まとめ(ライブ編)

テーマ:

これでホントに最後!!


ムックの独断と偏見による、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2005 in EZOのベストライブを発表します♪



第3位!!


GREAT ADVENTURE


もっと観たかった!!


絶対にCD買おうと思う。



第2位!!


DEPAPEPE


良い♪


大人でも聴ける音楽です(^.^)


現時点での、ムックの2005年、イチオシアーティストです♪


CDも良い。

ライブも良い。


「でぱぺぺ」と読みます(^.^)



第1位!!


Theピーズ


これは100%、ムックの独断と偏見(>_<)


ムックはこのピーズのライブで、勇気と感動をもらいました♪

ハルくん、ありがとう(^.^)


デビュー当時のピーズが好きだった今は30代の方へ。

観たらきっと感動すると思う!!

AD

GREAT ADVENTURE

テーマ:

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2005 in EZOの話で、一個、書き忘れてた(>_<)


LOOPA NIGHTからの帰り道に観た、「EARTH TENT」で演っていた「GREAT ADVENTURE」が良かった♪


通りすがりに外の画面で見たとき、「え? 洋楽?」と思った。


「いいじゃん!」と思って、テントに入ったら、最後の曲が始まった。


スタッフが、「お急ぎくださ~い。」と声をかける。


テントの中は、若い男の子が多かった。ノリノリだった。

よかった♪


「東京に帰ったら、CDを買おう!」と思った(^.^)


GREAT&FUNKY-Reservoir Edition-

レジャーサイトに戻って友人たちに聞いたところ、全員、ノーチェックのアーティストだった。

これからの活躍に期待!!

AD

まとめ(装備編)

テーマ:

以上で、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2005 in EZOの体験談はおしまい♪

最後に、レジャーサイト向け装備について、まとめておきます(>_<)


<服装>

今回のムックのように、Tシャツ&ジーンズ&スニーカーが基本ですね。


Tシャツは、涼しいので長Tでも可。ムックは途中まで長Tでした。

外でも着替えやすいよう、ピチピチのTシャツではなく、余裕のあるデザインが望ましいでしょう。


で、足の裏には、休足時間ツボ刺激ジェルシートを貼るコトをオススメします(>_<)
換えのシートも準備すると、更に万全でしょう!

髪の長い人は、まとめるゴムを持っていくと便利かも。


<荷物>

必ず必要なのは、レジャーシート、タオル、明け方用の上着と、寝るときに掛けるモノ、ポケットティッシュ、カッパ、あとは現金!

レジャーシートは、銀シートだと座り心地も良く、夜でも暖かい。
んでも、持ち運びが大変なので、荷物を増やしたくない人は、普通のレジャーシートでも大丈夫(^.^)

花見のシートみたいなのを持ってきてる人が多いので、自分の場所がどこだか、見失ってしまうコトがあります。

そんな場合に備えて、目立つ柄のシートを持っていくのもオススメです♪

タオルは1枚でも大丈夫だけど、2枚くらいあるといいと思います。
途中、顔を洗ったりもしたいしね(^.^)

寝るときに掛けるモノ。これは、夜中から明け方にかけて横になりたい場合は必須です(>_<)

ムックは今回、タオルケットを持って行きましたが、タオルケットでは、明け方の寒さをしのげませんでした。

友人が持ってきていた、NASA開発のブランケットは良かったです♪

このブランケットの難点は、サイズが大きいコト。
もっと小さいサイズがあればい~のにな。。。

ポケットティッシュは、後半戦のトイレで活躍します(>_<)
トイレットペーパーが無くなっている場合があるので。。。

あと、喫煙者の方は、携帯用灰皿を持って行った方がいいかも??
まぁ、灰皿が置いてある場所以外では吸わないで欲しいってのは、非喫煙者の本音ですが。。。

鳥目の方は、懐中電灯の類も必須でしょう。

あと、ライブでもみくちゃになる予定の方は、もみくちゃになる回数分の着替え(Tシャツ)を準備した方がいいです(^.^)


で、荷物は、レジャーサイトに置いとく用と、持ち歩く用に分けて、持ち歩く荷物は、「もみくちゃになっても大丈夫」なバッグに入れるコト!


レジャーサイトに置いとく荷物は、なくなってもいいようなモノで固めるコト!

AD

帰宅

テーマ:
家に着いたら、旦那に「昨日も泊まるなんて聞いてなかった~(>_<)」と言われた。

そ~いえば、言ってなかったかも??

「まぁまぁ。」って感じで、おみやげを渡す。

SHERBETSのTシャツを見て、「浅井健一でたんだ。」という旦那。

それは言った気がするぞ??


そして、一緒にポテトチップチョコレートを食べた。

おいしくなかった(>_<)

ムックと旦那の感想。。。
「ポテトチップとチョコレートは別々に食べた方が良い。」

ムックも旦那も、甘いモノ(スイカなど)に塩をかけるのは好きではないので、だからかも??

