「介護」が中学・技術家庭科の学習指導要領に入ることに決まりました!

年に数回ほど「この仕事をやったことで、こんな俺でも国会議員にならせていただいた意味があったなぁ」としみじみ思うことがあるのですが(大げさ?)、これもその一つでしたね。

ちなみに「学習指導要領」とは、教育カリキュラムの基準を決めるもので、これに基づいて、今後およそ10年間の教科書や教育現場の教育内容が決められます。

...

実は、これだけ介護問題が身近で深刻になっているのに、これまで中学の学習指導要領には、「介護」を授業内容とするような記載が全くなく、義務教育の現場で介護の重要性や基本的な技術が教えられることはなかったのです。

でも、自民党で社会保障特命委員会・介護PTの事務局長を務めつつ、地元岡山で介護の現場をまわって介護に携わる方々の話を聞くうち、高齢化が急速に進む中で、住み慣れた地域で暮らしていくために、家族が基本的な介護のやり方を知っていれば、本人にとっても家族にとっても役に立つだろうし、若いうちから介護の重要性を学んでおけば、介護職を目指す人材も増えるのではないか!と強く思うようになったのです。

そこで、先月3日、安倍総理はじめ全閣僚が出席していた予算委員会質疑でも、この問題をとりあげ、松野文科大臣に、現場の声として「今後、在宅介護が多くなることから、遅くとも中学の技術・家庭などで家庭でもできる簡単な介護技術を教えてもらう必要がある、そういったことを学ぶことを通して私もやってみようと、将来介護職につこうという方の裾野が広がるんじゃないか」と指摘しました。
(質疑の様子は動画でご覧ください。https://m.youtube.com/watch?v=Znk-5TO13PU

 

 

そのとき、松野大臣からは、前向きな答弁を引き出していたのですが、文科省から提案された学習指導要領最終案に盛り込まれていなかったので、今週行われた文部科学部会で「中学の技術家庭科で介護の基本技術を教えるべきだ。そのことは予算委で総理はじめ全閣僚の前で指摘し、松野大臣からも前向きな答弁をいただいている!」などと大演説をしたのでした。
 実は、その日に学習指導要領案を最終案としてとりまとめるはずだったそうですが、亀岡文部科学部会長や執行部の配慮で僕の主張を取り入れてくれることになったのでした。

新しい学習指導要領では、中学の技術家庭で「家族・家庭生活」で「介護など高齢者との関わり方について理解すること」「高齢者の介護の基礎に関する体験的な活動ができるように留意すること」など、介護の重要性が授業で取り扱われることになります。
今後、若い世代が、介護を理解し、基本的な技術を学校で学ぶ機会を持つことになれば、深刻なニッポンの介護問題も世代を越えて取り組んでいけそうです。
 
 「森友」問題などマスコミでは政局ネタばかりウケますが、地道に国民の役に立つ政策を追求していきます。

もっと見る
画像に含まれている可能性があるもの:16人、座ってる(複数の人)、テーブル、室内

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

 

和装議連の一員として、開会式は和服で登院。
衆議院正面玄関で登院手続きをした後、衆院本会議で座席指定と特別委員会設置の決議。
午後から天皇陛下をお迎えしての開会式。お元気なお姿に感無量。

引き続いて、衆院本会議に戻り、総理施政方針演説、各大臣の外交演説・財政演説などが続きます。
この各演説に示された方針に従って、政策を進めていきます。
僕は、引き続き、予算委員、厚生労働委員、憲法審査会委員、政治倫理・選挙法特別委員会委員を務める予定です。
まずは、しっかりと予算を成立させ、議員としての職責をしっかり果たしていきます。
ご指導とご支援、よろしくお願いします!

また、今国会から、1~2週間ごとに「国会レポート」を動画で配信することにしました。
国会で議論されている問題をわかりやすくお伝えします。
Facebookまたはホームページの動画ページでご覧いただけますので、よろしくお願いします!

