アコースティックdeないと

空音の巻
録音完了です〜d( ̄  ̄)

は、5th Street のインターネットラジオです。

パーソナリティが繰り広げる
トライアングルストーリー
元祖ただまつ本舗のコマーシャルコント
などなどお聞きください。

AD

ウッドストックを超えて

テーマ:
11月の19日は忘れられない日になりました。

元シグナルの“稲垣達雄”氏の還暦ライブ
“たっちゃん”が組んでいるユニットDOMの“W還暦ライブ”

ゲストが“うえむらかをる”そして
元シグナルの“住出勝則”

DOMは、“たっちゃん”が関西で活躍する“平山國次”氏と組んでいるユニット!

{9B0606E9-637D-41F0-BC68-ECE9D1019BA7}

懐かしのフォークからシグナルのセルフカヴァーまで色々。
本当に飽きないユニットです。

以前ブログにも書きましたが、たっちゃんの
“風になれたらいいね”と“ウッドストックを超えて”
この二曲はシグナルの曲の中でも好きな曲なのです。

当日は“DOM”で
風になれたら〜
を演奏してくださいました。

そして、待ちに待ったゲスト
住出さんの登場!

{1C9AB8F1-6FE0-47ED-BA5B-27C546D00749}

もう、たまりません!
“たっちゃん”にベース持ってほしかた〜。゚(゚´Д`゚)゚。

この感覚すでにマニアなところにいる自分〜d( ̄  ̄)
“ミッドナイトバーボン”でギターを満喫!
フリーウェイミュージックはSE付きでノリノリ!
そしてラストまで一気に!

そしてDOMの計らいで“Masa Sumide”ソロギタータイム!

{9862BBBD-F083-4A2A-B17B-172F06873D5C}

今日の日のためにと、
住出さんが用意して来てくださった曲が・・・。

なんだか聴いているだけで
色々と一気に押し寄せて来て・・・。。゚(゚´ω`゚)゚。
ほんとに“罪なオッチャン”。゚(゚´Д`゚)゚。

そしてラストそんぐからのアンコールには
“ウッドストックを超えて”
歌詞が“稲垣達雄”氏
曲は“住出勝則

♪〜昔の友達は どうしているだろ
      映画の話も きかなくなった

と、始まるこの唄。

サビの
♪〜若々しく 僕の叫びは
      夜の街に いつか埋もれてたけど
      新しい夜明けを 追いかけていたのは
      僕 だけじゃない

ここで堪えていた涙腺が一気に壊れてしまた。。゚(゚´ω`゚)゚。

この唄はバナナホールでの“シグナルの解散コンサート”のラストソングということもあり。

5th  Street 閉店までの60日目の日に“たっちゃん”還暦ライブという事が重なり、更にその前の“Masa Sumide”のギターソロとが覆いかぶさり堪らずカウンターの奥に引っ込んでしまった。

ラストのサビ
♪〜気がつくと 僕のいのちは
      明日のために 唄いだそうとしていた
      ウッドストックを 追いかけていたのは
      僕 だけじゃない

はたと我に帰る瞬間が・・・。
そう、勇気ある撤退だと自分に言い聞かせて決めたんやないか!

♪〜時は流れ 何もかもが
      変わってゆく あの頃のように
      ウッドストックを 追いかけてたのは
      僕 だけじゃない
      僕 だけじゃない

14年この箱を守り続けていたつもりでした。
でも、時は流れ時代や周りが変わって行くのに私が変わらないままではダメなんだ。

でも追いかけていたい“夢”は変わらない。
また、改めてその夢を追いかけていたい。

昔、あるアーティストに
“前田さんて、ドリマーヤね!。”
と言われた事がある。
「え?あかんの?」
“いや、僕もドリーマーやし、そんな前田さんが好きやな!”
と言ってくれた。

今でものその言葉は私の立ち上がる時の言葉になっている。
その彼は“夢”を追っかけて、誰もが知る一流の作曲家として大活躍をしている。

やっぱり皆んなが夢を追っかけているんだよ。

今までの14年間がまさに『走馬灯』のように駆け巡った。

{A1A39FC3-E77C-4DC9-9A47-C6F69F8C4603}

この日の
“ウッドストックを超えて”
は、私にとってかけがえのない一曲になりました。




AD

残り50日を切って・・・。

テーマ:
久々に読み返す自分のブログ。
5年近く前のお話し。

メニューの改良色々やっていたよな〜d( ̄  ̄)
なかなか決まらない決定打!

でも今年の歳を越すとこの感覚ややって来たことが振り出しに戻るんだね。d( ̄  ̄)

残すところ後、50日を切りました。
AD
フィンガースタイルギター
日本ではまだまだマイナーな音楽かもしれない。

日本では“中川イサト”氏がその世界に早くから取り組まれ、また多くの演奏家を紹介してこられた。
例に漏れず“イサト”さんのギターを聞いて多くのことを学んだ。

そして、私はその奥深い世界が大好きで、その表現の為に今の場所の機材を揃えてきたと言っても言い過ぎではないかもしれない。

そんな私がやりたかった“Live”の一つが盛大のうちの終わった。
いや、終わってしまった。
もう二度とあの音の厚みと包み込まれる音に埋もれることもなくなる。

そのメンバーは、店を始めた頃から来ていた中学生。
背の高さと指の長さが印象的で、丁度うちの長男と同期で有ったこともあり息子のように思えた。

彼の名前は“伍々慧”

{D043484A-6D34-42F9-B70A-FFE79551BB25}

14年の時を経て、今や“フィンガースタイルギター”を代表するギタリストの一人でもあります。

そして、アメリカ在住の日本人ギタリストの
“黒澤豪”
彼が 5th に来たのは7年前。
独特の世界観と新しいことに挑戦する姿は来日する度に発見がある。

{737AEB3C-109D-47F8-8391-C07395834E4D}

あのサイズだから彼の音楽を充分に響かすことができた。
オペレーターも彼の音とタイミングを知り尽くしている。
サウンドのキャッチボールは完璧だった。

そして、4歳からアメリカに渡り最近日本に帰って来たネイティヴ日本人!(笑
“豊田渉平”

{1B04F47E-DFB1-45EF-9524-FADEC3A64265}

アメリカンギャロッピングスタイルから流れるようなメロディのフィンガーまでを自由に操る。
そして、そのギターに乗る彼の“声”がまたいい!
ステージングも楽しくて仕方ない。

そんな3人のブッキングLive も三年目で3回目
第一回目は惨憺たる集客に涙した。
そして、リベンジな二回目はなんとか形に!
アンコールの3人でのセッションは、圧巻だった。

そして三回目
多くの方にお越しいただき無事に終了!

{94D3A879-4418-486F-9982-9692A1861782}

三者三様
でも同じ曲をそれぞれがそれぞれの空気を作る感覚。
楽しくてたまらない!

終わるな!
と、思ってしまう。
そんなLiveだった。

これからも、
もし彼らの名前を見かけたら『Live会場』に是非足を運んでください。

平日の音楽部室

テーマ:
タイトルを見ると?

何があるん?
と言う印象をもつとおもいます。
これも、“5th Street” ならでは?
一風変わったLiveです。

{43287770-CA5D-46D8-93ED-6AE3E1A3E807}

舞台は 
1980年の吹田私立第五高等学校の音楽部
マラソンばかりしている万年三年生の
吉崎ひろし部長率いる“音楽部”
部員は『ポップコン』出場を夢見る
松井恵子ひとり!
新入部員が無ければ廃部!
毎回、あの手この手で新入生勧誘をする松井恵子!

新入歓迎会のコンサート迄に新たな部員確保が出来るのか?
頭を痛める日々、そこに現れる新入生!

さ〜て、その新入生は“松井恵子”の勧誘に乗ってくれるのか?
音楽部存続やいかに!

{226B7B34-FEB9-4DFD-A993-5356276F3316}

毎回制服姿の出演者の姿が好評のこのシリーズ!
今回で9回目

今回の新入生は
あらいなおこさんです!!

11月22日(火)
~平日の音楽部室vol.9~
その時ここは1980年に!
あらいなおこさんと共に!

開場:18時半 開演:19時半

キャスト:後輩:松井恵子(ピアノ歌)、
   先輩:吉崎ひろし(バンジョー,ギター,ベース、歌)
今回のゲスト:あらいなおこ(クロマティックハーモニカ)
前売・予約:3000円
当日:3500円
学生:2000円
(いずれもドリンク別途 500円)

しかし、残念な事に!
吹田私立第五高等学校
今期で廃校!
音楽部室の廃部が早いか?
廃校が先か?

第五高等学校の移転は?
分校は無事に出来るのか?

謎は深まるばかり!

追伸
終演後に、給食が有ります。
お時間ある方はどうぞ!
給食費
2,000円(牛乳付き)

君の名は。

テーマ:

やっと見る時間が取れました。

話題の映画

{4A02F817-1EF2-491B-A56D-CCD68E919394}

話題の映画でアニメでは珍しい超ロングラン!


しかし、多忙と時間の切り取りが出来ない自分自身にどうする事も出来ずに諦めていた。


そんな時に、

偶然時間を消費せざるを得ない時に始まり帰らなければいけない時間に終わる。


{4CADA91E-13BF-49B0-AFF2-20074C7AAD28}

身体と気持ちに負担をかけなく、立ち寄ことになった時間帯とその奇跡に驚きながら初めての劇場に吸い込まれて行きました。


忘れたくない人

忘れたくなかった人

忘れちゃダメな人


時の流れと人の繋がり

現実と非現実

空想と現実

そこに生まれる運命


{F377F04A-09A5-48F3-8566-A400DAA7A797}

の私にはたまらない作品だった。

時として、過去と今を繋げることは出来ないが何かと繋がっているような気になる時があります。

{30E4D6FD-1937-4AD4-B776-369B04F7B12E}

そんな時間の切り取り
時の流れの使い方

{B3EFDBD6-05CD-40AE-BDA5-AF489CDF59CF}

そのキャッチボールがうまくいければ
全てはその方向で動き出す。
もし誤れば・・・。
そのキャッチボールがうまく行かなければ,・・。

{5F199F3D-D049-43AC-98F8-E4F47CC2D3AC}

逃げてはいけない現実に、
たくさんの人との関わりに、

振り回されることなく
振り回すことなく
そこに存在する事
そこに居ることを意識出来るのか。

{634985E9-05F4-4A1E-8FF9-93355C41B724}

運命の分かれ道に立っていると意識出来る自分は幸せと思う。
結果は訪れてから判るもの。

その結果を不幸と思うか幸せと思うかはそれぞれの立場に立たなくてはわからない。
関わりの持ち方一つ。
常にドラマの展開には主人公と脇役が存在する。

でも、
人生必ず自分自身が歩む道に居る自分は
常に“主人公”なのです。

今をつくるのも
その夢を紡ぐのも
未来を繋ぐのも
今から起きる現実に向かう自分自身なのだと・・・。

そして、全ての人がそれぞれの立場で“主人公”
その“主人公”同士が作り上げるドラマが現実世界。
多くの人たちとのキャッチボールがうまく行けば今より更に違う未来が現れるのかもしれない。

5th Street 閉店まで
あと61日目の朝

さー!
動き出そう。
あなたは“シグナル”と言うグループ(ユニット)を知ってますか?

20歳のめぐり逢い」(はたちのめぐりあい)でデビューしたフォークソンググループシグナル
1975年9月21日にデビューして50万枚以上を売り上げました。

{B9694F6A-E5F8-4DDD-A3FA-FAC57A6AF5FF}
その中でヴォーカルを担当していたのが
今ソロギター界でこの人有り!
と言われる
そして
稲垣達雄

その“シグナル”メンバーであった
稲垣達雄 氏
平山國次 氏と組んでいるユニット【DOM】が

11月19日の土曜日に

5th Street にて還暦の記念ライブを開催します。
時を経て改めて活動を再開した“達ちゃん”のLive!
これは逃す手はないのです。


{EDB7176A-A003-4864-B710-CDC403D93E69}

シグナルは、
あさみさんの詞と住出さんの曲
と言う組み合わせが多いのですが、

私の好きな曲には“稲垣さんの楽曲”が多く

“風になれたら”
は作詞・作曲 を手がけてはります。

また、改めて聴き返しては涙する
“ウッドストックを超えて”
の歌詞

これは多くの“シグナル”ファンにとっても忘れがたい曲でもあります。


{BB5C5004-317B-4235-B3F2-C2D9F6285ABC}

そして、今回の大目玉!

ゲストには
住出勝則

の二人をお迎えてのLiveです。

時を超えて“シグナル”の二人が“5th Street ”で顔を合わせます。

是非、記念すべきこの日にお越しください。

また、なんとも60歳記念のライブの日
『5th Street ひと休み閉店』までのカウントダウン60日目になります。

ここでしか出来ないLiveがあります。
また、ここでしか聴けない音もあります。

後ろ髪引かれながらー(^◇^;)

今回、公演後に、記念Liveの“お祝交流会”を開催いたします。
お一人2,500円で乾杯のドリンク付きです。
是非、ご参加ください。



11日13日日曜日

フィンガースタイルのソロギターリスト
小松原 俊 さんの
CD発売記念のライブでした。

{B8656CBA-5128-4EFA-9D73-5B3D7A498F9B}

そして、5th  Street での最後のLive

思えば、俊さんとは今の場所が図面の頃からのお付き合いです。
そして、常に定期的に「Live会場」としてご指名もいただいておりました。

そして記念すべきNEW アルバムの発売記念のLiveでもあります。

{4A3779AC-2BCA-419E-A6A4-9F49B3805225}

“白秋”

