米国がばら撒いた「免疫不全」マイコ生物兵器




最初に

今日の記事は、主として転載になりますが、
非常に重要な記事です。
何故なら、我が日本でもばら撒かれている可能性があるからです。
つまり、ケムトレイルとしてですね。

日本各地において、特に、週末は気をつけたほうがいいと思います。
原因不明の多くの難病にも関わっている可能性があります。
日本の国民が病気になればなるほど、喜ぶ人たちがいます。
人口削減委員会はもとより、製薬会社、医療関係者と・・・

日本国民は、世界の中でもトップクラスの削減対象と云ってもいいでしょう。
日本国内では、空からのケムトレイルは、常態化しています。
信じない人はともかく、既に、知っている人は十分に気をつけて下さい。


衝撃!!【暴露!】
ケムトレイルを散布している航空機の中の画像が初めて公開される!!

http://ameblo.jp/shig1956/entry-12213444930.html



特に気になっているのは・・・
原因不明の 膠原病 との因果関係です。
「免疫不全」マイコ生物兵器が関係している可能性も含めて
今後の重要な研究課題になるであろうと考えています。






2010 年 5 月 14 日
米軍病理学研究所へようこそ!:
これが米国のばら撒いた「免疫不全」マイコ生物兵器:全訳付き

http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/141.html

(前書き)

ニコルソン博士に「生物兵器」と名指しされた遺伝子改変マイコ病原体は、
1980年代から1993年にかけて、
ワシントンD.Cの米軍病理学研究所で研究されてきたものでした。

この関係の文献は、1986年~1993年にかけて、
7本の論文として発表されています。
その中心はロ博士です。

ロ博士のグループは、他の研究者とあまり交流せず、
奇怪なマイコ病原体について研究を続けました。

その病原体は、湾岸戦争後に、湾岸戦争症候群にかかった復員軍人および
家族の血液から続々と検出されることになりました。

また、現在では、これと同じ、あるいは類似病原体が、
米国、欧州において慢性疲労症候群等の病原体として
蔓延していることが確認されました。
(日本は未確認のようです)

そういうわけで、米軍病理学研究所の研究内容をちょっと覗いてみましょう。


(今回の要点)
1993年の論文です。
マイコプラズマ ファーメンタンスをサルに接種し、
サルが死亡するまでの経過を観察し、また死体を検分するという実験です。

サルは,全身にわたる感染を引き起し、数十週間ですべて死亡しました。

発熱はほとんど起こらず、組織炎症も見られず、
抗体は終期に少し発現しただけでした。
通常の免疫反応は抑制されていました。
神経系まで損傷が見られました。

マイコプラズマ ファーメンタンス以外の日和見感染は存在しませんでした。

要するに、清潔な環境下で他の感染を押さえた条件下で、
マイコプラズマ ファーメンタンスが致死的疾患を起こす病原性であること、
その症状は、免疫反応を抑制する免疫不全症候群であること、
終期には神経系まで破壊されること
を実証したわけです。

マイコプラズマ ファーメンタンスは、全身の細胞に幅広く接合し、
また免疫細胞を破壊して後天性免疫不全の症状を引き起し、
神経系破壊まで含めて、死をもたらすものであることが判りました。

これは、マイコプラズマ ファーメンタンスが、
ヒト細胞、特にT4ヘルパー細胞などの免疫細胞に対して、
エンドサイトーシス機構によって接合し、細胞の破壊をもたらし、
免疫反応を抑制するという結果と整合しています。

また、マイコプラズマ ファーメンタンスから、
細胞接合性のエイズウイルス被膜遺伝子配列(gp120の遺伝子)を
発見したという論文とも整合しています。

米軍がこんな代物を動物実験していたとは。 絶句。

このマイコプラズマが、湾岸戦争症候群の患者(復員軍人)の血液から発見され、
またその復員軍人の家族の血液から発見されたものです。
その原因は炭疽菌ワクチンが最も強く疑われています。

また、慢性疲労症候群患者の血液から高い割合で検出されたものです。

なお、マイコプラズマ ファーメンタンスの検出手法(ポリメラーゼ連鎖反応法)は、
ニコルソン文献とほぼ一致しているようです。


関連リンク
湾岸戦争症候群が軍人の家族に伝染しているという論文(一部翻訳)
http://www.asyura2.com/biz0310/war40/msg/506.html

湾岸戦争症候群に罹患した復員軍人の「家族」の血液から生物兵器?を続々検出
http://www.asyura2.com/0311/war41/msg/282.html

白血球から検出のマイコプラズマにエイズウイルスの被膜遺伝子配列:生物兵器の証拠文献
http://www.asyura2.com/0311/war41/msg/582.html

炭疽菌ワクチンの凄まじいデタラメ3:湾岸戦争症候群の一因は微生物汚染(未認可)
炭疽菌ワクチンという証拠
http://www.asyura2.com/0311/war41/msg/428.html


(論文名)

Lo S-C, Wear D J, Shih W-K, Wang R Y-H, Newton P B, Rodriguez J F.
Fatal systemic infections of nonhuman primates
by Mycoplasma fermentans (incognitus strain)

(マイコプラズマ ファーメンタンス(インコグニタス株)による、
非ヒト霊長類の致死的な全身性の感染)
Clin. Infect. Diseases 1993; 17(Suppl 1): S283-S288.

軍病理学研究所、感染および寄生疾患病理学部門 米国病理学登録(ワシントンD.C)
国立衛生研究所 ウォーレン グラント マグナソン 医療センター 輸血医学部門
(メリーランド州ベセスダ)


(翻訳)
(全文訳です。 英文のテキストデータは入手できていません)。

四匹のシルバールトン(注:オナガザル科です)に
マイコプラズマ ファーメンタンス(インコグニタス株)を接種したところ、
消耗性の症候を示し、7~9カ月で死亡した。

感染した動物は、マイコプラズマ感染に対して、
遅く、一時的な抗体反応しか示さなかった。

3匹のサルは、周期的に、マイコプラズマ抗原血症を示した。
最も持続的な抗原血症を示したサルは、検出可能な抗体反応を
積み上げることができず、感染によって最初に死亡した。

対照例のサルを、最後の感染動物が死亡した8カ月後に殺した
(注:マイコプラズマを接種していないサルです)ところ、
抗原変化や抗原血症の証拠はなかった。

ポリメラーゼ連鎖反応法、免疫組織化学および電子顕微鏡観察によって、
感染動物にマイコプラズマ ファーメンタンスの全身性の感染を確認した。

他の日和見感染や腫瘍性疾病は発見されなかった。

感染した組織において、
多数のマイコプラズマに対する炎症反応が見られないことは興味深い。

マイコプラズマ ファーメンタンス(インコグニタス株)は、明らかに、
これらのサルにおいて、通常の炎症反応、免疫反応を抑制し、消耗性疾患を生じさせ、
致死的な全身性の疾患をもたらしているのである。

我々の研究室では、
エイズ患者のカポジ肉腫から分離したウイルス様感染因子(VLIA)を研究してきた。
この因子は、最初は、DNAウイルスであると考えていた。

ウイルス様感染因子が病原性であるかどうかを決定するために、
内側管部を4匹のシルバールトン(注:サル)(番号SL2-4)に腹腔内投与した。
ウイルス様感染因子は、形質転換NIH/3T3細胞培地で成長させ、
分離し、30%ショ糖バリアで200,000gで
3時間マイコプラズマ粒子をベレット化して精製したものである。

一匹の別のサルには(番号SL1)、NIA/3T3細胞の対照例の
培養物から調整した上澄み液のみを投与し、対照例とした。

更に、ウイルス様感染因子が本当にマイコプラズマであるか否を、
別の研究によって明らかにした。

詳細なDNA分析によって、
我々が一時的に「マイコプラズマ インタコグニタス」と呼んだ種が、
マイコプラズマ ファーメンタンスの一株であるらしいことが明らかになった。
インコグニタス株と、マイコプラズマ ファーメンタンスの原株とは、
抗原異質性が見られるのであるが。

マイコプラズマは、種特異的であることが知られている。
ヒトマイコプラズマは、実験動物には稀にしか感染しない。
チンパンジーは、ヒトに対して遺伝的に近い動物であるが、
ヒト病原性マイコプラズマ(例えばマイコプラズマ ジェニタリアム)に対して
病原性のようである。

本研究においては、サルにウイルス様感染因子/インコグニタス株を
感染させたところ、致死性であった。

ウイルス様感染因子/インコグニタス株を接種した2週間後、
サルSL4番は、鼻漏および流涙を起こし、これは6週間継続した。
このサルは、8~12週間に、顔面/首に水腫を起こし、肌色が悪く、
18週後には、脱毛症と関連する皮膚炎(過剰な鱗片剥離とかゆみ)を起こした。

このサルは、ウイルス様感染因子/インコグニタス株を接種した後、
29週目に死亡したが、最初に感染した死亡した動物であった。
この動物は、ウイルス様感染因子/インコグニタス株を接種後16週目を別として、
発熱しなかった。

動物SL2、SL3、SL5は、
ウイルス様感染因子/インコグニタス株を接種してから36~38週目に死亡した。
感染したすべての動物について、体重が変動し、
14週目から死亡までは体重が連続的に減少した。

下痢は見られなかった。

動物SL3、SL5は、マイコプラズマ感染後、
4~14週目、あるいは2~20週目に、それぞれ一時的にリンパ腺症を示した。

動物SL2、SL3、SL5は、感染初期には継続的な低レベルの発熱を生じたが、
しかし最終段階では低体温となった。

動物SL5は、感染の最終段階では、ふるえ、硬直、バランス喪失を示した。
これら臨床症状は、神経性疾患を強く示唆している。
しかし、動物の体力が明らかに弱っていたために、この評価は妨げられた。

動物SL2は、継続的で顕著な白血球溶解を起こした唯一の動物であり、
白血球溶解は2カ月異常にわたって続いた(接種後16~24週)。

対照的に、動物SL3およびSL4は、疾患の最終段階で、顕著な白血球減少症を
起こし、白血球数は、それぞれ、410から448細胞/μlとなった。

残念なことに、ヒト白血球のヘルパーサブセットを代表するCD4足す細胞を
染色する蛍光モノクローナル抗体は、シルバートンの白血球を染色できない。

赤血球および血小板数は変動した。
血小板数が一時的に減少する期間が観察された。
いずれの動物も、疾患の最終段階において、血小板減少症は起こさなかった。

マイコプラズマに対して特異的な抗体を、ELISAによって検出した(図1A)。
また、マイコプラズマ ファーメンタンス特異的な抗体は、
連続的に放血からの血清試料(マイコプラズマ接種前に得た試料を含む)における、
新しい免疫反応帯の存在や、ウエスタンブロット分析での全体の血清学的免疫反応
パターンの変化によっても確認できた。

ELISAにおいては、2匹の感染したサル(SL2およびSL3)の方が、
より顕著な、遅い抗体反応を示したが、
抗体反応はそれぞれ、接種後、30、24週目に生じた。

他のサルSL5は、疾患のごく最終時期にいたって、検出可能な抗体を産生したが、
動物SL4では抗体は検出されなかった(図1A)。

すべての感染動物は、感染の経過を通じて、
周期的にマイコプラズマ抗原血症を示した(図1B)。

SL4は、最初に死亡した動物であるが、
最も継続的な抗原血症を示した。

対照例のサルは、最後のマイコプラズマ接種サルが死頁法してから8カ月後に
殺したが、抗体反応も抗原血症も示さなかった。

これらのサルは、いずれも、研究期間中、
サル免疫不全ウイルス(SIV)に対する抗体を持っていなかった。

インコグニタス株に特異的なDNAは、
4匹の感染動物のすべての壊死組織から、
ポリメラーゼ連鎖反応法によって、直接に検出することができた。

4匹の感染サルのうち、
試験した4つの脾臓、4つの肝臓のうちの2つ、2つの腎臓のうちの1つ、
および3つの脳のすべてから、マイコプラズマ感染を同定した。
しかし、対照例のサルの組織からはマイコプラズマ感染は見つからなかった(図2)。
また、疾患の最終段階で神経症症状を示した一匹のサルの脳から、
マイコプラズマDNAを検出した。

感染したサルからウイルス様感染因子/インコグニタス株)を再分離するために、
我々は、瀕死状態のサルから得た末梢血液単核細胞(PBMC)を、
正常なヒトからの末梢血液単核細胞、NIH/3T3細胞、
およびサルBSC腎臓細胞と共に、同時培養した。

ウイルス様感染因子/インコグニタス株の有機体を回収でき、
レトロウイルス感染の証拠は検出されなかった。

検死の際には、悪性腫瘍、細菌または真菌類の日和見感染、ウイルス包含体は、
試験したすべての組織において同定されなかった。

動物の肝臓および脾臓のホルマリン固定したパラフィン埋設組織を、
マイコプラズマ ファーメンタンス(インコグニタス株)を育てるのに使った
ウサギ抗血清によって、免疫化学的染色した。

動物SL2およびSL3の肝臓および動物SL4の脾臓は、
ポリメラーゼ連鎖反応法によってインコグニタス株DNAを最も多量に
含んでいるように見えた。
これら肝臓および脾臓を、インコグニタス株特異的なウサギ抗血清および
モノクローナル抗体の両方によって、染色陽性であった(図3)。

感染したサルからの脾臓および肝臓を直接に電子顕微鏡で観察したところ、
マイコプラズマ様の粒子が見られた(図4)。

この微生物のほとんどは、細胞外に局在化していた。
しかし、他の領域では、マイコプラズマ様粒子の固まりが、
肝細胞の細胞質中と、変性中のクップファー細胞の中に見られた(図5)。

これらほぼ球形の粒子は、直径140~280nmであった。
粒子の一部は、よく区分された外側を限る膜を有していた(図6)。

ときには、これらマイコプラズマ様の粒子は、
顕著な変性を示した細胞核中にも観測された。

対照例SL1のサルの場合には、
検死によって得た肝臓および脾臓組織は、
インコグニタス株DNAを含んでいなかったが、
インコグニタス株特異的な抗血清によって染色されず、
上記と同様のマイコプラズマ様粒子が電子顕微鏡観察で観察されなかった。

こうして、マイコプラズマ ファーメンタンスを接種したすべてのサルが、
全身性のマイコプラズマ ファーメンタンス感染を発現したことが示されたけれども、
検死の際に試験したすべての組織において、
急性炎症病変や反応プロセスは存在しなかった。

結論
 マイコプラズマ ファーメンタンス(インコグニタス株)は、
シルバートンにおいて病原性であり、全身性の感染を引き起こすようである。

マイコプラズマ ファーメンタンスによる感染以外の日和見感染は、
マイコプラズマを接種した動物の組織から見つからなかった。

マイコプラズマによる感染は、
マイコプラズマ抗原に恋するポリクローナル抗体およびモノクローナル抗体を
用いた免疫組織化学技術によって、
またポリメラーゼ連鎖反応法によるマイコプラズマDNAの検出によって、
更に電子顕微鏡による感染組織中の微生物の直接同定によって、確認した。

動物における感染に対する免疫反応は典型的ではなかった。

マイコプラズマに対する抗体反応が遅くかつ一時的なものであったことが興味深い。

更に、動物は、顕著な炎症反応を生ずることなしに、
多数の臓器系に集中的なマイコプラズマ感染を起こした。

このヒトマイコプラズマの病原性は、
ヒト免疫不全ウイルスおよびサル免疫不全ウイルスを含む他の感染性因子と
組み合わせることなしに、更に多様な実験動物において研究する必要がある。





http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20100611



お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

10月31日に、メルマガ第24号を配信します。

『大麻の真実~国民は何も知らない!』



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。











AD
がん・難病治療に最も効果があるのは温泉より岩盤浴







癌治療(がん治療)に良い温泉、癌に効くとされる温泉
http://www.spadayo.com/gan.html

日本では古来より病気になると「温泉」を湯治利用して病を治してきました。
古くは京の天皇も道後温泉や別府温泉で湯治したり、武田信玄も温泉を傷ついた
兵の治癒に使用したり、豊臣秀吉も長生きしようと有馬温泉を好みました。
江戸の人は、湯治するために、長屋を引き払い、家財道具をすべて質屋に入れて、
資金を調達してから、草津温泉で湯治したと言います。
現在の湯治は短い場合で1~2週間、長い場合だと6ヶ月~1年以上湯治されるようです。


管理人

温泉やお風呂が身体に良いのは確かだと思います。
身体を温めること自体、免疫力を高めてくれます。
しかし、限界もあります。

例えば、がんに効果を期待しようとしますと、
免疫力に良いのは確かだとしても、患部に対しては
かなり高温の温泉やお風呂に長時間浸かっていなければなりません。
かなり熱いお風呂に長時間なんて、どだい無理な相談です。
私なら、ほんの数秒でお湯から出てしまうでしょう。
それと、かなり我慢しても、期待しているほどの効果は望み薄です。


メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!


~ 一部引用

科学のお話

お風呂で身体を温めるのと、遠赤外線で身体を温めるのとでは
決定的な違いがあります。

人がお風呂に入った時、お風呂の温度と体温には温度差があります。
温度差がある間は、熱移動をし続けます。
しかし、お風呂の温度と体表面の温度が一緒になると、その時点から、
熱移動はストップしてしまいます。
つまり、温度差が無ければ、熱移動は決して起こらないのです。

分かり易い一例を挙げます。
アイスクリームの揚げ物や天ぷらがあります。
何故、そんな事が出来るんだろうと不思議に思った事はありませんか?

