東京の有名な医師が、娘さんにケイ素を使って
 放射能を3カ月で1/6以下に激減させた!







もみじ
『光軍の戦士メ-ルマガジン』
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html

の新しい受付フォームができました。
http://wantoninfo.com/

新しいメ-ルアドレス
mail@wantoninfo.com



フェイスブック~6月30日より

内海 聡

放射能の具体的解毒法
https://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/833160150101073

<以下、転載>

重金属や放射性物質などはミネラルに属する。
つまり脂溶性毒物ではないのだが
もちろん脂肪の中に入り込むことはある。
大きく社会毒で考えるとこの二つに分けられる。
もちろん砂糖そのものは猛毒であり牛乳そのものも猛毒である。
それらは相互の毒性を強化して悪影響を及ぼすので、
社会毒や砂糖や牛乳を避けることは
ちゃんと放射性物質対策にもつながっている。
人体生理や生命科学から考えれば、
それらを別々に扱わないことこそ重要なのだ。

私のクリニックでは栄養療法(ミネラルやサプリなどを使うもの)
と低温サウナを使って解毒する。
その他にもいくつか商品を置いてあるが
それについては後述する。
本来サプリの栄養療法も完全な自然とはいえないが、
注意してもらいたいのはたとえばサウナなどで毒の排出を
促した場合、悪い毒だけ出ていくという都合の良いもの
ではないということだ。
ミネラルの毒物はミネラルとして汗から出てくるが、
これは必須ミネラルも放射性物質も同時に出てくるのだ。
よってサウナなどで汗を出した後に、
良いミネラルやきれいな油を多く補充することが重要である。

さて、前述以外に具体的に項目として出してみると
以下のようなものがある。
繰り返すがこれらは福島が爆発してから国家的なレベルで
検討されたことは少なく、科学的根拠に乏しいという問題点がある。
しかし可能性があるものやチェルノブイリで検討されたものに、
いくつか方法論があるのでそれを紹介したい。
またアメリカ軍の研究なども参照したい。
また紹介したものの中にはネットワークビジネスの商品に
含まれるものもあるので、ネットワークビジネスの問題を
理解した中で使うなら使って頂きたい。
ネットワークビジネスの諸問題については
私は責任は取りかねるとしかここでは書けない。


微生物の摂取(=発酵食品の摂取)
EM菌の利用
乳酸菌の利用
ケイ素の摂取
リンゴペクチン
活性炭による除去(キッズカーボンなど)
スピルリナ
ブルーグリーンアルジ―
アロエベラ
スギナ茶
五井野プロシージャ―
塩風呂
重曹風呂 
低温サウナ
酵素風呂
鉱石岩盤浴


このほかにもいくつかあるかもしれないが、
当院では完全自然農の味噌、醤油、麹、ごま塩、玄米(古来種)、
ケイ素、ブルーグリーンアルジ―やアロエベラ、キッズカーボン、
低温サウナなどを取り扱っている。

順に簡単に説明していこう。
すべての論拠を説明しきれないので、
キーワードして利用してもらい、ネットなどで自分で調べて
もらうことも忘れないようにしていただきたい。


まず微生物の摂取(=発酵食品の摂取)だが、
味噌については説明したしほかの日本の発酵食品も
同様の考え方が成立するので、うまく料理に使っていただきたい。
その際すでに強調したがスーパーのまがい物の発酵食品は
むしろ有害なくらいなので、本物を選ぶ努力をしていただきたい。
EM菌についてはチェルノブイリでも有名になった。
乳酸菌の利用については飯山一郎氏などが有名だが、
米の研ぎ汁から作る乳酸菌発酵豆乳ヨーグルトを推奨している。
あとビール酵母なども外部被曝に効果があるという論文があり
報告されている。
この効果は活性酸素の除去が関係していると推測されている。


ケイ素は非常に興味深いミネラルである。

ケイ素材の摂取は放射能を減弱すると指摘されている。

これは科学的には全く未解明で業者に聞いても同じことが言われる。

しかし個々の事例を聞いていると、シリカの摂取をした人で、
尿中被ばくのセシウム濃度が激減したという話を聞いている。

実は私の娘もこのシリカ(ともう一つはキッズカーボン)を
放射能防御のために使用したが、

3カ月で1/6以下に激減し非常に助かったことがある。

ぜひ大規模な研究が組まれればよいと思うが、
もちろんこの国はそんな研究には毛頭興味がない。



スギナ茶はケイ素の摂取に近い考え方があるが、
それだけでなくミネラルバランスにとんだ解毒剤とも表現できる。
ただしこれも汚染土壌があるとスギナがかなり汚染されるので
産地が重要である。
いわゆる農家の雑草の一つであり嫌われているが、
自然界にいらないものなど存在しないという見本かもしれない。
薬用としては茎や葉を用い日干しにして作成する。
主要成分としてはケイ酸、カルシウム、マグネシウム、カリウム、
ナトリウム、鉄分、亜鉛、マンガン、銅など多くのミネラルを含み、
またビタミンも豊富でサポニン類も豊富なほか、
葉緑素も含まれており効果が期待できる。
風呂に入れたり食べる人もいるそうである。

リンゴペクチンはよく言われる解毒食品の一つなのだが、
昨今は糖度の問題や農薬や肥料の問題があるので、
私としてはいまいち推奨していないところがある。
25%~40%のセシウムを排出すると言われている。
ワシーリー・ネステレンコ氏とアレクセイ・ネステレンコ氏の
論文が有名である。

活性炭による除去は解毒というより腸内からの除去が主目的である。
代表的な商品はキッズカーボンになるが、
私の知らないほかの商品も存在するかもしれない。
キッズカーボン自体は特許もとっている製品であり、
放射性物質や添加物や農薬などを吸着して、
便と一緒に外に出してくれる効果がある。

スピルリナ、ブルーグリーンアルジー

スピルリナはチェルノブイリ事故や中国モンゴルでの核実験後に
使われた記録がある。
ただ当院ではスピルリナより強力成分として、
ブルーグリーンアルジーを使用している。
ブルーグリーンアルジ―とは藍藻類の一種であり、
35億年前に誕生しミトコンドリアの起源や葉緑体の起源を含有している。
産地はアメリカのクラマス湖であり回収されて商品化されている。
BGAの注目されている理由はORAC(活性酸素吸収能力)が
非常に高いということである。
ペロキシルラジカルに対する抗酸化力はBGAがあらゆる食品の中で
トップという研究データもある。
またフィコシアニンと呼ばれる発ガン抑制物質も含まれており、
スピルリナと比べてもフェニルエチルアミンが含まれていないこと、
オメガ3が多いこと、多糖類が多いことなどで違いがある。
よってスピルリナよりさらに防御効果が期待できる。

アロエベラ

アロエベラは海外では古くから薬草として利用されてきたが、
放射能対策にもなるということがわかってきている。
日本はキダチアロエが自生しているが、
これは塗るのは良くても苦くて飲めないので、
当院ではアロエベラなどを使っている。
1950年代に放射線でやけど をしたウサギにアロエを塗りこんだ
実験で、ケロイド化したやけどが修復されたという実験があるようだ。
ほかにもアロエベラ博士と呼ばれる八木博士にお会いしたことがあるが、
アロエベラと放射線に対する毒性について論文を書いたと述べられていた。
科学的にも放射線防御に働く栄養素を多分に含んでいるのは確かである。
第五福竜丸が被爆したときにもアロエベラが使われたそうである。

五井野プロシージャ―
五井野プロシジャー(GOP)は五井野正博士が発明した自然薬である。
チェルノブイリで治療した逸話は有名であり、
ウクライナでは番組も作られ英雄視されている。
特許にかかわる問題があるので販売などはできないが、
作り方としてはマンネンタケとトチバニンジンとカワラタケを
6:3:1で煎じて薬にするとある。
ちなみに黒霊芝でないと効果はなく、
赤霊芝自体には薬草としての意味はあるものの、
GOPの場合は黒霊芝であることが重要らしい。


塩風呂、重曹風呂

重曹と天然塩のデトックス風呂は米軍のロス・アラモス研究所が、
放射性物質対策として効果を認めた方法である。

低温サウナ、酵素風呂、鉱石岩盤浴

低温サウナは汗の排出、脂肪の燃焼、血流促進、
免疫力の向上などをもたらす手法である。
特にサウナで特筆すべきは皆さんご存知「汗」であり、
低温サウナの汗は脂溶性毒だけでなく
ミネラルや放射性物質なども排出していく。
低温サウナの汗は、たとえばヘロイン中毒者の場合、
汗からヘロインが出てくることも科学的に確認されている。
また低音サウナの利点は長くは入れること、
出たり入ったりしながらであれば数時間でも入れることであり、
強力な解毒効果をもたらす。

ただ日常的なレベルであれば、解毒は低温サウナでないと
いけないわけではない。
完全に比べることはできないが解毒力であれば、
長時間の低温サウナに勝るものはあるまい。
しかし陶板浴、エステカプセル、酵素風呂、砂風呂その他でも
代用はできるし、子どもや老人は低温サウナなどに長時間は
入りにくいし、低温サウナでも苦手な人もいるだろうから、
そこはうまくほかのものを利用してほしい。
近くで定期的に通えるということも重要だと私は思っている。


安全な天然由来のビタミンC。

2010年3月に防衛医科大学より論文が発表され、
.放射線障害に対し事前にビタミンCを摂取することが
有効であるとしている。
これも活性酸素対策として効果があるということだろう。


多くの薬草やハーブなど

多くの薬草などに放射能防護作用があるといわれている。
ミネラルが豊富で活性酸素に対する防御効果を持っているからだろう。
有名なものとしてはカッコウアザミ、アマランサス、ターメリック、
エゾウコギ、ペパーミント、朝鮮人参、ショウガなどがあるが、
はっきりいって無数にあり紹介はしきれない。

そして最も重要なことはこれを実践することが重要なことではない、
ということを理解できるかどうかである。


<転載終わり>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




管理人

内海医師は、家族の中でも一番大切な娘さんに、
放射能排出アイテムとして、
ケイ素を使っておられるようです。
もしかしたら、過去に、私の記事をご覧になられた
可能性もあります。