50歳後半〜60歳の後半 
万年青年と自称はしていても、自分自身は老いをしみじみと自覚する歳。
思えば私もその世代であります。

しかし、ステージには
そのアルバムとは逆に
“いまだに新しいものを探し求める”
音楽家としての“小松原 俊”がいました。

俊さんとの想い出を語りだすとキリはない。
“藤田恵美”さんとの出会いも俊さんだし、ギターの話をしだすと止まらない。
幾度となく“朝まで”過ごしたことか。

特に、昨夜のステージに対する取り組みは
綿密なリハーサルとサウンドの調整にも現れていました。
リバーブも様々なシチュエーションでの“実験”
リハの場に居る皆んなが聴き比べて心地の良い“音”を選ぶ。

そこに生まれる“音”はまことに愛おしい。

{74394DDD-DC71-43E6-819C-B233E004FC98}

Liveが始まり
静かな静寂から響くギターのふくよかなサウンド。
ローからミドルレンジ
そしてトップトーンに至るまで、随所に“小松原”サウンドが散りばめられ“5th Street ”のなかで生まれは消えていく。

カウンターから何度も客席側に出てはその音を確かめる。

あー!
ええ音や〜╰(*´︶`*)╯♡

このサイズの広さ
この天井の高さ
この空間
そしてこのシステム

それに加えて
演者とオペレーターとのキャッチボール

そこに、聴いてくださる皆さんが有って成り立つ空間。

これを手放さざるを得な自分に腹が立つ。

土曜には
KO'OLUA
の ハワイ音楽

{A859B85F-3D77-4A75-9EFB-5E545BC0577B}

ハワイのフラとトラディショナル音楽の融合
5th Street でしか味わえない空間

あー
KO'OLUA の
Live終わっちゃう〜(´;Д;`)

あー
俊さんの
Live終わっちゃう〜(´;Д;`)

土曜と日曜日
また一つまた一つ
大切なLiveの空間が終わりを告げる。

日々同じものは一つとない!
これがLive

CDやYouTubeなどでは味わえない。
また、大きなホールやスタジアムLiveとは違う
このサイズでしか出せない音がある
まぎれもない“5th Street ”のサウンドなんだと思う。

{39724996-D628-4F07-8943-84084E361D47}
手作りのオープンレイを、頂きました。(涙

ここに集うことができるのもあと僅か。
{1DD377BA-586C-4D3E-AFF7-D350BC70094D}

沢山の人達に支えられて今までやって来れた事に感謝です。

本当にありがとうございます。

「次はどちらで?」
と、言われても・・・。
今はノープランです。
今の所、退去費用倒れになる可能性が大〜(^-^;

何処かいい場所有れば教えてくださいね。

そして、
KO'OLUA からのラスト曲は
“Aloha Oe”
俊さんのラストの曲は
“ラブソング”

いずれも
グッと心に沁みました。


影から支えてくれる人全てにありがとうございます。

{8A4FBD39-9F4D-46FA-8061-446244264041}
5th Street  始めた頃からの“音友達”〜╰(*´︶`*)╯♡



そして、
終わってからも始まるギターレッスン!(^-^;
{156128DA-0293-4642-A2D6-71CA2F07888A}
熱いハートの“俊”さんでした。

スラックキー ギター

テーマ:
11月12日土曜日
5th Street がハワイになります。

スラックキーギター(英語:Slack-key guitar)は、ハワイアン・ミュージックでよく使われるが、ギターの種類や形式ではなく、そのチューニング奏法の総称である。基本的にオープン・チューニングであり、その組み合わせは奏者によって無数に存在するといってもいい。

そのウイキペディアの“日本のスラックキーギターの演奏者”として名前を連ねている

Slac-key Marty が組んでいるユニット
KO'OLUA 
のLiveがあります。

私が大好きなユニット

{5A9BDD21-6957-41EA-B062-18A200F2825C}

ハワイアンと言うとスチールギターとエレキギターで演奏するスタイルを思い浮かべるかもしれません。

でも、KO'OLUA のLiveは
ハワイのフォークです。

伝統的なハワイ音楽を追求しているのです。
ユニットは
Marty のギター
Noliko のウクレレ

{06780B91-701B-467A-84F9-53F10D69A4AB}

といたって“シンプル”

まさにアコースティックのユニット

Marty の弾く スラックキーギター
5th  Street JBL の18インチサブウーハー
がいい仕事をしてくれます!

土曜日の昼下がり、是非そのサウンドに癒されにお越しくださ。

{068D64F4-586C-457C-87E1-B940077F4F2B}

 そして、そのウーハーを鳴らすことが出来るのもあと僅か。

KO'OLUAの 5th  street でのラストLiveとなります。
お見逃しない様に!

時間は
14時〜オープン
15時〜スタート
チャージは 2,000円

お待ちしております。:*:・( ̄∀ ̄)・:*: