他年度の分も合わせると一体どれだけの巨額になるのでしょうか?

いずれ、日本国民の貯金の大部分は消えてなくなるんじゃないですか?
しかも、他国に50兆円もお金をばら撒いていると話題になっています。
そして、国民の社会福祉や社会保障はどんどん削減されています。

こういう事をやる人のことを何て云えばいいのでしょう?
ば・・い・・こ・・く・・ど・・・~ですか?

紙屑同然の米国債を国民のお金を使って無制限に買いまくっています。

驚くべきことに、
日本国政府が公的年金からお金を引き出しても
全て、一般外収入として計上され、
国会でその収支報告をする義務がないのです。


つまり、好き勝手に使えるんです。
これは、完全な憲法違反です。
この仕組みを作ったのは、米国の指示のもと、官僚が作成し、
政治家が承認した訳であります。

この恐るべき秘密を政治家は誰も問題にしません。
暗殺を恐れるからです。
今でも実質、植民地なのですよ、皆さん。

橋本龍太郎元総理、松下忠洋元金融相、松岡利勝元農水相、
中川昭一元財務大臣、竹下登元総理、小渕敬三元総理、西岡武夫元参院議長・・
他にもたくさんいますが、別稿にゆずります。


日本国民のお金と日銀によって、アメリカに貢ぎ続けている訳です。
しかし、こんな事が永遠に続く訳がありません。
いずれ、間違いなく破綻します。
そして、日本国は破産します。

クラッシュプログラム
http://ameblo.jp/64152966/entry-11942759767.html

日本国が、IMF管理統治下におかれることは、
相当前から、シナリオとしてあり計画通りに進められているのです。
この事実を告発する人はほとんどいません。
まぐまぐなどのメルマガでは、資料としては役立ちますが、
寸止め記事ばかりで、真相が語られることはありません。
まぐまぐが運営するメルマガ関連のサイトも所詮、権力機構の中の一部に
過ぎないのだとの認識が必要でしょう。

しかし、そういった大変な事態になった場合、
日本国民もだまってはいないでしょう。
それを弾圧~制圧するのが・・・FEMA の真の目的なのです。
大変分かり易いでしょ。

莫大な量の円が刷られ、そして、その円でドルを買う。
更に、そのドルで米国債を買う。
このようにして、ドルと米国債は護られてきたのです。
つまり、日本は国民の生き血をアメリカに捧げ続けてきたのです。
だから、アメリカは大きな顔をしていられるのです。

そんな訳で、日本国民が豊かで幸せになれる訳がないのです。
そして、待っているのはIMF管理統治下ですから・・・
それを猛烈に推進しているのが、現安倍政権なんです。
安倍政権の政権支持率が60%を超えたって・・・???
ほとんどギャグの世界です。
それを洗脳するのが、マスコミの最大の役目であり任務なのです。


日本は米国に、最低でも累計945兆円ものおカネを
貸しているのに、それが返済されていない!?

http://ameblo.jp/64152966/entry-12084863367.html


日本が保有する米国債って、今、本当はどれくらいあるのか?
恐らく、2千兆円は超えている可能性もあります。
官民合わせてですが。
アメリカがデフォルトすると、海外の米国債は保障されません。
つまり、ただの紙屑になるって話です。
そのアメリカのデフォルトですが・・・
日本がお金を差し出すことが出来なくなってから以降でしょう。


私のブログ読者やメルマガ読者の人の中で、
海外移住を希望する人が徐々に増えてきました。
何も気づかない・・何も怒らない日本国民。
ほとほと嫌気がさしたとしても仕方無いですね。







お知らせ

2月22日~最新のメルマガを配信しました。

メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!





「HEAL THE WORLD」 Michael Jackson














AD
さようなら
~懐かしい昭和のあの頃・・・









この1年間で若くして亡くなった著名人。
他にもまだいらっしゃいましたが、
俺がTLで見かけて記憶のある方だけ挙げてみました。
やはり心疾患が多い。それと悪性リンパ腫が3名。
しかし、この人数にはやはり驚きます。
https://twitter.com/Albert_kokinji/status/831044171666378752



今年亡くなった著名人まとめ
https://matome.naver.jp/odai/2133405346542311801

昨年(2012年)~今年(2015年)に亡くなった有名人・著名人の記録。
タレントや芸能人、スポーツ選手、ビジネス界など、各界で亡くなった
有名人の方の職業や死因、年齢などを記録しています。合掌。

萩原流行  事故死 62歳。

愛川欽也  肺がん 80歳。

三五十五  肺腺がん 52歳。

坂東三津五郎  膵臓がん 59歳。

シーナ  子宮頸(けい)がん 61歳。

雅子  肺動脈肉腫 50歳。

斉藤仁  肝内胆管がん 54歳。

大豊泰昭  急性骨髄性白血病 51歳。

藤本信行  上縦隔腫瘍 57歳。

堀内護  胃がん 65歳。

菅原文太  肝がん 81歳。

中島啓江  呼吸不全 57歳。

ジョニー大倉  肺炎 62歳。

高倉健  悪性リンパ腫 83歳。

辰野登恵子  転移性肝がん 64歳。

土井たか子  肺炎 85歳。

香川伸行  心筋梗塞 52歳。

龍虎  虚血性心疾患 73歳。

米倉斉加年  腹部大動脈瘤破裂 80歳。

半田雅和  心不全 47歳。

稲葉真弓  膵臓がん 64歳。

中島徳博  大腸がん 64歳。

笹井芳樹  暗殺? 53歳。

土建屋よしゆき  肝不全 58歳。

荻島正己  食道がん 62歳。

飯塚初美  乳がん 47歳。

林隆三  腎不全 70歳。

永谷脩  急性骨髄性白血病 68歳。

外山ひとみ  急性骨髄性白血病 55歳。

ダニー石尾  肝細胞がん 66歳。

周富徳  肺炎 71歳。

佐野実  多臓器不全 63歳。

蟹江敬三  胃がん 69歳。

宇津井健  慢性呼吸不全 82歳。

安西マリア  心筋梗塞 60歳。

山本文郎  肺胞出血 79歳。

岩見隆夫  肺炎 78歳。

やしきたかじん  食道がん 64歳。

しおり  脳腫瘍 58歳。

桂春駒  肝不全 62歳。

小口絵理子  ガン 39歳。

大浦正文  胃がん 44歳。

並木弘道  原発不明がん 55歳。

坂東三津之助  肝不全 51歳。

濱口楠彦  心筋梗塞 53歳。

島倉千代子  肝臓がん 75歳。

連城三紀彦  胃がん 65歳。

古今亭志ん馬  胃がん 55歳。

土橋正幸  筋萎縮性側索硬化症 77歳。

藤圭子  自殺??? 62歳。

吉田昌郎  食道がん 58歳。

金子勇  急性心筋梗塞 42歳。

加賀八郎  多発性骨髄腫 55歳。

中村隆太郎  すい臓がん 58歳。

稲垣稔  胸腺がん 54歳。

塩屋俊  急性大動脈解離 56歳。

長門勇  老衰???  81歳。

潮田益子  白血病 71歳。

野田宏子  高血圧~突然死 55歳。

夏八木勲  膵臓がん 73歳。

田端義夫  肺炎 94歳。

今野東  特発性間質肺炎 65歳。

小沢桃子  脳腫瘍 20歳。

島森路子  呼吸不全 66歳。

三國連太郎  4月14日死去。90歳。

坂口良子  横行結腸ガン 2013年3月27日 57歳。

田中宥久子  肺ガン 67歳。

嶋村カオル  乳がん 43歳。

本多知恵子  多発性がん 49歳。

本郷功次郎  心不全 74歳。

桜井郁三  多臓器不全 68歳。

江副浩正  肺炎 76歳。

市川團十郎  肺炎 66歳。

原哲男  肝臓がん 78歳。

大鵬  心室頻拍 72歳。

大島渚  肺炎 80歳。

米長邦雄  前立腺がん 69歳。

中村勘三郎  急性呼吸窮迫症候群 57歳。

宮史郎  多臓器不全 69歳。

牧野エミ  乳がん~肝臓がん 53歳。

三宅久之  突然死 82歳。

森光子  肺炎による心不全 92歳。

桜井センリ  孤独死 86歳。

桑名正博  脳溢血 59歳。

山田吾一  心不全 79歳。

大滝秀治  肺扁平上皮がん 87歳。

馬渕 晴子  肺ガン 75歳。

浜田幸一  急性心不全 83歳。

地井武男  心不全 70歳。

小野ヤスシ  腎うがん 72歳。

尾崎紀世彦  肝臓がん 69歳。

安岡力也  心不全 64歳。

山口美江  心不全 51歳。

二谷英明  肺炎 81歳。


敬称略

<引用終わり>
-------------------------------------



管理人

お亡くなりにられた皆様に・・・
心より哀悼の意を捧げたいと存じます。

昭和の時代を飾り、そして、駆けぬけていかれた多くの名優、歌手の皆様、
著名人、タレントの皆様・・本当にご苦労様でした。
お疲れ様~本当に有り難う御座いました。・・と感謝の気持ちで一杯です。
あなた達のことは、いつも心から離れることはないでしょう。

昭和の時代も終わろうとしている寂しさを感じています。
あと、数十年もすれば、懐かしく語りつがれる日もやって来るでしょう。
多くの人が・・・過去の人となってしまうんですね。
寂しくもあり悲しくもありますが、決して避けられない現実です。

皆さんにお伝えしたいことは・・・
人生をいっぱい楽しんでください。音譜
よりたくさんの素敵な思い出を残してください。
私も残された余生をそのように生きて行くつもりです。


お亡くなりになられた方をしばらくみつめていました。
しかし、なんてガンで亡くなられた人が多いのだろうと
・・・つくづく思いました。
そして、心不全、肺炎と続きます。

ガンの闘病は、本当につらいものがあります。
ご本人だけではなく、家族の方のご心痛も如何ばかりだったかと
お察し申し上げます。

あの世に旅立つときくらい、楽に逝きたいと誰しも願っていると思います。
出来れば、布団の上で眠るように安らかに旅立ちたいものです。
なかなか叶わぬ夢なのでしょうか・・・



皆様、本当にお疲れ様でした。

合掌。。。

-----------------------------------------


お知らせ

2月22日~最新のメルマガを配信しました。

メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。

今回の記事をご覧になると、ガンというものが何なのか・・・
その本質を垣間見ることが出来ると思います。


★メルマガ第35号~ごく一部を公開します。


ウイルスは細菌、そして菌類へと形状を変え、またその逆にも戻る。
すべての細菌は形を変える。

病院の研究室などで、条件を全く変えずに微生物を培養した場合、
その微生物の形状は変わらないが、例えば

成長を媒介する pH などを変えた場合、細菌は別のもの、別の微生物に変化する。
 
 


--------------------------------------------------------- 


千島喜久雄博士 (1899-1978)

細胞と微生物は、融合して共生している。

細胞から細菌へ、またその逆の変化が見られる。

細胞の環境が病的になると、ウィルスや細菌が発生する。(チフス菌、淋菌、桿菌等)

