激動の阪神の1年を振り返る「10大ニュース」。虎番とデスクが選んだ出来事は 1位が金本新監督誕生で、 2位が中村GMの急逝だった。志半ばでこの世を去った編成トップの新監督案は元広島、楽天監督のマーティー・ブラウン氏(52)だった。金本監督誕生の裏でいったいなぜ? 関係者が明らかにした。
サンケイスポーツ名物企画「猛虎のお約束」に鳥谷敬内野手(34)、和田豊前監督(53=オーナー付シニアアドバイザー)ら 6人が挑戦したが、残念ながら全員、未達成となった(呉昇桓は退団のため、ノーコンテスト)。30盗塁を掲げた大和外野手(28)、巨人戦で 5安打 3打点以上を掲げたランディ・メッセンジャー投手(34)も公約を果たせず、敗れ去った。 5盗塁だった大和は“裏カメラマン”にふんして選手のオフショットなどを狙い、巨人戦無安打 0打点のメッセはサンスポ 1日カメラマンになってもらう。ともに春季キャンプ中での実施となりそうだ。また防御率2.50以下としていた能見の罰則も今後、詳細を詰めていくことになる。1996年から始まった猛虎のお約束は来年20周年を迎えます。サンスポはいつ、なんどきも、猛虎の挑戦を受けて立ちます。金本監督、虎戦士のみなさん。来年もよろしくお願いします。15勝&防御率 2点台という目標を掲げ、わずか 1勝差で未達成となった藤浪晋太郎投手(21)は、すでにオリジナルの年賀状を 682通の応募者から選ばれた読者10人に向けて執筆。投函済みだ。
朝鮮日報電子版は30日、ソウル中央地検はマカオのカジノで賭博をした疑いで前阪神の呉昇桓(オ・スンファン)投手(33)と韓国プロ野球の林昌勇(イム・チャンヨン)投手(39)を略式起訴し、それぞれ罰金 700万ウォン(約72万円)の略式命令請求を行ったと伝えた。
記事をまとめてみました。

激動の阪神の1年を振り返る「10大ニュース」。虎番とデスクが選んだ出来事は 1位が金本新監督誕生で、 2位が中村GMの急逝だった。志半ばでこの世を去った編成トップの新監督案は元広島、楽天監督のマーティー・ブラウン氏だった。金本監督誕生の裏でいったいなぜ? 関係者が明らかにした。

金本知憲新監督と掛布雅之2軍監督
金本知憲新監督と掛布雅之 2軍監督

(1)金本新監督、掛布 2軍監督誕生
要請を正式受諾するまで、金本監督からは何度も“後ろ向き”な言葉を聞いた。「もし受けるなら去年に受けているわ」とも。2016年はまさに過渡期。火中のクリを拾うという表現は決して大げさではない。
それでも受けた。思えばFAでタテジマに袖を通した時もそうだった。2002年オフ、当時星野監督の半ば強引な熱いラブコールに男気で応えた。低迷阪神の救世主という重責を背負わされながら、広島の提示とほぼ変わらない、年俸 2億6000万円の 4年契約で、だ。
翌年に優勝。2005年も頂点に立った。もちろん 4年間、どんなに活躍しても年俸は上がらない。後輩たちに次々と抜かれたことは、あまり知られていない。火中の栗だろうが、苦境だろうが、ブレない心で成し遂げるのが鉄人金本の魅力。だからこそ期待せずにいられない。(阪神担当キャップ・堀啓介)

(2)中村GM急逝
和田監督が辞任し、金本新監督が誕生。監督交代劇が起こる中、フロント内に中村案として残っていた名前があった。広島、楽天で指揮を執ったマーティー・ブラウン氏。現在米大リーグ、ナショナルズで環太平洋地域コーディネーターを務めている。
この構想は 9月23日に東京都内のホテルで中村GMが脳出血で亡くなった翌24日、神戸市内で会談した南信男球団社長(当時現在球団顧問)から坂井信也オーナーに伝えられた。
しかし、なぜ、ブラウン氏なのか。虎と縁もゆかりもない外国人指揮官の擁立。今となっては中村GMに取材することはできないが、関係者はこの構想を認めた上で、推察した。
「来季以降の戦力を考えたとき、中村GMはかなり厳しい戦いになると見ていたようだ。思い切った若返りを図る必要もある。でもタイガースは勝たなければいけない球団になった。若い指導者に風当たりがきつい時期を託すのは酷だと考えたのではないか」


