歯医者って?

埼玉県さいたま市緑区東浦和にある『こばやし歯科』の院長・小林賢二のブログです!

2011年1月から歯の話は『こばやし歯科のブログ』http://ameblo.jp/5884dc11/へ移行しました!
宜しくおねがいします!


テーマ:

写真の左側2本は空気の圧力を使い先端の中にある羽を1分間に350,000廻し歯を削るエアータービンと言います。

音がキーンと高い金属音がします。


通常はこれにダイヤモンドのバー(削る棒)を付け歯を削って行きます。

しかし、以前も書きましたがこのエアータービンは結構軸ぶれがあり、このブレが歯を削る時の痛みと生じさせる原因になっています。


右端の物は空気圧では無くモーターで回転さる5倍速のエンジンヘッドです。

通常のモーターでは1分間に7,000回転くらいがやっとなのでこの回転数ではエナメル質を削るのは不可能なので、中でギアを噛ませモーターの回転数を5倍に増し歯を削れる回転数まで上げています。


こ5倍速ヘッドは軸受けがボールベアリングになっているのでエアータービンの様に軸ぶれしないので、歯を削る時の痛みを最小限に抑える事が可能と言われ以前購入しましたが・・・


以前使っていましたがギアが組み込まれている為にヘッド部分が少し大きいので使い勝手が悪いのと、痛くない感じがあまりしなかったので使わなくなってしまいました。


200712031758000.jpg
左:5倍速のエンジンヘッドで先端が右に比べ1.5倍くらいあるのと水のチューブが本体の外側にあるので使い勝手はあまり良くありません。


右:通常歯を使うときに使用しているエアータービンヘッド、コンパクトで使い勝手は良いですが麻酔をしていない神経の残っている歯を削ると痛みが出やすいです。


土曜日に見学に来た福岡先生はこのヘッドを常に使い患者さんにあまり麻酔注射を使わない!との事でした。


今朝見えた患者さんは麻酔注射を打つか打たないか迷う微妙なむし歯の深さでした。


最初、麻酔無しでタービンを使い歯を削っていました。

そると少し痛みを訴えました。


そこで5倍速のエンジンを使って麻酔無しで削ってみました。


すると、さっきエアータービンで削って痛がっていた場所でも痛みを訴える事無く削れました!


結構ビックリです!


今日はもう一人麻酔を使うかどうか微妙な患者さんがいらしたので、とりあえずエアータービンで削り出し深い所に差し掛かった所で少し痛みを訴えたので5倍速のエンジンに切り替え削りました。


すると、またまたさっき痛かった所を削っても痛みを訴えませんでした!


この5倍速のエンジンが万能とは思いませんが麻酔を使わないで削る場合、結構有効だという事が判りました!


今日から患者さんに少しでも麻酔を使わない無痛治療を行う為、活用して行きます!


※エアータービンとモーターの回転数が間違っていたので訂正させていただきました 2007/12/4

いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード