脱原発アクション NO NUKES 旭川

旭川・上川地域の脱原発関連の情報をアップします。
情報はコメント欄やメーリングリストからどうぞ、党派など問いませんのでよろしく!(join-nonukes-asankara.4HJD@ml.freeml.comへ空メールを送信すると登録できます)チーム「今だから」の連絡にも使っています。


テーマ:

『記憶と生きる』映画上映のお知らせです!

日時: 11月3日(木祝) ①10:00~ ②14:00~ ③19:00~ (上映147分)
場所: サン・アザレア (旭川市6条通4丁目)

資料代: 一般前売 1000円(当日1200円)/大学生・障がい者 500円/高校生以下 無料
※1回目のみ託児あり ・要予約(1人200円)25-3169まで

元「慰安婦」たちが肩を寄せ合って暮らす韓国の「ナヌム(分かち合い)の家」。1994年12月から2年にわたって日本人ジャーナリストがハルモニ(おばあさん)たちの生活と声をカメラで記録した。元「慰安婦」という共通の体験以外、その境遇や歩んできた道はまったく異なるハルモニたち。支えあい、時には激しくぶつかり合う。そんな生活の中で彼女たちは消せない過去の記憶と、抑えられない感情を日本人の記録者にぶつけ、吐露する。あれから20年近く経った今、あのハルモニたちはもうこの世にいない。残されたのは、彼女たちの声と姿を記録した映像だった……

2009年度キネマ旬報文化映画ベスト・テン第1位に輝いた『沈黙を破る』、2013年度同ベスト・テン第3位で文化庁映画賞文化記録映画優秀賞を受賞した『異国に生きる 日本の中のビルマ人』の土井敏邦監督が、戦後70年の2015年、あらためて「慰安婦」問題の”記憶”を辿るために完成した注目の最新作。3時間半を超えるこのドキュメンタリー映画は、「問題の解説」や「史実の検証」を目指したものではない。被害女性たちの証言を ありのままに記録した映像作品である。
主催:チーム「今だから」

協力:ウィメンズネット旭川・あさひかわ西地域9条の会・東川9条の会・あさひ岳法律事務所・週刊金曜日旭川地区読者会・江卸の歴史を掘る会

後援:旭川市教育委員会

問い合わせ:こども冨貴堂(0166-25-3169)・きっちんらいる(0166-87-5046))

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
緊急トーク 「TPPで地方がつぶれる」 講師・山田正彦さん(弁護士・元農林水産大臣)
日時: 6月4日(土) 19:00~21:00 (開場18:30)  
場所:  ときわ市民ホール 4F多目的ホール(旭川市5条通4丁目)
資料代: 一般前売 500円(当日700円)/大学生・障がい者・高校生以下無料

 『私が書いた「TPP秘密交渉の正体」よりも、現実の協定6000ページは想像を絶するものだった。』(5/4の山田正彦さんFacebookより)

 食品などの「道産」表示は自由貿易妨害として訴えられ、自治体の公共事業に多国籍企業が参入してくる。健康保険制度の民営化もアメリカと約束したという――。分析チームが明らかにした、6000ページに及ぶ衝撃のTPPテキスト。そのポイントを、元農林水産大臣でTPP交渉差止・違憲訴訟の幹事長をつとめる山田正彦さんにお話しいただきます。

※託児はありませんが、保護者の方と一緒に過ごせるお子さん連れのご参加歓迎です。

【山田正彦氏プロフィール】 1942年、長崎県五島市生まれ。1966年、早稲田大学第一法学部卒業。牧場経営、弁護士を経て、1993年新進党から衆院選に出馬し当選。その後自由党結党に参加し、民由合併で民主党へ。菅直人政権で農林水産大臣を務めるが、消費増税やTPPに反対し2012年に民主党を離党。現在は弁護士としてTPP差し止め訴訟などで活動している。著書に「小説 日米食糧戦争-日本が飢える日」「中国に「食」で潰される日本の行く末」「アメリカに潰される!日本の食―自給率を上げるのはたやすい!」など。

主催:チーム「今だから」
後援:旭川市教育委員会・あさひかわ新聞・北海道中小起業家同友会道北あさひかわ支部・東川九条の会・百姓黒川・塩崎牧場・勝手連@旭川
問い合わせ:こども冨貴堂(0166-25-3169))