阪神甲子園球場での中村GMお別れの会
阪神甲子園球場での中村GMお別れの会

中村GMは暗黒時代の真っただ中の1990年、40歳の若さで 1軍監督に昇格。優勝を争った1992年の 2位以外はBクラスだった。厳しいファンの指弾を受けて1995年のシーズン途中に休養した。当時と現在では戦力やチーム状況が異なるが、勝てば大統領、負ければ…という構図は同じだ。
関係者はさらに続けた。「自分自身が厳しい批判を受けてきたからこそ、外国人指揮官に数年間任せて、その間にチームの戦力を整えて、若い指導者にバトンタッチさせたいと考えていたのではないか」。
新監督人事は改革を望む坂井オーナーの強い意向もあり、金本氏招へいに一本化。時間はかかったが、受諾し、この案は幻となった。超変革を打ち出すアニキ監督の誕生に期待感に包まれているが、戦力的にはマートン、呉昇桓が退団し、新外国人は未知数だ。ここ数年即戦力投手で成功したのは藤浪だけだ。
「監督は変わったが、戦力的には厳しいだろう」と見る球団関係者もいる。中村GMならではの優しさが根っこにあったブラウン招へい構想。その気遣いが戦力的な危機感に端を発したものであるならば、楽観的展望を持つことはできない。今後も冷静かつ客観的に新体制を取材していきたい。(元阪神担当キャップ、運動部デスク・大沢謙一郎)


自己最高打率に届かなかった鳥谷
自己最高打率に届かなかった鳥谷敬内野手。約束通り愛用品をプレゼント

結果発表!! サンケイスポーツ名物企画「猛虎のお約束」に鳥谷敬内野手、和田豊前監督ら 6人が挑戦したが、残念ながら全員、未達成となった(呉昇桓は退団のため、ノーコンテスト)。
30盗塁を掲げた大和外野手、巨人戦で 5安打 3打点以上を掲げたランディ・メッセンジャー投手も公約を果たせず、敗れ去った。 5盗塁だった大和は“裏カメラマン”にふんして選手のオフショットなどを狙い、巨人戦無安打 0打点のメッセはサンスポ 1日カメラマンになってもらう。ともに春季キャンプ中での実施となりそうだ。また防御率2.50以下としていた能見の罰則も今後、詳細を詰めていくことになる。そこで虎戦士からせしめた罰則品をドドーンとサンスポ読者にプレゼント。お宝グッズを手にするのは、アナタ? 奮ってご応募ください。


鳥谷のサイン入りバットとスパイク
鳥谷敬内野手のサイン入りバットとスパイク。虎党垂涎のお宝だ

サンスポ読者が大喜びするに違いないお宝グッズが年の瀬に届けられた。
4年ぶりに「猛虎のお約束」に参戦し、自己最高打率とリーグ優勝を誓ったものの、涙をのんだ鳥谷が提供してくれたのは、直筆サイン入りのスパイク&バット。“ビヤ樽”こと三木建次編集委員が西宮市内の甲子園球場に隣接するクラブハウスでトレーニングを続ける鳥谷に罰則回収を求めると「もちろん、わかっていますよ~」と快く、自らのアイテムをもってきてくれた。
今季は打率 0.281、 6本塁打、42打点の成績で自己最高打率 0.312(2014年)には及ばなかった。死球を受け、肋骨を骨折しながらも11年連続全試合出場を成し遂げたが、納得できる数字は残せなかった。金本監督からはすでに来季、 5年目となる主将を伝えられており、鍛錬の日々を続けている。鳥谷の復調なくして、阪神の優勝なし。来季も「猛虎のお約束」に参戦してもらって、それもモチベーションにしてほしいところ。春季キャンプのときにも再び三木編集委員が交渉させてもらいます!!


和田SAが監督として着用したユニホーム
和田SAは監督として着用したユニホームに直筆サインを入れてくれた

そして、男気でお宝グッズを提供してくれたのが、前監督の和田SA。目標として、リーグ優勝とセ・リーグ他 5球団すべてに勝ち越しとハードルを設定したが、ヤクルトと 6ゲーム差の 3位に終わり、失敗。V逸の責任を取って辞任した。退団した監督、選手の場合、これまでノーカウントにすることが多かったが、阿部祐亮サブキャップがSAに確認すると…。 「いやいや…。約束したんだから。プレゼントするのは当然だよ」
当初、背番号と同じ「86」勝に届かない勝利数だけグッズを提供(70勝だったため、16個)してもらう予定だったが、直筆サイン入りユニホームに贈呈。 1軍監督の戦闘服! なんと超豪華だ!!
1996年から始まった猛虎のお約束は来年20周年を迎えます。サンスポはいつ、なんどきも、猛虎の挑戦を受けて立ちます。金本監督、虎戦士のみなさん。来年もよろしくお願いします。


藤浪晋太郎投手の年賀状
藤浪晋太郎投手の年賀状

15勝&防御率 2点台という目標を掲げ、わずか 1勝差で未達成となった藤浪晋太郎投手は、すでにオリジナルの年賀状を 682通の応募者から選ばれた読者10人に向けて執筆。投函済みだ。応募してくれた読者は元日の朝、郵便受けをみれば、当選したかどうかがわかる。ちなみに来年の参戦については藤浪自身「どうしよっかなぁ」。 4年連続 4度目の挑戦を誰もが待っている。
★猛虎のお約束とは
1996年から始まったサンスポ名物企画。監督、選手にシーズンの目標を掲げてもらい、達成時にはご褒美としてサンスポから賞品などを贈呈。未達成の場合は、読者との触れ合い企画に協力するなど、趣向を凝らした罰ゲームに挑戦したり、お宝罰則品を抽選で選ばれた読者にプレゼントする仕組み。
★お約束プレゼント
罰則品をそれぞれ読者 1人にプレゼントします。ご希望の方ははがきに郵便番号、住所、氏名、年齢、職業、日中連絡が取れる電話番号、希望グッズ(1)鳥谷選手(2)和田SAのいずれか( 1通で複数応募不可)、サンスポへのご意見を明記の上、〒556-8691浪速郵便局私書箱 113号サンケイスポーツ運動部「猛虎のお約束プレゼント係」まで。 1月12日の到着分まで有効。発表は発送をもって代えます。個人情報は当選者決定以外に使用しません。


朝鮮日報電子版は30日、ソウル中央地検はマカオのカジノで賭博をした疑いで前阪神の呉昇桓投手と韓国プロ野球の林昌勇投手を略式起訴し、それぞれ罰金 700万ウォン(約72万円)の略式命令請求を行ったと伝えた。
阪神から残留交渉を打ち切られた呉はフリーエージェントとなり、大リーグ移籍を目指している。


プレゼントを出してくれた選手達、ホンマにオオキニ!アニキのもとで来シーズンこそ全員野球でファン皆が待ち望む「二文字」に向かって前進だ!
ガンバレ!阪神!我らのタイガース!勝利を掴め!

順位表
2015年順位表

対戦表
2015年対戦表

クライマックスシリーズ ファイナルステージ
クライマックスシリーズ ファイナルステージ

日本シリーズ 2015 日程
日本シリーズ 2015 日程


「プレミア12」 1次ラウンド順位表
「プレミア12」 1次ラウンド順位表

準決勝トーナメント
準決勝トーナメント

侍ジャパン日本代表メンバー
侍ジャパン日本代表メンバー

 阪神タイガース公式スマホ携帯サイト
※阪神タイガース公式スマホ携帯サイト
◇公式戦全試合実況速報
公式戦全試合をテキスト速報!タイガース迂遠実況で応援気分を盛り上げます。ほかにも対戦中の選手の成績が」一目で分かる「観戦モード」も必見!
◇現場からお届け!トラ番LIVEニュース
主催試合時は、現場から直接ニュースを配信! タイガース情報をどこよりもはやく、そうして細やかに。「生」の情報もお届けします!!
◇モバイル限定のコラムを配信
貴重なファームの情報や、OBへのインタビュー等、ここでしか読めないコラムをさまざまな目線で配信! コラムは随時追加予定です!
◇会員限定選手サイン色紙のプレゼント
毎月末は、選手サイン色紙などがあたる会員限定キャンペーンを実施! このチャンスをお見逃しなく!
阪神タイガース公式スマホ携帯サイト

※阪神戦を見るなら「虎テレ TORATELE」だ!交流戦全24試合放送します!
阪神タイガース主催試合をスマートフォンでご覧いただける公式動画配信サービスです。
阪神タイガースでは、球団公式動画配信サービス「虎テレ」において、従来からの阪神タイガース主催全試合に加えて、2013年度の日本生命セ・パ交流戦での阪神ビジター試合(全12試合)を配信することを決定いたしました。
この取組みは、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営する、インターネットライブ動画配信サービス「パ・リーグTV」との協力で実現したもので、スマートフォンでの有料インターネットライブ配信の他、PC・タブレット・スマートフォンでの試合後のイニングVOD配信も行います。
プレイボール(※)からヒーローインタビューまで見ることができる「ライブ中継」や、見たいシーンを検索することができる「シーン検索」、ファンのみなさんの感情が反映される「熱狂メーター!!」など、様々なコンテンツを搭載した新感覚の動画配信サービスです。
※実際の試合から5分程度遅れての放送となります。
決済方法は、クレジットカードのほか、各キャリア決済にも対応。テレビ中継をなかなか見ることができない方、中継を何度も見直して勝利試合の余韻に浸りたい方、野球技術の勉強をしたい方、ヒイキの選手の笑顔をたくさん見たい方、タイガースファン必見です!!
球団公式動画配信サービス「虎テレ」に会員登録してください。
視聴価格:月額会員 630円、 1試合視聴 210円
虎テレは、Andoroid2.3.4以降、iOS5以降に対応しております。バージョンが上記未満の方はバージョンアップを実施してください。
※らくらくスマートフォンには対応しておりません。

阪神タイガース公式カレンダー 2016
※阪神タイガース公式カレンダー 2016
・阪神 CONTENTSLINKトップページ→
http://hcl-c.com/shop/calendar/index.php
・オンラインショップでのご注文→
http://shop.hcl-c.com/hcl/category/?_get_category_id=7
・郵便振替でのご注文→
http://hcl-c.com/shop/calendar/yuubin.php
・ファックスでのご注文→
http://hcl-c.com/shop/calendar/facsimile.php

※ニッポン放送「ショウアップナイター」はここだ!
メールアドレス:89@1242.com
番組ホームページはこちら、http://www.1242.com/baseball/
twitterハッシュタグは「#showup1242
twitterアカウントは「@showup1242
facebookページは「http://www.facebook.com/#!/am1242
ニッポン放送では、夕方 5時30分からの「ショウアップスポーツ」の中で、野球の最新情報をたっぷりお伝えしてまいります。
夕方5時30分から(土は5時50分から)、完全実況中継!
まるでスタジアムにいるかのような興奮と感動をお届けします!!
江本孟紀、若松勉、大矢明彦、田尾安志、野村弘樹、宮本和知、里崎智也、山﨑武司、石井一久、関根潤三・・・一流解説陣が連日登場!
18時少し前と19時,20時の時報の後にクイズが有ります。
『プレゼントもクライマックス!毎試合 現金5万円が当たる クイズ・トリプルチャンス
スペシャル!』 1問目は現金 1万円、 2問目も現金 1万円、 3問目は現金 3万円、合計 5万円
をプレゼントいたします!ぜひ、ご参加ください!






ペタしてね


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
AD