油を一杯に溜めた高温の鍋に、衣をつけたアイスクリームをつけると、
一瞬にして、衣だけ、高温の油と同じ温度になります。
その瞬間から、熱移動がストップしてしまいます。
だから、アイスクリームを溶かさずに、ほぼ同じ状態で食べれるのです。

以上が、お風呂の原理であり限界なのです。
つまり、お風呂は思っているほど、体温を上げていない事が分かります。

しかし、遠赤外線は違います。

これまで、遠赤外線は「対象物の中心まで浸透して中から温める」と
思われていましたが、最近の研究では表面の極わずか0.1mm~0.2mm程度
の所で吸収され、直接深い所までは届いていないことが判明しています。

⋆ 遠赤外線の特徴である、放射(輻射)による伝熱は、熱エネルギーを
低下させる事なく対象物に供給できるため、
他の加熱より深部への熱の伝わりが早くなります。
そのため、中から暖めているのではないか、と考えられていました。

遠赤外線は、光や電波と同じ性質のもので「熱」そのものではありません。
物質を構成する分子や結晶は、それぞれ固有の振動をしています。
水などの遠赤外線を吸収しやすい物質は、共通して3~30μmの固有振動があり、
遠赤外線の照射を受けるとお互いの波長帯が合うので、
共鳴し合い分子レベルの運動を活発にします。

これを熱振動といい、照射された物質の温度を上昇させます。
遠赤外線は物質に吸収されると、まず共鳴する振動エネルギーに変換され、
これが熱エネルギーとなって、自分から熱を発するようになります。

逆に、紫外線などの波長の短い電磁波は、物質との波長が合わないために、
その構成分子を損傷させます。(日焼け、レントゲン照射、被曝など)

更に、同じ遠赤外線帯の電磁波でも波長が合わないと、その効果は小さくなります。
また、熱源から対象物に直接伝達され、空気などの間接的に熱を伝える媒体を
必要としません。
これを「放射(輻射)伝熱」といい、電磁波の特徴です。


基本的に、遠赤外線全身温熱療法は身体の免疫力アップに効果を期待出来ます。
更に、身体の表面に近いところにあるガンの患部にも効果が期待出来ます。
例えば、皮膚がん、甲状腺ガン、前立腺がん、乳がん・・・といったガン。


<引用終わり>


メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

~ 一部引用

癌細胞は43℃以上の熱の中では死滅します。
ただし、42℃ではほとんど大丈夫ですが、残念ながらガン細胞以外の正常な一般細胞も
43℃に達すると死滅します。
しかしながら、43℃に達した一般組織では、血管が拡張して血流を増やすことで
熱を下げる機能が働くので、一般細胞は1~2℃下がります。
これで、43℃の環境でも一般細胞は生き残り、癌細胞は死滅するのです。
がん組織の血管は既存の血管から新しくできた新生血管なので、
一般細胞の血管のように拡張せず、熱を下げられず、
43℃の熱が加われば癌組織は死滅すると言う事なのです。


レベルの高い岩盤浴は、ガン・白血病患者や被曝患者にとって、
今後、最大のアイテムになると私は考えています。



関連記事

ガン細胞が39.3度以上で死滅するのなら
サウナや酵素風呂に入ろう!

http://ameblo.jp/64152966/entry-11461803557.html
FBのシェア:19000


<引用終わり>
-------------------------------------------------


管理人

先ず、ガンや病気の原因となっている毒素や細菌、
そして、放射能核種をどんどん身体から排出することが一番重要です。
その為には、汗をかくのは最高のデトックスになります。
サウナやお風呂では、思ったほど汗をかきません。
岩盤浴が私の一番のお勧めです。

そして、身体に大変良い還元水~アルカリ水をどんどん補給してあげましょう。
ガンに効果あると考えられる水分をどんどん体内に流し込むのです。
これを1ヶ月ほど続けると、劇的に体質改善がはかれると私は考えています。
そして、同時に、塩分やミネラルの補給もその都度行います。

病気の元になっているものを放置して、
あれこれやっても効果は薄いという考え方が基本です。



一番やっかいなのは、
身体の奥深いところに出来たガンをどうするかという一点にあります。
これは、深部加熱以外には方法は無いと思います。
メルマガでも、この深部加熱法を取り上げていますが、
薬事法のからみもあり、ここでは割愛せざるをえません。


私の推薦する岩盤浴のお店を御紹介しておきます。

石浴日和 ~ 千葉県
http://www.ishiyokubiyori.net/





お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

10月の終わりに、メルマガ第24号を配信します。

10月19日にメルマガ第23号を配信しました。
もし、届いていない場合には直ぐにご連絡下さい。

『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。











AD
重曹で瞬時に放射能が除去できることを
実験されたそうです!?





2016-10-14
重曹で瞬時に放射能が除去できることを実験しました。
http://ameblo.jp/makerba/entry-12209475363.html

昨日は千葉県の大喜多町の約1,000坪の田畑で、放射能の測定と、
重曹で放射能除去の実験を行いました。

千葉県は放射線量が多いとよく目にするので、
測定前はここで農業が出来るかと思っていましたが、測定してみると、
雨上がりという条件下で、室内とほぼ同じ放射線量でした。

東京蒲田の室内の値が0.047、
千葉県大喜多町の室内が0.045。

田畑の一番多いところが0.070、
次が0.065でした。
後は室内とあまり変わらずです。

私はblogで、何度も重曹で放射能除去出来ると書いていて、
いつか重曹で放射能が消える実験をしてみたいと思っていました。

実験前は、重曹撒いて暫く放置する時間が必要かなと思っていました。

実際に上記の放射線量が多いところに撒いたところ、なんと言うことでしょう?
瞬時に放射線量が減ったのです。

0.070→0.051
0.065→0.045

こんなに直ぐに放射能除去できるとはビックリしました。

どういう仕組みかわかりませんが、驚きです。

まだまだ重曹で放射能除去出来るのを知らないで、
危険にさらされている方が多いと思うので、皆さんでこの情報を拡散してください。

どうか放射能で、苦しむ方がいなくなりますように。


<引用終わり>
---------------------------------------------



管理人

う~ん・・・、本当なんでしょうかね。
何故、身体に良いのかは、ここまで記事にしていますが、しかし、
放射能の線量が下がるという実験は、初めて目にしました。
もしそうなら、その原理については解説は不可です。
ただ、アメリカ合衆国陸軍も被曝対策や汚染軽減に使用しているようですから、
まんざら根拠がない訳ではないと思いますが、どうなんでしょうか?



アメリカ合衆国陸軍は、放射線障害防止に重曹を推奨
http://ameblo.jp/64152966/entry-11501651485.html

一部引用

●海塩について:

あらゆる放射線被ばくを生き抜く秘訣は、海塩にあります。
あなたがもし、日本の原発事故による災害に直面しているか、
X線を受けた(病院や空港の検査)、あるいはガンの放射線治療
を受けた場合、海塩(ヨウ化した食卓塩ではないもの)入りの
お風呂に入り、体内に入った放射性物質を出しましょう。

●重曹について:

口腔ガンや咽喉ガンと診断された場合、
重曹を水に混ぜてうがいをすることで、
放射線を中和することが可能です。
重曹は、放射能汚染除去に強い威力を発揮します。

アメリカのニューメキシコ州ロス・アラモス国立研究所のドン・ヨーク氏は、
ウランに汚染された土壌の浄化に重曹を使用しました。
重炭酸ナトリウムは土中からウランを分離させて結合します。
現時点でヨーク氏は汚染された土壌サンプルから92%のウラン除去
に成功しました。

●これだけでは信用できない、とお感じのあなたに:

では、もうひとつお知らせ。
アメリカ合衆国陸軍は、腎臓への放射線障害防止に重曹を推奨しています。

放射能は非常に有毒です。放射能暴露は、たとえ微量であっても、有害です。
X線による被爆(病院と空港検査)または「放射線治療」と呼ばれる全ての
治療は、最も危険な放射能中毒の原因です。
X線と放射線ガン治療は、集中的で頻繁な被ばくとなるため、
放射性降下物よりも遥かに壊滅的です。

●お風呂や飲料水に重曹を:

放射性毒を体内から排出するためには、
お風呂のお湯に海塩と重曹を1/2カップずつ入れてください。
毎日20~30分間を約3週間、または、2日に1度、6週間、
そのお湯に浸かります。

海塩は放射能を体内から引っ張り出してくれるのです。

質の良い海塩を一つまみ、蒸留水に入れて、毎日コップ数杯を飲みます。
これで、体内の放射性物質を除去するのに必要な
ミネラルと痕跡元素を補給できます。

●塩水が飲めないよ!などの場合:

アミノ酸のシステインが、電離(イオン化)放射線によって生成される
フリーラジカルを撃退して、身体への放射性物質の悪影響を防ぎます。
システイン、メチオニン、システィンと、その派生物は“硫化アミノ酸”
の仲間です。これらのアミノ酸は、炭素、水素、窒素と酸素に加えて、
硫黄を含んでいるため、上記の働きをします。


英語原文: http://presscore.ca/2011/?p=2211

以上、引用終わり
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



取り敢えず、この重曹でうがいを行い、
そして、20%薄めて少量飲むことを薦められました。

私が薦められたうがいの方法は、

小さじのスプーン一杯に、
ヤクルト1本分の量ほどの水で薄める事です。

かなり塩味の効いた味がしますが、
やるのとやらないとの差はかなり違います。

やっていると、鼻の奥の痰のようなものが時間と共に出てきて
鼻が気持ちよくなります。
興味のある方は一度試してはいかかでしょうか?

