新井良太内野手(32)が23日、広島市内のジム「アスリート」で自己最高のレッグプレス 610キロを記録した。下半身を鍛えるレッグプレスの直前。重りの枚数が足りず、ジムを訪れていたDeNA渡辺と豊島打撃投手にサポートを願い出る。重り代わりにマシンに乗っかってもらい、総重量 610キロの重りが完成。「ウワーッ」と真っ赤な顔をゆがめながら、両足の曲げ伸ばしを14回繰り返した。新助っ人ヘイグ、今成と 3塁レギュラーを争う立場だが、 1塁や外野も準備する覚悟。すでにノックやフリー打撃を開始し、平岡代表も「今までで一番いい体。 1年前とは(打球が)全然違うと思うよ」と太鼓判を押す。逆襲の土台は整った。次は沖縄で大飛球を披露し、首脳陣の目をくぎ付けにする。
沖縄・宜野座の 1軍キャンプに初参加する横田慎太郎外野手(20)が24日、鳴尾浜で「初日が大事です」とキッパリ。金本知憲監督(47)はアピール不足の若手は、初日からでも 2軍降格を示唆。期待の大砲候補は厳しいサバイバルキャンプで、ロケットスタートを狙う。金本監督は22日のスタッフ会議で 1、 2軍振り分けを決めた際、「チンタラしてたら、初日からでもありえますよ。サヨナラ、ご苦労さん、もう 1回調整してきなさいって」と発言。アピール不足の若手には、安芸 2軍キャンプへの強制送還を示唆した。なかでも故郷・鹿児島の先輩、福留は“生きた教材”だ。この日、甲子園で自主トレを公開した福留は、横田にアドバイスするか-と問われると「いい刺激になればね」とOKサインだ。同じ外野手で、左打ちだけに、横田は「もちろん、聞いていけることがあれば、いろいろ聞きたいですね」と目を輝かせた。キャンプインまで 1週間に迫ったが、すでに横田の心は、沖縄へと飛んでいた。
緒方凌介外野手(25)が24日、鳴尾浜で自主トレを行った。PL学園高の大先輩、福留孝介外野手(38)の米国・ハワイ自主トレにも10日間同行した“福留チルドレン”が、虎視眈々とレギュラー奪取を狙う。阪神では緒方しか履いていないというミズノ社製の超軽量スパイクを味方に、勢いをつけて1軍の沖縄・宜野座キャンプに乗り込む。走攻守で、師のような超一流を目指す。緒方はプロ 2年目の2014年から、ミズノ社製の「ハイスト」という超軽量スパイクを着用している。 1枚の皮で作られているため、片足で約50グラム従来のものよりも軽い。2014年にベースを踏み忘れ、懲罰交代された頼りない姿はもうない。金本政権のヨーイドンで、ロケットスタートを決める。
福留孝介外野手が24日、甲子園で自主トレを公開し、今季の首位打者獲りに意欲を示した。史上最年長となる39歳シーズンでのタイトル獲得へ、あせらず、じっくり。マイペース調整を認められているベテランが、金本阪神を優勝に導くため、孤高の存在を目指す。午前11時の甲子園は摂氏零度。冷たい空気を切り裂くように、外野フェンス沿いを走り続けて“土台作り”に励むと、並々ならぬ闘志を示した。過去の最高齢首位打者は、ミヤーン(大洋)、クロマティ(巨人)、リック(楽天)の36歳。それを上まわる記録的なタイトル奪取へ、焦らず、じっくりと進める。 1年前はキャンプ初日にランチ特打&居残りで打撃練習とエンジン全開だったが、中盤に左足の張りを訴え、別メニュー調整になった。その影響もありオープン戦の初出場は 3月 6日と調整に狂いが生じた。中日時代の2002、2006年に続く自身 3度目の首位打者獲得で、金本猛虎を優勝へと導く。
藤浪晋太郎投手(21)は24日、 2年連続の“ギター持参キャンプ”とすることを検討中だ。沖縄・宜野座キャンプは、 2月29日までの長丁場。優しい音色で癒やされながら、昨年以上の充実の 2月としたい。
記事をまとめてみました。

金本超えボディーで逆襲へ。新井良太内野手(32)が23日、広島市内のジム「アスリート」で自己最高のレッグプレス 610キロを記録した。
「あんな重さ、初めて」
下半身を鍛えるレッグプレスの直前。重りの枚数が足りず、ジムを訪れていたDeNA渡辺と豊島打撃投手にサポートを願い出る。重り代わりにマシンに乗っかってもらい、総重量 610キロの重りが完成。「ウワーッ」と真っ赤な顔をゆがめながら、両足の曲げ伸ばしを14回繰り返した。
「以前は 400キロとか 500キロぐらいしか上げていなかったと思う」
610キロを例えれば大相撲の横綱白鵬 4人分。アスリート平岡洋二代表によれば、金本監督の現役時代で 500キロ程度、兄貴浩で 600キロ前後を上げるという。 2人を上回る重量をクリアし、2014年に発症した腰痛からの復活を印象づけた。


レッグプレスを行う新井良太内野手
必死の形相で男性2人が乗った 610キロのレッグプレスを行う新井良太内野手

「去年がみすぼらしい体すぎた。今まで以上に、という思いでやっています」
昨オフは腰に負担がかかるウエートトレを避けざるを得ず、シーズン中は93~94キロでの勝負を余儀なくされた。今オフは頻繁に兵庫と広島を行き来し、元日も含めて「アスリート」でトレーニング。現時点で14本塁打を記録した2013年シーズン前と同じ体重 101キロを計測し、シーズン中は98~99キロで戦う予定だという。
「とにかく強い気持ちを持って、がむしゃらに泥臭くやっていこうと思う。ポジションはどこでも準備して。若い子より、どんどんアピールしていきたい」
新助っ人ヘイグ、今成と 3塁レギュラーを争う立場だが、 1塁や外野も準備する覚悟。すでにノックやフリー打撃を開始し、平岡代表も「今までで一番いい体。 1年前とは(打球が)全然違うと思うよ」と太鼓判を押す。逆襲の土台は整った。次は沖縄で大飛球を披露し、首脳陣の目をくぎ付けにする。


抱えられる横田慎太郎外野手
秋山拓巳投手(左)と江越大賀外野手(右)に抱えられる横田慎太郎外野手。キャンプ初日から全力アピールしていく=鳴尾浜球場

沖縄・宜野座の 1軍キャンプに初参加する横田慎太郎外野手が24日、鳴尾浜で「初日が大事です」とキッパリ。金本知憲監督(47)はアピール不足の若手は、初日からでも 2軍降格を示唆。期待の大砲候補は厳しいサバイバルキャンプで、ロケットスタートを狙う。
鳴尾浜は凍てつくような寒さだったが、横田のハートは熱かった。グラウンドで、ランニング、キャッチボール。このあと室内練習場で気合の打ち込み。最後はウエートトレーニングで締めくくると気合のひと言だ。
「初日が大事です」


春季キャンプが行われる宜野座村野球場
2月 1日から春季キャンプが行われる宜野座村野球場

短いフレーズに 2月 1日への思いが込められていた。金本監督は22日のスタッフ会議で 1、 2軍振り分けを決めた際、「チンタラしてたら、初日からでもありえますよ。サヨナラ、ご苦労さん、もう 1回調整してきなさいって」と発言。アピール不足の若手には、安芸 2軍キャンプへの強制送還を示唆した。
「僕は下手なことができないんで。 1球 1球、気を引き締めていきたいです」
過去 2年、 1軍でプレーした経験はない。自分の置かれた立場はわかっている。そんな横田にとって楽しみなのは、主力選手の練習をじっくりと観察できること。なかでも故郷・鹿児島の先輩、福留は“生きた教材”だ。


キャッチボールをする横田慎太郎外野手
キャッチボールをする横田慎太郎外野手=鳴尾浜球場

この日、甲子園で自主トレを公開した福留は、横田にアドバイスするか-と問われると「いい刺激になればね」とOKサインだ。同じ外野手で、左打ちだけに、横田は「もちろん、聞いていけることがあれば、いろいろ聞きたいですね」と目を輝かせた。
これまで指導を受けてきた掛布2軍監督はいない。まして 1軍は、結果がすべての世界。 2軍では飛距離は群を抜いていたが、福留もいるし、同じパワーヒッターならゴメスら助っ人もいる。その中でも目立つことが1軍生き残りの条件となる。
「しっかりアピールしていきたい」
キャンプインまで 1週間に迫ったが、すでに横田の心は、沖縄へと飛んでいた。


ダッシュをする横田慎太郎外野手
ダッシュをする横田慎太郎外野手(左)、秋山拓巳投手=鳴尾浜球場

◆横田慎太郎(よこた・しんたろう):外野手。1995(平成 7)年 6月 9日生まれの20歳。鹿児島県出身。鹿児島実高では 1年秋から 4番を任され、通算29本塁打も甲子園出場はなし。2014年D 2位で阪神入団。公式戦で 1軍出場はまだなく、昨季は 2軍で 103試合に出場し、打率 0.213、 9本塁打、36打点。父・真之(まさし)さんは元ロッテなどで外野手。 1メートル86、86キロ。左投げ左打ち。年俸 720万円。背番号「24」。

緒方は足でレギュラー奪取を狙う
超軽量スパイクを武器に、緒方は足でレギュラー奪取を狙う=鳴尾浜球場

緒方凌介外野手が24日、鳴尾浜で自主トレを行った。PL学園高の大先輩、福留孝介外野手の米国・ハワイ自主トレにも10日間同行した“福留チルドレン”が、虎視眈々とレギュラー奪取を狙う。阪神では緒方しか履いていないというミズノ社製の超軽量スパイクを味方に、勢いをつけて1軍の沖縄・宜野座キャンプに乗り込む。
レギュラーに鮮やかに滑り込む。緒方は福留の“一番弟子”として、一歩も引かないつもりだ。 2年ぶり 2度目の沖縄・宜野座キャンプが待ち遠しい。グイグイと前に出て、定位置を奪う。
「初っぱなからアピールしていきたい。今年はやらないといけない危機感がある。みんなより抜け出さないと厳しいので。 1日から全力でやっていきます」


超軽量スパイク
超軽量スパイク

今年は初めて福留のハワイ自主トレにも参加した。この日は極寒の鳴尾浜でキャッチボール、外野ノックを行い、室内でも打撃練習。新監督へ猛アピールできる日を待ちわびている。
走攻守で、師のような超一流を目指す。緒方はプロ 2年目の2014年から、ミズノ社製の「ハイスト」という超軽量スパイクを着用している。 1枚の皮で作られているため、片足で約50グラム従来のものよりも軽い。耐久性に劣る面もあるため、普段は練習での使用は控える。阪神では緒方だけが使う究極の一品。この日はそのスパイクを履き、試合さながらに走り回った。
「打撃を一番アピールしたいですけど、走塁は 0コンマ何秒の世界。タッチをくぐり抜けないといけないので」
2014年にベースを踏み忘れ、懲罰交代された頼りない姿はもうない。金本政権のヨーイドンで、ロケットスタートを決める。


ランニングをする緒方凌介外野手
ランニングをする緒方凌介外野手=鳴尾浜球場

福留孝介外野手が24日、甲子園で自主トレを公開し、今季の首位打者獲りに意欲を示した。史上最年長となる39歳シーズンでのタイトル獲得へ、あせらず、じっくり。マイペース調整を認められているベテランが、金本阪神を優勝に導くため、孤高の存在を目指す。
40年に 1度といわれる寒波の襲来も、福留の闘志までは冷ませない。 4月で39歳となる希代のバットマンが、自身 3度目で史上最年長となる首位打者を獲りを誓った。
「(首位打者を狙う)その気持ちは常に持ちながらやる。最初から諦めるんじゃなく、常にその思いをもってやりたい。選手寿命は伸びているし、状況が変わってきているので、何が起こるか分からない。挑戦する気持ちを持っている」


自主トレを公開した福留孝介外野手
冷え切った阪神甲子園球場室内練習場で自主トレを公開した福留孝介外野手。10年ぶりの首位打者への思いは熱い

午前11時の甲子園は摂氏零度。冷たい空気を切り裂くように、外野フェンス沿いを走り続けて“土台作り”に励むと、並々ならぬ闘志を示した。過去の最高齢首位打者は、ミヤーン(大洋)、クロマティ(巨人)、リック(楽天)の36歳。それを上まわる記録的なタイトル奪取へ、焦らず、じっくりと進める。
1月中の約 2週間の米・ハワイ自主トレは「走るだけ」。中距離走を多く取り入れ、下半身強化に専念した。日本に戻ってからも体作りに特化。公開した自主トレも外野フェンス沿いでのランニングメニューがほとんど。ポール間ダッシュとジョグを繰り返すなど、 1時間近く走り続けた。「(打撃練習は)まだ何もしていない。沖縄に行くまでに(バットを)振れればいい」と体作りを優先し、昨年のような出遅れを未然に防ぐ。


自主トレで走り込みに徹してきた福留孝介外野手
ハワイでの自主トレで走り込みに徹してきた福留孝介外野手

1年前はキャンプ初日にランチ特打&居残りで打撃練習とエンジン全開だったが、中盤に左足の張りを訴え、別メニュー調整になった。その影響もありオープン戦の初出場は 3月 6日と調整に狂いが生じた。
シーズンも 3・ 4月の打率が 0.256、 5月は 0.258と春先に伸び悩んだだけに、同じ失敗はしない。万全の状態で開幕を迎え、好スタートからのタイトル奪取が青写真。打撃技術の高さは誰もが知るところだけに、体調万全こそが昨季の打率 0.281からの大幅上昇への道というわけだ。
「まず、けがをしない体を作って、キャンプで準備していきたい。シーズンとしては優勝しなければいけない。そこを目指してやっていきたい」
中日時代の2002、2006年に続く自身 3度目の首位打者獲得で、金本猛虎を優勝へと導く。


キャッチボールで顔をしかめる福留孝介外野手
室内でのキャッチボールで顔をしかめる福留孝介外野手=阪神甲子園球場室内練習場

福留の首位打者VTR
★2002年 中日入団 4年目で、外野にコンバートされ、 3番に定着。シーズン終盤に巨人・松井とし烈な首位打者争いを繰り広げ、最終的に松井の 0.334を上回る 0.343で初の首位打者に。松井の三冠王を阻止した。
★2006年 6月末に太ももを痛めて14試合を欠場するものの、首位打者争いを独走。打率0.351、31本塁打、 104打点で中日のリーグ優勝に貢献し、MVP。ちなみに打率 2位は巨人・李承ヨプ(イ・スンヨプ)の 0.323だった。
◆データBOX◆
★プロ野球の最年長首位打者は1979年のミヤーン(大洋、打率 0.346)、1989年のクロマティ(巨人、同 0.378)、2008年のリック(楽天、同 0.332)の満36歳。
★阪神の最年長首打者は、1950年の藤村富美男(打率 0.362)、1981年の藤田平(同 0.358)の満34歳。


鳴尾浜でノックを受ける藤浪晋太郎投手
鳴尾浜でノックを受ける藤浪晋太郎投手。キャンプへ調整は順調だ

藤浪晋太郎投手は24日、 2年連続の“ギター持参キャンプ”とすることを検討中だ。「新しく持って行くものは特にないですね。ギターは完全なひまつぶしですけど、持って行けたら行こうかと思っています」。沖縄・宜野座キャンプは、 2月29日までの長丁場。優しい音色で癒やされながら、昨年以上の充実の2月としたい。この日は極寒の鳴尾浜でキャッチボール、内野ノックをこなし「(寒くても)全然変わらないです」と順調な調整ぶりをみせた。

全員野球で、アニキのもとで2016年シーズンこそ全員野球でファン皆が待ち望む「二文字」に向かって前進だ!
ガンバレ!阪神!我らのタイガース!勝利を掴め!