特にムックは、塩っぱいモノが得意ではない。

そのせいか、とても塩っぱく感じました(+_+)

はじめ、旦那の実家用にしよ~か迷ったんだケド、自分で食べちゃって良かった~(>_<)

帰り道

テーマ:
ゴミを捨てて、ゲートをくぐって、シャトルバスで麻生駅へ。

そこから南北線で札幌駅、JRで函館空港へ。。。

函館空港の早朝から営業しているレストランで朝食をとりつつ時間をつぶした後で、おみやげを購入!

ムックは、自宅用に「ポテトチップチョコレート」、旦那の実家用に「マルセイチーズ&ビスケット」、会社用に「マルセイバターサンド」を購入♪

散歩

テーマ:
と言っても、もちろんRISING SUN ROCK FESTIVAL 2005 in EZOの敷地内ですが。

トイレ近くに設置されている水道で、歯を磨こうと思っていたら、水が詰まっていたので諦める。。。

お店で、焼きたてのメロンパンを売っていたので、2個購入。

レジャーサイトに戻ったら、斉藤和義がちょうど終わったトコでした(>_<)

メロンパン2個を4人で分けて食べた後、身の回りを片付けて、レジャーサイトを後に。

くるり

テーマ:
最後のお目当て、くるりが始まった。

ステージの前に行くか、暫く迷った末、レジャーサイトでくつろぎながら鑑賞するコトに(>_<)

それにしても、めっちゃ、人が集まってたよ~♪

ムックが見た中では、一番人が集まってた気がする。

ま、そんなコトもあって、ムックはステージ前にはいかず、レジャーサイトでまったり鑑賞するコトにしたのでした。

くるりのライブは初めて。
ライブは、それまでTVやら雑誌やらで見ていた印象と違った。

この記事からリンクしている公式サイトの写真とも違う。

これまでの印象とは違って、ライブでの見た目は、もっと普通にバンドっぽい感じ(>_<)

で、ライブは、やっぱ良かった♪

と言いながら、ムックは途中、寝てましたが(>_<)

んでも、最後の曲が良くて、起き上がって聴いていた。

次は、大トリの斉藤和義。

ムックは興味がないので、散歩に行くコトにした(^^ゞ

ひと休み

テーマ:
途中、いろんなお店を見たり、ホタテ(でっかい!!)を食べたり、トイレに寄ったりしながら、レジャーサイトに到着(>_<)

これと言った目当てがないので、しばらく休むことにする。

次の目当ては、3時30分から「SUN STAGE」で始まるくるり

それまで、ひと休み(>_<)

寒くなってきたので、旦那へのお土産用に購入したSHERBETSのTシャツ(←かわいい!)を着て、タオルケットを羽織ってくつろぐ。

ますます寒くなってきたので、ユニクロエアテックジャケットを着て、足には友人YのNASA開発ブランケットを掛ける。

そうこうするうちに、CRAZY KEN BANDの演奏が始まる。

タオルケットを枕に、横になって鑑賞。ちょっと寝ました。。。

LOOPA NIGHT

テーマ:
SHERBETSの後、「SUN STAGE」の予定は、「忌野清志郎&NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNS」。

「ど~しよっかなぁ~。」と、暫く迷った末、「MOON CIRCUS」に行ってみることに。

「MOON CIRCUS」でやってるのは、石野卓球主催の「LOOPA NIGHT」!

到着したときは、「RYUKYUDISKO」の途中。ちょっと経ったら、石野卓球のプレイが始まった(>_<)

いや~。やっぱすごいねぇ~♪

DJのコト、あまり詳しくないケド、凄いってコトは分かるよ。

でもって、ココは、聴く人じゃなくて、踊る人の集まり(>_<)
もちろん、ムックも踊ったよ~♪

野外でのこの手のイベントに参加するのは初めて。
地面がデコボコしてるので、ときどき、バランスが崩れそ~になるのが難点(>_<)

んでも、北海道の気持ちのいい夜風に吹かれながら踊るのは、気持ちい~ね♪

しかし、暫くして体力的にキツくなったので、好みじゃない音楽になったところで退散。

ダイエットしたかったら、クラブで踊るのがい~かも?
ジョギングと同じくらいの体力が必要な気がする(>_<)

SHERBETS

テーマ:
次の目当ては、「SUN STAGE」のSHERBETS!

とりあえず、レジャーサイトで鑑賞することにしました(^.^)

んでも、2曲目くらいで気が変わって、ステージの前に移動!

思ってたより人がいなくて、途中からでも前の方に行けたよ(>_<)

でもって、SHERBETSのライブは初めてだったのですが、結構、おとなしい人が多く、「ノリノリ」という感じではなかった。

曲の方も、盛り上がったところで静かになってみたりして、ノるのが難しい感じ。

ノるというより、聴くという感じのライブかな??

ベンジー(浅井健一)のボーカルは、いつも旦那が家で聴いているBLANKEY JET CITYのCD、そのまんまだった。

藁で手作りしたバッグの歌を「いいなぁ。」と思いながら聴いてたら、それが最後の曲だった(>_<)