ゼオライトの主成分・珪素を水溶性にして飲むと
    血管や体内から放射能を除去してくれる!

http://ameblo.jp/64152966/entry-11591003360.html


時々、フェイスブックからのアクセスがものすごく
集中的にあるのは、著名な人が引用して下さるおかげです。
内海さんもその中のお一人の可能性があります。

実は、昨年、面白いことがありました。
昨年の7月の終わり頃、もしもの危険性を考えて、
「光軍の戦士のブログ」というサイトを新たに開設しました。

開設当初は、私の過去記事を時々、転載していました。
ところが、昨年9月、異常にアクセスが上がり、
開設したばかりのブログが、いきなり政治経済ランキングで
2位に登場したのです。
これには、少々驚きました。
6万ほどのアクセスがありました。

その時、たまたま、私が調子が良かったので、
本ブログのこのサイトが、政治経済1位でした。
その時には、10万アクセスはあったと記憶しています。
まあ、恥をかかなくて済んで良かった訳ですが、
目立たないように、静かに運営していこうと考えて
おりましたので、少しあせりました。
なにせ、政治経済のワン・ツーを飾った訳ですので
大変目立ちますわね。
何かの時の為にと、知られないように気をつけて
やっていたものですから、ヤバイなぁ~と。
早く落ちてくれと願ったのは、金輪際、あの時だけ
でしたね。(笑)

ここ最近は、サブブログのほうは、ほとんど更新して
いませんので、かなり落ちて、探すのが大変なくらいです。
しかし、そのブログが役に立つような日が来なければ
良いのですけどね・・・

余談になってしまいましたが、まあ、そんな具合で、
フェイスブックの著名サイトの面々は、
かなりの影響力をお持ちのようです。

内海さんは、最近、色々と物議を醸しておいでの
ようですが、私の立場は、極めて明白です。
大抵の場合、是々非々で臨むようにしています。
これは、何も内海さんだけに限りません。
違うと思ったら、そこからスルーするだけです。
争い事からは何も生まれません。
時間とエネルギーの無駄です。
但し、売られたケンカは買う場合もあります。
或いは、国民の為に非常に良くないと
大局的に判断した場合のみですね。

内海さんが、とても大切にしておられる娘さんに、
ケイ素を使って放射能を3カ月で1/6以下に激減させた!
というのは、紛れもない事実としてあります。
ある意味、私の記事が正しかったことを
身を持って証明してくれたことになります。
そういう意味では、感謝しなければなりません。

さて・・・
もう一つの問題はどうなんでしょう。


白血病に関する重要記事
~ガン細胞になってしまったら、
  効くのはアレだけ!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12042098349.html


ガン(白血病)の元である疑いのカビ菌の天敵とは!? 
http://ameblo.jp/64152966/entry-12045569453.html


ガン(白血病)が、カビ菌由来の可能性があるという点に
ついては、私もまだ100%の確信がある訳ではありませんが、
真相がことごとく覆い隠されている現実を考えますと
我々が、検証しながら真相を解明していく以外には、
他に方法は無いのではないでしょうか。

世界の医学界を支配しているのは、人口削減を最大の
アジェンダにしているイルミナティです。
当然、学説もウソがやたらと多いことに気付くべきです。
しかし、何年も長い年数、相当量の情報に携わって来た
ネットの人間にしか理解不能なやっかいな問題です。
大抵の人は、信じることすら全く無理でしょう。

何千時間も費やして到達した答ともいうべき所見を
一般の人に理解しろというほうが土台無理な話です。
抗がん剤の意味すら理解していないのに・・・

少なくとも、放射能排出に大きな成果を見ることが
出来ますから、ガン=カビ菌由来の件はおいといても
大変に重要な情報であると考えています。

ところで・・・
もし、カビ菌であるという私の推論が当たっていたら・・・
ケイ素は放射能を身体から排出するだけでなく、
一部で、ガンの原因の一つではないかと疑われている真菌が
最も嫌う成分だそうです。

ケイ素は、放射能排出だけに止まらない。
世紀の大注目の素材になるでありましょう。

ガン細胞は39.3度以上で死滅し、35度前後で、
最も活発になると云われています。
実は、この低い温度が問題です。
これは、カビ菌が最も好み大繁殖する温度と
ほぼ一致するのです。


「ガン細胞は39.3度以上で死滅する!」
http://ameblo.jp/64152966/entry-11738869196.html


ガン細胞は35・0℃で一番増殖し、39・3℃以上になると死滅する

ことがわかっているが、それは、低体温=体の冷えがガンを作る

大きな要因になることを意味している。

ガンは、

心臓や脾臓、小腸など体温の高い臓器にはまず絶対に発生しない。

逆に、ガンが多発する臓器は、食道、胃、肺、大腸、子宮などの中空に

なっており、細胞が少なく体温の低い管腔臓器である。

世界ではじめて発表されたガンの自然治癒例によれば、

ガンに罹患(りかん)後、自然治癒した人全員が、

丹毒(急性の皮膚細菌感染症40℃以上の発熱がある)や

肺炎にかかって発熱した人だった。

以後、発熱により、ガンが治った症例はいくつも確認され、

ヨーロッパの自然療法病院では、ガン患者を45℃くらいの熱い風呂に

入れたり、アルミホイルのようなもので体を包み熱を加えて体を温めたり

というような温熱療法が行なわれてきた。・・・・・・・・・・



-引用終わり-
---------------------------------------------------


ガンは、

心臓や脾臓、小腸など体温の高い臓器にはまず絶対に発生しない。

注目 ↑

これって少しおかしいと思いませんか???
人間の臓器の温度が少し高いか低いかで、
ガンが発生する~ガンが発生しないなんてのは・・・
何か、秘密があるとしか考えられません。

しかも、感染症で高熱が続いて、その後、
ガンが跡形も無く消えたなんてねぇ~ ・・・
しかし、カビ菌の生活温度と仮定したなら、
その全てに説明がついてしまうので恐ろしい。
これは、重大な「気づき」です。
ますます、カビ菌・真菌説の可能性が高まりました。

カビ菌の好む温度は、20~30度だそうです。
もし、カビ菌が、40度以上に長時間おいて
死滅するかを実験して、もし死滅したら
ガンの原因として特定出来るかもしれませんよ。
これは、もしかして・・・\(゜□゜)/




内海医師は、低温サウナを激賞しておられます。
これも身体に良いのは間違いありません。
汗をたくさん出すのは、放射能核種を体外に排出
するという意味では、私も大賛成です。

但し、免疫力を高めるという観点においては、
私の説のほうに優位性を感じています。
実は、人間の身体を芯から温めるという作業は、
思っているよりも大変なんです。
何故なら、人間の身体の体温は一定に保つように
生理作用が働くからです。

無理をすることなく、身体を芯から温めるには、
やはり、遠赤外線が最も有効です。
その答えは、良質の木炭にあります。
木炭の温度を上げてやると、その温度に見合った
多くの遠赤外線を出してくれます。
しかも、マイナスイオンまで照射してくれるのです。
まさに、『神の木炭』とも云うべきものです。
これを利用しない手は絶対に無いと思います。



内海医師は、安全な天然由来のビタミンCを
取り上げておられましたが、抗酸化という意味では、

ビタミンEの7000倍≒ビタミンCの2800倍の
抗酸化力を持つと云われているビタミンの王様、
エルゴチオネインを豊富に含む「タモギタケ」を
上げない訳にはいかないでしょう。
私は、⇒ ビタミンZ と呼んでいます。


ビタミンEの7000倍の抗酸化物質
  「エルゴチオネイン」を豊富に含む
     スーパー健康キノコ~たもぎ茸

http://ameblo.jp/64152966/entry-11950412374.html

このたもぎ茸 ↑
実は、有名な俳優さんも飲んでおられます。
無論、名前は出せませんが・・・





AD

宮崎・都城市政の闇を告発した直後に

ダムに散ったカリスマ女性ブロガー

「梟」さんを悼む!



                



サンデー毎日 2014年 9/7号 [雑誌]

埋め込み画像への固定リンク

2014年8月27日14:31

宮崎・都城で消えた「サンデー毎日」

ブロガー怪死事件

http://www.data-max.co.jp/politics_and_society/2014/08/14725/0827_dm1504/

 「サンデー毎日が入手できない」。

宮崎県都城市の市民から連絡が入った。

発売されたばかりの9月7日号が、8月27日午前に市内書店から

消えてしまっているというのだ。

市内の主要4店舗に確認したところ実際にいずれも売り切れていた。

開店早々の購入や予約販売などで、

次の入荷を待たなければならないという。


 当該号には都城市に関する記事がある。

「権力批判ブロガー怪死の闇」というタイトル。

参議院議員、産廃業者、暴力団の3者の癒着を批判していた

女性ブロガーが2009年に怪死したという内容のもの。

具体名を上げていないが、参議院議員は昨年首長から転身した人物。

また、産廃業者も今春公共事業を巡る詐欺事件で逮捕されたことが

記載してあり、誰を指すか明白だ。
 不思議なのは09年の事件が今になって記事化されたことだが、

今春産廃業者が逮捕されたことで地元では再度この怪死事件に

焦点が当てられた背景がある。

女性ブロガーの死は今も事件か自殺か結論が出ないまま。

誰が何を表面化させたくなかったのか。

都城市で次の入荷予定は30日だ。


<引用終わり>

***********************************



管理人


最も事件を詳細に解説しているのは、以下の記事です。

「元都城市長批判女性ブロガー不審死事件」という

2009年の事件が都城界隈で話題

http://birthofblues.livedoor.biz/archives/51534752.html

<一部引用>

故人は「梟」のHNで自分のブログに〇峯誠都城市長の学歴詐称や

金権体質を公然と批判していました。
そのため、いやがらせも多く昨年七月十七日には故人が経営する

スナックのドアを二~三人の男から蹴ったくられると言う営業妨害をうけ、

そのうちの一人を捕らえて警察に引き渡しましたが、それが何と、

〇峯誠都城市長の後援会の中核をなす言成会の副会長だったのです。


言成会の集まりでは「どうすれば梟を潰せるか」と言う話ばかりだった
と言う話です。
十月十七日、今度は二~三人の男に襲われ刃物で頭部を切られる
と言う刃傷事件に発展しました。