順位表
2015年順位表

対戦表
2015年対戦表

クライマックスシリーズ ファイナルステージ
クライマックスシリーズ ファイナルステージ

日本シリーズ 2015 日程
日本シリーズ 2015 日程


「プレミア12」 1次ラウンド順位表
「プレミア12」 1次ラウンド順位表

準決勝トーナメント
準決勝トーナメント

侍ジャパン日本代表メンバー
侍ジャパン日本代表メンバー

 阪神タイガース公式スマホ携帯サイト
※阪神タイガース公式スマホ携帯サイト
◇公式戦全試合実況速報
公式戦全試合をテキスト速報!タイガース迂遠実況で応援気分を盛り上げます。ほかにも対戦中の選手の成績が」一目で分かる「観戦モード」も必見!
◇現場からお届け!トラ番LIVEニュース
主催試合時は、現場から直接ニュースを配信! タイガース情報をどこよりもはやく、そうして細やかに。「生」の情報もお届けします!!
◇モバイル限定のコラムを配信
貴重なファームの情報や、OBへのインタビュー等、ここでしか読めないコラムをさまざまな目線で配信! コラムは随時追加予定です!
◇会員限定選手サイン色紙のプレゼント
毎月末は、選手サイン色紙などがあたる会員限定キャンペーンを実施! このチャンスをお見逃しなく!
阪神タイガース公式スマホ携帯サイト

※阪神戦を見るなら「虎テレ TORATELE」だ!交流戦全24試合放送します!
阪神タイガース主催試合をスマートフォンでご覧いただける公式動画配信サービスです。
阪神タイガースでは、球団公式動画配信サービス「虎テレ」において、従来からの阪神タイガース主催全試合に加えて、2013年度の日本生命セ・パ交流戦での阪神ビジター試合(全12試合)を配信することを決定いたしました。
この取組みは、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営する、インターネットライブ動画配信サービス「パ・リーグTV」との協力で実現したもので、スマートフォンでの有料インターネットライブ配信の他、PC・タブレット・スマートフォンでの試合後のイニングVOD配信も行います。
プレイボール(※)からヒーローインタビューまで見ることができる「ライブ中継」や、見たいシーンを検索することができる「シーン検索」、ファンのみなさんの感情が反映される「熱狂メーター!!」など、様々なコンテンツを搭載した新感覚の動画配信サービスです。
※実際の試合から5分程度遅れての放送となります。
決済方法は、クレジットカードのほか、各キャリア決済にも対応。テレビ中継をなかなか見ることができない方、中継を何度も見直して勝利試合の余韻に浸りたい方、野球技術の勉強をしたい方、ヒイキの選手の笑顔をたくさん見たい方、タイガースファン必見です!!
球団公式動画配信サービス「虎テレ」に会員登録してください。
視聴価格:月額会員 630円、 1試合視聴 210円
虎テレは、Andoroid2.3.4以降、iOS5以降に対応しております。バージョンが上記未満の方はバージョンアップを実施してください。
※らくらくスマートフォンには対応しておりません。

お手紙付きチケットデザイン
「お手紙付きチケット」デザイン
2月15日(月)よりインターネットにて、新企画の「お手紙付きチケット」」を数量限定で発売します。本企画は限定デザインのチケットに、手紙を付けてプレゼント(配送)できるチケットで、母の日・父の日を含む 3連戦や巨人戦(一部除く)の計18試合が対象となります。ご家族や大切な方への日頃の感謝を伝えるとっておきのプレゼントとして、ぜひご利用ください。
発売概要・問い合わせ先・発売方法等の詳細は http://www.tike-uke.com/hanshintigers/msgticket/LP/ よりご確認ください。

※ニッポン放送「ショウアップナイター」はここだ!
メールアドレス:89@1242.com
番組ホームページはこちら、http://www.1242.com/baseball/
twitterハッシュタグは「#showup1242
twitterアカウントは「@showup1242
facebookページは「http://www.facebook.com/#!/am1242
ニッポン放送では、夕方 5時30分からの「ショウアップスポーツ」の中で、野球の最新情報をたっぷりお伝えしてまいります。
夕方5時30分から(土は5時50分から)、完全実況中継!
まるでスタジアムにいるかのような興奮と感動をお届けします!!
江本孟紀、若松勉、大矢明彦、田尾安志、野村弘樹、宮本和知、里崎智也、山﨑武司、石井一久、関根潤三・・・一流解説陣が連日登場!
18時少し前と19時,20時の時報の後にクイズが有ります。
『プレゼントもクライマックス!毎試合 現金5万円が当たる クイズ・トリプルチャンス
スペシャル!』 1問目は現金 1万円、 2問目も現金 1万円、 3問目は現金 3万円、合計 5万円
をプレゼントいたします!ぜひ、ご参加ください!






ペタしてね


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
AD