風雨天の寅之助が辛口でぶった斬る~今日のタイガース~

タイガースのゲーム結果を振り返り辛口に評論するブログです。
辛口評論がお気に触らないようでしたら是非定期訪問をお待ちしております。コメントもお気軽に。



テーマ:
ーム中日、ロードヤクルト6連戦を3勝3敗。昨日は最後ヒヤヒヤ勝利だったが勝つと負けでは大違い。チームを引っ張ってきた糸井の当たりが止まった状況で一週間を3勝3敗なら良しとすべきだろう。明日からは交流戦前ホーム6連戦。4勝2敗で交流戦へ臨みたいところ。
 
ヤクルト戦、藤浪が大暴れした日のヤクルト先発は小川。今季他のタイガースではない他のカードで小川のピッチングを見ていた時にあることに気づき、この日の神宮でのピッチングでその部分を注視していた。改めてそう感じた場面が3度。
 
糸原、中谷、髙山の3人が三振した場面。3選手ともによく粘ってフルカウントまで持ち込んでいる。更に共通しているのは3選手ともに最終形の三振が見逃しだったところ。小川という投手はフルカウントまでなっても決して甘いところへはこない。
 
並みの投手なら四球を出したくない心理からどうしても中へ入って甘くなりがちだ。打者のほうもストライクを投げてくるはずというカウントなのでその外れたコースを振りにいってしまう。フルカウントからの勝負、駆け引き実には面白い。

人間なので甘いコースへ投げてしまうこともあるだろうが、小川の場合、見た限りラストボールは本当に際どいコースへ投げてくる。走者がいればよりその傾向は強い。見ていてそう感じた。それだけの制球力もあるし自信も持っているということであり、加えてメンタルも強いんだろう。

3選手が見逃しだったのはともに際どいコースでのストライク。主審のゾーンがワイドだったこともあるが、フルカウントになっても際どいストライクが投げられるのは一流投手である証拠、勝てる投手と並みの投手はここが違う。
 
藤浪とは全く違うタイプ。この日のように大暴れしてしまっては話にならないが、藤浪は球威とキレで勝負する。ストライクゾーンに投げてもそうは打たれない力のあるボール、変化球のキレ。藤浪に小川にメンタルと制球があれば軽く20勝。
 
ルーキー小野が初先発。いい球を投げることは誰もが認める。オープン戦で目立っていた高めに浮く抜け球は相変わらず多い。はっきりしたボール球が多ければそれだけ打者に余裕を持たせてしまう。外角低めへの変化球の精度、フォークに磨きをかけることが課題。小川に追い付け追い越せだ。
 
右投手先発なら糸原スタメン起用が続く。ルーキーの連続出塁がレコードにもなった。試行数が少ないので参考程度だが、糸原の出塁率が異常なほど高い。打率は2割を少し超えた程度の低打率なのに出塁のそれは3割後半で福留とほぼ同じ。打席数は髙山の半分以下ながら四球は髙山より多い。
 
糸原はしっかり選球できることが見えてくる。そして将来的に何番を打たせるのが適正なのかが見えてくる。足がそれほど速くはないのでドラフト下位だったと聞くが、足より重要なことは出塁することだ。そこを勘違いしたらいけない。

素直に数字を見る限り上本の2番は外しにくいが、近い将来2番糸原がみられるかもしれない。鳥谷は還してもらう打者だが、スイングスピードを見れば糸原は還してもらうと同時に還せる要素も持っている。楽しみな選手。北條も負けずに。
 
糸井が打てない中での3勝3敗。主軸が打てない中で投手陣の踏ん張りと脇役の活躍で負け越さなかった。昨日の勝ちは敬遠暴投が決勝点とはいえ、キャンベル出塁後伊藤の二塁打が逆転の口火となっている。このヒットが1、2番以外では唯一のヒット。中継ぎ岩崎の踏ん張りも大きかった。
 
糸井も福留もいつもいつも打てない。何打席もヒットが出ないときだってある。イチローだって同じ。糸井や福留だけで野球はできない。主軸が打てない中、いかにしてその周りがフォローして勝ちを拾っていけるか… それがチーム力だ。
 
チーム力の一番高いチームが優勝する。
 
 
 

 

AD

テーマ:
節はロード5試合の予定が雨で一試合流れ、4試合を3勝1敗で乗り切る。貯金を「2」増やして久々に2ケタ貯金ができた。

 

DeNA戦は3カード連続で1試合が中止となり、セリーグではタイガースが一番消化が遅い。そうでなくてもヘバるのが通例の秋口、過密スケジュールが今から心配なのは私だけか…。
 
12日金曜日、一年ぶりに横浜へ。ネット裏の見やすい位置からの観戦、3本塁打で勝利ゲーム。メッセンジャーも井納も制球よく四球を出さないのでいいペースでゲームが進む。ナイター観戦には最高の気候。
 
