江東天祖神社にまいりました。
推古天皇の時代の創建と伝えられています。


手水舎の向こうには、亀戸七福神の福禄寿が祀られています。


狛犬がかわいいフォルムです。


前足のラインがいいですね。


天正年間に疫病がはやったとき、織田信長の使いが流鏑馬の奉納をしたことに由来して、いまも歩射による流鏑馬神事が行われています。社殿は日本最初の防災建築。昭和4年(1929年)鉄筋コンクリート造。


境内社の太郎稲荷は、柳川藩立花家下屋敷の邸内社を遷したもの。


境内にはこうした童の像がそこここにあります。


御朱印をいただきました。

AD