細胞は微生物の集合、融合、分化という過程をもって新生する。

つまり
「体内細胞の環境劣化により、細胞が病原菌へ分化する」

という見方を示しています。

---------------------------------------------------------


管理人

「体内細胞の環境劣化により、細胞が病原菌へ分化する」

この学説が、最大の関心事です。
実は、思い当たる過去記事を思い出しました。

ものすごく重要な記事です。
以下の記事を是非、もう一度ご覧下さい。

癌患者は80%以上の人がカビに覆われて死ぬ
という実体が判明~岡山大学医学部の卒業論文。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12081499191.html

<一部引用>

岡山大学医学部の大学院生が、卒業論文で
癌で亡くなる患者の原因を調べた。

それによると80%以上の人が、免疫力が極端に低下し、
雑菌等の汚染で全身がカビに覆われて死ぬという実体が判明した。

その論文を学部長に見せたところ、
「とんでもないものを書いた!」と言ってそれを 破り捨てた。



2 がんは真菌の組織塊で深在性真菌症である 

近年、日本では、真菌感染症や深在性真菌症の研究が進んでいる。
真菌感染症というと水虫、たむしのように患部が皮膚の角質など
に止まり真皮に及ばない表在性真菌症が治療の中心であったが、
皮下組織や、脳、肺、心臓などの内部臓器まで及ぶ
深在性真菌症の研究が進んでいる。

つまり、皮膚の角質に白癬菌が広がるように、
皮下組織や内部臓器に真菌が増殖し広がる事象が認識されて
いて、高血圧、動脈硬化、心疾患、脳疾患、各臓器での
感染炎症などにつながると研究されているのである。

大日本住友製薬のHPには、深在性真菌症として、
アスペルギルス、カンジダ、クリプトコッカス、ムーコル
などの接合菌を動画で紹介しているのだが、
その症状はがんと同じであることに気づく。

主要病原真菌の姿(大日本住友製薬HPへリンク)
アスペルギルス
カンジダ
クリプトコッカス
接合菌(ムコール)

HPでは、アスペルギルスと肺がん、カンジダと
肝臓障害との関連付けしていて、クリプトコッカスは
AISDとの関連を指摘しています。
また、ムーコルなどの接合菌は、
菌糸が急激に増殖する事例を紹介している。

また、血液のがんと言われている白血病も、
血液の中に、真菌が増殖すると考えれたほうが合理的だ。
白血病=血液の真菌感染症と直接的には表現していないが、
下記のレポートは白血病と真菌感染症の関連を指摘していると言えよう。

血液疾患の真菌感染症 最近の動向
https://www.iyaku-j.com/iyakuj/system/M2-1/summary_viewer.php?trgid=4943

これらの深在性真菌症は、
いわゆるがんの症例と似ていないだろうか。
いや同じではないだろうか。
細胞の遺伝子変異でがん細胞が増殖るのではなく、
放射真菌が皮下組織や内部臓器に広がっているのではないだろうか。
つまり、がんは真菌感染症であるということである。


<引用終わり>
--------------------------------------------


まさかとは思いますが、身体の細胞の多くが、細胞に寄生している
カビ菌に分化したと受け止めればいいのでしょうか?

恐ろしいことですが、その可能性は大いにあります。
あくまでも情況証拠だけではありますが。
やはり、体内環境の悪化が生み出すとしか考えられません。

身体全体にカビ毒が蔓延すれば、まず助かりませんよね。


体内環境の悪化の関連で、面白い記事を見つけました。

<一部引用>・・非リンク

皮膚からの作用って凄いんですね。

経口摂取よりも、経皮摂取のほうが伝わりやすいってことは、
ケミカルなものも要注意ってことになりますね。

シャンプー、リンス、カラー剤、化粧品。。。

挙げ出したらきりがないけど、先日のフォロー会ででも言われてましたが、
今の若者の生理痛は、そういったケミカル品(化学的に作られたもの)を
多様に使い過ぎるのが原因の一つだと。

子宮に溜め込んでしまい、生理時にその毒素を出す時に、
塊となって蓄積しているせいで、うまく排泄出来ず、痛みとなってしまうんです。

以前知人が子宮の手術をし、そこからシャンプーリンスの匂いのする不純物が
たくさん出てきたと言ってました。

これはよく聞く話で、そういった方とても多いそうです。


<引用終わり>
------------------------------


子宮がんや乳がんとも大いに関係がありそうです。

シャンプー、リンス、カラー剤、化粧品。。。
化学調味料、食品添加物、防腐剤、放射能・・・

やはり、体内環境を浄化するのが最重要課題ですね。

解毒とデトックスが如何に重要かを再認識しました。

メルマガでも過去記事にあります。

★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

以上の記事が、如何に重要だったかを証明する事になりました。

あらためて思うことは・・・
これだけをやったらいいという訳では無いという事です。
総合的な知識が求められていると思います。
でなければ、現代の汚染社会の中では生きていけないのでは
ないかと・・つくづく感じさせられました。

もう一つ、付け加えると、腸内環境がものすごく重要です。
必読です。 ↓

アボカドの成分が白血病の原因である
「がん幹細胞」だけを攻撃することが判明!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12145377387.html







もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!





川の流れのように 美空ひばり









金正男 暗殺に使われたとされるVXガスは、
日本で最低2回は暗殺に使われている!
 






https://twitter.com/I_hate_camp/status/830592386371723265

「安倍ちゃん? また日本海に射っといた。

これで稲田さんも少しは持ち直せるだろ?」





金正男 暗殺 スクープ映像入手 暗殺の瞬間




関連記事

金正男暗殺 謎の貿易商浮上
http://blogos.com/article/210789/


管理人

金正男暗殺事件に関しては、どれもこれも肩すかしの寸止め記事か、
ミスリ―ドのものばかり。
こういった事件の時に決まって出て来る著名ジャーナリスト達は、
洗脳要員かと思わせるものがあります。
だから、食っていけるのでしょうし、暗殺もされない訳です。

関連して・・日本の闇を告発する人間は皆無です。

どうやら、金正男 暗殺に使われた毒物は、VXガスの可能性が高い。
ところが、このVXガス・・少なくとも、日本における暗殺に、
最低でも2度登場しています。

以下の記事を一度、ざっと見て、もう一度、金正男暗殺事件とは
一体何だったのかを考えてみるのも真相に近づく一つの方法です。
少なくとも、重要なヒントになると思います。


①オウム真理教被害者の会会長VX襲撃事件~1995年1月4日

②中川元財務大臣暗殺事件~ 2009年(平成21年)10月3日)


中川昭一元財務金融相は
CIAに暗殺されたようだ!?

http://amor1029.exblog.jp/12625931/

この記事によると、中川昭一元財務金融相は、酒に睡眠薬を混入されて失脚させ
られ、落選後 にCIAに暗殺されたようだ。
日本の公安関係者の証言によると、捜査当局が司法解剖の結果、

「死因不特定」を発表することは、
公安の世界では、暗殺を示唆するものとみなされるそうだ。



落選後に暗殺する必要性があるのかという疑問もあるが、米金融危機後、
米政府に米国債の大量購入(100兆円規模)を要請されたが、中川大臣が拒み、
値切る形でIMFへの10兆円の資金協力を発表したが、その際、中川大臣は、
外貨の米国債を処分して捻出する方針を表明し、さらに、日本保有米国債が
日本の手元になく、米国に管理されている実態を暴露。

それらの発言は、米国にとって許し難いもので、財務相経験者から
「中川は大丈夫か?」と いう心配の声があがっていたようだ。
このローマG7の後、イタリアから約13兆円分の米国債をスイスに持ち出そうと
して日本人2人が拘束された事件は、日本政府が米国債を売却しようとしていた
のでは、などと関連性を指摘する記事内容。

ところが、中川大臣失脚後、10兆円の話は、日本円の現ナマでIMFに提供する
という、米国が 歓迎する方式にいつの間にか変えられたそうだ。
それを主導したのは財務省内の少数の官僚たち。
そして、中川氏に同行し、記者会見に出席させた責任を問われるべき財務官僚2人が
その後、IMF幹部等に論功行賞のごとき異例の出世を辿っている。

それらの日米交渉の経緯等を中川氏に暴露されたら
関係者や米国は困るということになる。
また、中川氏は、自民党を飛び出して亀井氏や小沢氏と組み、
反米政権化の可能性を持つ保守大連立を目論んでいたという証言もある。

世間から疑われずに中川氏を始末するには、
あの落選後は、ちょうどいいタイミングだった。
中川元大臣と兄貴分として親密だった亀井金融・郵政担当相の反米発言は、
その死を暗殺とみなし、米国を牽制したものらしい。


引用終わり
----------------------



中川昭一の屍体から化学兵器の「VXガス」
http://ameblo.jp/64152966/entry-10767795672.html

絞殺された中川の息子として父親の意志を継いだ、中川昭一・元財務大臣は、
何者かによって薬物を「盛られ」、国際会議において
「ロレツが回らない失態を世界中に報道され」、失脚させられた。

この失脚「劇」に怒り狂った中川昭一は、事実関係を調べ上げ、
確実な証拠をツカミ、米国スジによる「毒盛り」であった真実の公表を準備し、
自己の汚名を返上する活動を水面下で展開していた。

その活動の最中、中川昭一は自宅の寝室で「何者かによって毒殺されている」。
マスコミの常として、中川昭一の死は「変死」とだけ、デマ報道が行われている。

報道規制が敷かれているため一切、報道されていないが、中川昭一の
屍体からは化学兵器の「VXガス」が検出されている。

アジア極東での「老舗の毒ガス部隊=神奈川県キャンプ座間の米陸軍第406部隊」
直伝の毒ガス部隊がVXガスを装備し、東京世田谷の中川の自宅まで
深夜移動するのに要する時間は極めて「短い」。


引用終わり
----------------------






池田整治さんの「この国を操り奪う者たち」 の131ページより。

さて、横田基地から米軍の貨物機が平壌に飛んでいることもわかっています。
日本と北朝鮮は外交関係がありません。
ノドン以降、経済制裁さえ日本は行っています。
にもかかわらず、日本に許可もなく米軍機が平壌に飛ぶことは、
明白に、日本の主権を侵す行為です。
さすがに外務省の担当が米軍に「問い合わせる」と、
「それ以上の詮索は日米関係を損なう」との一言でした。
以降、問い合わせもできません。

日米安全保証条約の地位協定による、
「米国は部隊を自己の欲する時期と場所に自由に展開できる」ことが
認められている、という規定の範疇と解釈されているのでしょうか。

要は、米国の提供した資材で基地をつくり、ミサイルを開発し、日本に向けて飛ばす。
何もできない日本は、米国に依頼して、高い「ミカジメ料」を払う。
その米軍基地支援金は、今や年7000億円となっています。


引用終わり
----------------------


覚せい剤がなくならない、所持者・使用者しか逮捕されないのには訳があります。

日本の覚せい剤は大体が北朝鮮産だそうで。
で、横田基地の在日米軍が日本からの干渉を一切されないのをいいことに
北朝鮮から密輸しています。


【悪徳警察24時】覚醒剤は横田基地利権 
警察と税関が組織的に密輸している
【偽装社会】利権維持のための取り締まりだった! 偽装社会






お知らせ

2月11日に、メルマガの最新記事を配信しました。

メルマガ第34号
ウソで塗り固められた
【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!