6裏二死一、二塁で井納に打席が回る。てっきり代打かと思いきや井納そのまま。菅野を替えなかった讀賣監督と同じパターン。
 
続く7表、糸原死球後に梅野は犠打。犠打させるならメッセンジャーにも代打でしょ。梅野に犠打させて投手が打席。無償で二死を与える作戦はどうも好かない。走者二塁で髙山。ワンチャンスで1点を狙う作戦だが、梅野に打たせて併殺を怖がっているだけのようにも思える。
 
結果論だが、チャンスで井納をそのまま打席に送ったがために結局8回まで引っ張ることに。8回は明らかに球が上ずってきていた。100球超えればキレもなくなってくる。福留、鳥谷の一発が勝負を決めた。
 
さて新外国人のキャンベルの件。
一軍登録されたのが4月25日、一試合の代打出場後に一塁手としてスタメンに名を連ねるや連日のタイムリー。本職は三塁手だがスタメン三塁出場は4月30日の一度だけ。5月2日に一塁スタメンで1安打して以降ヒットなし、ヒットばかりか打席も数えるほどになってしまった。
 
シーズン終わった時に杞憂に過ぎなかったと言っていられれば理想だが、現時点での印象だけで言わせてもらえるなら、どういう判断基準でこの外国人を獲得したのか、、、という疑念は晴れない。ゴメスを解雇して獲りに行った外国人選手としてどうなのか…
 
言うまでもなく得点力不足を補うがための補強だったはず。ゴメス以上に長いのが打てる打者が優勝へのカギでもあったはず。獲得後に動画を見た時点での印象は中距離ヒッター。浜風さんはじめ私の周りでもそのような印象で受け止める方が多かった。
 
構えた時点で凄味、威圧感と言ったものはあまり感じられない。投げる相手投手もそれほど怖いオーラは感じないだろう。まぁこれはどうでもいい。構えで打つわけではないので… 現状一軍登録後のヒットは5本。うち長打は右への打球で1本。
 
果たして今後ベンチはこのキャンベルという外国人をどういう形で使っていくのだろう。原口、中谷が全く打てなくなった時、或いは鳥谷が極度の不振に陥った時しかスタメンチャンスはないのか… 
 
3割20本より、2割7分30本、2割7分30本より、2割5分で40本のほうが得点に寄与するだろうと思うのが個人的見解。外国人選手には日本人にはないものを求めて獲得に動く。3割20本なら原口、中谷、髙山も可能性を秘めている。日本人選手でも間に合いそうだ。
 
ヒットメーカーが必要だったわけじゃない。あくまで4番を打てる外国人を狙っていたのかどうか? 三塁守れて長打力があればメジャーもほっとかないだろう。それもわかる。それでも中途半端な中距離打者より一発長打を秘めた選手を獲りにいかなくてはいけない状況だったはず。三振が多くても当たれば飛ぶスタントンやディア―のような…。
 
素行の良い外国人を模索していたという情報もある。中日のゲレーロも候補だったと聞く。無難な成績を残せそう、かつ素行の良い外国人が獲得の条件だったならおかしな話。
 
外国人は来てみないと分からない。これは金本本人もよく言っている。大きなリスクを伴う。期待外れで失敗することのほうが多い。だがそれを恐れていては大当たりに巡り合うこともない。失敗したらそれをチャンスと受け止め、能力の高い若手選手を使う腹の括りが必要だ。
 
杞憂に終わるようキャンベルの活躍を願っているが…
このままだとヘイグやコンラッドと同じ運命を辿る。
外国人に限らず、チーム補強は弱点を補うためにある。
いくらいい選手を獲っても使うところがなければ意味がない。

 

AD

テーマ:

年の覇者でありいいようにカモにされた広島に対し、初戦は4点差逆転、昨日は9点差逆転、そして今日は完封勝ち。ファンにとっては最高のGWとなった。もし今季優勝でもすれば、間違いなく後世まで語り継がれるであろう9点差ビハインドからの逆転勝利。

 

さて今週は神宮、甲子園の6連戦を6勝1敗で乗り切り、貯金は昨年以降最多になる「8」まで伸ばした。秋山好投を見殺しにして敗れた神宮初戦、その翌日。山中先発に対して大幅に打順を入れ替えた。荒木を1番、髙山を今季初めて5番に入れ、捕手は今季初の岡崎を使った。

 

糸原と荒木のどっちを1番にするか迷ったとの監督コメントがあった。荒木7番だと足が使いにくいとの意図があったそうだが、足をフルに使うにはまずは出塁ありき。出塁してこその足だ。足の速いのも武器にはなるが、それよりも出塁しやすい選手を1番に使うべきだと思う。