犯人は「こいつが梟か、誠がこっばっかい書きやがって!」
お襲いかかったそうです。
故人は這々の体で逃げ帰り店のトイレに血みどろになって蹲って
いましたが、医者の話では、一センチずれると動脈を痛め大惨事に
なるところだったそうです。それでも犯人は追及をやめなかったのです。

失踪直前の故人は、都城市が二百億円かけて計画している
クリーンセンターを鋭く追求しており、今回の事件もその延長線上に
あるとしか思えないのです。
◎ 『1000万円出すからネットを閉めてくれ』

 「悠々の部屋」では"詐称"問題論争がますますエスカレートしていたが、
梟はある日「右翼 」を名乗る男に呼び出しをうけた。

『1000万円出すからネット(悠々の部屋)を閉めてくれ』

男からから直談判された事をネット配信している。
つまり、学歴詐称問題を金で納めてくれ!という訳である。
もちろん梟は断っているが、
さらにその事が次なる暴行事件や刀傷事件を引き起こす要因になった

と思われる。
会談の様子は録音され、所轄に保管されている。

<中略>
◎ 「私は逮捕されない」

 捜査の進展を知ってか知らずか、〇峯誠都城市長の鼻息は荒かった。
「宮崎県警には強力な人脈をもっている。逮捕される事は無い!」
〇峯誠都城市長は常々、市職員や側近に語っていた。
市長を支援する企業に警察署長経験者など天下りさせ、
栄華を誇っていたが、
それが現実問題として表れたのである。

平成20年3月、
学歴詐称やNファイルを捜査に当たっていた捜査2課の全員が
県内各所に飛ばされた。
梟は県の監察官や宮崎地検にまで直訴に及んだが門前払いされている。
ただ、
飛ばされた担当刑事から『刑事訴訟法189条2項で捜査している』
という回答の電話がかかったが、 その声には悔しさがにじんでいた。
<中略>
◎ 「早稲田大学政治経済学部卒業」はウソだった
2089年の卒業証明書

(1)卒業証明書に使用されている用紙は大学職員であれば、
   誰でも入手可能である。(誰でも発行出来るという事だ)

(2)〇峯誠の学籍番号は「1A891290」となっているが、
   「A」は政治経済学部を示す。
   「89」は入学時(1989年)の下2桁の数
   「1290」は学部内の個人番号で五十音のアから始まっている
   〇峯誠はナ行で中頃にあるが、
   学生数900人の政経学部に1290は整合性がない

(3)「1A」は政経学部の卒業生が増えたため、西暦2000年から、
「A」の前に「1」をつけるようになった。

以上の事から、
2089年に入学した学生の卒業証明書となる。

<引用終わり>

***********************************




悠々の部屋 キャッシュ ↓

http://megalodon.jp/2009-0501-1428-47/www.btvm.ne.jp/~mi_novia/

皆さん、是非、一度クリックして見て下さい。

ネット上での彼女の唯一の亡骸です。

しかし、そのどれをクリックしても決して見ることは叶いません。

全て削除されてしまっています。

ただ、最後の頃のものが、かろうじてキャッシュで残っていました。

彼女が、一体何を訴えたかったのか、↓以下に克明に記されています。


もみじ

http://megalodon.jp/2009-0501-1512-27/bbx.whocares.jp/yuyu2008/

変死したブロガー失踪前日の最後の日記

指定暴力団「誠道会」・・福岡県・大牟田 市 東亜クリーン環境 〇峯誠
この負のトライアングル(三角形) を、梟が解き明かしたい。
間違えていたら、その代償は、「梟の 命」である。
名誉を毀損されている東亜環境クリー ンさんあたりに、
告訴してもらいたいも のだ。・・・

・・・・・・・・・・・・・・・


管理人 最後に・・・

彼女の無念さは、察してあまりあるものがあります。

同じブロガーとして、涙を禁じ得ません。

同時に、怒りが沸々と湧き上がってきます。

梟さん、あなたの死を決して無駄にはしません。

どうか、安らかにお眠り下さい・・・

合掌。。。

      






AD
医者としての経験に基づくと~
どの種類のガンも、2週間から16週間で完治します。
 







ガンは実は数週間で治せる。






<書き起こし> 


これは非常に重要な情報です。ガンは完治できます。
しかし医療や薬品業界にとって、ガンは1兆ドルの利益を
生むビジネスになっています。
そのため、彼らは既存のガン治療法を手放すわけがありません。
長い間、ガンは完治できていたのです。
しかし気の狂ったアジェンダのために、何兆ドルものお金が
無駄に使われ、何百万人のガン患者が死亡しています。

米食品医薬品局は、昔から人々に毒物を与えてきました。
彼らは大儲けをするためにアメリカ人の毒を与え殺害してきたのです。
Dr.コールドウェルのガン治療法は米政府に妨害されました。
これまで35000人のガン患者を治療し、
合計220万人の人々が私のセミナーに参加してくれました。
私のニュースレターや情報を7百万人が読んでくれています。

私ははっきりと断言します。
90%以上のガンは数週間のうちに完治します。
ガンを治すのに、手術も放射線治療も化学療法も必要ありません。

しかし法律や患者を苦しめ殺害して何兆ドルもの利益を
得ているガンの利権団体はこのような治療法で
ガンを治している私を妨害しています。
法的にも私の治療法を公表することができない状態です。

ガンの利権団体(医薬品業界や医療界)は何兆ドルもの
利益を生む利権を守ろうとしています。
彼らは人々を病気にして殺害しながらも政治家に圧力を加え
彼らの利権を守る法律を作らせます。
彼らが治療をすることで病気が悪化し病人が増えています。
医療界は有毒で危険な治療法により殺人行為を行っています。


Dr,ゴールドウェル:

「私の母の7人の兄弟がガンで亡くなりました。

さらに私の父、継父もガンで亡くなっています。

彼らは誰も私のガン治療法を施されていません。

私の家族の息子と祖父から始まり

親戚の人々までがガンで亡くなっています。



(概要)


Dr.レオナード・コールドウェル曰く:

医者としての経験に基づくと。。。。
どの種類のガンも、2週間から16週間で完治します。
それどころか、すぐに治るガンもあるのです。
20年以上の経験を積んだ医師は誰もがガンが
一瞬のうちに治るケースを知っています。

ガンを治すには、身体の解毒が必要です。
次に、身体をアルカリ性に保つことです。
そして、緑色の葉や野菜に含まれるクロロフィルの効果で
酸素を多く体内に取り入れることです。

身体をアルカリ性に保つにはカルシウムや他の微量元素
ミネラルのサプリメントなどを飲むのが効果的です。
これで数週間後にはガンが消えてしまいます。

ガンを治すには、身体をアルカリ性に保ち、
自己治癒力(アルカリPhレベル→7.5以上に)を高める
必要があります(これはアルカリ度がかなり高い状態です)。

ドイツのある医師は、ガン患者に酸素治療を行っています。
ガン患者の血液を抜き取り、血液にマイナスイオン?の
酸素を注入してから患者に輸血します。
すると、患者の身体は新生児のように蘇ります。

ガン患者の血液は酸素不足により黒っぽい色をしていますが、
酸素を注入することでピンク色に変わります。
これは法的に認められたドーピングのようなものです。
輸血した途端に患者はエネルギッシュになります。

さらに、(特に)私が行った治療は。。。
大量のビタミンC(1日に100cc、1週間に3回以上の割合で)
を血液に注入しました。
そうすると、ガンは2日以内に消えてしまいます。
心臓病を患っている人もビタミンCの大量摂取でで完治します。

さらに、ビタミンEは高血圧を改善します。
しかし人工的に作られたビタミンでは効き目はありません。
天然のビタミンでないと効き目がありません。
自然界の問題は自然界が解決するのです。

さらにガン患者が自分でガンを治したいと思うなら。。。
未加工の食品だけを食べる完全菜食主義者
(ローフードダイエット)になることです。

さらに、腎臓に疾患の無い方は、1日に1ガロンの水
(小さじ1/2の海塩を入れる)を飲みます。
人間の身体がうまく機能するには身体に電気を流す必要があります。
電気を発するには塩が必要なのです。
そのため、体内の塩分が不足すると高血圧になります。

ただ、食卓塩(精製塩)を摂ると、塩の結晶が血管の膜を
傷つけ血管内部が出血します。
そして、出血を止めるためにコレステロールが傷ついた部分を
覆うため、結果的にコレステロールで血管が狭くなり高血圧になります。

塩は食卓塩ではなく海塩を使ってください。
コレステロールに関しては多くの誤解があります。
コレステロールが不足すると死に至りますが、
高コレステロールで死亡する人はいません。
高コレステロール(600)でも病気にならずに健康的に
暮らしている人がいます。

コレステロールは、壊れた細胞を新しい細胞に再生してくれます。
生まれ変わった細胞の80%がコレステロールの働きによるものです。
従って誰もが250の複合?コレステロール値を保つべきです。
しかしLDLやHDLを善玉や悪玉と呼んでいますが。。。
これらはコレステロールではないのです。
これらはコレステロールを運ぶタンパク質なのです。
このように医療界ではバカバカしい検査しています。

一般的に医師の平均寿命は世界一短い、56才です。
彼らはアルコール依存率や麻薬常習率が他の業種に比べ最も高いのです。
さらに自殺率も最も高いのです(特に精神科医の自殺率が高い。)。
患者は、病気を治してもらい健康的で幸せな暮らしをしたいと願いながら、
このような病んだ医師たちに診察、治療してもらおうとしているのです。

<書き起こし終わり>



重要関連記事

体液のpHを上げれば、
「ガン」にならないという論文は本当か!?

http://ameblo.jp/64152966/entry-11915745230.html





病気の根本治療とは
~東京都民さん、心から応援しています!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12056516099.html

上の記事に、ある女性の方より
東京都民さんへメッセ-ジが寄せられて来ました。


東京都民さま

術後に、血栓が詰まる心配は無さそうですか

医療用ストッキングを施されて、麻酔から覚醒した後に、
ベッドで足を動かしながら頑張っておりました父親の姿を思います

食事を摂れるまでに、体力を維持されて
生きて下さいと、願っております

味の無い、粥と野菜だけでも摂れる様になれば。
家族の支えと御友人のバックアップは
何よりも生きる力です。
コメントは苦手なもので、致しません

休ませてあげないと、辛いですよ

生意気を申しましてすみません


神経を和らげる事

激痛を訴える際に

劇薬投与である、抗癌剤の点滴など一切断り、

ただの整理食塩水を施して貰ったりもあり

沢山言葉を掛けて
落ち着く時もありました
都民さま、wantonさまの、心情をお察し致します

家族として、何度も病院側と話し合い、
ぶつかって気持ちが折れる経験もありました

三度に渡る転院と、自宅療養から、最後は病室で。

何としてでも、助けたかった

今は、苦しい顔より
穏やかな顔を良く思い出して、涙します

家族の方が、都民さまと一緒に
闘えます事を、心より願います

心強い味方の御友人がおられる事も、生きる道へと繋がります

頑張れ!!
東京都民さま!!




    ダイアナ・ロス If We Hold On Together  日本語訳




AD
第二期★メ-ルマガジン第6号
~「白血病について」、は27日(土)に配信します。





大変お待たせして申し訳ありません。

第二期★メ-ルマガジン第6号は、明後日の土曜日に
配信させていただくことになりました。
土曜日は、その配信で1日かかると思います。


翌日の28日は、東京から広島への移住希望者のご夫婦と
お会いする事になっています。
という訳で、結構忙しいです。(笑)


今回のメルマガには、かなり時間を要してしまいました。
白血病関連のものは、ある程度、調べつくしました。
かなり難しい医学用語がたくさん出て来て、白血病と診断された
お気の毒な人は、訳が分からなくなると思います。

ただ、その複雑難解な多数の専門用語とは裏腹に、
本質は、到ってシンプルだと思いました。
記事は、幾らでも難しいものに出来ますが・・・
大切な事は、分かりやすくシンプルにお伝えする事を重要視しました。


記事の主な内容は、大きく分けて2つです。

一つ目は、「白血病の本質について」 の考察です。

二つ目は、「白血病からの生還について」 です。





第51回国会衆議院 科学技術振興対策特別委員会議録 第14号
http://morishita-med.jp/index.php?%E5%9B%BD%E4%BC%9A%E8%A8%BC%E8%A8%80





 私たちの新しい血液理論というのは、われわれのからだの中を
流れている赤血球という細胞が腸でつくられ、腸でつくられました
この赤血球がからだの中を循環いたしまして、そしてからだの中の
すべての組織細胞に変わっていくということであります。
皮下脂肪組織も、それから肝臓の細胞も、あるいは骨髄の細胞も
全部赤血球からつくられております。

この腸でつくられる赤血球の素材は食べものでありまして、簡単に
俗っぽい表現のしかたをしますと、“食は血になり、血は肉になる”
という考え方であります。
この食は血になり、血は肉になっていくという考え方がいまの医学理念
の中に存在をしておらないということが、現代医学をして一つの壁に
ぶつからしめている非常に大きな原因であると考えております。

 この赤血球とからだの細胞との間には可逆的な関係がございます。
生理的な条件では赤血球がからだの細胞に変わってまいりますが、
病的な状態では体細胞から赤血球に逆戻りをするというような
可逆的な変化というものが実は存在しております。

かように、食べものがわれわれのからだの中を流れている血液に変わり、
この血液がからだの細胞に変わっていっております。
しかもコンディションのいかんによっては赤血球と体細胞との間に
可逆的な関係が存在しているというたいへん大事な事実がいまの医学の
基礎知識の中に存在をしておらないということが、
実はガン問題にも関係いたしております。

 と言いますのは、結論的なことを先に申し上げますと、
ガン細胞というものは、からだの中では細胞分裂増殖を
いたしておらないと考えております。
ガン細胞というものは分裂増殖をするというのが、
いまのガン学者たちが信じておられる定説でございますけれども、
われわれの体内のガン組織というものは、決して分裂増殖をしておらない。

では、なぜガン組織が増殖をし、大きくなっていくのかと言いますと、
これはからだの中のすべての組織細胞が赤血球からつくられているのと
全く同じように、赤血球がガン細胞に変わっていっているからです。
赤血球もしくは白血球がガン細胞に変化をしまして、
そうしてガンが増殖していく、こういうたいへん大事な基礎知識が
いまのガン研究の中に存在をしておらないということが、
ガン研究を本筋に乗っけておらない真の理由であるという考え方を
持っているわけです。

私たちは新しい血液理論をすでに十年ほど前から提唱しておりますが、
ガン細胞は赤血球からできるという理論は、私自身が五年前に書きました
『血球の起原』という本の中にはっきり明記しております。
昨年の七月にフランスの一流のガン研究者であるアルペルン教授が、
これはオリジナルを私が読んだのではございませんのではっきり申し上げ
られませんが、マッチというフランス第一流の自然科学雑誌の中に
ガン細胞の増殖のしかたはどうも従来の考え方ではいけないらしい、
どうももっと小さな血球様の細胞がお互いに融合し合って、
そうしてガン細胞に変化をしているのではないか―というような、
私の考え方にたいへん近い理論を去年提唱しております。

このオリジナルをぜひ私も検討したいと思っているわけですが、
そういう考え方が出てきているように、ガン細胞というものは
体内では決して分裂増殖をしておらないということを、
私は確信を持って言えると思います。
ガン研究者たちはこの点を既成概念にとらわれないで、事実に忠実に
ひとつ御検討・再検討を試みられるようお願い申し上げたいと思います。

 このガン細胞というものが分裂増殖しないということになりますと、
当然治療対策は変わってまいります。
現在は分裂増殖しているのだということで治療対策が立てられている
わけですが、私はそうでないという考え方でございまして、
もしそうでないということになりますと当然治療対策は全面的に
変えられなければならぬということになってまいります。

ガンの治療対策としまして最も基本的なことは、先ほど申し上げました
ように、ガン細胞は赤血球からつくられているわけでありますから、
分裂増殖する細胞を撲滅するのではなく――ガン細胞を撲滅しようという
思想でつくられた治療法は全部だめであります。

ガン細胞をつぶそうという考え方では――ガン細胞というものは、
ほかのからだの部分と完全に交通をしているわけでございますから、
その発想でつくられた化学薬品もしくは放射線というようなものは、
必ず他の部分にも同じような打撃を与えるということを
考えなければいけないわけです。

したがいまして、こういう考え方のもとでつくられた療法というものは
本筋ではないということになります。
残念ながら現在行なわれている療法の大部分がそれでございまして、
そういうことではなくて、ガンをなおすためにはガン細胞を赤血球に
逆戻りさせればよろしいということになります。

赤血球とそれから体細胞、ガン細胞もそうでありますが、
すべて可逆的な関係がございます。からだのコンディションいかんに
よって赤血球がガン細胞、体細胞に変わっていったり、あるいは体細胞が
赤血球に逆戻りをしたりという可逆的な関係があるわけですから、
ガン細胞を赤血球に逆戻りさせる方法を試みればよろしいということになります。

 そのための一つの方法としまして絶食あるいは食事療法があります。
現在の栄養概念というものはたいへん混乱をいたしておりまして、
先ほど申し上げましたように、食べものが血になり、血がわれわれの
体細胞に変わっていくわけですから、われわれは何を食べてもいいと
いうことは決してございません。
われわれの体質を決定するものは食物の質であるわけですから、
食べものの質は厳に吟味しなければいけません。
人間本来の食べものに切り換えるべきであります。

人間は元来草食動物でございまして、草を食べる動物でありますから、
植物性のものに食べものを切り換える必要があります。
それから絶食療法を試みるというようなことで、ガン細胞を赤血球に
逆戻りさせることは理論的にも、そして実際的にも可能であります。
そのほか、理学的な療法といたしまして、たとえば静電氣による療法で
あるとか、あるいはオゾン療法であるとか――この静電氣並びにオゾン療法
というのは血をきれいにする、浄血する作用を持っておりまして、
こういう方法が試みられなければならないのではないかと思います。

 先ほどから申し上げておりますように、
ガンという病氣は決して局所病ではございません。
体質もしくは血液の質が悪くなったために起こる病氣でございます。
全身病でありまして、局所を切りとったからそれでなおるというような
考え方に私は賛成できません。
あくまでも全身病として血をきれいにしていくという立場でガン対策と
いうものを考えていかなければいけません。
ガンだけではなくて、現在文明病としまして
たくさんの病氣が多発いたしておりますけれども、
こういうもろもろの病氣をなくすために、
先ほどから再三申し上げておりますように、
「食べものが血になり、血が体細胞に変わっていく」という考え方を
土台にして、血液を浄化していくということが非常に大事なことであります。
これはガン対策にも通ずる基本的なものの考え方であらねばならないと
いうことでございます。


<引用終わり>
-----------------------------------------



もみじ
読者の皆さんには、以下の二つの動画を見る事を
特に、お勧めします。


大沼式5大免疫療法 2015.2.8  白血病はガンではない!





毒ガス療法の悪夢 80%のガン患者は殺害されていた




もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html

メルマガ第二期の最初の記事は、

メルマガ第6号 『白血病について』

現在、下調べにかなりの時間を要しています。
配信まで、もうしばらくかかりますので宜しくお願い致します。







インフルエンザで急死する人が増えている
~予防接種を受けた人を中心にインフルエンザが大流行





阿修羅♪さんより~2016 年 2 月 23 日

インフルエンザで急死する人が増えている
http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/103.html

インフルエンザが大流行中ですが、
亡くなる人、それも急死する人が出ているようです。

今、ツイッターで話題になっているのが、この女性の例です。

「予防接種をしていたのに・・
息子のインフルエンザがうつって亡くなった女性が・・・
インフルエンザの怖さとは!」 (Spotlight)
http://next.spotlight-media.jp/article/247676334675925973?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_content=pc&utm_campaign=tw_share

息子さんからインフルエンザがうつり、
金曜日まで休むと職場に電話を入れたものの、
土日で劇的に症状が悪化、月曜日に病院に行ったものの心停止で死亡。
ウイルスが心臓等の臓器へまわったということです。
予防接種はしていたとのこと。

ツイッターを検索すると、インフルエンザで亡くなったという報告が、
最近かなりあります。
下に添付します。

実は、昨年1月に、長野県の病院で、入院患者21人と看護師4人の
合計25人がインフルエンザに集団感染し、70代の白血病患者1人が肺炎で死亡、
40代の女性看護師1人もインフルエンザ脳症で死亡しました。

大人がインフルエンザ脳症になることはあまりないそうで、
注目されたようです。

「長野県松本市で集団感染により女性看護師と男性患者が
インフルエンザ脳症と肺炎で死亡=年明けから20-40代にも
猛威を振るっているインフルに注意」 (minacolor )
https://minacolor.com/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B6/articles/603

<速報>インフルエンザ脳症による成人の死亡例 
(国立感染症研究所 2015/4/21)
http://www.nih.go.jp/niid/ja/flu-m/flutoppage/593-idsc/iasr-news/5585-pr4231.html

今年はさらに状況が悪化しているということでしょうか。

インフルエンザを軽視してはいけない、合併症が怖い、
死ぬこともあるとは認識していましたが、
こんなにあっけなくたくさんの人が亡くなるものでしょうか?

やはり放射能汚染の影響を考えずにはいられません。

内部被ばくにより免疫力が落ち、身体が弱っていると、
簡単に治癒するインフルエンザも
命取りになってしまうのかもしれません。

あるいは、白血病など他の疾患の可能性もあるのかもしれません。

必ずしも予防接種が効くわけではないとなると、極力内部被ばくを避け、
睡眠と栄養を十分取って、健康を保ち免疫力を上げるしか方策はありません。

あっという間に亡くなってしまうようなので、みなさんも十分ご注意下さい。

これはおかしいと思ったら、がまんせず、すぐに救急車を呼びましょう。


(関連情報)

「インフルエンザ流行本格化で注意呼びかけ」 (NHK 2016/2/16)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160216/k10010411311000.html
(キャッシュ)
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:aAYBMfq48K8J:www3.nhk.or.jp/news/html/20160216/k10010411311000.html


<引用終わり>
--------------------------------------------


もみじ
予防接種を受けた人を中心にインフルエンザが大流行
http://ameblo.jp/64152966/entry-11453543181.html


2013年1月 11日【Natural News】
http://www.naturalnews.com/038648_flu_pandemic_vaccines_shots.html

アメリカは現在、インフルエンザ大流行のパニック状態 にある。
ボストンでは公衆衛生緊急事態が宣言 され、病院では
インフルエンザ治療用テントが設置 されるなど、
戦場のような有様となっている。

同国の疾病対策センターは、ここ10年で最悪のインフルエンザの流行
であるとし、もちろんインフルエンザの予防接種を奨励している。





しかし、ワクチン業界としては知られたくない外聞の悪い秘密がある。
それは、現在インフルエンザにかかっている人のほとんどが
インフルエンザの予防接種を受けた人である、という事実である。

CDCはこの件に関する統計を一切、公開することを拒否している。
もちろんそうすればインフルエンザ予防接種に関することが完全な
でっちあげであることが暴露されてしまうからである。

私は友人や専門家らの広範なネットワークに電話をかけまくっているが、
皆が口を揃えて同じことを言っている。
そのネットワークの知人で病気になっている人の内、3分の2が
定期的にインフルエンザの予防接種を受けているのだ!

この点について、あなた自身の友人や家族、または同僚について確認
してみるといい。
病気になった人に、インフルエンザの予防接種を受けたかどうか、
聞いてみるのだ。

その結果は私が受けた結果と同じだろうか。3分の2だ。
もしこれがもっと大規模なデータセットにおいて当てはまったとした場合、
つまりインフルエンザの予防接種を受けると、実際にはインフルエンザに
感染しやすくなるということになる。
なぜならアメリカの人口のうち、インフルエンザの予防接種を受けている
人は、3分の2よりもずっと少ないからである。だから、

今年インフルエンザにかかっている人の3分の2の人たちが予防接種を
受けたのと同じ人であったとしたら、数学的に考えると、予防接種は
インフルエンザに対する脆弱性を高めるということに他ならない。
こう考えると、予防接種を受けている人達は無責任な行動を取っている
と言える。

なぜならインフルエンザを他人に広めるリスクを高くしているからだ。
ビタミンDのような栄養物で自らの健康を管理せずに、怠慢で、公衆の
健康と安全に対する非常に現実的なリスクを高めるインフルエンザの
予防接種を求めているからである。


インフルエンザの予防接種に含まれるもの―アルミニウム、水銀、
グルタミン酸ナトリウム(化学調味料)、ホルムアルデヒド
ワクチンには、神経障害の原因となると誰もが知っている有害な
混合物や金属、化学薬品などが含まれている ことは、
CDCも率直に認めている。

これらの中にはアルミニウムや水銀などもふくまれている。
これらの金属や化学物質は、ワクチンの本来の目的とは反対に
免疫システムを抑制する。
実際はワクチンは、インフルエンザの流行を引き起こす原因となり、
それによってより多くの人をワクチンに飛びつかせることが目的である。

肝心なのはワクチンの売り上げを伸ばすことで、
公衆の健康を改善 するためではない。
ワクチンの売り上げを伸ばす最も簡単な方法は、感染に対する脆弱性
を引き上げるような化学物質や金属をワクチンに入れておくことなのだ。

なに、私の言うことが信じられない?
巨大製薬会社は、利益よりも人々を大切にしている心の優しい、
愛情に満ちた天使の集合体だと?

目を覚ましなさい。そして、化学物質の匂いを嗅いでみなさい。
ワクチン業界は、価格協定から始まり医師への贈収賄、
そしてマーケティング上の不正行為 など、再三に渡り重罪行為で有罪
になっている犯罪組織であることは記録にもある通りだ。


製薬会社は倫理的価値観というものを一切持ち合わせていない。
ワクチンを試すために子供達を犠牲 にしている。
製薬会社は囚人や精神病患者に対して医学的実験を行っている 。
彼らがワクチンの売り上げを伸ばすことを目的に、人々を病気にさせたり
感染病に対する恐怖を煽るための方法としてワクチンを使ったりしない
などと、本当に信じることができるだろうか。


インフルエンザに対する真の解決策

このインフルエンザの季節も健康でいたいと本当に思うのであれば、
答えはいたって簡単だ。インフルエンザ予防に有効なベスト3の栄養素を
とることから始まる。

それはつまり、

1) ビタミンD

2) もっとビタミンD

3) くどいようだがもっとビタミンD

インフルエンザの多い冬の間に、一日当たり5,000IU以上のビタミンD
を摂っていない場合は、おそらくビタミンDが不足しており、
インフルエンザに対して無防備であると言えるだろう。

ビタミンDの外にも、その他様々な生薬(薬草)や亜鉛などの微量ミネラル、
そして「スーパーフード」などが予防に有効だ。

そしてもちろんのことながら、インフルエンザの予防接種や化学療法、
処方薬などで自分の免疫システムを抑制させないことだ。

これらすべては、あなたを感染に対して弱くさせ、人間が苦しみから利益
をあげる「病気治療」の企業連合のお得意様とさせるからだ。


-引用終わり-
---------------------------------------------------



管理人

私が、老人介護施設を辞めるきっかけになったのは、
インフルエンザ予防接種の義務化にありました。
私は、予防接種をお断りしたからです。

幾つかの老人介護施設で聞いた話ですが、
職員の人に、何人ものインフルエンザに罹患した人が出ました。
無論、全て、予防接種を受けた人ばかりでした。
予防接種を受けない私は、数十年来、インフルエンザに罹った
ことがありません。(笑)

特に、放射能で免疫力の低下している地域はやばいです。

それに、予防接種を受けない人も要注意です。
予防接種を受けない人には、ケムトレイルが待っています。
空から、大量に撒かれているとのウワサがあります。

平日は、屋内で仕事をしている場合が多いので、
ケムトレイルが撒かれるのは、外を出歩く土日が多いそうです。
少なくとも、土日だけはインフルエンザ用のマスクをしたほうが
良いでしょう。
土日に外出した時の衣服は、帰宅後、直ぐに、洗濯するのも
一つの防御法です。

<放射能 + インフルエンザ ⇒ たくさんの死亡者>

これは、かなり前から計画され実行されている軍事行動であり、
大量の人口削減目的であることは、もはや、疑いようがありません。

いつまでも、陰謀論だと嘲笑するような輩は、
真っ先に削減されますので、気をつけましょう。

ビタミンDは、太陽の光にあたると体内で生成されます。
なるべく、土日ではなく、平日に外の太陽光を浴びながら散歩する
ことをお勧めします。




これが、普通の自然の雲に見えますか!?


http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1794351.html


なんだ!

福島県ホームページに1号機・2号機・3号機

メルトダウンって書いてるじゃないか。




福島県ホームページより

福島第一・第二原子力発電所の燃料貯蔵量

https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16025c/genan10.html

福島第一原子力発電所(1~4号機)

・-------原子炉

1号機--(400)溶融

2号機--(548)溶融

3号機--(548)溶融

4号機--------0

合計-----0

_____________________________________________________________________________________________________________________



原子炉の核燃料の重さは?

