ロッカルーム。というHPをお持ちのデザイン関係の
お仕事をなさっているのロッカさんが
先月受けてくださったボディートークセッションの
施術の記事をあげてくださいました。


昨年5月から約半年ぶりにお会いして、何かがロッカさんの中で変わっていた感がありました。
透き通っているとか、すっきりしているという感じでしょうか。
元々ロッカさんの場合、心身のケアのためというより、ボディートークへの好奇心で初回のセッションを受けていただいています。
スピリチュアルリーディングの並木良和さんの「ボディートークという施術は合うみたいですよ」と
のお話がきっかけだったとうかがっています。

通常、体や心のトラブルが原因でボディートークの施術を受けられる方がメインでした。
体や心のトラブルがあるから、ボディートークのような新しい療法をためされる訳です。
わたし自身もそうでした。

ところが、
この半年の新しいクライアントさんで目立つのは、健康な方。

この方達がボディートークに求めているのは、
人生って何?何か人生で大切なものをつかみたい
ということだったりしています。

ボディートークの目指す最終目的地というものがあるならば、
それはそのクライアントさんのQOL人生の質を上げること。
具体的には、人生のプロセスを受け入れて人生を楽しむということなのだとわたし自身は捉えています。



AD