カロリー0の恐怖 ダイエット飲料・食品・毒性科学物質







          




世界一の普及率を誇る人口甘味料  アスパルテーム



アスパルテームは、歴史上もっとも論争を呼んでいる食品添加物です。

そして同時に、数ある人工甘味料の中でも断トツに世界で一番普及しています。サッカリ ンを

はじめ、チクロ、ソルビトール、スクラロース、キシリトール、パラチノース、エリスリトール、

アラビノース、アセスルファムK,マルチトール、トレハロース、ステビアなど人工甘味料は

いろいろありますが、人工甘味料と言えば、何といっても「アスパルテーム」なのです。



アスパルテーム論争


ラッセル・ブレイロック博士は、その著書「スィート・ミザリー、毒された世界」と

「エキサイトトキシン(興奮性毒)」の中で、彼らが正常と報告した実験動物の細胞組織には

、明らかに腫瘍のできているものがあったFDAの認可を得るためにこの事実をサール薬品

は何とか隠蔽したにちがいないと、私は推測している。」


博士は名声のある脳神経外科医でした。現在は引退して、人々に予防医学と健康についての

知識を広めるべく著作と講演活動をしています。

また、興味深いことも言っています。


「このような神経毒が市場に出回ることは、人々の知能の低下とも関係している。少数の知能

の高い人たちが、多数の知能の低い人々を支配するためにこのような人工甘味料が出回って

いるのだ。」


博士は興奮性毒についての専門家でもありました。これらの毒に関しては、近年、

問題視され、研究が進んでいます。


人間の脳は他の動物よりかなり繊細にできており、一つ一つの神経細胞(ニューロン)は

非常に弱くわずかな量の毒で破壊され死亡してしまいます。


その脆弱さは、ラットの5倍、サルの20倍といわれ、ヒトの繊細な脳神経細胞に与える影響は、

従来の実験動物を使用した方法では正確に測定できないのです。

動物実験の段階でさえ問題が山積みの化学物質を、さらに繊細な神経細胞を持つヒトに使用

した場合、その結果がどのように引き起こるか、想像するだけで恐ろしいことです。

「アメリカでの350億円を求める集団訴訟」


アメリカで350億円を求める集団訴訟が起きていることが、新たにわかりました。


2004 年 9 月 15 日、米カリフォルニア州サンフランシスコでアスパルテーム製造元の

ニュートラ・スウィート社や米糖尿病協会などを相手取った集団訴訟が起きました。

この訴訟で、原告側は、ニュートラ・スウィート社に対して、「アスパルテームが人体に

有害であり、糖尿病にも効能がないことを知りながら販売し続けていることは違法行為

である」として、 3 億 5 千万ドル(約 350 億円)の損害賠償を求めています。

原告側は、アスパルテームが人体にもたらす深刻な健康被害を立証して、裁判に臨ん

でいます。 起訴内容は以下の通りです。

恐喝罪、不当競争、不正表示、詐欺罪、警告表示義務違反、商取引法違反など、

健康被害を訴える人々からの集団訴訟。


起訴事実には、現国防省長官のドナルド・ラムズフェルト氏が、サール薬品の社長時代、

長年にわたりFDA(連邦医薬食品局)が禁止にしてきたアスパルテームを、政治的圧力

を用いて合法化した違法行為も含まれています。 カリフォルニア州では、同 2004 年に

他にも 3 件、同様のアスパルテームに関する訴訟が起こされています。


コカコーラ、ペプシ、バイエル薬品、ダノン、ニュートラ・スウィート社など、 12 社を相手

取ったこれらの訴訟では、「アスパルテームが人体に有害な神経毒であることを知りな

がら故意に食品に混入している事実」が訴えられています。原告側は、これらの企業が、

腹痛、関節炎、リューマチ、喘息、脳腫瘍、慢性疲労、性的機能不全、生理不順、

記憶障害、鬱、眼痛、高血圧など、アスパルテームが引き起こす様々な症状について

認知しているとしています。一方、被告企業側は、アスパルテームは安全であるとして、

引き続き食品に使用していく姿勢です。


この他にも、人工甘味料で、神経毒として人体への危険性が指摘されているものに、

スクラロースやネオテーム(日本での商品名・ミラスィー)があります。



元記事


http://www.thinker-japan.com/aspaltame.html




更に専門的に詳しく知りたい方は、最新情報が以下に 


さてはてメモ帳より


新しい証拠はアスパルテームが有害であると確認 by David Rothscum




 

AD

【文句があるならもう一回原爆を落とすぞ】 by アーミテージ








             


          リチャード・リー・アーミテージ





★阿修羅♪ より http://www.asyura2.com/11/senkyo108/msg/438.html

投稿者 派遣Usher 日時 2011 年 2 月 24 日


アーミテージ元国務副長官の小沢つぶしと日本国民への恫喝


阿修羅の読者の皆さん、
CS放送朝日ニュースター ”学問のすすめ”2月24日(木)21-22:00に再放送されますの

で、ぜひ見てください。アーミテージいわく、”小沢はペテン師だ” ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

アーミテージ元国務副長官は、日本の統括担当者として知られている。

保守派の碩学、西部邁氏とリベラル派の代表、佐高信氏が米国権力・アーミテージの

小沢つぶしに対し怒っている。日本に愛国の政治家台頭を望んでいる。

アメリカのリチャード・L・アーミテージ元国務副長官とジョセフ・S・ナイ元国防次官補は

共和党、民主党を代表する2人の知日派が、日本へ緊急提言とした著書に対し、

西部・佐高氏が評論している。

「日米同盟対vs中国・北朝鮮~アーミテージ・ナイ緊急提言」
リチャード・L・アーミテージ ジョセフ・S・ナイJr 春原 剛
文藝春秋発刊


アーミテージいわく


”東アジア共同体をスローガンとする小沢はペテン師だ。

そうであるなら、我々は報復する。


日本に投下した原爆のことを当時大きな爆弾程度と


してしか見ていなかった。”


中国・北朝鮮の脅威を煽りながらの、アーミテージの日本人への恫喝の著である。

北朝鮮は、米国の傀儡政権とも言われる。北を使ってミサイルを日本に打ち込むという

なら、日本は博愛の心で大量の食糧援助で北朝鮮の人心を掌握すればよいでないか。


我々日本人は広島・長崎への原爆投下を忘れない。
これまで米権力者は謝罪することはなかった。ほとんどの米国人は原爆投下を知らない。

米国権力者は、謝罪すれば損害賠償を日本から要求されると思っている程度の
ナショナリズム一辺倒の知的文化レベル。博愛精神なんてこれっぽちもない。
イラク人23万人も殺しておきながら大量破壊兵器もなかったことへの謝罪もない。


覇権主義を改めると言ったオバマもアフガニスタンに侵攻し軍需産業に貢献している。

5京円のCDS負債を抱えた米国の金融崩壊はもうすぐ来ると言われている。これまでの

米国に追随して繁栄する時代は終焉しようとしている。(藤原直哉氏HP参照)

対等の日米関係と東アジア共同体を目指す小沢氏・鳩山氏は、日本の将来を見据えた

世界にまれな反戦平和愛国の優秀な政治家だと確信している。
労働派遣法廃止・電波オークション法・検察可視化を推進した小沢氏・鳩山氏は、
アーミテージ・大手企業・TV局・特高検察につぶされようとしている。


アーミテージに頻繁に訪問する政治家は、

自民党の小泉進二郎と民主党の長島昭久議員だそうだ。

アーミテージに対し正論を唱えることができる日本人は、小沢氏以外政界、経済界に

誰ひとりいないだろう。駐留米軍は、有事の際、日本人を助けるか?と聞きたい。

米国人を助けるだけだよ。


小沢氏が政治資金法違反でないことは、国会議員であれば皆知っている。
民主党執行部、空き缶支持議員、新自由主義の自民党・みんなの党、CIA傀儡の

共産党・社民党は、国民のための仕事をしていない、もういらないよ。
我々日本人の希望、小沢氏・鳩山氏支持の輪を広げるしかない。


新自由主義とは、不公平と格差拡大をつくること。
所得税率を決める権限は国税庁にある。国税庁HPによれば、年収10億円の所得者の

税率は、たったの21%、高額所得者ほど税率が低い。所得税収が欧米の半分。
公務員に支払われる給与は、一人800万円以上、年間23兆円手当もいれると総額26兆円。
労働者の年収は、平均250-280万円。

法人税収は、たったの25兆円程度。大手企業は、国際競争のため派遣労働者を利用し

不景気でも史上最高の260兆円の内部留保を達成している。

エジプトに学んで、みんなで Social Netで若者に呼びかけよう。

”仕事をよこせ””小沢に仕事をさせろ”
私は、新聞購読をもうやめた。¥3,000/月節約できたよ。



wanton


本当にむかつく野郎だ。


久々に頭に来た。


これだけ日本を食い物にしても、まだ飽き足らないのか !


こういったアーミテージのような人間を前にして、愛を説くのか !


或いは、怒りをバネにして、日本の真の自主独立のために


立ち上がるのか !


二つに一つなら、私は迷うことなく後者の側に立つ !



関連記事



マイケル・グリーンの正体  世界と日本を動かす本当の支配者たち


http://ameblo.jp/64152966/entry-10781910588.html


http://ameblo.jp/64152966/entry-10715681631.html


「中国が尖閣へ侵攻」 米専門家が描く悪夢のシナリオ







    クリックすると新しいウィンドウで開きます



AD

    【必見】重要情報満載のtwilogの御紹介






                 ネット防衛軍

           【ネット防衛軍】






ここ最近になって初めて知ったのですが、twilog っていうのが

あるんですね。ツイッターとブログを合体させたようなものでしょうか。

それをツイログって呼称しているんですね。

内容を調べて見ると、重要情報満載で、超お勧め出来ます。

私もさっそくフォローさせていただきました。

今後、ここからも情報収集せていただくつもりでいます。

もし万一、ブログ削除されても、こういうブログも合わせて持っていると

大きな力になりそうなので、私もいずれ作っておこうかと考えています。

ここ最近の主な記事を幾つか御紹介しておきます。

      
              ダウン


perspective

「ジョセフ・ナイの教え子(養成されたエージエント?)の一人として、自民党議員で
元防衛庁長官・林芳正…山口下関で秘書が市民に暴行を加え、暴行の原因となった
交通事故の車に同乗していながら「知らなかった」で押し通したこのオカシナ男も、
ナイの教え子…」 

perspective

「上関では用地だけを見てみるならば頑強な地権者は1人や2人ではない。用地問題
ではそのほかに、送電線用地も必要だが論議にも浮上していない。上関大橋も原発の
大型トラックが行きかうのには耐えられず、つくりかえなければ話にならない」


