ん?????????

 

 

一関に入った途端だったかな

いきなりぶっ飛んだ

直そうかと思ったけども

擦れて削れて

直すことはほぼ不可能だった

 

悔しすぎた

全てがどうでもよくなった

無気力な状態になった

絶望するしかなかった。

 

そこからひたすらどうしようかなと

ぼーっとしてた

どれだけぼーっとしてたかは覚えてない。

 

もともと行く予定であった横手市にある建設中のゲストハウスに連絡を取ってお手伝いをさせてもらうことにした。

 

そうしてヒッチハイクを始めたが気分が上がらない

一関の観光地に連れて行ってもらったけども

興味すら湧かなかった

申し訳ないけども

そんなのはどうでもよかった

どうして俺はこんなにカッコ悪いのかと

嘆くことしかできなかった

 

一ノ関駅まで送ってもらって

会話する気にもならなかったから

電車で移動することにした

 

そこで秋田の景色を見た。

雪がまだまだ残っていた

ものすごい衝撃だった

こんな中キックボードで行ってたら

死んでたかもしれん

これは不幸中の幸いだったんだ!

そう思うことにした。

 

秋田の人はなんか変わってる気がした。

外人のような雰囲気

温泉に入った時にものすごく外国に来た気分になった。

 

まあそんなことクソほどどうでもよくて

みんなに絶対無理と言われてた通り

本当にキックボードで沖縄行くのは無理だった

やってみてわかった

 

ものすごく悔しい

ダサすぎる

けどもこれが俺なのよ笑

夢見せられなかった笑

 

とりあえず今日から三日間くらい(予定だと)

横手市のゲストハウスのお手伝いをします。

そのあとは山形に行きます。

多分ヒッチハイク

そんな感じ

 

うん。

では

 

AD