将棋女流名人 里見香奈さんとの思い出



里見香奈さんは、今現在女流プロ棋士の中でも最強を誇る。


 女流名人倉敷藤花女流王将


これが彼女が保持しているタイトルで、女流3冠なんです (^O^) 。


もう当分彼女とは会っておりませんが、随分と有名になったものです。


実をいうと私は、彼女とは昔からの知り合いなのです。


彼女のブログには、私の名前も登場しています。


彼女のお父さんは、無類の将棋好きで、香奈ちゃんとお兄さんを車で連れて


地元の島根から広島の将棋大会などにも遠征でよく来られていました。


その当時、とっても可愛らしい小学校四年生だったのですが、


どちらかというと、小柄で華奢な女の子という感じだったですね。


その可愛い子供の彼女が、将棋大会で次々とおじさん連中を負かすもの


ですから、さあ大変、大の大人のおじさんは顔を真っ赤にして大苦戦 (´□`。)


香奈ちゃんは、対局の時にはいつも青いタオルを首にしていましたね。


なんかトレードマークのようになっていて、何でいつも青なんだろうと


不思議に思っていたものです。


香奈ちゃんの対局の時には、いつも観戦者が多く、対戦するおじさん連中は


やりにくい事この上ない。そんなチッチャな子供に大人が負かされるのを


期待して喜んでいるのが感じ取れました (ノ_-。) 。


実を言いますと、かく言う私も何度か対戦したことがあるのですが、


ほとんど負けた記憶がないですね。何しろ私はこれでも一応、県代表クラス。


しかし、勝ったら勝ったで、こんな可愛い子供相手にむごいことをするといった


非難の視線に堪えなければならないので、やりにくかったですね (ノ_-。) 。


ある時、広島県の大きな大会で有名な強豪と対戦していた時のこと、


ふとため息をついて視線を上げた先に、観戦していた香奈ちゃんの顔が。


目と目が合い、ニコっと愛らしく微笑んだ可愛らしい顔が今でも忘れられません。


そんな可愛い子供だった香奈ちゃんも、今や超有名人。


私は大きな将棋大会からは身を引き、インターネットの対戦将棋へと ・・・


そして今では御存知のとおりブログ活動に勤しんでおり、ネット将棋も


たまの息抜き程度にしかやりません。


ネット将棋で使用しているハンドルネームは、wanton


将棋道場の席主の竹内さんからいただいたものです。


その名前をそのままブログ名として使っているというわけです。


香奈ちゃんとの数々の思い出も、今では懐かしい思い出となっています。


子供の頃の香奈ちゃんをビシビシ鍛えてやったwantonでした (^O^)/。


            クリックすると新しいウィンドウで開きます


                    里見香奈2




                    里見香奈




                 



    

里見香奈オフィシャルブログ


美しい日本自然

クリックしたら御覧になれます (^O^)


                  









       



         










AD