-引用終わり-
-------------------------------------------------







お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

10月の終わりに、メルマガ第24号を配信します。

10月19日にメルマガ第23号を配信しました。
もし、届いていない場合には直ぐにご連絡下さい。

『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。











AD
メルマガを始めて、ちょうど1年が経ちました。



管理人

メルマガを始めたのが、去年の11月でした。
手探りのヨチヨチ歩きで何とかここまでやって来ました。
ちょうど、年間購読も3ヵ月購読も更新の時期にあたり、
個人メルマガなものですから大忙しです。

メルマガ購読希望者の皆さんへの返信。
購読継続希望者の皆さんへの返信。
そして、新規の方へのメルマガ配信と・・・
それだけで、1日だけで6時間もかかることもあります。
中には、健康面や悩みなどでご相談を受けたりもしますので、
かなりの労力を必要とします。

私が、メルマガを始めた最初の動機は、ある怖れからでした。
ブログそのものが退会に追い込まれ、そして、全てが削除されてしまう。
つまり、6年間、毎日やってきたことが、全て無くなってしまうのです。
そういった潜在的な怖れは、数年前から持っていました。
動機は、そういった漠然とした危機感によるものでした。

でなければ、メルマガなんて大それた気持ちは持たなかったと思います。
しかし、イザ始めるとなると、また別の心配が出て来ました。
もし、数十人にも満たないくらいの希望者だったら・・・と。
ブロガーの人は数多くおられますが、仮に、結構有名になったとしても
本当のパフォーマンスが分かるのはメルマガをやった時です。
その時に、初めて、自分の潜在的な本当のパフォーマンスを知ることになります。
ですから、ある意味、恐怖でもあるのです。

私の場合、幸運でした。
一つには、アメーバさんでブログをやらせていただいた事が大きいです。
やはり、ここが一番影響力が大きいですから。

二つ目は、私の背景が真っ白で何も無いことが理解された事。
宗教色も政治色も無いことを皆さんはよくご存知です。
私を工作員扱いにして、ブログで攻撃しているブロガーのほとんどは、
その背景は灰色で、トーイツやソーカのカルト系であることが判明しました。
皆さんは、その事実をよく認識しておられるようです。


つい最近、嬉しいこともありました。
メルマガの基本単位は、3ヵ月購読と1年間購読の二つですが、
中には、5年~3年~2年購読をしていただいた方もおられます。
これは、メルマガ管理人にとって、とても嬉しいことなんです。
少なくとも、5年は死ねないですね。(笑)
3ヵ月購読の方の多くが、1年間購読に切り換えられました。
今現在、購読者全体の9割が1年間購読です。
感謝の言葉以外には見当たりません。
皆さん、本当に有り難う御座います。


継続して更新される人の中には、

『 いつか、豊富なメルマガの情報が、自分や家族に役立つと思うから 」

・・・といった嬉しい言葉もいただきました。


今日も、以下のメッセージをいただきました。


光軍の戦士さま

お忙しいのに、ご丁寧にありがとうございます。
本日、メルマガ購読料1万円を入金しました。

「夢も希望もない世の中になってしまった。」
と姉に嘆いたら、
「自分が変わったからだよ。
世の中は変わってない」
と言われました。

いろいろと知ることが希望になることだけではない。
世界の裏事情はがっかりすることばかりでした。
おかしいでしょう?
生き物が恐怖や痛みを感じるのは生存のためです。
生まれて来たら、生きることが権利であり義務であり、
自然の法則はそのようになっているのです。
なのに、それに逆らう者たちに、なぜ繁栄があるのでしょう?

打ちひしがれてばかりもいられません。
私の愛する者たちの健康と生存を守るために、
何ができるのかを考えて行かねばなりません。

これからもよろしくお願い致します。

〇〇 〇〇

----------------------------------


ドイツや台湾は、原発全廃に向けて動き出しました。
素晴らしいことです。
韓国は、既に、パチンコを全廃しています。
しかし、日本は・・・

日本の深い闇は、怖ろしく深いことに気づきました。
個人で立ち向かうには、相手はあまりにも巨大です。
そして、常に、死がつきまといます。

変われない日本・・・
そんな中で、生きて行くにはどうすれば良いのか?
それが、私のメルマガの最大のテーマです。

私は死を怖れません。
死ぬ時は、私の全ての役割が終わった時だと思えるようになりました。

望むことは、メルマガやブログの読者の皆さんの幸せのみ。
そして、許されるなら、最後に、皆さんにお別れを云って逝きたい。
いつか、きっと・・・そんな日が来るでしょう。




Once upon a time in America





お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

10月の終わりに、メルマガ第24号を配信します。

10月19日にメルマガ第23号を配信しました。
もし、届いていない場合には直ぐにご連絡下さい。

『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。











女優の高樹沙耶さん、
大麻所持容疑をデッチあげられ?逮捕される!
 







元俳優の高樹沙耶容疑者、大麻所持容疑で逮捕 容疑否認
http://www.asahi.com/articles/ASJBT3VP3JBTUTIL00Q.html

 厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部は25日、
沖縄県石垣市の自宅で乾燥大麻を隠し持っていたとして、
元俳優の高樹沙耶(本名・益戸育江)容疑者(53)と同居する男2人を
大麻取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕し、発表した。
高樹容疑者は「私のものではない」と容疑を否認。
男2人も否認しているという。

 同部によると、逮捕容疑は、3人が25日午前10時半ごろ、
石垣市の自宅で乾燥大麻数十グラムを所持していたというもの。
自宅からは、大麻を巻くための紙や吸引用のパイプも見つかった。
パイプに使った形跡があることから、同部は3人が使用目的で
乾燥大麻を所持していたとみて調べている。

 高樹容疑者は1982年に俳優デビュー。ドラマなどで活躍した後、
「持続可能な暮らし」を求め、千葉県にエコハウスを建てた。
2012年には所属事務所を辞めて石垣市に移住し、宿泊施設を運営していた。

 16年7月には、参院選東京選挙区に新党改革から立候補したが、落選。
選挙戦では「医療大麻の研究推進」を掲げ、
落選時にも「医療大麻を知って欲しかった。市民運動として続ける」と話していた。






管理人

100%やられるだろうと思っていましたが、ヤッパリなって感じです。
高樹沙耶さんが、今年7月の参院選で、医療大麻の合法化に向けて
動き出した時点で、確実に嵌められるだろうと予想していました。

やったのは、警察内部の非合法活動組織「ゼロ班」が主体の連中でしょう。
厚労省の麻薬取締部なんてのもお仲間さんが多数いるはずです。

“大麻叩き”は、人口削減委員会の至上命題ともいうべき最重要課題の一つです。
事あるごとに、大麻を叩きます。
身体に大変良い大麻を叩くことの本当の意味は、日本国民叩きです。
汚染された食べ物を「食べて応援」させている連中と同根です。

警察・検察、司法、政治家の中枢は、ブラックによって固められています。
日本国のあらゆる部門の要職は、ブラックでなければ決して就けない仕組みになってます。
無論、電通を始めとしたマスコミも同類です。
その事に気づいていない日本人は、確実に削減されてしまいます。

小沢一郎も東京地検特捜部に、事件そのものが存在しないデッチ上げ事件を
やられて政治生命をほぼ失うキッカケになりましたし、
植草一秀さんは、ハニートラップを仕掛けられて教授職を追われました。
元財務大臣の中川さん、元報道ステーションディレクターの岩路さんは、
例のあの連中によってポアされてしまいました。
皆さんが思っているよりも、この日本は本当に恐ろしい国なんです。

今の所、高樹沙耶さんが、どのような反撃に出るかは分かりませんが、
恐らく、カルト警察・検察、司法によって確実に有罪に持っていかれる可能性が100%。
権力に、よってたかって犯罪者にされてしまうでしょう。
司法取引で、3人の関係者の中の誰か弱い人が一人陥落すれば、それで終わりです。

そもそも、大麻や吸引用パイプなんてものは、簡単に仕込めますから、
それを隠し持って、「あった!」と言えば成立する訳です。
或いは、予め、高樹沙耶さん宅に仕込むのは、実に簡単に出来てしまいます。
バカにでも出来る仕事というのは、こういう事を意味します。
そして、腐ったマスコミが真相究明することなしに、警察発表だけを垂れ流し、
日本民族にとって大切な人間を犯罪者に仕立て上げる訳です。
更に、その報道を見た国民がフンフンとうなずき納得するという次第。

今後・・・
ネットで影響力を持った人は、こういったデッチあげでやられる可能性を
常に考えておかねばなりません。
要注意人物は、常に監視されている可能性があります。
盗聴も盗撮もされているかもしれないと考えておくべきです。
いつ何時、犯罪者に仕立て上げられるか分からないご時勢になっているのです。

ちなみに、芸能人は覚せい剤で利用されています。
ところが、覚せい剤の大元が摘発されることは絶対にありません。
当然でしょう。
その供給元は、日本支配しているブラックの奥の院な訳です。
米軍基地なんてのも・・・アレですからね。


最後に・・・
見せしめの為の生け贄にされた高樹沙耶さんは可愛そうです。
もし万一、仮に、本当に大麻を吸っていたとしても、
責められるべきは高樹沙耶さんでは無いと私は確信しています。
それを法的に禁止しているブラック国家官僚組織そのものにあると考えます。
何か、助けてあげられる方法は無いものかと思案中です。

日本国民の命を救うはずの大麻を非合法化し、逆に、放射能汚染食材のような
本来、合法であってはならないものを合法にして人口削減を推進している連中に
支配されているカルト国家・ニッポン!
どいつもこいつも本当に腐ってやがる。


高樹沙耶さんのツイッター
https://twitter.com/ikuemiroku?lang=ja

高樹沙耶さんのフェイスブック
https://www.facebook.com/ikue.masudo







「生きたい!」末期がん患者 山本正光さん、
医療用大麻を求めて訴訟を起こすも…






お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

10月19日にメルマガ第23号を配信しました。
もし、届いていない場合には直ぐにご連絡下さい。

『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。





浮世離れ 虹の豆~高樹沙耶さん運営
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:http://www.nijinomame.com/information_u.html








鳥取人工地震の気象庁発表そのものが

暗号化されたものだった。









気象庁発表より


21日14時7分頃、
鳥取県で最大震度6弱を観測する地震がありました。
震源地は鳥取県中部、M6.6。
この地震による津波の心配はありません。
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20161021140724.html


発生時刻
2016年10月21日 14時7分頃

震源地 鳥取県中部

最大震度 震度6弱

緯度 北緯 35.4度
経度 東経 133.9度

マグニチュード M6.6

深さ 約10km ⇒ 約11km


------------------------------------------------


管理人


先ず、この気象庁の発表を、もし仮に、
イルミナティ・フリ-メ-ソンの関係者が見たとしたら、
直ぐに、暗号だと気づくでしょうね。

最大震度 震度6弱
マグニチュード M6.6

これって、もろに666でしょ。
通常、有り得ませんよ、こんな偶然が重なることは。


実際には、最大震度もマグニチュードも発表されたものより
低かったのは、少し考えれば分かるはずです。
そもそも、あの程度の被害で済むはずがありません。
つまり、実際の数値を改ざんして発表したと考えられます。
別に不思議でも何でもありません。
今までも、かなりやってきた前科があります。
知らないのは、情報弱者の人だけです。

666っていうのは、私なりに訳しますと、
イルミナティ・フリ-メ-ソンの皆様へっていう意味か、
或いは、
イルミナティ・フリ-メ-ソンが人工地震を起こしましたという暗号でしょうね。


それから、当初、深さ 約10km と発表していたのに、
その後、直ぐに⇒ 約11km と訂正しましたと出ましたね。
これなんかも完全におかしいです。

説明します。

過去の多くの実例からすると、深さ 約10km の本当の意味は、
深さが、1キロでも3キロでも5キロでも全て統一して、
深さ 約10km と発表するのが恒例となっています。
ところがですよ、にも関わらず、たった1キロ違うだけで、
実は、⇒ 約11km でしたと訂正すること自体、おかしいと思いませんか?

如何でしょう、皆さん。
私の言うことがおかしいですか?
或いは、気象庁のやっている事のほうがおかしいですか?
皆さんは、どのように感じられたでしょうか?
この意味は、11という数字を一層際立たせています。


更に続きます。

発生時刻
2016年10月21日14時7分頃

21日14時7分頃・・・この部分が大変怪しいですね。
何故か、分かりますか?
ぎんこさんのコメントにもありましたが、
これって、全て、7の倍数です。
7で割ると、3⇒2⇒1・・・⇒0、次は0 爆弾って意味にもとれます。
0って、ドカンって、多くの人は想像しますよね。
カウントダウンな訳ですから。

日にちと時間と分が、全て7の倍数になる確率は、かなり低いです。
1か月の中で、7の倍数になる確率は、30分の4です。
1日の24時間の中で7の倍数は、24分の3です。
1時間の60分の中の7の倍数は、60分の8です。
これを全てかけ算すると、確率が算出出来ます。

この3つが、7の倍数で重なる偶然は、およそ、400分の1の確率です。
この1点だけでですよ。

震度とマグニチュード が、全て偶然に、666となる確率も恐ろしく低いです。
恐らく、これも数百分の一の確率です。

400分の1と数百分の一をかけ算すると、本当の確率が出ます。
400×300と仮にしますと、120000分の一です。
つまり、この二つだけを取っても、12万分の1の確率の偶然です。

更に、11と続きます。
11の意味は、二つ考えられます。
一つは、11月という意味。
二つ目は、革命的テロの決起を呼びかける数字です。

これらを総合すると、100万分の一の偶然の確率と相成ります。

確率論の世界の話になると・・・
学者は、これを偶然とは定義しません。
偶然でないのならば、人が意図的に操作した暗号とみなします。

6 と 7 は、悪魔教の基本となる二本の柱です。
11は、革命的テロの決起を呼びかける数字。
この3つの数字は、悪魔教の生命線ともいうべき最重要な数字です。
この3つが、偶然に重なるなんてことは、

通常の世界では絶対に有り得ません。

その有り得ないことを気象庁は、臆面もなくやらかしたのです。
気象庁は、悪魔教=イルミナティ・フリ-メ-ソンによって完全に

支配されています。
無論、末端の職員の人は何も知らないと思います。

一部に、11月7日を要警戒日と指摘する声もあるようですが、
私としては何とも云えません。
11月7日は、7.11とも解釈が出来ます。
9.11~3.11~7.11・・・と並べますと、
確かに、嫌な感じではありますが、今のところ、何とも言えません。

一つには、
緯度 北緯 35.4度
経度 東経 133.9度
この部分が、まだ解明されていないからです。
これまでやってしまうと、本当に命まで狙われますから、止めましょう。
そこのところの解明は、密かに、読者の皆さんの各自でお願いします。

11月8日は、アメリカ大統領選挙の日なのか。

そして、問題の7日は月曜日・・・

悪夢のブラックマンデ― と称される日じゃないか。\(゜□゜)/

まあ、何も起こらないと思いますがね・・・



2016年カレンダー11月 





お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

10月19日にメルマガ第23号を配信しました。
もし、届いていない場合には直ぐにご連絡下さい。


『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
















21日14時7分~
鳥取人工地震の目的は何だろう?
~地下核実験!?





NIED 国立研究開発法人防災科学技術研究所 ~より
http://www.kyoshin.bosai.go.jp/kyoshin/search/

2016年10月21日~鳥取強震波形



上にあるような地震波形 ↑ は・・・
自然地震では、ほぼ絶対に無いと思って間違いない。



人工地震と自然地震の波形の比較





21日14時7分頃、
鳥取県で最大震度6弱を観測する地震がありました。
震源地は鳥取県中部、M6.6。
この地震による津波の心配はありません。
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20161021140724.html


発生時刻
2016年10月21日 14時7分頃

震源地 鳥取県中部

最大震度 震度6弱

緯度 北緯 35.4度
経度 東経 133.9度

マグニチュード M6.6

深さ 約10km ⇒ 約11km








震度6の場所は自衛隊駐屯地があるところか、熊本と同じだな。


熊本地方⇒自衛隊高遊原分屯地
~阿蘇地方⇒自衛隊湯布院駐屯地
が震源地っておかしいだろう!?

http://ameblo.jp/64152966/entry-12151195271.html


2016/04/14 21:26:36 熊本・益城 強震記録波形






管理人

これは単なる妄想であって欲しいですが・・・

日本は、地下核実験をやっているんじゃないのか!?

日本は、いつでも核ミサイルを持つことが出来ると豪語している。



2011-03-10
石原都知事「1年以内核兵器で中国を威嚇する」と挑発
http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2011-03/10/content_22101892.htm

英「インディペンデント紙」のネットサイト3月8日の報道によると、
失言連発の石原慎太郎東京都知事は「日本は世界で唯一原爆の被害を受けた国だから、
核兵器を発展させ、勢いが増す中国を警戒するべきだ」と主張した。

石原都知事は「インディペンデント紙」の取材で数々の意見を述べた。

「日本は年内にも核兵器を製造し、世界にその威力を示す。」

「我々の敵である中国、朝鮮、ロシアの近隣国は皆揃って、核兵器を持っている。
このような敵に囲まれている国がほかにあるか。」

「いろいろ言う人はいるが、外交上で駆け引きができるかどうかは結局、
核兵器を持っているかどうかなのだ。
国連安保理事会の常任理事国はみんな核兵器を持っている。」

これらの発言がされたのは、中国が益々軍事力を強化していることに対し
世界が脅威に感じている頃だった。

石原都知事は
「昨年の漁船衝突は日本がどんなに弱腰で非力であるかをさらけ出した事件だった。
中国の漁船はわざと日本の海上自衛隊の船にぶつかったと訴えられていたが、
日本側が中国の漁船船長を釈放して事を終えた。
もし、日本が核兵器を持っていたら、中国も尖閣諸島には手が出せないだろう」と述べた。

また、右翼派の石原都知事は
「核兵器を保有すれば、ロシアはもっと日本を尊重するはずだ。
ロシアは第二次世界大戦で日本の千島列島を奪った」と述べ、
日本は武器の製造輸出に関する制限をなくすべきであると指摘した。

「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年3月10日


-----------------------------------------------



中国メディア~より

日本はミサイル搭載用の核弾頭を開発する能力もあり、
極めて短期間のうちに、「世界第3位の核兵器保有国」になれる

http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20150812/1439363542

★日本には世界最大のヘリカル型核融合実験装置があるなど、核融合技術で世界一流。

★核爆発実験をしなくても高性能のスーパーコンピューターによるシミュレーションで
核兵器を作る能力がある

★日本はミサイル搭載用の核弾頭を開発する能力もあり、極めて短期間のうちに、
「世界第3位の核兵器保有国」になれる

(※2014年時点で、世界で核兵器を最も多く保有する国はロシアで総数8000発、
第2位は米国で7315発とされる。
第3位以下はフランス(300発)、中国(250発)、英国(225発)の順なので、
この主張は日本は300発以上の中国を越える核兵器の保有が短期間で可能という
意味合いを持つ)

★日本が核兵器を保有した場合、西太平洋地区、
とくにわが国の安全に対する重大な脅威となる


<引用終わり>
-----------------------------------------------



アメリカ合衆国、ロシア、イギリス、フランス、中国の五大国のほか、
インド、パキスタン、北朝鮮が保有を表明している。
また、イスラエルも公式な保有宣言はしていないものの、
一般的には核保有国とみなされている。
これらの国は核クラブ (nuclear club) とも称される。


管理人

高性能爆薬を使っても、震度5~6の地震は起こせない。
これを起こせるのは、核爆発のみである。

今日、ここまで確かな証拠が浮上しているにも関わらず、
ネットのあまりの関心の低さには目を覆うものがあります。
一般社会の人間が何も知らないのは、嫌というほど熟知していますが、
情報の最先端を走るネット社会がこれでは、もうお手上げ・・・
一体どれだけ証拠をあげれば信用するようになるのだろうか?

核保有国に、日本が名前を連ねるのは、もはや時間の問題のような気がする。
恐らく、日本政府はずっと否定しつづけるだろうが・・・




関連記事

熊本や函館やその他の日本で起きている人工地震は
日本による原爆実験ですか!?

http://ameblo.jp/64152966/entry-12172501716.html






お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

10月19日にメルマガ第23号を配信しました。
もし、届いていない場合には直ぐにご連絡下さい。

『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。










賞味期限1週間の牛乳が、
5ヶ月経っても飲めるのは何故!?





つい数日前に、大変気になる投書が寄せられて来ました。 

(全文を公開しますが、特定商品名については伏字にします。)


件名:牛乳の賞味について


・・・・・・・・・・・・

wantonさん

メルマガ購読をしようとおもっている者です。
近日中に、昼間振込みをしに行ける日に
行こうと思っています。
時間のあるときや週末にはチェックしています。
いつもためになる情報ありがとうございます。

ところで、もう既にご存知の情報かとも思いますが、
最近気になっている事の一つを書きたいと思います。

昔から、色々な日本の食品が、やたら賞味期限が長いことについて
気になっていて、確かwantonさんのブログでも、
色々に取り上げられていたと思うので、
その関連で、今回は牛乳について、私が気がついた点について
お知らせした次第です。
突然すみません。

外国(欧州ですが)に行くと、
牛乳が、時には買ったばかりでも、乳化していることもありますし、
1週間くらいには悪くなります。
しかし、日本の牛乳は、使いきれず、1、2週間冷蔵庫に放置しても
全然悪くなりません。
疑問に思って、パックを開けたものや未開封も同時に
どのくらいもつか実験しているのですが、
そのうち、たまたま冷蔵庫の奥に5ヶ月間も忘れていた牛乳、
「〇〇ジャージー」があって、先ほど開けてみたら、
飲めるような状態でした。
(口に含んでみて確かめ、その後吐き出しました) 

その会社に電話して確かめたところ、
「何も添加していないから、1週間を過ぎると腐る」とのこと。
ですがその後、実は5ヶ月でこうでした、と言ったら、
流石に慌てているようでした。

放射能の問題もありますし、牛乳などは成長ホルモンやその他もあると思い、
牛乳をたまに選ぶ時は(なるべく避けています)、
西日本や九州の、他より割高の高級ブランド的なモノに限定はしているのですが、
どれも(〇山牛乳なども)、滅多にいたみません。
添加物一切なしとは謳っていますが、
実際は飼料の段階や搾乳の時などに、何か与えているということはないのでしょうか?

欧州のよく行く国は、とても寒い(アイスランド)ので、
気候的には日本の方が腐敗しやすいと思うのに、
牛乳は冷蔵庫でも、すぐいたみます。
日本でそれほど長くいたまない理由が知りたいですが、多分どこに聞いても
「添加物はない」の一点張りだと思いますが、
それだけでは納得し難いのです。 

牛乳が何ヶ月も冷蔵庫で飲める状態というのは、
普通のことなのでしょうか? 

私は、西日本産でも、できるだけ今後も乳製品の摂取は控えていこう
という考えを強めた次第でした。 

それではまた。


<引用終わり>
---------------------------------------------


管理人

家畜への抗生物質・ホルモン剤の投与が直ぐに頭に浮かびますが、
今回の場合、少し違うように思います。
問題は家畜用「飼料」にあると考えられます。
日本で家畜を育てるための「飼料」の原料になる穀物はほとんどが輸入です。
しかも、その大部分が米国産ってことで・・・

遺伝子組み換え穀物飼料に、枯葉剤なんて話になって来るのではないでしょうか。

過去記事より

1961年、ベトナム 戦争中、ケネディ大統領は枯葉剤の使用を許可する。
ベトナム全土の農産物を全滅させ、敵国ベトナムを飢餓に陥れようと言う作戦であった。
農産物を「枯れ死に」させる目的で開発された枯葉剤の中身は、
強烈な発ガン物質ダイオキシンであり、2007年現在でもベトナムでは
枯葉剤の影響で奇形児が誕生し続けている。

ケネディのこの枯葉剤散布作戦を実際に指揮したのは、
メリーランド州フォートデトリックの米陸軍細菌兵器研究所の化学兵器部隊であった。
フォートデトリックは、遺伝子組み替え技術を使った生物兵器=ウィルス ・細菌兵器の
研究所であり、化学兵器部隊は付随的な部隊であったが、枯葉剤を実際に開発したのは
米国最大の化学企業モンサント社であり、フォートデトリック研究所とモンサント社の
一体化が枯葉剤の開発、実戦使用を巡って明らかになる。

ベトナム戦争後、モンサント社はこの枯葉剤を農業 用の除草剤として
大々的に転用、販売し始める。
しかし、この除草剤を使用すると雑草だけでなく農産物そのものまで
枯れさせてしまう難点があった。

そのためモンサント社は、遺伝子組み替え技術を使いダイオキシンでも枯れない
農産物の種子=遺伝子組み替え食品 を開発し、
枯葉剤・ダイオキシンと遺伝子組み替え食品を「ワンセット」で販売し始める。

現在、私達が日常的に「食べさせられている」遺伝子組み替え食品は、
常に強烈な発ガン物質ダイオキシンに汚染されている危険性を持つ事になる。
元々、ダイオキシンに汚染されても枯れない「食品」として、
遺伝子組み替え技術は「開発」された。

遺伝子組み替え技術により農産物は
ダイオキシンに汚染されても枯れないが、
それを食べた人間は必ず癌にかかる。


現在、モンサントは世界最大の遺伝子組み替え食品企業として、
世界最大規模の穀物商社カーギル社と提携し、
米国を中心とした食品の生産・流通の独占体制を形成しつつある。






管理人

つまり、枯葉剤の成分は、“腐敗菌”さえも駆逐するのでしょうか?
そのように育てられた穀物を飼料として、
牛やブタさんたちは、毎日、何年にも渡って食べさせられている訳です。

これでは、いつか病気になります。
それがあまり表に出ないのは、早い内から屠殺処分され、食肉用として
出回るからでしょう。
それを日本人が食べることになる訳です。

しかし、乳牛は食肉用としてではなく、長く生存することになります。
飼料から得た毒物は、長い期間に渡って蓄積されることになります。
そして、その乳牛から搾り取った牛乳は、腐りにくいとなる訳です。
更に、病気になった乳牛さんたちは、秘密裏に処分されるのでしょう。

ここ最近の話ですが・・・
人が死んだ後もなかなか腐らないといった話が噂になっています。
首都圏の焼き場が、死人が多くてあまりにも待ち時間が長くなってしまって、
1週間以上になってしまう事も多々あるとか。
しかし、多くの死人の身体が腐らないといった話が、一時期、話題として
上がっていたことを思い出しました。
思わずゾッとさせられます。



しかも、その飼料となるエサには、別途に、
抗生物質・ホルモン剤が更に投与される訳です。


食物:抗生物質漬けの食肉
http://kusuri-jouhou.com/nyuumon/food.html

成長促進剤

動物に飼料を与えるとき、成長促進剤を混ぜることがあります。
現在、成長促進剤はヨーロッパで禁止されています。
WHOは「抗生物質を成長促進剤としての使用を禁止する」という方針を表明しています。
しかし、まだ日本では抗生物質が含まれる成長促進剤を使用しています。

成長促進剤がなぜいけないかというと耐性菌の問題があるからです。
抗生物質が効かない。
つまり、病気になってもその病気が治らなくなります。
これでは薬はもう薬でありません。

このような耐性菌が病院だけではなく農場からも検出された例が多くあります。
これは動物が病気にかかったときに使用する抗生物質の影響もありますが、
多くは成長促進剤に含まれる抗生物質の影響によるものと考えることができます。

飼料に含まれる抗生物質の量はごくわずかです。
少ないから大丈夫ではないかと思うかもしれません。
しかし、実際はこの量で十分耐性菌が発生します。

また、量が少ないので細菌を完全に殺すまでには至りません。
つまり細菌は徐々に抗生物質に慣れていき、
耐性を獲得することができる理想の状態となるのです。
このようにして、農場からも世界で最も恐ろしい菌が検出されるようになりました。


 耐性菌への感染

私達は抗生物質漬けの肉を食べていることになります。
成長促進剤によって薬に対して耐性を獲得した細菌が発生します。
つまり牛や豚、鶏は耐性菌を体のなかにもつようになります。
耐性菌を保有する動物を食肉として加工すれば、
その肉には必然的に耐性菌が含まれることになります。

耐性菌に汚染された食肉を食べると、耐性菌が私達の体の中に侵入してきます。
すると、耐性菌に感染する確率は高くなります。
実際に数%の人の糞便から耐性菌が発見されています。

耐性菌によって病気が発病し、どの抗生物質でも効果が表れないのであれば、
多くの場合は諦めるしか方法はありません。

ヨーロッパでは抗生物質を成長促進剤として使用していませんが
畜舎を清潔に保つことで衛生状態をよくし、
適切な飼料を与えることで解決しています。

なお、耐性菌の多くは加熱によって殺すことができます。
さらに健康な人にとって、耐性菌は感染力も弱く問題となりません。
ただし、例外もあります。


 加熱での殺菌

「加熱をすれば菌は死滅するため、安心して食べることができる」、
多くの人はそう考えるかもしれません。
しかし、「安心」と「安全」は全く異なります。

「加熱によって安心して食べることができても、必ずしも安全に食べることができる」
とは限りません。

多くの細菌は加熱によって死滅します。
しかし、細菌によって産出される毒素は熱に強いため、
熱では毒素を完全に取り除けないことがあります。
これでは、どれだけ熱処理しても毒素によって結局は病気にかかってしまいます。

また、しっかりと加熱をしたにもかかわらず細菌に感染することがあります。
生の状態の肉を調理し加熱をして安心した後、まな板をそのままの状態にして
ほかの食材を調理したりそのまま手を洗わずにいたりすると細菌は体の中に
入ってきます。

このように、「加熱して安心していること」と「安全に食べられること」は
決してイコールではありません。


<引用終わり>
------------------------------------------------------



米軍がベトナム戦争での実戦を前提に、1960年から約2年間にわたり、
国頭村と東村の米軍北部訓練場内と周辺一帯で猛毒のダイオキシンを含む
枯れ葉剤「オレンジ剤」の試験散布を実施していたことが5日までに分かった。
http://enzai.9-11.jp/?p=6197






お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

10月19日にメルマガ第23号を配信しました。
もし、届いていない場合には直ぐにご連絡下さい。

『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
















米ロ関係は最悪に近づいた~
ロシアは、アメリカと戦争する準備を開始!






2016年9月29日のロシア・トゥディより
画像:http://indeep.jp/moscow-underground-shelters-ready-for-the-evacuation-entire-people/

2016年9月29日
ロシア非常事態省が
「モスクワのすべての市民を地下シェルターに避難させる用意ができた」と発表した。



10月11日
露空軍の爆撃機が病院や学校の爆弾を落としていると米英が非難していますが、
カナダ人がアメリカの基地で露空軍の爆撃機のように塗装したアメリカ空軍機の
撮影に成功しました。真理は隠せませんね。嘘つきには付き合ってられません。
https://www.rt.com/viral/362321-us-jets-russian-colors/






2016年10月12日
世界的に軍事的な緊張が高まる中、
アメリカのマーク・ミリー陸軍参謀総長はロシアに対し、
かつて経験したことがないほど激しく叩きのめしてやると演説した。
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201610120000/



2016年10月14日
広がり続ける「第三次世界大戦の噂」
http://indeep.jp/wwiii-is-in-the-air-what-happens-in-october/






2016年10月15日
【英デイリーメール】プーチンが海外在住の全ロシア人に母国への引き揚げを命じた。
シリアを巡る停戦問題で米国との関係悪化が深まり、世界大戦の準備にかかっている。
既にポーランド国境付近に核ミサイルの移動を終えて臨戦態勢に入っているという。

Russia has moved nuclear-capable missiles nearer to the Polish border

Russia 'orders all officials to fly home any relatives living abroad'
Politicians and high-ranking figures are said to have received
a warning from president Vladimir Putin to bring their loved-ones home to the 'Motherland', according to local…
DAILYMAIL.CO.UK




関連記事

ロシアは、アメリカと戦争する準備を開始した!
http://news.livedoor.com/article/detail/12140862/


-----------------------------------------------------


管理人

ここ最近、安倍総理が微妙に揺れ動いています。
消費税増税の先送り~憲法改正へ向けた国民投票に慎重な姿勢・・・
ロシアとの関係改善に向けた動きへと続きます。
総裁任期延長の可能性が大きくなって、護りに入ったのでしょうか?

2016/10/03 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=x87TkWGRajU

19分13秒あたりから、民進党の前原議員が、安倍総理にクギを刺しています。
ロシア関係において、曰く・・・
『 米国の政権移行期に、あまりバタバタと決めるという事については、
私はあまりいいとは思わない。』

ここでは、アメポチの前原議員から、やはり、アメポチの安倍総理に
注意勧告が行われていますが、これは、米国の意志だと安倍総理は
受け止めたに違いありません。
安倍総理は、北方領土返還交渉に大いに期待を寄せており、
ご自身の政治家としての勲章を欲しがっているのかもしれません。

米ロ関係が最悪に近づいている折、何かと物議を醸しだしそうな
日露関係の外交交渉な訳です。
まして、12月のプーチン大統領の訪日まで実現するとなれば、
米国としても、あまりいい顔はしないでしょう。

しかし、ここのところで、ふと感じるのは・・・
米国の国際的な影響力の低下です。
それしか、安倍総理の動向の説明がつきません。
極めて微妙な感覚からの素人の推察に過ぎませんが。

今、米国にあるのは、世界一の軍事力だけ。
世界のドル機軸体制は崩壊しつつあり、ドルの信用も失墜しつつある今日、
米国の信用と影響力は、今まさに落日を迎えようとしています。

そいうった状況下の中で、米ロ関係は最悪の情況に進展しています。
シリアを始めとして、各地で、米国とロシアの代理戦争が勃発しているのは
皆さんが既に知るところです。

ところが、ここでも・・・しかし???、となるのです。
果たして、世界情勢の自然の成り行きなのでしょうか?
私は、基本的に米国もロシアも信用はしていません。

例えば、第二次世界大戦後の東西冷戦時代ですが、
これなんかも、後世になって初めて、ヤラセだったと判明しています。
つまり、資本主義陣営も共産主義陣営もNWOの片棒をかついでいた訳です。
そもそも、共産主義そのものもロスチャイルドが創らせたものです。

対立構造を創作して、膨大な利益を得て、尚且つ、
殺戮を繰り返していた連中がいたのです。

米ロ関係の悪化も・・・怪しいですね。

アメリカ合衆国大統領が、10月、
若しくは年内に戒厳令の可能性を示唆しています。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12202299656.html

<一部引用>

彼が訓練中に目撃し驚愕したことは。。。
ロシア軍の兵士らが米国民の家に押し入り、
米国民がすぐに銃をロシア軍兵士に手渡さない場合は
その一家を処刑するという想定の下に訓練を行っていたのです。

そして甥は無理やり訓練を見学させられていたのです。
そして米国民を演じた俳優が憲法や第二修正案について叫び続けている間に、
ロシア軍兵士らは彼等を処刑しているふりをしていました。
そして彼等の訓練を無理やり見学させられていた米軍兵士らはロシア軍兵士らに
米国民にどのように話しかけたらよいかをアドバイスすることになっていました。

これって戒厳令の訓練なのでしょうか
甥によると、ロシア軍兵士らの訓練を見学させられていた米軍兵士らは
みな恐怖を覚えたとのことです。
なぜ私がこのようなことを貴方にお伝えしているかはお分かりかと思います。
貴方は以前、国連がホワイトハウスと軍隊を乗っ取り米国民を処刑するという映画
「ハルマゲドン」を推奨していたからです。
どうかこの情報を拡散してください。
映画の通りに彼等は米国民を殺害するつもりです。

<引用終わり>
----------------------------------


何故、ロシア軍兵士が米国内にいるの???

何故、ロシア軍兵士が米国民の弾圧や殺害の訓練をしているの???

どう考えてもおかしいでしょ、これって。

米ロ関係が悪化しているにも関わらず・・・到底、理解不能。
これを説明出来るのは、全てがシナリオ通りのヤラセ以外にはない。

もしそうであるならば、我々は警戒しなければいけません。
大きな何かの計画が進行中であることは間違いないからです。
その何かが、今のところ、漠然としています。
しかも、その時期はいつなのか?

或いは、同じNWO内部の権力闘争の可能性もあります。
プーチンは、911はヤラセの内部犯行を暴露しています。
これが解明されれば、これに関与したイルミナティの政治家や軍人、多くの組織は
当然、ただでは済まないでしょう。

やはり、米国の大統領選挙を含めたアメリカ内部の動向がカギを握ると
考えるのが最も自然です。
今のオバマ大統領は、任期終了間近で、ほぼ死に体です。
その中で、ペンタゴンがやりたい放題やっているといった印象です。

お金が無くなって、力だけは世界一の大男が暴れまくる世界が
待っているように感じられます。
日本も、今まで随分と恐喝されていたようですが、
これから、更に本格化して来ないかと心配しています。

人工地震やら活火山の噴火、大型のテロ事件等・・・
犠牲になるのは、いつも日本の善良な市民ばかり。
数百兆円のお金を米国の軍部に求められても、もうあまり残っていませんから。
その時には、脅しもかねて仕掛けられるかもしれませんね。

2016年の年末から、2020年の間にかけて・・・
私が最も懸念していることです。
もし、西日本の原発がやられたら、もう日本は本当に終わりです。








お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

ここ数日の内に、メルマガ第23号を配信します。

記事の題名

『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にします。


メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 を10月9日に配信しました。

機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12207218197.html

以上の記事の続編が、★メルマガ第22号となります。

まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/












この真相を大拡散出来れば
日本が戦争を起すことは不可能だ!





前書き

今日は、ずっと調べものをしていました。
調べていたのは、米ロ関係の悪化に関するものです。

【英デイリーメール】プーチンが海外在住の全ロシア人に母国への引き揚げを命じた。
シリアを巡る停戦問題で米国との関係悪化が深まり、世界大戦の準備にかかっている。
既にポーランド国境付近に核ミサイルの移動を終えて臨戦態勢に入っているという。

調査が、かなり長くなり、今日中の公開は断念しました。
という訳で、過去の関連記事を再掲載させていただきます。
これもかなり重要な記事です。



とにかく、以下の記事の全文を是非、見て欲しい。
すごい真相が書かれています。
必見です。 ↓ 

「米中に対立関係なし。AIIB設立を持ちかけたのは米国」最新分析
http://www.mag2.com/p/money/6353?utm_medium=email&utm_source=mag_W000000115_sat&utm_campaign=mag_P0007731_1121

<最重要部分抜粋>

「AIIB」設立の見返りとしての南シナ海

このように見ると、アメリカと中国をはじめ多くの関係国は、
緊張緩和に向けた動きを加速させ、むしろ中国との協調関係の
形成に向かっているようだ。
中国との対立と緊張が高まる方向ではない。

ところで、欧米でも報じられない事実の報道で定評のあるのが
ロシアのシンクタンクである。
特にロシアの政府系シンクタンク『ロシア戦略研究所』のような
機関からは、驚くような内容の情報が手に入る。
今回、そのような政府系シンクタンクの記事として、
南シナ海の動きと「AIIB」の設立が実はリンクしていることを
示唆したものが複数ある。

これらの記事によると、

オバマ政権は中国に「AIIB」の設立を提案し、

中国がそれを引き受ける見返りとして、

南シナ海における中国の行動の自由を保証

した可能性が高いというのだ。

これはアメリカが、南シナ海におけるシーレーンを

中国のコントロール下におくことを容認したということだ。


もちろん、日本のようなアメリカの同盟国が中国脅威論を採用し、
中国と緊張関係にあることがアメリカの国益になる状況が存在する限り、
オバマ政権がこの事実を公表することは絶対にない。

アメリカは中国の同意を得た上で、
南シナ海における見かけ上の緊張関係を演出することだろう。


中国とアメリカは対立関係にはまったくない!


-------------------------------------------------


管理人

アメリカという国は、表で云っていることと
裏で、実際にやっていることがまるで違う場合が
大変多い国家です。
今回のは、その典型的な一例です。
中国に、米国債を売らせない目的もあったに違いない。

表では、南シナ海の危機を煽り、
日本を戦争に誘導しようとしています。
実際には、中国に南シナ海で好き勝手やっていいと
米国は裏で保証しているのです。

戦争を望んでいるのは、日米軍事関連企業だけです。
事実、安倍総理の最大の後見人は、非公式に
以下のような発言をしています。

「戦争でも起きてもらわんと、経済が持たんよ」

そして、当の安倍総理は、それに応えます。


安倍首相が官邸記者とのオフ懇で
「安保法制は中国が相手。必ずやる」と戦争宣言!

http://lite-ra.com/2015/06/post-1220.html



つまり、全て捏造された虚構を根拠にして
ブルドーザーのように驀進していることになります。

今回の記事が大々的に、世間に大拡散されると、
安倍総理の進めている戦争法案や根拠が全て崩壊します。

全てが捏造された大ウソであることを我々は世間に
訴える必要があると考えます。

私は、どんなことがあっても
郷土の日本を戦争させたくありません。
今後、何度でも、この記事を拡散するつもりです。
皆さんも、どうか拡散を宜しくお願いします。
戦争を防ぐには、今のところ、これしか方法はありません。

それにしても・・・
野党の政治家たちは一体何をやっているのだろう。




チャップリンの史上ベストスピーチ




—全文——————-

申し訳ないが。私は皇帝になどなりたくない。
支配も征服もしたくない。できることなら、皆を助けたい。
ユダヤ人も黒人も白人も。
私たちは皆、助け合いたいのだ。人間とはそういうものなんだ。
お互いの幸福と寄り添いたいのだ、、お互いの不幸ではなく。
憎み合ったり、見下し合ったりしたくないのだ。

この世界は全児類が暮らせるほど大地が豊かで、
皆に恵みを与えてくれる。
人生は自由で美しい。

しかし、私たちは生き方を見失ってしまった。

欲が人の魂を毒し、
憎しみと共に世界を閉鎖し、
不幸、惨劇へと私たちを行進させた。

私たちはスピードを手に入れ、
自分自身を孤立させた。

ゆとりを与えてくれる機械により、
貧困を作り上げてしまった。
知識は私たちを皮肉にし、
知恵は私たちを冷たく、無情にした。

私たちは考え過ぎ、感じなさ過ぎる。

機械よりも、人類愛が必要なのだ。

賢さよりも、優しさや思いやりが必要なのだ。

そういう感性なしでは、世の中は暴力に満ち、
全てが失われてしまう。

飛行機やラジオが、私たちの距離を縮めてくれた。
そんな発明の本質は、人間の良心に呼びかけ、
世界がひとつになることを呼びかける。

今も、私の声は世界中の何百万の人々のもとに届いている。

何百万の絶望した男性たち、女性たち、小さな子供たち。
人々を苦しめる組織の犠牲者たち。
罪のない人たちを投獄させる者たち。

私の声が聞こえている人たちに言う、

絶望してはいけない。

私たちに覆いかぶさる不幸は、単に過ぎ去る貪欲であり、
人間の進歩を恐れる者たちの憎悪なのだ。

憎しみは消え去り、やがて独裁者たちは死に耐えるだろう。

人々から奪い取られた権力は、人々のもとに返されるだろう。
決して、人間は永遠に生きないように、決して自由は滅びることもない。


兵士たちよ。
獣たちに身を託してはいけない!
君たちを見下し、奴隷にし、人生を操る者たちは
君たちが何をし、何を考え、感じるかを指図する。
君たちを鍛え、食事を制限する者たちは、
君たちを家畜として、ただのコマとして扱うのだ。
身を託してはいけない!
そんな自然に反する者たちなどに。

機械人間たち、
機械のマインドを持ち、機械の心を持つ者たちなどに。

君たちは機械じゃない!

君たちは家畜じゃない!

君たちは人間だ!

心に人類愛を持った人間だ!

憎んではいけない。
愛されない者が憎むのだ。
愛されずに、自然に反する者が憎むのだ。

兵士たちよ。
奴隷を作るために闘うな!
自由のために闘え!

「ルカの福音書」の17章に、
「神の国は人間の中にある」と記されている。

ひとりの人間ではなく、
一部の人間でもなく、
すべての人間の中に、君たちの中にあるのだ。
君たち、人々は力を持っているんだ!

機械を創り上げる力、
幸福を築き上げる力を持っているんだ。

君たち、人々が持つ力が、
人生を自由にし、
人生を美しし、
人生を素晴らしい冒険にするのだ!


民主義国家という名のもとに、その力を使おうではないか。

皆でひとつになろう!

新しい世界のために闘おう!

常識ある世界のために。

皆の雇用に機会を与えてくれ、
君たちに未来を与えてくれ、
老後に安定を与えてくれる世界のために。
(雇用や福祉が保証された世界のために)

そんな約束をして、独裁者という獣たちも権力を伸ばしてきた。
しかし、奴らは嘘つきだ。
奴らは約束を果たさない。
これからも決して、果たしはしない。

独裁者たちは、自分たちを自由にし、
人々を奴隷にする。

今こそ闘おう!
約束を実現させるために。

闘おう!
世界を自由にするために。

国境を失くすために。
欲望を失くし、嫌悪を苦難を失くすために。


理性ある世界のために闘おう!


科学と進歩が全人類の幸福へ、導いてくれる世界のために。


兵士たちよ!


民主主義国家の名のもとに、
皆でひとつになろう!
団結しよう!

—————————-

映像はここで終わるが、
映画は以下のように続く。


ハンナ、聞こえるかい?
顔を上げるんだ。
雲が晴れていく。太陽が輝き、あたりを照らし始めた。
人類が新しい世界に。
そこには貪欲も憎悪も野蛮さもない。
見上げてごらん。
人類の魂には翼があったんだ。
いま飛び始めた。
虹の中にも飛び始めた。
未来の希望の光に向けて。
希望に満ちた未来が我々人類のもとに


だから上を見上げてごらん。
だから上を見上げてごらん







お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

ここ数日の内に、メルマガ第23号を配信します。

記事の題名

『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にします。


メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 を10月9日に配信しました。

機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12207218197.html

以上の記事の続編が、★メルマガ第22号となります。

まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/