 

荒木は主に守備堅めと代走で貢献している選手。打つほうで期待されているならとっくに1番起用はもっと試されているだろう。打線テコ入れとかの暫定措置での1番起用ならわからないでもないが、個人的にはあまりやってほしくない打順の組み方。

 

このゲーム、実際荒木の足が生きた場面があった。レフト前のヒット打球をバレンティンがもたつき一気に二進。その後の攻撃で2点の先取点を奪った。荒木1番は成功した。采配はズバリだったと言えるが、この采配ズバリはたまたまと考えなければいけないと思う。

 

勝つために何が正解かなどわからない。正解はひとつかもしれないしい複数あるのかもしれない。監督ベンチは、勝つために何が正解に辿り着く確率が一番高いのかを考えなくてはならない。もし荒木1番で何度も組んで臨んだとしても勝率があがるとは思えない。

 

それにしても鳥谷の三塁、そして鳥谷の打順6番(7番)を頑なに動かさない。同時に髙山起用時も1番起用が殆どを占める。4月に書いた記事で髙山をどう使うかというタイトルで記事にしたが、1ヵ月30試合経過した時点での数字を調べてみた。

 

出塁率

糸井….452(セ1位)

福留….423(同6位)

鳥谷….400(同9位)

上本….391(同10位)

髙山….330(同22位)

 

打点

糸井…25(セ1位)

福留…19(同8位)

梅野…15(同15位)

鳥谷…12(同19位)

髙山… 8 (圏外)

 

得点

上本…20(セ5位)

糸井…19(セ8位)

髙山…16(セ13位)

福留…13(セ19位)

鳥谷…10(セ27位)

 

髙山より出塁率に優る(数多く出塁しているはずの)鳥谷なのに、何故出塁の少ない髙山のほうが得点が多いのか? 

出塁した髙山を糸井、福留が還している。だから両選手の打点も高い。鳥谷の出塁が鳥谷以下の選手(7番、8番)で還せていない。

 

何故糸井より上本のほうに得点が多いのか? 

何故福留の得点は髙山より少ないのか? 

上本が出塁して糸井以下でしっかり還している。糸井の得点は福留に依存することが多いので上本よりもホームインが少なくなってしまう。同じ理由、5番以下で還せないから福留の残塁も当然多くなってくる。

 

何故髙山の打点が少ないのか?

走者を置いて打席に立つことが少ないからである。

そりゃ前を打つのが8番、9番なら当然そうなってくる。

 

昨日の満塁で走者一掃した髙山の打撃を見ていると、走者の有無でこの選手の集中力はかなり違う。走者得点圏なら相当な気合いで投球と相対するが無走者だとかなりの淡泊。左右の違いはあるが、今岡みたいな打者に思えてくるのは私だけか…

 

梅野にこれだけ長打が出るようになれば鳥谷の得点は増えてはいくだろうが、それでも糸井、福留がこれだけ中軸の仕事をしている以上、出塁機会の少ない髙山を1番にするのは大きなロスと言える。鳥谷は還す打者ではなく還してもらうほう。今日5打点荒稼ぎしたが、今日のゲーム前は髙山より少ない「7」に過ぎなかった。

 

30試合消化に過ぎないが、データを見ればその傾向ははっきり出つつある。髙山と鳥谷の打順を入れ替えることで、糸井、福留の打点は更に増え、同時に1番鳥谷の得点も増えるだろう。走者を置いた髙山が糸井、福留を還せればチームの得点力は更にあがり、勝つ確率はアップする。私はそう思う。いかに確率の高い戦術を選択できるか、、、

 

昨日の夜、梅野の2014年入団1年目の全本塁打(7本)を動画で見ていた。専門家でないのでわからないが、神宮で本塁打した次の打席あたりから入団当時の打撃フォームに戻ってきたように思う。念のため確認してみたら昨年の梅野は信じ難いがなんと長打は0だった。

 

昨年あたりからバットをやや短く持っているのも気になっていた。そしてスイングした後、かなりフォームが崩れて反り返ったような形になってしまっていた。捕手本来の仕事で目いっぱいだったのかもしれない。それともコーチがへんに弄ったからなのか…。

 

広島戦2戦目、3戦目の左中間、右中間三塁打。動画を見ればスイングした後の姿勢が実に綺麗だ。現状の梅野は凡打しても以前のような不細工な形ではない。忘れていたものを思い出したかのような梅野の変貌ぶりは頼もしい。.250の15本くらい期待してしまうのだが…。

 

今回はキャンベルのことを書こうと下書きに準備していたが、また次の機会にでも書きたいと思う。次節は東京で完封勝利を続ける菅野とあたる。今度こそ秋山に援護を。

 

AD

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。