原子燃料工業のサイトに燃料棒の製造について資料があります。
http://www.nfi.co.jp/product/prod02.html



・・

ペレット一つの重量・・・8g
燃料棒1本あたりのペレット数・・・350個/本
燃料集合体1体あたりの燃料棒数・・・72本/体
原子炉一基辺りの燃料集合体数・・・548体/基
二酸化ウラン重量…8×350×72×548=96667200g≒96.7t

1号機--(400)溶融69t

2号機--(548)溶融96.7t

3号機--(548)溶融96.7t
合計-------------262.4t




管理人

信じられないことですが・・・

未だに、メルトダウンはデマだと言ったり、信じていない人がいると

聞いたので、一度、整理することにしました。

福島県ホームページにもちゃんと記載されているので、

もう、この議論は止めにしましょう。

しかし、262トンの核燃料は、とてつもない量であり、

想像を絶するものがあります。

これだけの核燃料が、福島第一原発の地下に沈降中という恐ろしい

事実をもう一度、実感を持って再認識する必要があると思います。

それともう一つ。

フクイチの核燃料は、311前に、予め、抜かれていたと・・・

だから、実際の汚染なんて大したこと無いのだといった説を

未だに信じている人たちがいるそうですが、あきれてモノも言えません。

核燃料を抜いて移送する作業が、一体どれだけ大変で危険な作業なのか

知っていて言っているのでしょうか。

使用済み核燃料を冷やすだけでも数年かかるというのに。

これだけの大掛かりで危険な作業を秘密裏に行なうなんてことは

絶対に不可能です。

少し考えれば、分かりそうなものですが、

原発擁護派の虚言と言ってもよいでしょう。

更には、これ⇒今回の福島原発は、日本政府が余剰で捨て場所に

困ったプルトニウムを密かに闇でイランに売りさばいていた。

怒り心頭に発したイスラエルのシオニストが報復として原爆で

東日本に津波地震を引き起し、福島原発にウィルスとミニ原爆を

仕掛けて爆破した・・・

↑これなども明らかにデマでしょう。

そもそも、

原発施設は、表面的には、日本の民間企業の施設ですが、

現実には米軍の「軍事施設」と言っても過言ではありません。

米国の核保有数は、およそ5000発。 しかし、10年で経年劣化する為、

メンテナンスを含め、常に新鮮なプルトニュウムを必要とする。

日本の原発の意味はプルトニュウム製造工場。

原発の近くには必ず米軍基地があります。

日本の原発はアメリカの核の一時的保管所であり 日本の原子炉メーカー

がアメリカの下請けとしてライセンスを 付与されているだけのビジネスです。

日本の原発全部の安全管理業務を担当するイスラエルのマグナBSP社の

真の意味は原発そのものがほとんど支配されている証です。

つまり、プルトニウムを密かに闇でイランに売りさばくなんて、

はなから、出来る訳がないのです。

このデマの目的は、以下の真相を隠す為です。

              ↓

【反原発派も触れようとしない原子力最大のタブー

http://ameblo.jp/64152966/entry-11565424020.html

もみじ

独国紙W

「3.11以前に原発の冷却用補助電源

設置していなかった国は日本だけ。

その設置の要望を却下したのは、何と第一次安倍内閣だった。

そこから検証すべきだろう‥‥フクシマは政治的な人災、」

これほどの巨悪犯罪が全く裁かれないとは \(*`∧´)/



但し、安倍は指示された命令通りに従がった可能性が大いにある。

    

東京電力は○○○から狙われていた!

http://ameblo.jp/64152966/entry-11412432162.html



財界展望 2002年11月号


.................wantonのブログ

...............http://www.zaiten.co.jp/mag/0211/


財界展望 2002年11月号
■特別レポート


米国大統領への秘密レポートを入手! 

CIAは東京電力を狙っていた
日本の電力政策を闇から操るCIA「対日工作」の全貌


.「日本の国力をこれ以上強大化させず、かつ将来に渡って反米化

させないようにするためには、 長期間に渡りエネルギーセクターで、

日本に手錠をかけるかのように封じこめておく必要がある。

.
日本の原子力発電は既に電源の3割以上を占めている。

そこで、日本の原子力技術を支配する 東京電力のパワーを

削いでおくのが効果的である。

.

東電は日本一の資産企業で、経済界、財界 をリードする

有力企業である。また、国民からの信頼も厚い。

.

日本の核武装化を阻止する には、

.
東電の信用を失墜させ、凋落させる

.

ことにより原子力発電技術開発を大幅に遅らせる必要がある。」

.

--------------------------------------------------------



つまり、10年以上も前から、東電は狙われていたことになります。

その延長戦上で、311大地震からなる原発爆発事故が起こされた。

あの大地震は・・・

米軍特殊部隊の地震兵器によって仕掛けられたものである。

小泉や安倍が、原発の安全装置を次々と外していったのは、

その大いなる計画の為の一環であったと考えるなら、

その全てに説明がつきます。

ただ、命令された通りに動いていたのだろう。

しかし、その結果、今後、数百万人以上の日本国民が

苦しみ悶えながら倒れていくことになる。

何を考え、やるにしても・・・

これを最大の原点として捉えなければならないと確信します。

そして、日本を壊している連中に従っている限りにおいては、

彼ら、巨悪犯罪者が裁かれることは決して無いのです。

もみじ

関連記事

福島第一原発の安全装置は小泉政権が撤去していた!

http://ameblo.jp/64152966/entry-11600707822.html








安倍晋三に見せたいドラマ【女王の教室】
 ~なぜ人を殺してはいけないのか?










ドラマ【女王の教室】~より

すべてに答えましょう

<なぜ勉強するのか?/なぜ人を殺してはいけないのか?>






管理人

なぜ勉強するのか?

・・・私が中高生の時にしていたのは受験勉強。
中学生の時は、数学の試験で、中間・期末試験と
1週間に1~2度の小テストがあり、100回以上の
数学のテストは、全て100点だった記憶がある。
高校生の時に、当時のはやりだった学園紛争に、
もし関わらなかったら、今頃は、霞ヶ関で官僚を
していたかもしれない。
もしそのコースを歩んでいたら、偉そうな態度で
不満を持つ国民を平然と弾圧していたかもしれません。

正直、中高生当時の勉強は、今現在、ほとんど
何の役にも立っていない。
今にして、そんな風に思えるのです。
そして、20代はメチャクチャ遊んでいた訳で。

ほとんどB層に近かった自分だったですが、
本当に勉強したなと思えるのは、ここ最近。
311以降、しゃにむに色んな事を調べた。
そして、本当に知らなければいけない知識を
たくさん得たように、今にして思えるのです。
本当に何も知らなかったことを痛感させられた。

311からしばらくして、二つ掛け持ちでしていた
アルバイトの仕事も半分の一つにして、ひたすら、
ブログの更新に明け暮れて来たように思う。

相変わらず、現実の社会はほとんど変わらなかったけど、
自分自身は、少しづつ変わっていったような実感があった。
社会観も世界観も価値観も何からなにまで変わってしまった。
そして、今の自分の存在がある。

うまく云えないけど・・・
私という以前からの自分の他に、もう一人の自分がいると
感じる時があります。
光軍の戦士としてのもう一人の自分の存在を感じるのです。
多分、これが生きてきたことの証なのでしょう。
決して後悔することのない道・・・

ブログというものに感謝しているし、アメーバさんにも感謝。
そして、読者の皆さんに、最大限の感謝の気持ちを捧げたい
気持ちで一杯です。
本当にありがとう・・・

311があって、日本が壊れたのではない。
多分、ずっと壊れていたのだと思う。
311を契機に、それが露になっただけのこと。

もう遅すぎる感じはするけど、
今、出来ることをやって行くしかない。
皆さん、これからもどうか宜しくお願い致します。



安倍さんには、人を殺す道ではなく、
人を幸せにする道を歩んで欲しいと切に願います。
だからこそ、あなたの名前が私の記事に出て来ます。
決して、好きでやっている訳ではありません。
今のままでは、多くの若者が死ぬことになるから・・・
戦争や貧困や飢えで・・・
そして、被爆によって。


#なんでこいつが総理大臣をやってるんだ
このハッシュタグをお気に入りにしました(*^▽^*)








子宮頸がんワクチンの99.9%が
接種をした女性に全く効果がない事を厚労省が認めた






アロマでサンバさんより一部引用
http://ameblo.jp/il-mano/entry-11503090402.html


         2013.3.28の厚生労働委員会質疑の模様です。

先日定期予防接種になった子宮頸がん予防ワクチンについての事実です。

日本で現在認可接種されているワクチンはガーダシルとサーバリックスの2種類です。

どちらも、16型と18型のHPVに対するワクチンです。

 ここで質疑を見てもらうと、

日本人の一般女性でHPVの16型に感染している人は0.5%、
18型に感染している人は0.2%だと厚労省が発言しています。

99.5%の人は感染していないウィルスのためのワクチンだったんですね。

 さらに副反応については、

 インフルエンザワクチンに比べて、

 サーバリックスは38倍 そのうち重篤な副反応は52倍

 ガーダシルは26倍 そのうち重篤な副反応は24倍

 こんなにも多いんです。

 また子宮頸がんについても、

HPVウィルスは性活動のある女性の50%は感染し、
感染しても90%以上は自然に排泄されると認めています。

その上、適切に治療すれば治癒率はおおむね100%と発言されています。

つまり、HPVはありふれたウィルスで多くの人が感染し、
感染しても90%以上は自然に排泄してしまうもの。

仮に持続感染しても適切に治療を行えばほぼ100%治る。

このウィルスのなかのしかも99.5%の人が
感染していないタイプのウィルスに対して、
インフルエンザワクチンの何十倍もの副反応が出るワクチンを打つ
という事はどういう事なんでしょう?

 しかも対象は小学校6年生から中学生、高校生。

 10代の若い女の子に打つわけです。

 厚労省が認めたこの事実をあなたはどう考えますか?