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前日のお知らせです
第86回日本衛生学会学術総会が旭川で5/11~13で開催されます。
学術総会ということで専門化向けの複数のシンポジウムがある中で市民公開のものもあり、その中で12日のシンポジウム6に注目しています。3.11原発事故のときかなり早い段階で放射能測定した木村真三氏が座長をつとめるようです。各演者のテーマも興味深いものです。
平日ですが行ける方は是非足を運んでみてはいかがでしょう?
他にも再生可能エネルギーがテーマのメインシンポジウム(市民公開)「自然とともに生きる暮らし」や市民公開とはなっていませんが水俣病やイタイイタイ病、放射能汚染がテーマになっているシンポジウム7 「温故知新──新たな視点から見直す公害」など
日程・テーマ・会場はこちらで確認してください。

シンポジウム6「チェルノブイリと福島からの警告」
日時:5月12日(木) 14:30~16:30
場所:旭川市民文化会館2F第2会議室

テーマ:「チェルノブイリの事実」
演者: 木村 真三氏(獨協医科大学 国際疫学研究室)

テーマ:「福島の現状と課題~太平洋東北沖大震災と東電原発過酷事故から5年~」
演者: 小林 茂氏(元新聞記者、フリージャーナリスト)

テーマ:「飯館村の放射能汚染を測る」
演者: 伊藤 延由氏(飯館村住民)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
現代社会を深くえぐる映画上映の紹介です
[上映作品名]
「ザ・トゥルー・コスト~ファストファッション 真の代償~」  
「遭難フリーター」
[日  時] 
3月26日(土曜日) 11:00/14:00/16:30/19:00
3月27日(日曜日) 11:00/14:00/16:30/19:00
※各回最大30席(チケット購入、予約がおすすめ)
[場所・主催]  まちなかぶんか小屋(7条通7丁目) 電話0166-23-2801
[チケット代] (前売券)1,000円・(会員)800円(当日券1200円)
[チケット取扱]まちなかぶんか小屋、こども冨貴堂、 ジュンク堂書店旭川店

「ザ・トュルー・コスト~ファストファッション 真の代償~」
安い服は本当に安いのかー。本作は、服を巡る知られざるストーリーに光を当て、「服に対して本当のコストを支払っているのは誰か?」という疑問を提起する、ファッション業界の闇に焦点を当てた作品。
低賃金で働かされている縫製工場の人々、賃上げを求める従業員に対する理不尽な暴力、皮革工場からの廃液による住民の健康被害、コットン栽培の農薬被害の実態を、インタヴューやテレビニュースを交えながら描きます。またその一方でこういった既存の仕組みを変えようという取り組みとしてエシカル(倫理的な消費行動)や、フェアトレード(公正な取引)に取り組む人々の姿を取り上げています。
「遭難フリーター」
派遣労働者として働く若者・岩淵弘樹氏が自分自身を撮ったセルフドキュメンタリー作品。
時給1,250円の単純労働という不安定な労働から抜け出せず、仕事に生きる意味を見出せない彼は、フリーターの権利を求めるデモに参加をし、マスメディアの取材を受けることに。しかし、テレビ画面から映し出されたのは、ただただ「不幸で貧しい若者」。その一方で、「若いから可能性はある」という首相の言葉が空々しく響き、「勝ち組」である友人からの自己責任論調の説教が追い討ちをかける。「俺は誰に負けた?俺は誰の奴隷だ?」「こんな生活に出口はあるのか?」そう呟きながら、生きづらい青春を不器用に走ろうとする一人の革者の姿を生々しく描きだす青春ドキュメンタリー作品です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
またまた当日のお知らせになってしまいました
西尾正道先生(北海道がんセンター名誉院長)講演会 
「3.11から5年後 福島、そして日本の現在」

日時: 3月23日(水) 19:00~21:00 (開場18:30)
場所: ときわ市民ホール 4F多目的ホール(旭川市5条通4丁目)
資料代: 500円/障がい者・大学生・高校生以下無料


放射線治療の第一人者である西尾正道先生は3.11後、内部被ばくの危険性を訴える講演活動のほか、福島県内で甲状腺の検診も行っています。
鼻血の描写で連載終了に追い込まれたマンガ「美味しんぼ」の作者・雁屋哲氏がもっとも信頼を寄せる専門家とも言われています。
今回は3.11から5年後の今、西尾先生の目から見た内部被ばくの影響、またTPPで懸念される遺伝子組み換え食品、医療保険の問題にもふれていただきます。

主催:チーム「今だから」/後援:旭川市教育委員会 
問い合わせ:こども冨貴堂(0166-25-3169)






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。