まだ、届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』











日本で計画されている
国家的経済テロは2022年が本命か!?









2003年
【アメリカに巣くう 「闇の世界権力」 はこう動く】

<中丸薫さんの著書から、一部引用します。>


(三)闇の金融支配とその手先「日銀」

先進国の中央銀行は、闇の権力に支配されている

多くの国民は、今日の金融制度に慣れ切っていて、
毎日のように凶悪な強盗に強奪されていると感じている人は、
まずいないだろう。

だが、実際には、今日の銀行と金融制度こそが諸悪の根源であり、
特に日銀が非常に怪しいと気づき始めた人々がいる。
~中央銀行がインフレ、デフレなどを捏造するのは朝飯前である。

だが、マスメディアはこの事実を完全に黙殺し、
学者は難しげな理論を振りかざして、国民を煙に巻く。
~国会も枝葉末節の議論に終始し、日銀をピラミッドの頂点とする
銀行制度が諸悪の根源であることに、固く口を閉ざしている。

意外に思われるかもしれないが、日本の支配者は永田町や霞ヶ関にはいない。
真の支配者は米国東部、ヨーロッパの大邸宅や宮殿にいながらにして、
日銀と多国籍企業を通して日本の政治を動かしている。

日銀は日本の中央銀行ではあっても、日本政府の行政管轄下にあるわけではない。
すでに4割以上の株券が外国人によって所有される民間銀行なのだから、
日銀が日本の政府や国民に忠誠を尽くすわけはないのだ。

しかも、トップは秘密結社のメンバーで、闇の権力のシナリオに基づいて、
彼らの富の蓄積に貢献している。国民の利益を守るどころか、
大多数の国民に損失を招くようなレールを敷いているのである。
こうした状況は、日本に限ったことではない。
米国を始め世界の主要国といえども、その中央銀行や大銀行を操る
闇勢力によって支配されているのである。  


経済学は偽りの学問 

闇の権力は、学問の世界をも支配している。
たとえば、ノーベル賞は闇の政策に功労のあった者に定期的に授与されている。
また、経済学は闇の犯罪を隠す為に利用されている。
世界の通貨制度と通貨関連の機関を独占支配しているのは、
ロンドンとスイスの国際金融家系である。

一世紀以上もの長きにわたって、巧みにコントロールされているのだから、
各国の大学の経済学部や専門学校で、正しい経済学を教えられるわけがない。
経済そのものは、原理さえ掴んででしまえば難しいものではない。

富は消滅するわけではなく、単に別の手に移動するだけである。
闇の権力者たちは、自分たちが富を蓄積するために、米国の中流階級を
定期的に破産させるという、略奪行為をしている。
その最たるものが1929年の大恐慌だ。

同様にバブル期の日本の所得も、単に持ち主が替わっただけでなのである。
現在の経済学は、意図的に簡単な事柄を複雑にして、難しくみえるように
煙幕を張ることで、真実が永遠に分からないように仕組まれている。


日本の三権分立は見せかけ

インフレ、デフレなどは、中央銀行が意図的にいくらでも捏造できる。
今日の不景気の犯人が中央銀行で、日本の場合は日銀であるのは
火をみるより明らかでも、マスメディアはこの真相を報道しない。

それは飼い主の手を噛む行為だからである。
民主主義の基本は司法・行政・立法が独立した三権分立であると、
学校では教えている。
だが、実際には、日銀は分立しているとされる司法・行政・立法を支配し、
日銀を支配するものは日本の三権を支配している。

日本の改革には、今日の官僚機構の抜本的な改革が必要である。
なぜなら、高級官僚は多かれ少なかれ闇権力の息のかかった人びとだからである。
改革の難しさ、少しも進まない本当の理由も、ここにある。


バブルと不況は定期的に捏造され
マスコミが沈黙する銀行制度の根本悪とは


不況も意図的に作られる

国際金融は、このようにして不況と好況を周期的に作り出している。
そして、国民の生活を困難にしたり、特定の企業を標的にして破綻させることで、
膨大な利益を自分たちにもたらすシステムを、巧妙に作り上げている。
このような偽りの体制は、いつかは破綻する時が来るはずだ。
ところが、彼らは生き延びる為に、あの手この手を使ってくる。
その手法の一つが、戦争を企画して、真の所有者である国民の財産を処分することだ。 


人類の支配者は国際金融財閥

初代ロスチャイルドとなったのは、フランクフルトで金貸し業を営んでいた
マイヤー・アムシェルである。彼は、最も効率よく利益を得るのは、
政府を相手に金を貸し付けることだと気がついた。

政府に金を貸し付けるには、意図的に需要を作りだすこと、つまり金融恐慌、
不景気や飢餓、そして革命や戦争などの膨大な出費を伴う事態を作り出すことである。
ロスチャイルド家が今日の繁栄を築き上げたのは、このセオリーを着実に実行に
移してきたことが大きい。

国際金融財閥は、一国の大銀行を直接に支配することで、各国の政治、経済、
金融政策を自由に遠隔操作している。
各国の政治、経済、金融の指導的立場にある人は、銀行の欺瞞やカラクリを
知らないかもしれない。
だが、知らないから罪はないとはいえない。
百も承知でこの腐敗した悪の体制に協力する共犯者と、大差がないのである。


中央銀行の欺瞞

米国のFRBは連邦準備銀行という名から、国立の中央銀行というイメージが
あるかもしれないが、実際には、これはロスチャイルドやロックフェラーを
筆頭とする24の国際金融財閥が私有する銀行である。

米国でFRBが誕生したのは1913年。
その翌年には第一次世界大戦が勃発している。
まさに、シナリオ通りである。
米国政府が世界各地でキリスト教徒、イスラム教徒虐殺のための戦争を遂行するには、
政府の財源だけでは足りるはずがない。
そこで、膨大な額を中央銀行であるFRBから借りることになる。
政府から貸与を求められた中央銀行を所有する財閥たちは、どうするか、
驚くべきことに、彼らは、紙とインクの微々たるコストで膨大な金額の紙幣を印刷し、
政府に貸し付ける。


今日の銀行制度がある限り、真の民主主義は実現しない

キリストは「言葉、真実が自由にする」といった。
このキリストの言葉は、闇の支配者のウソと偽りにがんじがらめにされている
人類に向けて、発せられたものである。
米国のFRBは、不法な強奪を正当化し、国民経済システムを破壊する目的に作られた。
連邦税を集めるIRSはその出先機関で、これも違法に設立された民間組織である。

マスコミは無限の資産を持つ国際金融財閥によって次々と買収され、
彼らの犯罪を隠匿するようになる。
これによって、政府機関と政治家も国際金融財閥の召使となり、
全世界奴隷化に向けた準備が整った。

日銀は外国の金融に仕える私有企業であり、
日本の経済発展や国民の幸福は二の次である。

今日、われわれが民主主義と誤解している政治形態も、
世界的な貴族による独裁体制に過ぎない。

~これが闇に支配された今日の世界の現実である。


<引用終わり>
----------------------------------------------



管理人

中丸薫さんは、一部怪しいところもありますが、著書に書かれている内容は
基本的に正しいと判断し引用させてもらいました。

先ず、日銀総裁が世界金融資本の代理人であることを知ってもらう為に、
長々と引用をさせていただきました。
決して、日本国民の立場にいないことをよく理解して下さい。

2016年1月26日・・・
「ダボス会議」から帰国した黒田総裁から提示されたのが、
「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」

これによって何が起きるかというと・・・
返済不可能な日本国の借金が、更に、天文学的に膨らむことを意味します。
その先に待っているのは、自己破産ならぬ日本国破産です。

国家財政破綻まで秒読みに入ったのだと・・・
しかも、安倍政権はそれを阻止するどころか後押ししているのだそうです。
当然でしょう。
日銀総裁も日本国総理も、世界金融資本の代理人なのですから。

政府の日銀出資金は55%。
残りの大部分は、世界金融資本。

国家財政破綻までいくと、日銀は大変な批判に見舞われることになります。
政府の日銀出資金は没収され、完全に世界金融資本の私物化された日銀になります。

つまり、破産した日本国の債権を一手に所有するのは、
ロスチャイルドを筆頭にした世界金融資本ということになります。
早い話、日本国は世界金融資本の管理下に落ちることになる訳です。
無論、日本の主要インフラのほとんども彼らのものになります。

この計画が、今現在、進行中です。
問題は、その時期が・・いつになるかだけの話です。
それは、世界金融資本の何人かの都合によって決められるだけです。
経済学なんて・・・何の意味ももちません。

こういった情報は、まぐまぐ関連などの経済誌にも載っています。
いわゆる、数人のメルマガを紹介する形で記事にしています。
私は、あまりに長文なので、あまり読む気が起こりません。
もっと簡潔に出来ないものかと・・いつも思ったりしています。
長文が好きな人にはお勧めです。(笑)

尤も、まぐまぐなどの大手の会社は、いわゆる権力側とつながっていますから、
そこから出ているメルマガもどうなんだろうといった疑問も持っています。

私のところなんか、大手の会社に掲載されるどころか、常時、
パソコンに攻撃を受けている状態です。
頻繁に、フリ―ズ・・リンクが切れて落ちる情況が続いています。
1時間の内に、何度も続いて起こります。
そんなところが、大手の会社にメルマガで掲載される訳はないと思います。
皆さんは、どう思われるでしょうか?


話は戻りますが・・・
株に熱中している人は、きっと痛い目に遭います。
生命保険などの証券に頼っている人も同様です。
どうしたら良いのかは、皆さんの頭で考えて下さい。

日銀総裁や政治家のトップが責任を問われることは無いと思います。
それは、見せかけ程度の話で終わり・・きっと、ものすごい報酬を手に
余生は、ドバイあたりで豪勢な生活が待っていることでしょう。
彼らも、世界金融資本の代理人なのですから。

痛い目に遭うのは、いつも決まって、罪の無い国民です。
日本では1944年に預金封鎖が行われました。
いわゆる・・・18・・・666の年でした。
多くの餓死者が出て、道路の雑草まで漁って食べたそうです。

また、同じ様なことが繰り返されるのでしょうか?
今のうちに、西日本の田舎に移住出来る人は、したほうが良いと思います。
食料が身近にある人の方が、生き残れるチャンスが多いです。
家庭菜園が出来れば、尚更、良いと思います。
イモがお勧めです。

私が一番警戒しているのは、2022年です。

11は、革命的テロ決起の総動員 を呼びかける数字ですが、
その倍数の22は、その意味を更に重くしたものです。
しかも、それが二つあるという意味になりますから、
国家的経済テロを意味するには・・もってこいの年月日なのです。

海外移住する人は、2020年までにすることです。
西日本への移住も、2020年までにしておいたほうが良いと思います。



重要関連記事

日本は既に、破産同然である事が判明!
~預金封鎖=金融統制は時間の問題!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12126692025.html


日本を不幸のどん底に陥れた人間の一人
http://ameblo.jp/64152966/entry-10781054764.html


関連メルマガ

メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。








お知らせ

2月11日に、メルマガの最新記事を配信しました。

メルマガ第34号
ウソで塗り固められた
【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!


まだ、届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』













アッキー名誉校長愛国学校 激安国有地疑惑~
補助金までもらい実質タダ同然で土地を取得した森友!








管理人

これは、完全な国家的サギ事件と断言していいと思います。
日本会議がバックにおり、如何にして、国有地をタダ同然で
手に入れるかを研究し尽くされた上でシナリオが書かれたのは明らかです。

そして、そのシナリオ通りに話は進められた訳ですが、
その結果、国民の財産である国有地は、軍国主義者である
彼らの手に、無償で渡った事になります。

ゴミ云々の話は、土地を格安に手に入れる為に利用されました。
しかも、補助金までついて、実質タダ同然で土地を取得した事になります。
このシナリオというか、汚い絵図を描いた奴が確かに存在するのは間違いない。

日本会議と政治家と官僚が組めば、国民の財産さえも簡単に
手に入れることが可能であることが判明した事になります。

森友学園は、寄付金集めに安倍総理の名前を使いました。
国会答弁では、学園の冠名を安倍総理は断ったと弁明していますが、
寄付集めが安倍総理の知らぬところで行われていたと言うのなら、
森友学園の経営陣は詐欺罪にあたるのではありませんか?
もし、安倍総理の言葉が本当であるとするなら、
当然、森友はサギ罪に問われて然るべきでしょう。
しかし、そんな動きは微塵もありません。

安倍総理が、認可にも、あるいは、国有地の払い下げにも一切関与して
いないと言うのであれば、それを証明する方法は・・・
森友学園を詐欺罪で訴えるしかないのではないでしょうか。
それをしないのであれば、裏でしっかり関与していたと国民は考えます。

そもそも、これだけ大掛かりなサギ行為は、官邸が関与していなければ
絶対に無理であると・・誰しも考えるでしょう。
しかし、関与したという状況証拠だけは多く出て来てますが、しかし、
その状況証拠だけでは、この現実世界は動かせません。
残念ながら、確かな証拠は犯人しか持ち得ないのです。
彼らは、その事を熟知しています。
だから、適当に誤魔化して大きな顔をしていられる訳です。

もし、問題として浮上しても、予め、用意周到に対策が練られていると
強く感じさせられましたし、
明らかに、官邸の官僚が深く関与していると私は思いました。

私が、今回、この一件を記事にしたのは、
巨大なダムもアリの一穴から崩壊するの例えもあるからですが、
それだけではありません。

日本会議と森友学園は、神道教育と軍国主義の復活を企んでいます。
森友学園をその雛形にするつもりであると私は考えています。
そして、それを元に、徐々に、全国に拡げて行く狙いがあると思います。
補助金をぶら下げれば、拡がって行くのは時間の問題ではないでしょうか。
5年から10年もすれば、北朝鮮顔負けの恐ろしい国家になるのは
火をみるよりも明らかです。

皆さん、私の分析を是非、記憶しておいて下さい。
いずれ近い将来、より多くの国民に警笛を鳴らさなければならない日が
必ずやってくると・・私は大きな懸念を持っています。



アッキー名誉校長愛国学校 激安国有地疑惑〈週刊朝日〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170215-00000018-sasahi-soci

「日本人としての誇りを持つ(略)子どもを育てます」と安倍昭恵・首相夫人が
名誉校長を務め、今春に開校予定の日本初の「神道の小学校」を巡り、
ある“疑惑”が浮上している。

小学校を運営する学校法人森友学園(大阪市)が昨年6月、
激安価格で国有地の払い下げを受けていたというのだ。

問題の土地は大阪府豊中市の8770平方メートルの国有地。
財務省近畿財務局が2013年に公募し、公益目的を優先する
「公共随意契約」で売却先が決まった。
木村真・豊中市議が情報公開で売却金額の開示を求めたが、
非公開とされたため、2月8日に民事提訴した。

だが、その2日後に近畿財務局は突然、価格を1億3400万円と公表。
その理由を「相手方の公表同意が得られなかったため非公表としていたが、
9日に同意が得られた」とした。

この金額に地元は驚いた。
10年3月、豊中市が問題の土地のすぐ東に隣接する土地を公園整備のために
購入したが、9492平方メートルで14億2300万円。
1平方メートルあたり約15万円。

だが、学園が買った土地は約1万5千円で、10倍の開きがある。
近畿財務局は「地下のゴミ撤去費として8億円を割り引いた」と釈明。
豊中市が購入した土地にも同じゴミはあった。

学園は大阪市淀川区で幼稚園も経営するが、毎朝、教育勅語を朗読するという
異色の教育方針で、開校予定の小学校には神社も造られた。
学園の理事長、籠池泰典氏は日本会議大阪の役員だ。

「あまりの激安で『政治銘柄らしい』とうわさになりました」(財務省関係者)

 近く民進党は国会でこの問題を追及する構えだ。

「昭恵夫人が名誉校長、学園の理事長が日本会議幹部となれば、
裏で何かがあったのではないかと誰でも思う。そこを徹底追及する」
(民進党幹部)

※週刊朝日 2017年2月24日号

-------------------------------



安倍首相 森友学園「私が関わっていたら、総理大臣を辞める!」
福島伸享の質疑 ―2/17― 衆院・予算委員会





民進党・福島議員がネットで話題の疑惑を手際よく追求。
https://togetter.com/li/1082088

<文字書き起こし>

大阪国有地売却問題、経緯説明
伊丹空港周辺騒音対策区域(だから、航空局が出てくるのか)

H23年、7億で買いたいという学校が。
折り合わず断念
H25年、森友学園、取得要望

福島「これだけ、いくらで売ったか空白で明示されておらず、問題に」
「役所に聞いても、皆、苦渋の表情で説明。法令を越えた特別な力が?と
思わせるような説明が」
「学校を作るには、校舎や土地を所有せねばならないが、
森友学園の場合は貸付、異論があったが、付帯条件をつけて認める

福島「10年の有償貸付、9億3200万円。土壌汚染を除去する必要。
除去にかかった費用は、1億3176万円、財務省から森友学園に」

H28年3月11日、森友学園から、深いところに新たな地下埋設物が、と連絡。
14日、現地確認、24日、学園が購入希望。
「よりゴミが残っているのに?」

福島「6月1億3400万で売買契約。
最初9億以上だった鑑定が、8億もディスカウント。なぜなのか」
「撤去処分見積もりが8億1900万、9億から8億引いたと。そういう売買契約」
値段説明パネル

福島「8億強もかかって処分するごみはどなたが、どのように確認したか」

理財局長「3月11日に、建設工事最中に、地下埋設物ごみ等が発見され。
近畿財務局~現地確認したわけでございます」

福島「何がどのような状況で埋まっていた?」

A「廃材、プラスチック、生活ごみ等々」

福島「有害?」


福島「有毒、有害で、除去する法律の対象となるもの?」

局長「つまびらかでございません」

福島「最初に見つかった埋設物は鉛やヒ素で有害なものだったから
法的に除去しなければならず、国が負担した。
有害かどうか分からないもの、なぜ国が?」それも8億も


局長「そもそも、貸し付け契約、見つかったのは3月、翌年開校予定、切迫していた。
大量に深いところに見つかったゴミを何としても早く取りたいと。
大阪航空局と議論、国が撤去すると、入札等で時間がかかる。
自分で撤去して早く開校したいと。買い取りの意思を示した」

福島「8億も値引き、本当にそれが、除去が必要かどうか精査するのは国の役目では?
国民の税金で買った国有財産を、安全か危険かも判断しないで、
向こうの言い値で、おかしい。
8億1900万円の根拠は、12200立米の残土を搬出して、
そのかわりにキレイな土を11100立米入れるとなっている。

福島「ダンプカー4千台分。4千台のダンプカーが行き来すれば、当然分かりますけど、
実際に工事をやったかどうか、確認は?」

局長「8億の話は、大阪航空局が専門的知識により、
工事積算基準を持っており、それで計算を。
実際に確認したかは、国営地を売る場合は時価、従って、不動産鑑定士に
更地の価格を鑑定して頂き、そこから大阪航空局が積算した
撤去費用を差し引くのが時価」

福島「不動産鑑定士が出した時価は9億5600万円、ごみが埋まっていた時、
それも含めて普通は土地自体の値段を出す。
それをやらずに、8億1900万、国交省の見積もり。
しかも搬出のチェックなし

福島「8億1900万のお金、利益供与したも一緒。
だからこそ、この取引は怪しい。
学校設置の認可の話も怪しい(パネル)
H26年8月20日計画書が学園から大阪府に。
12月定例の審議会で、大体1回で認可はおりるが、答申を保留し継続審議に。
1回(定例会で)却下されて1か月後に臨時会が開かれ

福島「滅多に開かれることのない臨時会がわざわざ開かれて、認可適当と。
付された条件が、(資金計画、工事、カリキュラム等の提出)~何の準備も進んでいない、
資金計画も、工事も、カリキュラムも決まっていない段階で、認可を出した。
学校の設置は、原則、校地校舎を自己所有、小学校は大阪府基準で

福島「校地校舎は自己保有と明確に決められている。
借地の上に校舎がない、校舎の土地は自分で持つことが基準、
森友学園は、借地の上に校舎、この基準に照らしておかしい。
大阪府のこの認可は、基準に照らしてもおかしい」

文科省私学部長「大阪府知事が認可権限を有し、大阪府の認可基準に基づき
審査するわけですが校地自己所有~大阪府に尋ねましたところ、
相当程度の確実性をもって、土地の所有、借用呑みこみが求められると。
相手方が国であり、森友学園が取得申請を行っていることを確認、判断したと」
(笠井答弁と同じ)

福島「おかしい、貸し借りの契約もない、審議会も開かれてない 。
しかも、審議会が開かれれば無条件で認められるなら、審議会なんてそもそも必要ない。
貸し借り契約を結んだ上で認可がおりるのは当たり前。
裏で怪しい力が働いたのでは?
私立大学は、文科省の認可、土地の所有も賃借契約もしてない人が、
大学設置の認可申請をしたら、文科相は認可できますか?

松野「審査基準に基づき~校地は自己所有、抵当権が設定されていないとしている上、
一定の条件のもと、借用を認めている。
申請者名義の借地権の設定登記がなされた借用
~原則20年以上使用できる保証ある借用~~」

福島「設置許可は出せないですよね」

私学部長「事務的に補足を。大阪府から~認可適当という、
あくまでも条件をつけた答申で、最終的認可は、本年3月に、最終確認の後で行われる」
(場内「答えてない」)
部長「私立大学の場合は、大臣御答弁通り。ただ、これはあくまでも、
私立の小中学校の認可にかかる問題でございます」

福島「なぜモゴモゴ言うのか分からないですが、私立大学で出来ないものを、
今回私立小学校でやって、法律を潜脱して、脱法の疑いがあるわけですよ。
土地を買う値段もおかしければ、認可の状況もおかしい。
敢えて言いますが、この小学校の名誉校長とされているのが、安倍昭恵先生という方で、
(学校HPのパネル)安倍晋三内閣総理大臣夫人と書いてあります。
(HP上の挨拶文読み上げ)この事実、総理はご存じでしょうか」

安倍「あの、お、事実については、妻が、名誉校長になっていることは承知を
しておりますし、妻から、森友学園、ですか(知らないフリw)、の、
先生の教育に対する熱意は素晴らしいという話を聞いております(←言いました)

ただ、誤解を与えるような質問の構成なんですが、私や妻が、この、認可、
あるいは国有地払下げに、もちろん事務所も含め、一切かかわっていないことは
明確にさせて頂きたい。

もし関わっていたんであれば、これはもう、私は総理大臣を辞めるということで
ありますから、ハッキリと申し上げたい」

福島「HPのトップにこれ(名誉校長挨拶)が出てくる。
当然この学校が開設されれば、私学助成金も入る。
この学校に、文科省以外に何か補助金は出てますか?」

国土交通省「建物の木造化木質化推進のため 先導的設計施工技術を導入する
プロジェクトに対し、~一部を補助、森友学園の校舎等の建設には、
この補助事業の補助金を交付、公募によりプロジェクトを募り、
評価委員会での評価を経て採択。森友学園はH27年応募、同年採択。
適正な審査を経て採択、2か年6200万円の補助金交付」

福島「6200万もの補助金が交付され、重大。
私は総理がかかわってるとおっしゃてるわけでは(福島さんw)ありません。
あまりムキになって反論すればするほど怪しいから、冷静に御答弁を。
この学校は、最初賃借、学校の用地は、普通は国有財産買う、それを特例で、
賃借、それは、色々お金がかかり、設置当初は、
自己資金がないから賃借にしてくれと。

寄付金集めが設置認可の条件になるくらい苦労を。
そこで、この学校も寄付金集めをやっていて、こういうの(パネル)が父兄に渡され、
寄付をお願いしますと。
籠池理事長のお手紙(文面読み上げ)これが同封された振込票。





福島「(振込票の印刷文面を読み上げ)『なお、御寄附を賜りました方には、
安倍晋三記念小学校の寄付者銘板にお名前を刻印し、顕彰させて頂きます』
総理が悪いと言ってるんじゃないですよ、利用されてるだけじゃないかと思うんですけど、
こうした名目でお金を集めているということを、総理は御存じでしたでしょうか?

安倍 「小学校を作りたいんで、安倍晋三小学校にしたいという話がございましたが、
私はそこでお断りをしてるんですね。
私まだ、現役の国会議員だし、総理大臣はやめたけれど、この先、まったくもう、
もう一回復帰することをあきらめたわけではないので、まだ現役の政治家である以上、
私の名前を冠にするというのはふさわしくないし、そもそも、私が死んだ後であれば
また別だけれども(いいのかw)、何かそういう冠をしたいというのであれば、
私の郷土の大先輩である、たとえば吉田松陰先生の名前とかをつけられたらどうですか、
というお話をしたわけでございます。

安倍 「事実、安倍晋三小学校なんてものは、これは存在をして、いないわけですよね、
名前違うわけですから。ですから、そういう意味においては、私はこれ(振込票?)は、
初めて知ったわけでございまして。
これは本物かどうか、私も確かめようがない、わけでございますが。

いずれにいたしましても、繰り返して申し上げますが、私も妻も、一切この、
認可にも、あるいは、国有地の払い下げにも、関係ないわけでありまして。
なぜ、それが当初の値段より安くなっているかということは、
これは、理財局に聞いて、もう少し詳細に詰めて頂きたいと思いますし、
認可においては、大阪府ですか?

小学校、中学校ですから、大阪市になるのかな、あ、府ですか?に、確かめて
頂けばいいことであって、私に聞かれても、全く分からないわけですし。
繰り返しになりますが、私や妻が関係していたとなれば、これはもう、まさに、
私は総理大臣をもう、それはもう間違いなく総理大臣も国会議員も辞める
ということは、はっきりと申し上げておきたい。
全く関係ないということは、申し上げておきたいと思いますし。

そもそも、何かそういうことが動いているかのようなことを前提にお話しを
されると、この小学校に通う子供たちもいるんですから、
それは、こういうことは、やっぱり慎重にやって頂きたい。

福島「籠池理事長が、こう言っている『安倍総理が野党議員の時の話です。
内諾は頂いてましたが、総理になって、それは出来ないと辞退されました。
安倍総理は政治家というより偉人ですよ』って。
もう総理にメロメロなんですけども。
これが出たのはH26年ですから。
断られたかもしれないが、総理が、総理にもう一度復帰された後にも、
この振込み票が流れているわけですから、
これは厳重に抗議をした方がいいと思いますし。
李下に冠をたださずという言葉がありますけれど、奥様も含めて、
広告塔のようにHPに出るのは、私は控えられた方がいいと思います。

福島「学校の趣旨に総理が非常に賛同されているというのは(←後のために強調)
分かりますけれども、総理というのは、大きな権力があります。
先ほどの天下りの話も、国家権力を使って役人が天下って、
そこに不当に国民の税金が流されているんではないかということなんです。
この問題も、不当に国有地・国民の財産ですよ、それが、安く売られて、
学校設置にも便宜がはかられ、寄付金集めにも、総理の名前が出され、
生徒集めのHPには、奥様が出るというのは、
多くの国民は、そこで疑問を感じちゃう。

私は初めから、総理が悪いなんて決めつけてませんよ。
決めつけてないけれど、総理の立場にある身であるとするならば、そういうものは、
もっと慎重にするべきだと、私は思います。
そして、この問題の本質は、8億1900万円もの国民の財産が、
この森友学園に譲り渡されているのが本質なんですよ。
それはまさに来年度の予算にもかかわる話。

中央公聴会の後に採決に向けた日程をすることなく、この問題についても、
天下り問題と並んで、しっかりと今後も審議をする時間を設けて頂くことを、
委員長に最後にお願い申し上げて質問といたします


<書き起こし終わり>
--------------------------------------







お知らせ

2月11日に、メルマガの最新記事を配信しました。

メルマガ第34号
ウソで塗り固められた
【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!


まだ、届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』











突然死、続きます。
放射能のせいです~分かりますか。





突然死、続きます、放射能のせいです。分かりますか。
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n41627

削除されても残しておきたい重要資料として保存しておきます。  

<転載開始>


去年キャンデーズのスーちゃんが死にました。そして今日山口美江です。
どう考えてもおかしいでしょう。かなりの人間が心臓を患い始めています。
周りに多いでしょう。

天皇陛下も心臓を患っています。これらは決して偶然ではないのです。
実は、セシウムが一番溜まる場所が心臓なんです。
そして心筋を痛めるのです。血管を細めるのです。

なんで心臓に集まるかというと体の中で一番逞しい筋肉でできてるからです。
セシウムはカリウムと同じで筋肉を動かす。その原動力となって働くのです。
しかも蓄積されるのです。普通のカリウムは逃げて行きます。
しかしセシウムはどんどん貯まるのです。

セシウムが心臓でピコピコと多数の放射線をだすと、電離を起こすのです。
そうすると心臓を動かす神経伝達信号の混乱も生まれます。

それとそのパルスと電離で心筋を痛めてしまうのです。
遺伝子を壊したり細胞構造を痛めます。
心筋細胞は長寿なのでより痛めつけられます。

原発事故が原因なんです。知らぬ間に沢山の人が心臓死してるのです。
しかし民主党出さないでしょう。
データーを出すなと間違いなく行政統制しています。

こんな人も死んでいますね。ALICIAだって心筋梗塞です。
矢張り、放射能でしょう。セシウムを食らい過ぎたのです。
セシウムは血管と心筋に集まるのです。
しかも心筋と血管の細胞交代はゆっくりなので、ダメージも大きいのです。
其れはそうです。受け続けるのですよ。
一秒間に何千パルスもビビビビと壊れない方がおかしいのです。

心筋に溜まるデーターあるわけ無いでしょう。
疫学調査はされてないのですから、ロシアで疫学データは取ったけれど廃棄したのですよ。
日本でも統計を操作するでしょう。
いや統計を取らせません。日本の場合は今進行形ですから後から結果では話になりません、
データー結果を待って色々言うのはNHKだけにしましょう。

日本では病理解剖をしない国で有名なんです。

(実際にホールボデイカウンターは簡単にトラックで移動できるのに
移動させない措置を取りました。
また今は使えるけど検査させない方法を採ってるのを知っていますか。
反応時間で30分位かけないと計れないのを知ってて1分とかしか機械にかけないのです。
勿論感度はあげています。米も同じですよ。本来は1時間かけるのだけど10秒です。

感度はあげますが出てこないのです。
何故β線は計れないので崩壊が少ないガンマー変換まで待つのですが
待たないで感度だけ上げる詐欺をしてるのです。
しかし時間がなければ計れないのですよ。分かりますね。)

セシウムは心臓に溜まるのはもう常識です。心臓は筋肉の塊です。
他にも肝臓、腎臓、膀胱などがやられるのです。流動するのです。

なでしこジャパンのエース澤の良性発作性頭位目眩症も放射能の疑いがあります。
何しろ放射線が身体の中で発射されてるのです。
脳神経は微量のインパルスを受けてるのですが、放射線は雑音です。

実際にベラルーシの住民の子供の学力は事故前に比べもの凄い落ち込みです。
其れは、そうです。
年中頭の中でピコンピコン言ってたら駄目其れは頭が働きません。

大人では耳鳴り疾患が増えています。眼も悪くなります。
視神経だのだめになります。匂いが嗅げないなどもあります。

白内障多いのです。ゆっくりなります。
急性被曝でもなりますこれはすぐです。治りません。
人口水晶体に変えます。放射線で蛋白変性するのです。
脳みそも同じですよ。

放射能デマがもしあってもまあほとんど実害も損害もありません。
しかしNHKの捏造の温暖化デマは莫大な国民負担をよんでいます。
それより放射能の危険を軽視して被爆した場合(低線量でも)大変なことになります。
だから気をつけるべきです。

人体の内部が逝かれるのですよ。遺伝子とかが分かりますか。治せません。

ところが日本ではいまその逆をやっています。
風評被害という言葉を作って、しかも被災地応援とか、
しかもわざわざ100ベクレルにしたり
(食品調査をすると50ベクレル60ベクレル当たりに沢山の食品が存在する)にしたんです。

また放射線は異常な精神状態も作るようです。
今から異常な殺人事件が増える可能性もあるのです。

突発に耳鳴りが激しくなった人々も沢山居ます。
放射線で音変換構造が壊れるのです。
同じように目の視神経も放射線で死んでしまいます。
多くの白内障緑内障が発生してます。

さて、大問題がわかりました。
原発避難後に沢山の老人が、色々の名目でこの2年で沢山死んでいるのです。
NHKスペシャルの追跡番組で僅か17軒の家の住民の多くの老人が、心筋梗塞、
脳溢血なのか卒中で、肺炎で死んでいます。

肺炎がなんで増えるか分かりますか。誤嚥性肺炎というので物凄い速度で
日本の老人の平均寿命をどんどん下げるでしょう。

肺炎で肺細胞が壊れてしまうと完全に血液の酸素濃度は得られなくなって
死んでしますのです。
肺炎は死の病気です。一度真っ白になった肺はもう治りません。
片肺になる場合はもう体が動かなくなり酸素ボンベが必要になります。

肺炎は色々の病原菌が肺臓で増える現象です。
しかし肺には沢山の血液が行きます。
勿論免疫細胞も沢山真新しいものが新手でそれらを攻撃して体の中で一番防御が堅いのです。

しかしその免疫細胞が放射線でやられたらどうなりますか。
マクロファージT細胞B細胞など尽く放射線で殺されたり弱められるのです。

脳障害は神経障害ですから、これは放射線です。
放射線は直にニューロンを破壊します。
心臓病もこれも心筋に集まるのでそうです。
特にセシウムは筋肉に集まりますしかも心筋に集まるのです。

しかも神経までやられたらそれは予後不良です。
そして、放射線の物凄いのはどの放射線も同じですが免疫を破壊します。
免疫が悪くなるその典型が白血病です。

関東と福島で白血病は物凄い猛威を振るってるのですよ。
白血病の前に免疫がおちるので、白血病発病の前に、風邪で死んだり、
肺炎で死ぬ者も沢山居るのです。

白血病は老人では発病前に肺炎、多臓器不全、敗血症、心筋梗塞、
老衰などの名目で死んでしまいます。
若者までも突然死しています。

そしてチェルノでも沢山の住民が避難先で死んだというのを知っていますか。
多分まだ残ってるでしょう。
ユーチューブにチェルノブイリで検索かけて見れば老人が言っています。
避難先で皆死んだと、だから居住禁止地区に帰って来たというのです。

(免疫が落ちる=老化と同じなんです。老人はどんどん免疫力が弱くなります。
そして肺炎で死ぬのです。同じことを放射線で起こるのです。
詰まり放射線は老化促進を起こすのです。)

此処で吉田署長問題を問題に何故しないか大問題なんです。
あれは食道癌の末期で発見されたのであって病原は前からあったと思うでしょう。
違います。
原発の爆発とストレスで癌が急成長したのです。
癌細胞を殺すのは免疫細胞です。
それを叩いてしかも癌を発症させるのが放射線です。

そんなに原発の放射能が効くか効きます。
原発とストレスが猛威で癌を誘発するのです。
王貞治さんがWBC日本の野球の監督になって僅か3ヶ月で癌になりました。
あれは物凄いストレスです。
世界一を取りに行くに監督になるとはそう言うことだと思います。

放射線障害に一番出るのは、免疫機能の衰えなんです。
だから今日本で色々の感染症で苦しむのです。
今は世界一の規模で風疹が大流行してるでしょう。
これから、新しい新型インフルエンザで日本国民の関東東京で
なん%オーダーの死亡が起こります。

たった何ヶ月でそれでも末期に成るだろうか。なるんです。
今原発作業員の追跡で5%以上の人が追跡不可状態なんです。
勿論予後不良なんですよ。だって隠れる必要ないでしょう。

嘘と思ったら癌の再発で検索かければ分かります。
抗癌剤で完全に消えた癌があっという間に3箇月で再発片方の肺一杯の癌になってる
或いは肝臓の殆どが癌の再発などです。
勿論抗癌剤が免疫機能を完全に無くすからです。

放射線でも同じようなことがありますが、しかし抗癌剤ほどではないのは、
放射線は放射を止めれば直ぐに回復する場合が多いですね。
しかし原発の放射線は内部被曝になるので吉田署長になるのです。

良いですか内部被曝ですよ。東大のバカ学者が言うのは外部被曝です。
放射線源から何メーターも離れた状態で外部だけ当たるのです。
β線など2ミリしか入らないのです。
α線が一切入りません。ガンマー線だけです。
ところが内部被曝は24時間終わりなしで直付です。
タバコの火を直付するとあっチチですね。

100ミリまでは大丈夫とか云いますが100ミリでも5%以上は長いことで予後不良です。
しかし其れも外部被曝ですよ。内部被曝は不明です。

女優の天海裕希さん心筋梗塞になりました。
これは心筋の環状動脈ですがセシウムは心筋に集まります。
それから放射された放射線で破壊された可能性があります。
病巣を進行させる可能性もあります。突然ですからありえます。

東京都知事になった猪瀬知事の奥さん脳腫瘍です。
此れ放射能の病気そのものなんですよ。
どんな種類の放射線か分かりませんがセシウムなんでしょうか。
他の放射能も考えられますが。

ソ連でもそれからイラクでも脳腫瘍が増えてるのです。
矢張り東京は100万ベクレルを新宿で計測していました。

問題は東京の被曝は福島の被曝の100倍するということです。
車が走っています。
大型トラック観光バス、乗用車で放射能が積もらないで空中に浮遊してしまうのです。
何時までも何時までも高濃度の放射能が飛ぶのです。
それがプルトニュームも飛び交いました。

つまり大変な被曝をした住民が多いのです。

お笑いのボクサーしずちゃんの専属トレーナー梅津正彦さんも
悪性のメラノーマで死亡此れも放射能のせいかもしれません。
免疫が悪くなるのです。

他にウイニー開発者の金子勇さん心筋梗塞で死亡、此れは放射能の可能性大です。
今流行ってる風疹も免疫系の弱いところを付いていますね。
新型インフルエンザがどうなるのか非常に気がかりです。

放射線が何をどうして悪くするのかその理由がわからない話ばかりなんです。
放射線は説明の付かない病気が多いのです。
なぜ。無差別爆撃をするようなんです。
細胞の中で無差別爆撃をするので遺伝子はズタズタにされます。
例えばホルモンを異常に作り出す。或いは減る。
或いは神経伝達が狂う生命の細胞からいろいろの情報が流れます。
それで免疫細胞或いは体温。或いは酵素など色々な物質が狂い始めるのです。
其れを作り出すのが遺伝子だからです。

遺伝子が体の中の物質を作り出します。
人に必要な蛋白質を作ったり細胞分裂の物質を作ったり、
いろいろの免疫細胞を遺伝子から作ります。
しかしその遺伝子が狂ったら癌ばかりではないのです。
狂った物質を作り出します。
変なわけのわからないたんぱく質を作ったりわけのわからないホルモンを
作ったりなんでもします。

勿論狂った免疫細胞を作り出します。はあそうなんです。
アレルギーも非常に増えています。
どんどんアレルギーになります。膠原病にもなります。

それで紫班がでたり、下痢をしたり。あげたり。鼻血がでたり。
血管が切れたり何でもするのです。
理由がわからないのは体の構造が変わるからです。

頭が痛くなったり、寒気がしたり、暑くなったり、
遺伝子が変わった狂ったなどあらゆることが起こるからです。
ホルモンも何百もあります。そこで放射線が荒らすのですよ。

今有名になってるのが染色体が放射能が無いのに被曝しただけで
連鎖的に何十年もかかって形が保てなくなっての予後不良です。
有名な自然放射線が異常に強いところに住んでいる住民の殆どの染色体が
オカシクなってるのです。長生きできないのです。
ラジウムの温泉でその家族が長生きしません。

免疫が無いから癌もどんどん大きくなるわけです。
もう無茶苦茶なんです。


2013年8月26日

坂東三津五郎(57歳)さん。すい臓ガンが見つかりました。
早期発見でどうのこうのですがこれが放射能のせいなら、予後不良に確実になります。
3年後位どうなりますでしょうか。放射能のせいならどうすることもありません。
本質が放射能だからです。すぐ再発するのです。

セシウムの吸着性は異常ではないかというくらい吸着するのですね。
だから毒性が高いのです。
有機物に一番吸着する。だから藁に吸着したんです。

真っ先に日本政府が動いたのは金持の食べ物だからです。
=政治家も仲間です。庶民の牛乳は混ぜ混ぜしなさいですからねえ。

いま大問題に成ってるのが地衣類に吸着される。黒い物質です。
海苔、岩のりなど大丈夫なんですかね。

良いですか天然のきのこ関東ではダメですよ。
長野、奥多摩、富士山、ダメですよ。

しかも自然界に殆ど無い物質でセシウムのほとんど放射能ですからもうたまりません。
全部が悪玉なんです。だから人体濃縮が被災地では起こります。

2マイクロから10マイクロもある被災地ではもう
100万ベクレルから1000万ベクレルの放射能を土に含まれてるのだから
絶対に被曝を防げません。

舞うのですよ此の黒い物質アスファルトの表面に発生車のタイヤで舞うのです。

2013年9月21日今度は声優の石田太郎さん非常に珍しいドラマ撮影中の突然死です。
心臓麻痺はーセシウム毒の心筋麻痺の特徴そのものです。

今度は坂東三津五郎膵臓癌だそうです。
此れはもう肝臓から膵液が創りだされれて
放射能も濃縮されての膵臓癌なんです。

島倉千代子さんの場合はこれは乳癌からの転移です。
一番転移しやすい臓器が肝臓なんです。
ガン転移肝臓は方程式です。問題は転移ガンは、摘出すれば問題ないのです。
なのになんで死んだのか分かりますか。
老化なのかどうかわわかりませんが免疫力が弱まったのです。
放射線でも免疫が弱まるので絶対は言えないのですが老化でも同じです。

タカジン初期の食道がんしかし放射能で昂進したのか不明なれどどうでしょう。
(お亡くなりになりました。)

メデアでは放射線は老人には影響しないとか言っていますが
細胞分裂がそれほど盛んでは無いからと言いますが
逆に細胞が攻撃される時間は長いのです。

だから痛めつけられるのは多いのです。
問題の細胞分裂での遺伝子の変異はどうかといえば分裂の速度が
老人は遅いのでそう変わらないということです。

一秒で変わるのと3秒で変わるのでは3倍です。
老人の細胞分裂時間(染色体が半分になってる時間)は若者の3倍時間がかかる
なら同じでしょう。

サザエさんのお父さん役の声優さんが突然死していますね。
この突然死やはり放射線が影響しているはずです。

老人の影響は正確には分から無いのです。寿命と影響の差がわからないからです。
しかし今までの平均寿命より福島に近いほど短くなるでしょう。
統計に現れるでしょう。

どう現れるか95歳まで寿命が有ったのに78歳で死ぬんです。
80歳の人が100歳まで生きれたのに82歳で死ぬんです。
事実ですよ。

今20歳の若者は45歳で死ぬのです。
これが現実なんです。
しかも問題はそれを認識するまでに30年かかります。

此処で1960年頃俺の小学生時代ですね。
かなりの同級生が癌で死んでいます。
同年齢のものが50代で物凄い発生数です。
1960年の放射線量は日本の平均が平米1000ベクレルです。
ウランだのプルトニュームなどは1ベクレルから3ベクレルです。

ところが福島の場合は1000万ベクレル。
プルトニュームは測定ナシです。
東京では新宿で80万ベクレルプルトニュームが数ベクレルです。
まあ殆ど今の小学生以下は予後不良です。

TBSの元アナウンサー山本文郎79歳寿命の様に見えるけど肺胞失血です。
分かりますか放射線障害です。

歌手の花村菊江さん。2011年こっちはくも膜下出血の予後不良です。
これも放射線の可能性が強いです。

放射線障害で出血という現象が物凄く起こるのです。
人間の構造体細胞壁を弱めるのです。
老人の方が放射線に弱いのかもしれません。
統計に現れるからです。

シャ乱Qのつんく10年ほどまえから喉がおかしかった
しかし癌になってたわけではないが喉が弱かった其処に今回の大量な放射能です。
喉頭癌は中々ならないものですが放射線では一番侵されやすい場所ですから
放射線は癌になりやすいものによりなり易くなりますから癌促進作用が強いというべきです。
45歳は早いです。

安西マリアが突然の心筋梗塞ですね。
もう心臓移植以外助からないでしょう。

セシウムは心筋に一番沈殿(蓄積)します。
筋肉の塊であることとしかも細胞の寿命が長いからです。
勿論筋肉が動くときにカリウムポンプが働くのですが
その変わりにセシウムが蓄積するのです。

物凄い数の人が心筋を痛めて突然死しています。
実はあのバスの運転手が眠ったことになってるが
実際は心筋停止の可能性が有るのです。

死亡しました心筋は再生しません。
心臓移植か人工心臓しか有りません。

国会議員の藤巻幸夫氏です。54歳です。若いです。
膵臓炎からの出血死です。
勿論これは100%放射能の放射線です。
膵臓に集まったセシウムで膵臓細胞と血管壁がやられたんです。
勿論心臓も傷んでいたでしょう。

川島なおみ知っての通りの美人です。
美人薄命ではないでしょうが胆管癌この癌は肝臓からの直接排泄と言っていいほど
体の中の放射能が濃縮されて流れ出ます。
胆汁になって食物の消化酵素として働くのです。
つまり高濃度に放射線が濃縮されるのが胆管です。放射能の影響でしょう。

蟹江敬三腹が痛くなったので調べると進行胃癌でした。
やはり放射線が癌の進行を促進したのでしょう。
胃癌の場合放射線で癌になったとはいえません。

小林カツ代多臓器不全原因に放射線で内蔵細胞を壊してというパターンが考えられます。
同じく佐野実彼の場合もそれが考えられます。
周富徳彼は肺炎と言いますが胚細胞も内蔵も実際に放射線に弱いのです。
どんどん死んでしまいます。
これらをしかし放射線とする事はできませんが影響が有ることは確実です。
周さんは10年ほど前から弱くなってるのですが今回の原発で
命を肺炎ですから縮めたものでしょう。

元相撲取りの魁傑この人の場合は間違いないでしょう。
本当に突然死の典型例。虚血性の心疾患です。
心筋壊死なのかインパルス不良なのか心筋梗塞なのかといえば多分心筋壊死ですよ。
セシウム濃度によっての心筋が壊死するのです。
ロシアでは非常に多いのです。

次いでに美味しんぼですがあれは沢山の事例がユーチューブに載っています。
この知恵袋の相談にも沢山の事例が報告されています。
実際にはその途中の段階の凄まじい下痢嘔吐なども多かったのです。
起こったのは小学生の低学年ですよ。
また内蔵失血では水洗トイレで流れてる場合が有るのでわからない儘も有ります。

いずれにしても急性期の爆発から2週間までの話です。
あの時に鼻血を出してる場合は甲状腺癌が間違いなく発生します。
下痢の子供もやはり将来甲状腺癌が発生します。恐ろしい話なんですよ。

いずれにしても福島は今でも住むところでは有りません。
また関東も住むべきではないのです。

ダッシュ村出演三瓶明夫さん84歳まあ寿命っていえば寿命ですが
その病名は100%放射能のせいですね。
今も帰宅困難地域です。病名急性骨髄性白血病これは紛いは有りません。
原発がなければもう5-6年生きられたはずです。大きな時間ですよ。
100まで生きられたかもしれません。

林隆三さん、俳優ですが急性の腎不全です。これわからないのですね。
急に昏睡になって血が腐って死んでしまうのです。
放射能でボンマンノウの破壊が起こったと見れば納得できるでしょう。
健康体でも放射能でやられるのですよ。


追加

これは間違いない放射能の突然死ではないでしょうか。全く珍しいです。
原因不明ですから一応心筋梗塞とかでたらめになっています。
斎藤晴彦さんです。73歳ですから普通でも突然死は多いのですが、
この突然死は全く前触れも無いので一応突然死にします。

坂本龍一さん。中咽頭癌と言っていました。その原因にタバコ。熱い物を食べる。
など言っていましたが。
実は呼吸で一番放射能を吸着される場所なんです。
そもそも放射性の呼吸を関東と福島と山形宮城一帯でしてたのだから肺癌、咽頭癌,
副鼻腔癌舌癌気道癌などが起こらないわけがないのです。
また食品では食道がん胃がんそして肝臓、膵臓。腎臓癌が出来ないわけがないのです。
要するに放射能が通った道は危ないのです。

こうやってつけると非常にタレントにしかもわずかしか居ないタレントに
癌が爆発的に増えてるのが分かりますね。僅か3年です。
勿論この癌が絶対に放射能であるとはいえませんが可能性は高いでしょう。

林家木久扇これですね。喉頭癌です。放射能の通り道ですね。
此れが多いのです。

さて福島から関東領域の平均寿命が下がっています。
発表しないでしょう。
真っ先に発表しなければいけないのです。
また放射線の測定も土壌測定もしなければいけないのです。

そもそも黒い物質の掃除さえ日本政府=安倍晋三に頼んでもしません。
海外に遊び歩いてる暇など無いのです。
日本国民の被曝を一切抑えようとしないとんでもないのです。
中間貯蔵?あの袋が何年持つと思ってるのですかね。

龍虎さん心不全まあ前心筋梗塞してたようですが
どうもセシウムが心臓に集まったのでしょう。ピコピコ死亡です。
もう一度云いますよ。心臓は筋肉の固まりです。100%筋肉です。
しかも細胞の寿命が長いのです。セシウムは筋肉に好んで蓄積します。

もう一つは日本の食料品は100ベクレルまで合格します。
しかし100ですから300も1000も混ざるのですよ。
あのコメですが100超えるとブザーが鳴るのですが。
瞬間的に測れないのに無理やり感度を上げて走らせてるので
100以下では絶対鳴らないというのが条件です。
つまり110で鳴らない事もありえる300でどうか?
ということで100以下で鳴らないという意味だけです。



そろそろ1万文字になり書ききれなくなります。その前に大変な事実が起こっていますね。
バスの運転手の突然死です。トラックでも起こってるでしょう。ここ3年ですね。
311の前も今と同じような年寄りの運転手が居たんです。何十年もまえから居たんです。

ところがここ3年が凄いのです。わかりますね。
NHKは平均年齢が高くなったからと言いますが少なくても昔も同じ年令で居たんです。
だからなければいけないのに無いのです。

急に沢山発生してるのです。トラックの運転手も沢山いるはずです。
わからないだけです。単独事故で乗客が居なければニュースになりません。

ハッキリ云いましょうセシウムでの突然死なんです。当然です。

黒木奈々胃癌です。もう完璧ですね。此の若さです。

田宮五郎
くも膜下出血再発?いいえ放射線で血管が脆くなったと見るべきです。
くも膜下出血=動脈瘤の破裂だから予防策はされてるはずです。
しかし血管が切れたというのは原因が有るのです。
アルコールでも弱くなりますが、放射能セシウムの沈着です。

元ボクシング世界王者 竹原慎二 膀胱がんです。
放射能最後に膀胱に集まります。

リポーター柏木厚志さん大腸癌で死去あり得ます。

麻美ゆま 境界性悪性腫瘍で子宮摘出此れは子宮はセシウムが集まります。

夏目亜希 子宮頸癌 此れもありえます。

磯野貴理子 脳梗塞 あり得ます。

高倉健
悪政リンパ腫もう確定ですね。この頃多発しています。
放射能のパンデミックです。放射線は病原菌と同じなんです。

大豊選手、台湾から日本の野球選手になって日本で今まで生活
そして白血病発生そうなんです。白血病が顕在化する年数です。
免疫が強くなって顕在化するのです。

柔道金メダリスト齋藤仁癌性の胸膜炎か癌性の胆嚢炎で死亡、原因は放射能でしょう。
放射線から放射能毒性になってきています。

貞子のお母さん役の雅子さん血管に癌が発生。

桂米八さん食道がん

この他どんどん癌で心疾患で死んでいます。その通りになってるのです。
もう書ききれません。
余りに多くしかも震災後7年がピークになります。

丸山夏鈴、全身癌。免疫を完全に弱らせ超高速増殖効果が生まれるのです。
その証人のような存在です。

今井雅之この例も癌の種類が増悪なのはやはり放射能でしょう。

チェルノで1992年日本2017年被害明確になるときです。
被爆パンデミックの年です。


<転載終わり>
-------------------------------------



以下の記事は、突然死を未然に防ぐ為に書きました。

メルマガ第4号

『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』







お知らせ

2月11日に、メルマガの最新記事を配信しました。

メルマガ第34号
ウソで塗り固められた
【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!


まだ、届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』










日本人の免疫力を
著しく低下させている真犯人の正体!?







ワクチンの中に、
白血病やガンのウィルスを入れないで下さい!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12129660495.html

今現在、医療関係者の中に多くのカルト関係者が紛れ込んでいます。
多くの暗殺が、病死や自殺として処理されるのも彼らの仕業です。
この連中は、本当に怖い連中です。
彼ら、悪魔信仰をする者にとって、人減らし~暗殺は善なのですから。

ほとんどの医療関係者は、こういった真相を知りません。
多くの新興宗教の信者が、その裏の実態を知らないのと同じです。
いつも、よく患者が死ぬ大きな病院は、ヤバイとだけ申し上げておきます。

私のブログの読者の皆さんは、今や、医療マフィアの恐ろしさを
あぼろげながらも理解されている人が多いと思います。

私の読者の中には、医療マフィアの闇の一端を知る人物がいます。
その人物の話では、ある特定の人物を【ガン】にすることは
到って簡単だと話します。

点滴の中に、白血病やガンのウィルスを入れたり、或いは、
強烈な発ガン性物質を仕込む噂を聞いたことがあるそうです。

しかし、それだけでは不足です。
重要人物が入院する特別室においては、その人の体温を自由にコントロ―ル
することは、朝飯前に出来てしまいます。

つまり、極めてガンになりやすい体温にすることが可能なのです。
徐々にそれをされると、ただの水から熱水になるまで気づかずに
茹で上がってしまうカエルの原理と反対のことが起こります。
本人に、本当の体温が告げられることは無いでしょう。







闇権力にタ―ゲットにされた大物政治家や有名芸能人は・・・
悲惨な結末が待っています。
ですから、こういった皆さんは気をつけなければなりません。

急死させる場合には、Zという神経毒の薬。
免疫不全から死に到らせるには、Ⅹという特殊薬品。
脳梗塞に持って行くには、Fという薬物を使うそうです。
大動脈乖離も大きな血栓を作る薬物が投与されます。

死に到ったら、適当な病名をつけて、それで完了です。
名前は云いませんが、かなり恐ろしい病院もあると聞きます。

ガンにする場合には、体温低下がセットになります。
個室という密室では、何だって可能でしょう。

体温低下が、どれほど恐ろしいか、是非、皆さんに理解して欲しいと思います。


ところで皆さん、ここで・・・ある事に気づきませんか?

私は、2014年から2016年にかけて何度と無く記事にしました。
やたらと、雨が多い・・曇りの日が多い・・湿度100%の高湿度地帯が頻発する。
多発する台風は、農作物・・つまり、食料への攻撃なんでしょうが。

あたかも、日本列島が、特別病棟の密室のような事になっていませんか!?


科学雑誌 ニュートンスペシャル 地球システム(1999年11月号)~より
https://www2.newtonpress.co.jp/search2/sample/img_mhtm/m1999/m199911/m199911p046.html


雲の量のわずかな変化が地球環境を激変させる。

雲の量をふやす実験を行えば,

平均気温は大きく低下するであろう。



<引用終わり>
---------------------------


雲の量をふやす実験・・・
どう考えても、やられていますよね~この日本で。


ケムトレイルとHAARP

ケムトレイルは 酸化アルミニウムのナノ粒子を散布すると
大気中の水分を誘引して固着させるメカニズムを利用している。

この水分蒸着したケム雲がある程度移動したところで
HAARPの高周波エネルギーを照射することで、
アルミナノ粒子が振動を起こし水分を気化蒸発させ
外気で急速に冷却されることで再び水となり、
降らしたい ところに雨を降らすという気象コントロールが
可能になるのだという。

これは降雨だけでなく竜巻や落雷、高気圧までも生成制御可能。
そして、この気象操作に より米軍は戦闘時にも敵側に膨大な降雨を
もたらせれて、軍事的に圧倒的に優位に立つことができるのだという。


---------------------------------------------


ケムトレイルとHAARP

HAARPの照射パワ―を調整・・コントロールすることで、
雨を降らさずに、雲の多い日を長期に渡って続けることが出来る。

日照時間が減れば、作物に打撃を与えることが可能となる。

また、平均気温の低下は、体温の低下をもたらす。

寒い冬に、人が一番よく死ぬという事実。
北海道は、ガン死の人が多い???

無論、人の免疫力も低下する。

免疫力が低下すれば、ガンになりやすくなる。

既に、放射能の被曝症状を持っている人は、ダブルで
ガンになりやすいリスクを背負う事になる。

これって・・・
人口削減計画の一環に思えますが、
皆さんは、どのように思われるでしょうか?

ケムトレイルの目的には、色々あることが分かっていますが・・・
幾つもの種類のウィルスを散布している疑惑が一つあります。
鳥インフルやノロウィルスなんかもそうですが、

しかし、
日本人の体温の低下が、最大の狙いかもしれません。

皆さんがお住まいの地域は、今日はどうでしたか?
晴れでしたか?
曇りでしたか?

1年を通して、曇りの日が多いと、
或いは、それが数十年も続いていたとしたら・・・
少なからず、日本国民の免疫力に大きな影響を与えているに違いありません。



満珍方‏@tomotan2012
三重県北部 2013年 11月23日
これがケム機です。
300mmレンズで撮影
#ケムトレイル
https://twitter.com/tomotan2012/status/404497805445562369/photo/1






皆さん、既にご存知のことと思いますが、
我が国・日本は・・実質的に、イルミナティによって支配されています。


イルミナティの最大のアジェンダ!~人口削減

イルミナティの指導者の皆さんの主張! 



「人口が手に負えなくなったら、エルサルバドル、イラン、レバノンの類いで良い。
かなり大規模な内戦で、男を皆戦場に引きずりだし、
子供を産む女を皆殺し、処分してしまう事だ」

米国国務省トマス・エンダース



「2020年には人口は100億になる。誰もそんな世界に住みたくはない。
出生率を下げるか、死亡率を上げるか、戦争により極めて速やかに効率的に
死亡率を上げる事が出来る。

また飢餓や 病気を拡大させる 事も人口調節に有効である」

米国国防長官ロバート・マクナマラ



「地球で全ての人間が豊かに生活出来るのは50億人が限界だ。現在の80億人は多すぎる。」

ディビッド・ロックフェラー



「2010年までに地球人口の10%以上を殺害、処分してしまう必要がある。」

ハーバード大エコノミック・リサーチ・プロジェクト報告:グローバル2000
(資金源:ロックフェラー財団)



「黒人、アラブ人、中国人、日本人等、有色人種は人種的に劣っているので、

世界規模の核戦争で絶滅させる必要がある。
まず始めにイスラエルはアラブに先制核攻撃をすべきだ。
有色人種が絶滅した後、世界で最も優秀なユダヤ人を中心とした白人だけの楽園が出来る。

それが聖書に書かれている神の国の出現の意味である。」

イスラエル:エルサレム・ポスト社説



【参考文献:ジョナサン・ビューティー著「犯罪銀行BCCI」 ジャパンタイムス刊】


<引用終わり>
---------------------------


管理人

最後に・・・
皆さんに、ささやかな抵抗運動を提案します。

毎日、最低、腹筋と腕立て伏せを20回やりましょう。

毎日、20~30分間は歩くようにしましょう。

それで、確実に、あなたの体温はアップ出来ます。
あなたの体温を上げるのは・・筋肉なのです。

あなたの体温が、35度に近づくと、ガン発症の確率が高くなります。
37度に近づくと、魔の領域から逃れることが出来ます。

出来れば、時々、体温を検温するようにして下さい。
そうすれば、危険水域に入る前に、予知することが出来ます。
その時に、何をすればよいか真剣に考えて下さい。

何をして良いか全く分からない人は、手前味噌で申し訳ないですが、
メルマガに、その全てが書かれています。

私は、最近、体温計を買いました。
デジタルで精巧なものです。
皆さんもいかがですか?






お知らせ

2月11日の早朝に、メルマガの最新記事を配信しました。

メルマガ第34号
ウソで塗り固められた
【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!


まだ、届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』












ウソで塗り固められた
【花粉症の真相の全て】を
明らかにする時が来た!







始めに

一昨日、本当に久し振りにアメンバー記事を出しました。
理由は、私なりの様々な配慮があってのことでした。
ご遺族、ファンの皆さん、所属事務所・・・
あの記事を読まれた人には、ご理解いただけたと思います。

2月10日には、所属事務所から病名の正式発表がされました。
『致死性不整脈』・・・と。
これでは何のことやらさっぱり分かりません。
早い話、突然死って話なんですが・・・
やはり、アメンバー記事に書いた通りのシナリオになりそうです。
それにしても、この二日間でアメンバー登録をしていただいた
皆さんが、何百人もおられた事に、少々、驚いています。


さて、明日の記事の御紹介です。

『日本人の免疫力を著しく低下させている真犯人の正体』

明日の日曜日に公開する予定にしています。
日本人の免疫力は、計画的、組織的に低下させられています。
その結果が、ガン患者の激増です。
放射能の被曝とドッキングして、今後、益々ガン患者が増える結果に
なるだろうと予想しています。

しかし、この事実を誰も告発しません。
だから、私が記事にすることに致しました。
今更、危険がどうのこうのとか言っていられません。
多くの日本国民に、是非、気づいて欲しいとの想いで一杯です。
今のままでは、今後、大変なことになります。



2月11日の早朝に、メルマガの最新記事を配信しました。

メルマガ第34号
ウソで塗り固められた
【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!


まだ、届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


花粉症の真相を分かりやすく簡潔にまとめました。
そして、どうすれば良いのかを提案させていただきました。

花粉症にしろガンにしろ、その原因については曖昧模糊としています。
謎と闇に包まれていたほうが、巨大な利益を生むのは当たり前の話です。
分かってしまったら、商売にならないのです。
ですから、真相を解明しようとした人は、ことごとく潰されて来た訳です。


長年、花粉症に苦しんでおられる人には必読の記事です。
また、解決法も簡潔に書かれています。

ブログ読者の皆さんには、その一部を公開します。


★メルマガ第34号~より

管理人

普通の石ころ(身体)に、マッチの火(花粉)をつけても何も起こらない。
しかし、石炭(汚染された現代人)だと火がついてしまう。
石ころが石炭に変化したのが、花粉症の最大の原因だと思われます。
花粉は、花粉症をひき起こす「引き金」・・きっかけに過ぎません。

よく、文献で花粉症を発症するメカニズムが解説されていますが、
これも笑い話の一つです。
東南アジアやアフリカなどの田舎では、花粉症は存在しません。
この時点で、従来の 花粉主犯説 は破綻しています。
上辺だけの一つの現象面を捉えているに過ぎません。
つまり、花粉がその症状の本質では無い事は明らかです。
全く関係ないのではなく、発症の引き金になっているという意味です。

ただの石ころを石炭に変えたものとは何か?

花粉症を早く根本的に治す方法とは?



― 中略 ―









管理人

アレルギー症状を起こす物質が「ヒスタミン」だそうです。
このヒスタミンを世界で唯一、分解出来るのが、ステビアだそうです。

ウィキペディアより

有用性

ペルーの先住民は避妊に使用したとされるが、
その後の研究で避妊効果は否定された。
ブラジル及びパラグアイの先住民グアラニー族が単に甘味料として用いるだけ
でなく、医療用として、心臓病、高血圧、胸焼け、尿酸値を低くするなどの
目的で使用してきた。
グアラニー族にとっては、ステビアは神聖な植物であり、崇拝の対象であった。

ハーブとして、糖尿病や高血圧の治療や健胃剤、二日酔い、
精神的疲労に対する強壮剤として利用されている。
2006年5月25日から27日に行われた「第49回日本糖尿病学会年次学術集会」にて、
千葉大学薬学部の研究グループにより、ステビアが2型糖尿病の原因の一つである
「インスリン抵抗性」を細胞レベルで改善する可能性があるという、
自然抽出物では世界初めての発表があった。

マイワシ油を使った抗酸化力の実験では、ステビアの茎を熱水抽出したものは
緑茶の5倍以上の抗酸化力が証明されたほか、
ヒスタミンの解毒作用も確認されている 。

-----------------------------


ところで、お肉なんですが・・・
乳がんの一大要因と目されているそうです。
それだけ、今のお肉は本当にヤバイんだそうです。
毒の塊なんていう人もいるくらいです。

タンパク質は、大豆や味噌から摂るように心掛けるべきでしょう。

この際、一気に体質改善を図りたい人は、
以下の記事を読んで、実行に移すことをお勧めしておきます。


メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』



最後に・・・
今回は、花粉症がテーマでしたが、
重度の花粉症の人は、ガンにも最短距離におられる人だと
申し上げてもいいと思います。

一度、本気で考えるべき時に来ているのではないでしょうか。

恐ろしい話ですが・・・
ある家族の一員が、もしガンになったとしたら、
他の家族の皆さんも、ガン予備軍だと自覚したほうがいいかもしれません。
だって、食生活も含めて同じ様に生きて来た訳ですから・・・
無関係でいられる訳がありません。


つい最近、メルマガを希望された方の申込み内容です。
(匿名扱いですから、お許し願えると思います。)

がんについてのメール送信お願いいたします

実妹が、がんの細胞診断の結果待ちの状態です。
昨年、11月に夫を胃がんで亡くし 葬儀等を済ましたところ 今度は本人です。
標準治療で亡くなったものが、身近に3人もおり 
少し考え方の角度を変える必要を感じております。

 ぜひ、よろしくお願いいたします。


<引用終わり>
-----------------------------





もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』