 資料  (HPV)ワクチンに関する ファクトシート - 厚生労働省


以上、引用終わり
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



もみじ
様々な危険性が指摘されているのにも関わらず政府はこのワクチンを推進し
今月から定期接種化となってしまいました。

wake up Japan さんのワクチン関連動画を
お気に入りにしておくことをお勧めします。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL88716CBBAB6D3880



      アメノウズメ塾中級編③ 人口削減計画 ワクチン






予防接種を受けた人を中心にインフルエンザが大流行
http://ameblo.jp/64152966/entry-11453543181.html



賢いユダヤの人々は、ワクチン接種を受けないのだそうです!

http://ameblo.jp/64152966/entry-11129823317.html

やはり、ユダヤの人々は賢くて優秀なんですね。
ワクチン接種を受けないのだそうですよ。
オバマ大統領も娘への接種を拒否したそうです。
脳に水銀やアルミニュウムを蓄積させたい人にはお勧めです。





ある米軍女性兵士の命を掛けた最後の告発
   ~安部が進めるFEMAと豚インフルの恐るべき真相

http://ameblo.jp/64152966/entry-11474417045.html



「このビデオが見つかったら
その時には、私は既に存在していないだろう!」
 


米軍女性兵士の命を掛けた最後の告発ビデオより






豚インフルエンザ予防接種プログラムの目的とは何か? 

http://satehate.exblog.jp/13573308/



$wantonのブログ



その映画は決してその神秘的な不妊症の流行を説明しないが、
しかし、インフルエンザパンデミックが2008年に発生し、
そして最後の子供が1年後に生まれた。

その年は2010年で、老化に対するワクチンが少なくとも
90%の人類を永久に不妊化されたままにする。




豚インフルエンザワクチン が
基盤とするらしいそのパンデミックワクチンは、 4.86 mgのTween 80としても
知られる ポリソルベート80 を含んでいる。
これは実質的に、50μgのポリソルベート80を含むメルク社の
子宮頸癌ワクチンであるガーダシル中に見出される量と比べた時、
ポリソルベート80の量で 100倍の増加 である。


$wantonのブログ

ポリソルベート80は、建前上は、我々のワクチン中に安定化剤
として入っている。 なぜある一つのワクチンがこの安定化剤を
他の一つに比べて100倍の量を必要とするのかは私の理解を超えている。
しかしそれはこのワクチンの意図を問うためには十分な理由となる。

スロバキアで行われた一つの研究は、新生児の雌ラットが
ポリソルベート80を注入された時、
ラットは 成長してから不妊になる ことを見い出している。



強毒性新型インフル予測時、全国民に予防接種へ + 愛国心詐欺
 http://satehate.exblog.jp/17618413/

政府は、強い毒性と感染力を持つ新型インフルエンザの国内流行
が予想される場合、国民の安全確保のため、原則として全国民に
予防接種を行う方針を固めた。

国内の医薬品メーカーなどと連携し、2013年度に
1億3000万人分のワクチン供給体制の確立を目指す。
9日の閣議で 特別措置法案 を決定し、
今国会に提出する予定だ。

政府は、強毒性の新型インフルが流行すれば、
国内で最大64万人が死亡すると推計している。

特措法案では、新型インフルの流行時に、首相が本部長を務める
政府対策本部を設置すると明記。予防接種は、対策本部が
「新型インフルエンザが国民の生命・健康に著しく重大な被害を与え、
国民生活・経済の安定が損なわれないようにするため緊急の必要がある」
と判断した場合に実施する。接種対象者や期間は対策本部がその都度
検討するが、深刻な流行が予想される場合、持病が悪化する恐れがある
患者などを除き、全国民への接種を想定している

(2012年36日14時36分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120306-OYT1T00656.htm?from=tw


預金封鎖=金融統制は、支配者が
自らのツケを国民に支払わせたいだけ!





以下の記事の続編になります。 

日本は既に、破産同然である事が判明!
~預金封鎖=金融統制は時間の問題!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12126692025.html


預金封鎖 2月16日 NHK




NHK が、預金封鎖を放映する事の意味を考えると、
近い将来において、実際にやられるんだろうなと・・・
我々は覚悟すべき時かもしれません。
その時の為の刷り込みを今からやっているとしか考えられません。

しかし、本当に酷い話です。
悪い連中が、国民のお金を好き勝手に使い放題やらかして、
そのツケを全部、国民に支払わせようって話ですから。
それでもって、国民一人あたりの借金が830万円ありますって
大噓を垂れ流しています。

財政赤字に関して言うと、
国民が作った借金ではありませんし、国民に借金などありません。

お金を使い込んだ真犯人は・・・

アメリカ > 霞ヶ関 > 自民党政権


もうどうにもならなくなったから、預金封鎖をした挙句、
財産税まで課税して、国民からむしり取ろうって話でしょう。
ただ、この件に関して言うと、近視眼的に見ては駄目です。

バブル崩壊⇒日本経済弱体化⇒日本経済崩壊⇒預金封鎖・・・
一連の出来事は、全て計画通りに進められているという事実を
知っておく必要があると思います。
最も、その後は、更に恐ろしい企みが懸念されています。
日本から得るものがある間は、生かしておくけど、
盗るものをほとんど盗ってしまえば、何の用も無いって訳で
かなり恐ろしいシナリオがあると噂されています。


NHK の放送の中で、預金封鎖の本当の目的は、
戦争に費やした莫大な戦費を国民から徴収する為であったと
記録に残っています。
以前にも、記事にしましたが、あの戦争は何年も前から
国際金融資本の連中と日本の代理人によって計画されたものです。
そして、その戦争によって莫大な利益を得た人間が、日本国内にいます。
恐れ多くて、誰とは言えない存在の人物です。

300万人の日本人の生命と莫大な戦費を国民に押し付け、
それと引き換えに、巨額の富を得るなんて、鬼畜にも劣る所業です。
その人物は、側近に、「云われた通りにしないと私の身分も危うい」と
語ったことが、日記に記されていたそうです。
始めから、負けることが分かっている戦争に誘導したのです。

まぁ、裏の歴史に詳しい人にとっては、常識のような話です。
御前会議の話の中身が、その翌日には、英国や米国に、直ぐに
知らされていたのですから、どうにもなりませんわな。

しかしながら・・・
やりたい放題やって、そのツケを全部、国民に払わせるというのは、
戦前~戦中~戦後も、そして、今も何も変わっていません。
その事を語らなければ、預金封鎖の記事を書いても意味がありません。

1946年の預金封鎖の時のことを調べて、今の教訓にしようと
思っていましたが、直ぐに、何の意味も無いことに気づきました。
だって、あの当時、日本全国が焼け野原だったのですから。
特に、東京、広島、長崎は酷いものでした。
東京は、ほぼ全土に渡り、大空襲を受けました。
大変不思議なのは、皇居が全く無事だったこと。
敵国の首領が、真っ先に狙われるのが戦争の常道なのにです。
実は、英国の陸軍元帥だったなんて、止めて欲しいよ、ホンマに。

ところで、話は元に戻りますが、預金封鎖=金融統制って事態に
なったら、一体どういう事になるのだろうと、今から考えて
おいたほうがいいかもしれません。
転ばぬ先の杖といった意味でも、考えておくべき時です。
なにしろ、NHK が、予告しているようですから。

食料とガソリンが最重要物資になるのは間違いない。
その次に、生活必需品でしょうか。
紙幣や硬貨は、どうなるのか・・・

3日で、ス-パ-から食べ物がなくなると云われています。
特に、東京や大阪といった大都会は、大混乱になるだろうと
考えられます。
食料を求めて、都市近郊の農家に殺到することが予想されますが、
もしかすると、バリケ-ドを敷いて封鎖されるかもしれません。

田舎は、都会ほどではないにしても、やはり、食料の調達が
困難になってきます。
恐らく、米や野菜を略奪する集団が現れると思います。
農家も護るのに命懸けになってくるでしょう。

あくまでも、実際に起こってみないことには、
何が起こるのか、或いは、起こらないのかは
確かなことは分からないのが正直なところです。
終戦当時と今では、情況があまりにも違い過ぎます。
あの当時、街から近郊の農家に買出しに行ったのは、
多くが御婦人でした。
多くの女性が、僅かばかりの食料を求める代わりに
身体の提供を求められたそうです。
今では、その哀しい歴史は秘密にされ、闇に葬られました。

サバイバルという言葉が、今ほど現実的に思える時は無いと
いったようなご時勢になりつつあるようです。
皆さんも一度、そういった情況を想定してみては如何でしょう。
そうすると、備蓄するものも用意しておくものも自ずと
分かってくるのではないでしょうか。

ただ一つ云えることは、多分ですが・・・
都市は、徐々に、崩壊していくだろうと思っています。
生き残れるのは、田舎の人のほうが可能性としては
格段に高いことは明らかです。
恐らく、その方向に流れて行くと思います。


最後に、リンクした冒頭の記事に寄せられた
長文のコメントをご紹介して終わりにします。

-------------------------------------------


勘違いしている人が多いので認識を変えて頂きたいのですが、
預金封鎖というものは、金利急騰、国債暴落などがきっかけで
実施されるものじゃ無いってことです。

もしそうなったら米国債までもが暴落してしまうので
必ずその直前にIMFが入ってきます。
ちなみにIMFは2020年までにプライマリーバランスを
黒字化しないと管理するからねと、既に断言しています。

こうなると今の官僚利権は確実に一掃されてしまうのです。
天下りや特殊法人などの莫大な金食い虫をIMFが見逃すはずなど
絶対にないからです。

つまり今の日本における預金封鎖は、官僚による自己保身が理由で、
2020年のオリンピック直後に実施される可能性が極めて高い。
そう考えればこの数年の気が狂ったような国家と政府の暴走は
全てストーリーとして筋が通るのです。

預金封鎖の実施にはいくつかのハードルがあります。

①ある日突然、国家が強権を発することができるようにする法律が必要。
←もし国会で金融緊急措置を実行するための追加の法律を審議すれば
さすがに国民が事前に気がついてしまい、
預金を封鎖する前に取り付け騒ぎが発生します。

内閣総理大臣が金融危機対策会議を閣僚とともに開くだけで
実施できなければなりません。
実はすでに預金保険法・銀行法・金融機能強化法が改正されており、
やろうと思えばできる状態にあります。

しかし今のままでは国民に対する大義名分に欠けてしまいます。
暴動になってしまうわけですね。
ゆえに安全保障を隠れ蓑にした有事法制が追加であったほうが良いのです。
ありもしない軍事的緊張をあおり、国家の緊急事態を内閣が宣言することが
できれば軍や警察権力で国民を沈静化させることができます。
預金を確実に封鎖できます。

緊急時宣言すれば良いだけなので、実際の戦争が無くても良いのです。
国内の暴動さえ抑えこむことに成功すれば、官僚はファシズム的な権限
を行使することができます。
政府はここには念にも念を入れていて、特定秘密保護法、盗聴法、
共謀罪の新設など徹底しています。


②封鎖する預金を事前に完全特定できていなければならない。
←つまり外国人口座を封鎖対象から確実に除外できなければならないのです。
ほんの数日であれ外国人口座までも封鎖してしまえば国際問題に発展します。
また国民の金融資産を封鎖しても、企業決済までも封鎖してしまえば
国そのものが崩壊します。

国民に対して支払われる(その後の)毎月の給料(最低額)を止めてしまうと、
これも食べれなくなるので暴動に直結します。
企業を倒産させるわけにはいかないのです。
このための武器がマイナンバーなのです。

全てを紐付けするのがIMFに言い訳できるギリギリの2020年。
もともとは2018年を予定していましたが、年金情報が漏れたため
2年ずれました。
おそらく大企業に対しては、すでに何らかのシグナルが送信されています。
内部留保が積み上がっているのはそのためではないかと推測しています。

③不動産や株のリスク資産からでる損失を給与所得などと通算する
総合課税は絶対に認めてはならない。←所得と資産が混乱してしまうと
預金封鎖の支障になります。

④海外送金を止めてしまわねばならない。←もう言わずもがなですよね。
この数年で国民は国内ですら自由に送金できなくなってしまいました。
海外送金などもってのほかで、とてもしつこく理由を尋ねられる状態です。

北朝鮮の拉致問題を表向きの理由に悪用し、国民の海外送金を閣議決定
だけで凍結できてしまう外為法改正が2004年に行われましたが、
必要な法整備が終わると何事もなかったかのように誰も語らなくなって
しまいました。

国会の事前承認が不要で理由もどうにでもつけられるのなら、
預金封鎖と合わせて海外送金を止めてしまうにこれほど都合の
いいものはないです。

とまぁこんな感じで、すべての準備が整ってしまった2015年
だったのですが、あとは選挙を乗り切ってカウントダウンを待つのみ
ってところじゃないでしょうか?

国民はどうにかしてタンス預金を作らねばならない状態なのですが、
選択肢は少ないです。
預金封鎖は必ず1年以内の新札交換と同時に実施されます。
これはタンス預金をあぶり出すための常套手段です。

政府に補足されないようにするには国内での換金はせず、
なんどか海外旅行に行って外貨を手元に集めていくしかありません。
大きな単位はダメです。非常時には換金できなくなるおそれがあるからです。
1000ドル札ではなく100ドル札以下にすべきでしょう。

また貴金属も庶民にとっては役に立ちません。
正規ルートでは身分証明書が必要で補足されてしまいます。
とはいっても宝飾品ルートでは非常時には必ず書い叩かれます。
アタマの痛い問題です。





もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html

メルマガ第二期の最初の記事は、

メルマガ第6号 『白血病について』

現在、下調べにかなりの時間を要しています。
配信まで、もうしばらくかかりますので宜しくお願い致します。








人口削減委員会に潰されたSTAP細胞とは!?




削除されまくっていると噂の元記事の転載

(転載開始)

実は、STAP細胞は簡単に御家庭で作れるのです。

もともと熊本大学で研究され、理研に委ねられたそうで、
素になった培養液は「玄米乳酸菌」。
小保方さんは、偶然的に(言われるままに)
その培養液でのSTAP細胞分裂に成功する。

そんなもの作られては、医薬品業界の一大事!
あわてて封印されましたが、現在某アメリカ薬品会社が特許出願した
との事で、全てが利権がらみ。

そこで今、ひそかなブームと成っている「玄米乳酸菌」、
要するに酵素体の菌で、これを飲むことで自然に体内のSTAP細胞を
活性化し若がえり、細胞の再生化が活発になります。


(玄米乳酸菌のレシピ)
材料…無農薬玄米 1合
天然水 1.5 L.
天然粗塩 15 g
黒砂糖 45 g

(作り方)
1.水 0.5 L に玄米 1合を入れ、1日ひなたに置く。
2. 1.に塩 15 gと残りの水 1 Lを入れ、1日ひなたに置く。
3. 2.に黒糖45 gを入れ、3~5日間ひなたに置く。

さあ~これだけで、不老長寿ドリンクの出来上がり。
僕は、THE STAPと呼んでいますが、あんまり長生きしても
後輩のみなさんに申し訳ない時代で、この乳酸菌、50ccと豆乳200ccを
合わせて、1~2日常温で置くと、STAP豆乳ヨーグルトの出来上がり。

金さん銀さんも夢じゃない!
100まで生きて100万円もらいましょう
…いろんなレシピがあるようですので検索してください。

酵素は、フリーエネルギーです。
特に稲魂パワーは、No.1!

昔、研究していた真菰ドリンクもStap細胞なんだと解明。

時には良い事、お伝えしたいと思い書きました。
「今日は、楽しい…ひな祭り」㊗️

も一度「STAP細胞は、作れます!」拡散お願いします。

(転載ここまで)
---------------------------------------


管理人

推察するに・・・何が一番まずいかというと、
STAP細胞の初期化に玄米乳酸菌が大きく関わっているという事実。
これこそが、最も知られたくなかったものだと思われます。

STAP細胞は、弱酸性の液につけて刺激を与えると、
その細胞は初期化して、どの細胞にも成り得るといった
まさに、世紀の大発見であった訳ですが、しかし、
一番の核心部分は、細胞と乳酸菌の組み合わせにあった
可能性があります。
つまり、世界に最も知られてはならない秘密だった可能性。

初期化という言葉で、パソコンのトラブルが頭に浮かびました。
パソコンが、ウィルスに感染して暴走し始めると、大変困るので
初期化する為のディスクが用意されています。
それで、元の正常な状態に復帰出来る訳です。

これと同じ理屈で、ガン化した細胞を初期化して、
元の健康な細胞に戻せるのなら、これは大変なことです。
世界のガン治療は、抗がん剤を含めて何百兆円産業。
潰されるのは、火をみるより明らかではないでしょうか。
小保方さんの相方は、無理やり自殺させられちゃいました。


メルマガ第1号追加補足
【真菌(ガン)の天敵とは!?】

より、一部を引用します。

<引用開始>

ピロリ菌は胃癌の最大原因として知られています。
真菌・カビ菌も他のガンの原因として疑われています。
どちらも、強力な毒素を出します。
その毒素によって、細胞は潰瘍化⇒ガン化してしまいます。


ところが、問題はもっと複雑です。

慢性炎症の発癌のメカニズム(専門家向き)

Science(2004;306:1568-1571)に
慢性炎症による発癌について
画期的な研究が報告されました。

マウスにピロリ菌を感染させて人工的に慢性胃炎、胃癌を造る事ができます。
この発癌モデルで、胃癌は胃の粘膜細胞から発生するのではなくて、
骨髄細胞(胃粘膜の損傷を修復するために動因された幹細胞)から発生
することがわかりました。
人間の胃癌でも同じメカニズムがあるのかはこれからの問題ですが、
この研究と臨床知見を組み合わせると次のような仮説ができます。

「ピロリにより胃に傷ができる。傷がひどいと修復するために
「幹細胞の動因」が起こる。
ピロリ菌を取り除いても胃に動員された幹細胞は、やがて胃癌のもとになる。
癌を予防するなら「幹細胞の動因」の前に除菌をしなければならない。」

---------------------------------------------


分かりやすく説明します。

真菌(カビ)やピロリ菌がガンと大いに関係している
ことだけは確かなようです。
これ等の菌が排泄する糞のようなものに
毒性があると考えられます。

真菌のアスペルギルスは、アフラトキシンB1という
天然物でもっとも強力な発ガン物質だそうです。
少量を長期間摂取した場合の慢性毒性としては、
原発性肝癌の可能性が高くなります。

こういった毒性物質が、細胞を傷つける訳ですが、
この傷を修復するために「幹細胞の動因」が起こると・・・。
にも関わらず、皮肉にも、その幹細胞そのものがガン細胞を作り続ける。

恐らく、毒性物質によってガン化してしまった細胞をコピーし、
ガンのコピー細胞を作り続けているとしか考えられません。


そうなりますと、人に備わっている免疫機能を司る兵隊や司令塔も
悪玉として識別するのが大変困難であることを意味します。

それに加え、大きく腫瘍化してしまってからでは、
真菌(カビ)やピロリ菌を除去しても効果は薄いと書いてあります。
自動的に幹細胞がガン細胞を作り続けることになるからです。
但し、こういった菌類を除去出来れば、それ以上のガンの拡大を
抑制、或いは、防げるとも考えられます。


(引用ここまで)
---------------------------------------------


管理人

まず、ガンの張本人である犯人の正体を知る必要があります。
更に、ガン増殖の原理を知る必要もあります。
これを知らなければ、ガンに対処出来ません。

ガン増殖の原理は、人体に備わっている機能そのものにあった。
ガン化した細胞をコピーし、増殖し続ける訳です。
つまり、ガン化した細胞を初期化出来れば、
ガン細胞の暴走を止められる理屈になります。

その初期化に、玄米乳酸菌が大いに関わっていると・・・
これは、大変な情報です。
乳酸菌が、如何に偉大な存在であるかを再認識する必要があります。

それだけではなく、乳酸菌は放射能が大好物。
放射能核種に飛びついて、核種を劣化させるようです。
これは、私が以前、記事にもしました。


放射能を既に肺いっぱいに吸い込んだ人は
一体どうすれば良いのでしょう?

http://ameblo.jp/64152966/entry-11729782302.html


今更ながら・・・
私の過去記事の正当性が明らかになった気がします。
しかも、放射能を駆逐してくれるだけではなく、
細胞を活性化して、免疫力まで高めてくれることが
判明し、一挙両得とは、まさにこの事です。

STAP細胞による初期化 = 本来の細胞と免疫力の復活 ・・・

この二つは、言葉が違うだけで、根源的には
同じ意味だと理解しました。


但し、白血病はガンではないようです。

【リーキーガット症候群と白血病】

腸内粘膜の強固なバリアを壊す原因菌の一つがカンジダ。
壊れた所から菌・ウィルス・たんぱく質が血液に侵入し、
白血病と診断されますが、しかし、白血病は癌ではありません。
ガンと認定された時点から、患者の最大不幸が始まります。
事態を更に悪化させてしまうのは明らかです。




もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html

メルマガ第二期の最初の記事は、

メルマガ第6号 『白血病について』

現在、下調べにかなりの時間を要しています。
配信まで、もうしばらくかかりますので宜しくお願い致します。