【注目】前原誠司のパーティー券を大量購入した人々

自治労出身の江崎孝氏にたいして、攻撃が始まっている。

江崎氏は、菅直人たちから見れば、裏切り者だ。
昨年、民主党の代表選の直前に、小沢支持に回った。

きっかけは、菅直人が公務員の争議権も認めずに人事院を超える人件費削減を言い出したこと。
人事院をなくすのであれば、今はない公務員のスト権などを認めなくてはオカシイだろう、という正論だ。

江崎氏の主張は、こちら→ 代表選についての考え

労組丸抱えの議員が良いか悪いかは別にして、問題にされているパーティー券の購入も、これまで多くの議員がやってきたことであり、ギリギリ違法ではない。

にもかかわらず、こんなことが大ニュースになるのは、菅をうらぎって小沢氏を支持した江崎氏への報復と、挙党一致を迫った連合への嫌がらせだ。

人気絶不調の公務員組合をやり玉に挙げることで、連合に仕返しをしようというのだろう。


しかし、こんなことを書くくらいならば、マスゴミはなぜ以下の事実関係を調べないのか。

次期首相の呼び声も高い 前原誠司の政治資金報告書 には 前原のパーティー券を大量に購入した人物の名前が記されている。
その中に、

(株)クレイブ 渡邊修也 50万円 とある

この会社は、こちらの会社で間違いなさそうだ。

株式会社クレイヴ(CRAVE CO.,LTD.)

競馬の予想屋さんのようだ。

そして、この渡邊修也氏の名前で検索すると、こんな記事を発見

(以下引用)

From 差多目 To joy1223@goo at 2004 05/14 11:36 編集 返信

競馬情報提供会社会長ら4人を逮捕
 中央競馬の着順予想の情報提供で得た約七億七千二百万円の所得を隠したとして、東京地検特捜部は十一日、法人税法違反(脱税)の疑いで、東京都千代田区の経営コンサルタント会社「メディアトゥエンティワン」の会長篠原寿容疑者(41)=渋谷区、同社長渡辺修也容疑者(33)=横浜市、経理担当取締役三野由利子容疑者(39)=同市=ら四人を逮捕、同社や篠原容疑者の自宅などの捜索を始めた。
 関係者の話などによると、篠原容疑者らが一九九八年から二〇〇〇年まで実質的に経営していた中央競馬の勝ち馬予想情報提供会社「ユー・エフ・ジェー」(港区)=解散=は、夕刊紙や競馬雑誌に広告を掲載して会員を集め、有料で勝ち馬予想の情報を提供。情報を得た会員から郵便為替で送られた売上金計約七億七千二百万円を隠し、法人税計約二億三千七百万円を免れていた疑いが持たれている。隠した所得は、篠原容疑者の高級乗用車の購入などに充てられたという。
 東京新聞の取材に対し、篠原容疑者の代理人の弁護士は「会社が売り上げの一部を除外していたことは認めるが、篠原会長や渡辺社長が積極的に関与していたわけではなく、法人としての意思に基づいてはいなかった」などと説明。三野容疑者は「お話しできない」としていた。ユー社は昨年四月、法人税法違反容疑で刑事告発さた。
●東京新聞から抜粋
■「ユー・エフ・ジェー」「メディアトゥエンティワン」はコアデットから独立した悪徳№1の「メディアスポーツ」で「ジャパンホースサークル」の親会社。だから評論家の塩崎利○も悪徳の一員なのは一目瞭然ですね。

(引用以上)

(※これはネット上の情報であり、裏はとっていないので、見る人の責任において判断していただきたい。)

ここで メディアトゥエンティワン という会社名が出てきた。

さて、どこかで見たような、、、
そうだ、さっき見た前原誠司の政治資金報告書に たしか

株式会社メディアトウェンティーワン 戸澤眞知子 50万  というのがあった。

注意してみると、ウとエの小文字が違うし、ー がなかったりして微妙に違う。
これはどうらや こちらの会社のことらしい

メディアトウェンティワン

こちらは ー だけがない。つまり、ネット情報と収支報告書の中間だ。
ということで、ネット記事の会社と、前原誠司のパー券を買った会社が 同じなのかどうかは、不明。

上記ネット記事につながる話では、こんなものも

警視庁が暴力団フロントと認定している不動産会社「メディアトゥエンティワン」の篠原寿会長

これまたまったく裏をとっていないので、ネット上の記事として予断・偏見を持たずに見ていただきたい。


ちなみに、前原誠司の報告書には、こんな会社名も

角一水産株式会社 30万円

この会社は、残念なことに

京都の水産加工・販売「角一水産」が民事再生法を申請し倒産
2010年1月30日 不景気.com

京都府綾部市に本拠を置く水産会社「角一水産」は、京都地方裁判所へ民事再生法の適用を申請し、倒産したことが明らかになりました。

1989年に設立の同社は、地元スーパーなどを主な取引先として水産物の加工および販売を展開。1997年には海鮮レストラン「食い坊」をオープンし、その後もフィリピンのマニラに出張所を開設するなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷により販売が落ち込んだことに加え、設備投資等の借入金が資金繰りを逼迫。単独での再建は困難との判断から、今回の措置に至ったようです。

京都新聞(電子版)などによると、関連会社1社も同様の措置が取られ、負債総額は約10億円の見通し。

(引用以上)

パー券を購入した2009年4月から9ヶ月後に10億の借金で倒産。

え~ 赤字会社からの献金は合法でしたか?


その他にも、世界救世教 なんて名前もあったり、高見裕一なんて氏名も書いてあったりする。

世界救世教は有名なので省略。

高見裕一氏の名前で検索すると

私がエコなセレブを信用できない訳

というブログに、高見氏が「らでぃっしゅぼーや」でおこなった錬金術が書いてある。

言うまでもないが、以上もまったく裏取りなしなので、読まれた方がご自分の頭で判断していただきたい。

いかがですか 皆さん?

http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-984.html
AD