坂田昌子 prspctvから 報道ステーションは上関について報道するのは無理だって。前にやった六ヶ所再処理工場

の時に電気事業連合から相当いじめられたかららしい。テレビは可能性ゼロに近いので
雑誌やラジオなどにあたってみる。

perspective

昨日の話題。
「中国電力による上関原発の建設工事は25日、陸上、海上とも実施できなかった」|
2011年2月26日付毎日jp(山口東版):上関原発建設計画:工事実施できず 

perspective

安倍・林派支配がすさまじいようですね。市民を食い物にした安倍代理の江島市政が
09年終了も、今度は林派の中尾市政。RT @ : 元山口県民ですけど、
大きな声では言えませんが・・・(言ってるw)、下関は「ならず者シティ」です。
RT @

perspective

「USTR(米通商代表部)の交渉官は200名ほど。彼らが腕の見せ所とばかり、TPPの条文作り
に日夜励んでいるため、最終的には想像を絶するボリュームの協定文書になりそうだという」|
浜田和幸オフィシャルブログ:TPP花盛り 

perspective

「元米農務長官のジョハンズ上院議員(共和党)が、日本のTPP交渉参加を認める前提
条件として、米国産牛肉の輸入制限緩和を求めるオバマ米大統領宛ての書簡を準備して
いることが24日分かった」|47news:米議員、米牛肉制限緩和が条件 日本のTPP参加 

perspective

原発と活断層。「例えば、柏崎刈羽には7基の原発があるわけですが、地震以前から、
地盤に歪みがあって原発自体が傾いていた事実も指摘されているんですよ。…それが、
今回の地震で決定的に傾いた」|明石昇二郎さんに聞いた「原発崩壊」の危機

perspective

「例えば排気筒から放射性ヨウ素が漏れ出してしまった7号機なんか、本当の岩盤では
ない「人工岩盤(マンメイド・ロック)」の上に建っているんですよ。…東京電力は…岩盤が
なければ「人工岩盤」を造ってまで…」|明石昇二郎さんに聞いた「原発崩壊」の危機

perspective

「審査をお願いするほうとその審査を行う側に同じ人物が関わっている…電力会社が
原発建設の申請を国(原子力安全委員会)に出しますよね。申請に関して…アドバイス
している人物が、実は国の審査会の委員でもあった」|明石昇二郎さんに聞いた
「原発崩壊」の危機 

jintabi prspctvから

祝島のタミちゃん『わしらは中電の作業員を憎んでいないんよ。むしろ同情してるし、可哀想だと
思ってる。彼らは家族もあるし命令されてるだけだから。でもね、どんなことがあってもわしらは
金で海をうる事はできんのんよ。1000年以上も島を守り続けてきた先祖や、
これからの子に申し訳がたたんけ』

HEAT prspctvから

関岡英之⇒「外資の規制ができない。福田内閣のときオーストラリアのファンド(マッコーリーだね)
が羽田空港の管理会社を買おうとし、既に株式を取得してた。福田内閣と国土交通省の役人が
法律で規制しようとしたが、閣内から反対する人が出た。それは渡辺喜美と大田弘子だった」。

森原秀樹 prspctvから

TPPへの反論が的を得るようになった感( )。医療、保険、金融、ICT、
食品衛生基準、政府調達、外国投資、原産地表示…米国が日本に要求してきた規制緩和がTPP
を使って一気に来る可能性大。小泉竹中構造改革の比じゃなくなる。


阿部ユッキー
今週のマル激・ニュースコメンタリー視聴中。
米の原発建設に日本の税金投入計画進行中。5千億円。
リスクが高く焦げ付く可能性大で最後は国民負担に。官僚が水面下で省令を連発して進めた。
閣議決定は昨日。日本は”アメリカのATM”(金の引き出し)。

AD

全国民必読 《菅政権のめざすこととその背景 宇沢弘文》





kamitori

必読!RT @ : 全国民必読。RT @  

《菅政権のめざすこととその背景 宇沢弘文》




゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆



  TPP 断固反対







   クリックすると新しいウィンドウで開きます

田母神さんへのお手紙  御元気ですか (^O^)/






拝啓 田母神閣下殿


田母神さん、こんにちわ (^O^) 。 御元気でお過ごしでありましょうか。


私は、あなたが航空幕僚長をお辞めになられた頃より、注目し続けている人間の一人です。


ここ最近は、政治の世界にも転身され、ますますの御活躍で、大変結構な事であります。


日本を愛し、信念を貫かれる主義主張というものには、感心させられるものがあります。


ただここ最近において、気になる記事なども目にし、心配しておるところで御座います。


もし単なる勘違いによるネガティブキャンペーンでありますなら、きちっと論破され整理


したほうが宜しかろうと思うものです。



以下に、その関連記事を貼り付けておきますので、どうか十分に精査され、きっちりと


御自身の身の潔白をお示しになられる事を、切に願うものであります。



http://blog.goo.ne.jp/sithux7/e/b5dc3df73ef1fa5750583209e3cb875e


http://blog.goo.ne.jp/sithux7/e/b6d2adfeb375ae4fdcee273bdf286a47


http://blog.goo.ne.jp/sithux7/e/bc7e0da3a80be2ff099ba59b4994337e


http://blog.goo.ne.jp/sithux7/e/12f5b7b1e9eec52d102c2c64c5e4cd83


http://blog.goo.ne.jp/sithux7/e/dc4ade27bf289ce7f6cff32acd0250ef



この記事を掲載しているブログは、何と2000年から既に10年以上に渡って更新されて

おられる御様子で、アクセス者も1699168人と何ともすごいものですね。

しかし、肝心のビデオは全て削除されている模様です。




   




リチャード・コシミズ氏の記事への大反論記事発見







輿水正

richardkoshimizu's blog: 2.27極左主催小沢支持鎌倉デモ:主催者の愚民党さんの

「小沢支持派偽装転向」以前の「小沢叩き」の数々


        アップ

ここに詳しい事が書かれておりますので、一読して見て下さい。

これに対して、久々に当ブログに登場のおみや さんが、痛烈な

反論記事を掲載しています。正直、今のところ、私には判断が

つきかねますが、問題提起として記事に掲載する事にしました。


zchmopさんのブログ  おみや さんの記事より

今度はリチャードコシミズか



日本一の弁護士に続いて、今度は、自称「そこそこ定評のあるジャーナリスト」


リチャードコシミズが、鎌倉デモ主催者・塚原勝美の過去(=左翼)をブログで公開し、


塚原が、「小沢支援を分断する工作員、だから鎌倉デモに行くな、拡散希望」とか書いている。


http://bit.ly/esWnJE


塚原さんとは愛知デモで一緒だった。

鎌倉から夜行バスで早朝に名古屋につき、開始までの時間を公園で佇んでいたらしい。

ベトナムズボンに作業着の防寒着、裸足でスリップの出で立ち。

デモ開始まで、参加者と雑談し、ジッと何かを思い詰めていた。

塚原さんと会ったのか、ルンペン放浪記を書いている田中さんとブログで知り合い、


名古屋デモで一緒に歩こうとなった。その知り合いが塚原さんで、名古屋であっただけの


関係だが、デモ参加者の個人情報を収集するような行動をしてなかったし、挙げ句の果てに、


愛知デモの旗を借りる交渉をしていたくらいで、とても、コシズミの妄想・破壊工作員のイメージ


とはかけ離れていた。

デモを終えた彼は、一人、小汚い格好で、翌日の西宮デモ参加のため、栄の雑踏に消えていった。

コシズミが、何故、塚原さんの左翼の過去だけを取り上げて、塚原さんを破壊者と断言し、会って


人間を確認しないで、デモ参加者を妨害しようとするのかは理解できない。


彼の場合、左翼活動から演劇に活動の場を変えている。

とにかく、何かが間違っているという彼の強者に対する抑圧者の心の疼きが、デモに繋がっている


ように感じた。それは僕の内なる葛藤でもある。

だから、このリチャードコシミズの妄想に近いブログには、断固として異議をいう。

というより、コシズミがしなければならないことをコシズミ自身がブログに書いている。


「主催に元極左という経歴の持ち主が合流し一部で「暴徒化と、個人情報の収集が目的である」と


囁かれている。主催者の一人は私が出入りしていた真相究明ジャーナリストの人でしたが、


その名前を使用して究明組織の有志を、そのデモ活動へ誘導した可能性がある」

だったら、真相究明メンバーに確認すればいいだけ、

おい、リチャードコシミズ、

塚原さんが、闇からのヒットマンだったら、リチャードコシミズ、お前のブログで闇の人間に伝言せよ。


「塚原に新幹線代出してやれ、塚原にもっとしゃきっとした服かってやれー」、と、

リチャードコシミズ、君が鎌倉に行き、自己疑問を解決しなさいや。

               




上関原発利権に潜む闇  売国奴たちの狂宴






元記事   全文掲載されてます


亡国・売国の国策に審判
  記者座談会・参院選の争点
               

県民の苦難作る安倍・林支配    2007年6月29日付


これより一部抜粋


 原発では郷土売飛ばし
 

 県政の舞台では、自民党林派の二井知事を使って、宇部興産などの利権をやって

きた。林派は中電の柳井火力にあるガスタンクからガスを買うなどの関係をつけたりで、

県東部にもだいぶ進出した。上関原発にもちょっかいをかけはじめた。2000年の林派

知事の同意をへて中電は詳細調査まで手続きを進めた。同意後、中電の筆頭株主で

ある山口県は、県庁出身者が温めてきたポストを引き上げて、林孝介氏(県商工会議所

連合会会頭・林義郎元代議士の弟)に中電取締役のポストを与えた。親族利権を絡めた

郷土売り飛ばしだ。
 

 さらに上関原発問題だ。上関現地では町のぶっつぶしが露骨に進行してきた。

国、県側が近年やってきたのは合併誘導だし、予算切り捨てだ。逆らった片山町長は解任

され、片山型の旧式の推進派を制裁して、中電の犬みたいなものばかりが重用された。

4年前の町長選はその結果で、その後は原発関連の予算もすべて切った。そしていっきに

無人島化政策が進んだ。一方で詳細調査をやっているという状態だ。人間が住めないように

して、町そのものを奪っていくという犯罪的な姿が暴露されてきた。

 原発についてはズルズルと進めている。岩国は米軍増強で、その30㌔あまりの隣接

地に原発というわけだから、標的としては格好のものだ。先日のボーリング調査に反対する

祝島住民の行動には、自衛艦が2隻あらわれて3時間も待機し威嚇するということがあった

が、まさに戦争誘致政策だ。安倍が総理ということで、山口県ではとくに米軍増強や国民

保護計画、上関原発などでは意地になっている。

 山口県中の沿岸を激怒させた県一漁協合併も大きな問題だ。これは信漁連がつくった

203億円の巨額の負債(残り103億円)を解消するとして全県漁民に尻拭いさせ、しかも

協同組合を解体させた。そもそもの原因は自民党林派がつくったものだ。マリンピアくろい

と信漁連の先物取引でパンクさせた責任を、強権的に全部漁民においかぶせた。やり方が

異常極まりなかった。2000~3000人規模の漁民を淘汰し、県漁協を借金地獄に叩きこんだ。
 

 県下の漁協を食いつぶした故・桝田市太郎(自民党林派元県議団長、元黒井漁協組合

長)は、犯罪者どころか国策にそった英雄扱いじゃないか。「よくぞ食いつぶして全国先端の

漁協合併に貢献した」という感じ。葬式には安倍、林がお別れの言葉までのべて、江島市長

まで参列した。安倍、林代議士側から見たら、漁協解体、漁業権没収という市場原理・グロー

バルスタンダードの「英雄」になっている。桝田というのは、今から見るとホリエモンや村上ファ

ンドと同種の人間で、その先輩筋といえるんじゃないか。借金した側が威張って、金を貸した

方がつぶされてしまう。まるで日本とアメリカの関係だ。
 

 市町村合併もこの6年だ。そのころは山口県内では周南が先行していた。他の市町村

では、ひとごとみたいな感覚があったが、あれよあれよという間にみんな合併に引きずり込ま

れていった。これも経済制裁方式で、予算を切って捨て、やっていけないようにして、強権的

に町村を解散させてしまった。合併したらかえって予算は回ってこなくなった。ペテン、詐欺が

政治手法だ。これは農漁業の破壊を基本にしており、役場もなくなり、学校は統合、農協の

支所も郵便局も店屋もなくなって、若者はおらず年寄りばかり取り残されて、集落解体の

危機が方方で現実的になっている。



゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆



wanton


山口県・中国電力・政治家などは、みんなグルである。


そして更にその上に、霞ヶ関官僚組織が君臨する。


山口県の政治家たちは、縁故企業への利権誘致や支援団体への


バラマキを繰り返し、膨大な赤字財政にしてしまったが、そのツケを市民


にまわし且、国からお金をまわしてもらう構図が出来上がる事になる。


国というのは、ほとんど官僚組織を意味する。


官僚組織は、原発利権と大きく関わっている。


原発が出来るごとに、それにくっついた特殊法人や公益団体と称する


天下り組織が次々と作られていき、天下り先が担保される事になる。


権益の拡大と天下りの担保が同時に出来る、まさに蜜のごとく美味しい


原発利権なのである。地方と政治家が、ハコモノ・バラマキ行政を


推し進めるには、中央との関係強化が必須条件であり、当然、癒着も


存在し、原発推進が交換条件となり、何がなんでも原発の建設を


強行するといった構図が出来上がるのである。


広島県や山口県においては、今現在、深刻な電力不足という話は全く


聞いていない。つまり原発を作るそのこと自体が重要な事なのだ。


官僚たちにとっては、この美味しい原発利権を確保するためには、国民


の血税をいくらでも投入する。


こうやって、日本国を滅ぼす恐れの可能性が極めて高い原子力発電所


が続々と誕生する事になる。


以前、前原国交大臣が八ッ場ダム建設を中止すると宣言したが、工事


そのものは、全く止まる事は無かった。


実質的に国を動かしているのが霞ヶ関であるという事が露呈した。


山口県は霞ヶ関の傘下団体である。


中国電力は霞ヶ関の系列企業である。


政治家は霞ヶ関の道具に過ぎない。持ちつ持たれつの関係にある。


これらは皆、売国集団である。その頂点に、霞ヶ関が君臨する。


権力と権限を最大に持っているのにも関わらず、何の責任も取る必要が


なく、この点、政治家とは違い優位な立場に君臨する。


そして、まさにガン細胞の如く、増殖を続ける巨大な歯車である。


ガン細胞であると同時に売国集団そのものである。

 
一部の利益のために、今日も莫大な国民の血税が垂れ流されている。


原発推進が、亡国へと向かうのは必然である。


日本に55基もある原発の存在は、安全保障の議論を無意味なものに


するであろう。


原発から排出されるであろう膨大な量の核廃棄物の存在は、いずれ


近い将来、この日本を人間の住めない島にするものとなる。




   クリックすると新しいウィンドウで開きます 










天国の永田さんへ贈る手紙 ~ 永田ニセメール事件





     


       



プロローグ


昨日、ブログにペタをいただいた方に、有難うのペタ返しをしていた時の事。


訪問させていただいた方のブログのプロフィールは必ず目を通す事にしている。


そして私のブログジャンルである政治ブログの人が書いた記事は、一通り目を通す


事が多い。その中である時に一匹狼さんの記事に目がとまり一読させていただいた。


そういえば、これと似たような記事を阿修羅か何かで見たような気がすると、ふと


思ったのだけど、しかしそのまま通り過ぎ、ペタ返しを続けた。私のブログへのペタは今およそ


220から270くらいの間を行ったり来たりしているのですが、ペタ返しに費やす時間


というのは結構長く、その合間々に時々ツイッターをチェックしています。一匹狼さんへの


ブログ訪問からしばらくして、実に驚くべき事に出くわしたのです。一匹狼さんの


記事の表題は、【 永田ニセメールと前原外相 】、これでありましたが、その後、私が真っ先


に目にしたツイートが実に驚くべきものだったのです。内容は以下の通りのものです。





ジャーナリスト 田中稔

前原外相が代表を務める政党支部の04年収支報告書。

妻・前原愛里氏からの借入金が01~02年に集中。新緑会にも。なぜなのか。

  (休憩中ツイート)


聡明な読者の方には、私が驚いた気持ちというものが御理解いただけると思います。

しかも更に驚くべき事に、クリックして調べて見ると、私はこの人をフォローしていない。

にも関わらず、何ゆえに私のタイムラインに表示されたのであろうか ( ̄□ ̄;) 。

偶然とは、かくも恐ろしきものと思ったりしたのですが、しかし、これって本当に単なる偶然

なのだろうかとも思ったのです。その時に私はふと思ったのです。もしかしてこれは、

飛び降り自殺した永田議員の無念の御霊が、私を呼び寄せたのかもしれないと。

私はそれから直ぐに、一匹狼さんのブログに引き返し、転載希望をお伝えしたのです。

この永田ニセメール事件に関わった二人の国会議員の明暗は、くっきりと分かれ
ました。

一人は今や、次期総理大臣の最有力候補。

もう一人は、政治生命を絶たれた挙句、離婚にまで及び

人生をズタズタにされてしまった果てに、無念極まりない非業の飛び降り自殺。

待てよ、これと似たような話はどこかで見たような気がする。思い出した。

朦朧会見を仕組まれた末に、政治生命を絶たれた挙句に不審死を遂げてしまった

中川昭一元財務大臣だ。http://ameblo.jp/64152966/entry-10767795672.html

そしてその朦朧会見の時に横に座っていた篠原尚之財務官。

中川昭一朦朧会見を仕組んだ男ー ロバート・ゼーリック 、この記事より

酩酊会見゛で中川氏の左側に座っていた篠原尚之財務官はその後、
IMF副専務理事に出世した。あまりにも露骨な功労人事である。


自殺された永田議員は、飛び降りる時には、如何なるお気持ちであったのでしょう。


永田さん、今日、あなたの事を記事にする事になりました。


どうか天国のあなたに、この記事の想いが届きますように。

合掌 




                    一匹狼


    永田ニセメールと前原外相


  無念の死を遂げられた永田議員のためにも一読をお勧め致します。













上関から生中継=712人視聴中  原発反対 \(*`∧´)/





中根 桂子

苦しんでる人がいる。助けを求めてる人がいる。虐げられていい人なんて誰もいない。

人ごとだと思わず、中継を見て下さい!上関から生中継。広めて!



ここにいる大人は、自然に助けられて、第一次産業の人に助けられて大きくなってきたはずです。

それを忘れてはならない。金儲けのために自然を壊さないで。上関から生中継。712人視聴中。

上関でもみ合い?柵を強引に撤去しようとしている。上関から生中継。見て!

中国電力の新しいFAX番号は 082 - 504 - 7006』 です。中国電力、途中で番号変えました
のでお間違いなく。

船の上からの中継はこちら。



2004年独政府(放射線防護庁)は放射能の影響について原発を推進する学者も調査メンバー

に入れドイツ中を調べた。 結果「原子力発電所から5キロ以内に住む子どもは、

白血病の率が2倍以上に増える」



greenpost

イベント 4/11 カンムリウミスズメと上関(瀬戸内海)の生物多様性 – ホットスポット 

奇跡の海を守ろう

広島市平和記念公園内 国際会議場「ヒマワリ」 日本鳥学会


吉松幸四郎

まぁ、ひと息入れようか。ザ・タイマーズ「原発賛成音頭」




チャンドラ

ひとくちに上関町民と言っても、陸地と島とでは原発に対する印象が全く違ってきます。

目の前の島民の理解なくして「理解を得られた」とは言えないのでは。



現状では原子炉も含めた廃棄物処分が進んでいない。要するに使い捨てに近い形で

原子力発電所が作り続けられようとしています。


RT @ : 威力業務妨害にはなりませんよ。脅迫的なことを書かなければ問題ありません。

>抗議FAX煽ってるバカいるけど、威力業務妨害になるからね?


しゃわりん

中国電力側ちょうど撤収、多分終了、これから波音と音楽で癒し団らん?

ようやくUstを見られたと思ったら、何かあった模様・・・ (live at


警備員撤収。乙wダブルKさん達の顔はみてないけど、優しそうだし、挑発に乗って
激昂撮られなかったのはよかったね!





速報【巨悪発覚】


検察審査会は政治利用された  徒然花全文掲載




★阿修羅♪ より


森ゆうこ議員ツイッターより、検審OBのブログ必見、

これで、検審もお陀仏?!


「徒然花」本文 2011年2月23日 井村好枝


2月8日夜にアップした「徒然花」の反響が、予想以上に大きかったことが

幸いして、三権の権力者に因る「有印公文書偽造」という重大な犯罪行為

が 民主党代表選に影響を与える目的で、東京第五審査会に因って成さ

れていたことが、森ゆうこ議員の調査で発覚しました。


菅・仙谷・前原・岡田氏らの誰か又は談合の結果に因って出された至上

命令に、慌てふためいた状況で作成された9月14日付けの議決書には、

絶対不可欠な署名捺印が無い、所謂、幽霊状態。従って、杜撰な文書、

すなわち、正式な文書とは言い難いものであり、当然、無効文書です。 

この議決文書は、「万一、小沢氏が勝った場合は、「此れを見よ」で結果

を覆してやる」と仙谷氏が力説して、小沢支持議員を切り崩して、民主党

代表選で勝った菅・仙谷・前原・岡田氏らは、その議決文書が無効では、

いつか此れを暴かれると恐れて、有効文書にする為に、その為の捏造

書類(審査員11人の署名捺印文書捏造)に思わぬ時間が掛かって、

10月4日まで公開されなかったという次第らしいです。

このような悪魔的企図で選出された、昨年、9月14日以降の菅氏は、

首相失格だと思います。

『対立候補は、小沢氏一人であり、代表戦は、公選ではないが、代表=

次期総理を決める為の選挙であったのだから、 菅が白でも、仙谷か

前原か岡田が連座制で引っかかって、当然、首相を小沢氏に交代させ

るべく手続きを国会で速やかに成して、来年度予算成立を目指すべきだ』

と夫は断言しました。

そもそも、第五検察審査会の一回目の不服申し立てそのものが不当です。

夫は、『小沢幹事長を「東京第五検察審査会」告発した、匿名(甲)が、

「在特会」代表・桜井誠氏であることは、彼自身のブログで明らかだ。』と、


このことを指摘しているブログ を私に示しました。 そこには・・・、

東京地検特捜部は昨年2月4日に、小沢一郎民主党幹事長(当時)の

資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件

で、04、05年分の虚偽記載容疑について、小沢幹事長を「不起訴処分」

しました。

検察の「不起訴処分」に対して正体不明の市民団体が「不服申し立て」を

行い受理した「東京第五検察審査会」が約2カ月半の審査を経て 昨年4月

27日に審査委員11人の全員一致で「起訴相当」の議決を出しました。

東京地検特捜部は「東京第五検察審査会」の「起訴相当」の議決を受けて

再捜査をししましたが 、再度「不起訴処分」にしました。

「東京第五検察審査会」は7月末に審査委員全員と補助審査委員の弁護士

が交代して、全く新しいメンバーが事件の審査を最初からやり直していると

され審査結果が出るのは9月中と言われています。

検察審査会に「不服申し立て」をした団体あるいは個人の正体は 「東京第

五検察審査会」事務局も大手マスコミも意図的に隠してきましたので謎の

ままでした。

しかしここにきて「不服申し立て」をしたのは、「
在日外国人の特権を許さな

い会(在特会)」桜井誠代表であることがいとも簡単に判明したのです。

ご本人が2月5日のブログ記事で「検察審査会へ不起訴不当の審査申し立

てを行いました」と書き、2月11日のブログでは、「東京第五検察審査会」

「受理通告書が届きました」と公表していたのです。

以下に2月5日付けの桜井誠氏のブログ記事の重要部分を転載して問題

を書きます。

検察審査会へ不起訴不当の審査申し立てを行いました  桜井誠 

2010年 2月5日 桜井誠ルーム/ブログ
ブログ記事抜粋①
平成22年2月5日(金)東京検察審査会に対して、民主党幹事長小沢一郎

の政治資金規正法違反容疑で 起訴を見送った東京地検特捜部の判断を

不服として不起訴処分の是非を問う申し立てを行いました。 この申し立ては

2月5日付で検察審査会事務局に受理され、来週明けに受理通知が届く

そうです。


検察が2月4日に不起訴決定した翌日の2月5日に桜井誠氏が不服申し立

てを行っている。検察内部から知らされている。これは違法!

ブログ記事抜粋②
これを受け、5日の朝一で検察庁特捜部に連絡を入れて申立書の被疑者

特定について話を伺ったところ、不起訴処分の正式な日付は2月4日である

こと、 事件番号 などについては記載しなくても小沢一郎という名前で事件

特定は可能であることを教えていただきました。 申立書の不起訴処分

年月日と被疑者欄さえ記載していれば、事件番号(平成○年検第○号)、

不起訴処分した検察官についてはこの件に関して特に記載する必要はない

とのことでした。

2月5日午後に検察審査会に不服申し立てした桜井誠氏は、当日朝一番に

東京地検特捜部と打ち合わせをしていることが分かる。

東京地検特捜部が桜井誠氏の不服申し立てに積極的に協力していること

が分かる。


ブログ記事抜粋③
検察審査会事務局では、審査申し立ての手続きについて説明を受けまし

た。本来であれば告訴・告発人でなければ審査の申し立てはできないの

ですが、 小沢一郎は国会議員という立場であり、なおかつ被疑事実も

「政治資金規正法違反」という公金に関わる問題であるため、 全国民が

被害者という立場で申し立てを行うことができることを確認しました。

(ただし、検察審査会側の判断によっては、申し立てを却下する場合も

あるとのことでし た。


本来であれば告訴・告発人でない桜井誠氏は「審査申し立て」ができない

のだが、 「東京第五検察審査会」事務局は「小沢一郎は国会議員あり、

被疑事実が「政治資金規正法違反」という公金に関わる問題であり、

全国民が被害者という立場で申し立てを行うことができる」と違法な拡大

解釈で「不服申し立て」を受理したことが判る。
「東京第五検察審査会」事務局が「審査申し立人」の桜井誠氏を最後まで

隠していた理由が判る。

桜井誠氏はもともと「審査申し立 て」する権利がなかった!


私も、菅氏は首相失格だと思います。悪辣な企みで、参院選の敗北の責任

を取らず、首相の座にしがみついて、みっともない限りです。情けない気持

ちでいっぱいです。


夫「いわた先生」は、さらに、ウラをとる為に、心当たりに電子メールや

ツイッターからダイレクトメールを投げ始めました。


小沢首相実現阻止目的で(恐らく仙谷の命令で)9月14日の

代表選直前までに間に合せよと至上命令が出たものの

東京第五検察審査会事務局が審査議決書作成時間切れと

なり「有印公文書偽造」の重罪を犯していることが森ゆうこ

議員と愛妻との電話で判明! 小沢首相実現が濃厚です。(続き)



(続き)それで、お願いです。不安げな菅に比べて仙谷が堂々

としていて、この党大会の直前に、 岩上氏か上杉氏かが、

仙谷が「万一、小沢が勝った場合は「此れを見よ」と言って

投票結果を覆してやる」と力説していたような記憶が私に有

るのですが、 このウラを取る必要があると思います。

ご協力の程お願いします。


もう一つ、とても重大な事実が隠されて。 9月14日の審査員が3名も

欠席して、その補充として、臨時審査員を3名選出して出席させて議決

を取ったのだそうです。この議決直後に、議決について審査員の責任を

記す意味で、審査員全員の署名捺印をして議決書は完成だったのです。 

ところが、何故か、9月14日に議決を取った筈なのに、署名捺印をしな

かった!?。 20日も後の、10月4日の審査会で、この日も、何故か?

9月14日と全く同じ審査員3名が欠席!? 再度、選出した臨時審査員

3名も??偶然???の同じ人物???? 10月4日付けの議決書に

署名捺印。 ・・・ということは、 この議決の司法的に正当な日付は

10月4日です。 何故ならば、議決に責任持たせる為の署名捺印が

欠けた議決書は、絶対に正式な書類ではありません。 

私が、名古屋第一審査会で経験して、議決と議決書に署名捺印が別の

日に分けられたことは一度もありませんでした。 従って、この重大な事実

に拠って、9月14日の議決書は無効です。 異論に対しては、法律に詳し

い方のツイッターでの解説を望みます。ご協力をお願いします。


『仙谷は、東大在学中に司法試験に通ったことを、小沢氏に比べて自分の

方が偉いと錯覚してしまう程度の馬鹿だから、「上手の手から水が漏れた」

のだ。小沢氏は代表選に出ないと高をくくっていたら、突然、出馬すると判っ

て慌てた。でも、こちらは首相・官房長官・幹事長など権力を握っているから

大丈夫だと、まだ、小沢氏を見縊っていた。ところが、札幌の演説会で、

小沢コールの大きさに驚いて確実な詰めを怠った。「9月中に!」と命令して

いた捏造議決書を、我を忘れて、「何が何でも党大会直前までに!」と、

「人はミス・ポカをしばしばする」ことをど忘れして命令した。恐らく仙谷が、

「幽霊だろうと何だろうと兎に角作れ!」と自ら弁護士であることを忘れて

捏造を指示、かつ、恫喝した。 弁護士法違反! 所詮インタプリタ型人間。

 エラーどころか一つも警告が出ないところまでバグを取り去るコンパイラ型

人間でなかった愚か者集団の最後が見えたね! やっぱり、日本の公務員

は、須らく特許「ITSS」公的援用で縛らなければ駄目だね!』

 これが、夫・いわた先生の「判決」でした。