 

 

 

天皇陛下の誕生日祝宴に光栄にもお招きをいただき、「岡山の皆さまとともにお招きいただいた」という想いで妻と宮中に参内いたしました。
天皇陛下のお言葉に続き、安倍総理の祝辞・大島衆院議長の乾杯で始まった祝宴には、天皇皇后両陛下、皇太子殿下ご夫妻、秋篠宮殿下ご夫妻、真子さま、佳子さまもご臨席され、華やかな宴となりました。
幸運にも天皇陛下の御正面に並ぶテーブルであったため、陛下のお元気そうなお姿を嬉しく拝見することができました。
天皇陛下のご長寿と皇室のご繁栄を心から祈らずにはいられませんでした。

 

 

 

 

facebookFacebook 随時更新中!』

https://www.facebook.com/takashi.yamashita.7/

 

中国・北京を訪問

テーマ:

国会が先週末に終わったのを待って、中国国際交流協会の招きで中国・北京を訪問しました。

目的は、①中国のいまの課題を肌で感じてくることと、②中国の対日政策担当者に日本の想いを正しく伝えること。

 

 ご一緒したのは、いずれも前内閣府副大臣で同じ水月会の平将明代議士(東京3区)と赤沢亮正代議士(鳥取2区)。...

 


特に平代議士は、東京JC(青年会議所)の会頭として、まだ経済発展前夜の20年以上前から中国で植林援助活動をして以来、中国政府とはとても親しい間柄だし、赤沢代議士は、国交省時代に中国に新幹線を売り込むべく何度も通った方。
中国は「古い友人(老朋友)」になって初めて腹を割って話ができるため、ご一緒してとても勉強になりました。
 
今回の訪問先は、中国国際交流協会のほか、①中国社会科学院日本研究所(中国最大の政府系日本研究機関)、②中華全国青年連合会(全青連:全国的な青年団体の連合組織)、③中国共産党中央対外連絡部(中連部:中国外交の司令塔)、④全人代常務委員会副委員長(中国の国会幹部)など。
 日本通が多く、ほぼ日本語か英語で会話ができたことから、中身の濃い議論ができました。
 
北京に着いて、まず歓迎を受けたのは深刻な大気汚染。
 着陸直前までは、雲一つない晴天だったのに、着陸すると大気汚染のため薄曇り状態。

ここ3日間ほど、北京の大気状況は最悪の赤色警報がでており、高校以下の学校は3日間学校閉鎖で、一部の高速道路は視界不良のために閉鎖。北京市内で走る車にもナンバーによる走行制限が実施され、奇数日はナンバープレート末尾が奇数の車、偶数日は末尾が偶数の車しかそれぞれ運転できません。
 これはニュースにもなっていましたね。http://www.sankei.com/wor…/news/161221/wor1612210037-n1.html

 もともと北京は、周辺の工場の排出ガスや車の排気ガスでPM2.5などの大気汚染が激しいのですが、この時期は特に暖房のために石炭が炊かれることや、乾燥して大気やスモッグ物質が滞留しやすいため、大気汚染は特に厳しい。

 下の写真は晴れのはずの北京。少し先のビルがぼやけて見えるし、僕の頭の左上にある太陽も完全にぼやけています。これすべてスモッグのため。ノドや鼻がいがらっぽいのは当然として、気のせいか、空気に少し味がするような。


 
 道路を歩く人も多くが強力なマスクをしています。警備に当たる人民解放軍兵士も黒いマスクをしていました。
案内してくれた方によれば「数日経ったら、大気が入れ替わるから少しはきれいになるよ」ということでしたが、入れ替わった大気はどこに行くんだろう?

 

 

 

facebookFacebook 随時更新中!』

https://www.facebook.com/takashi.yamashita.7/

 

深夜国会

テーマ:

2年前の今日、二期目の生命をいただきました。議員立法した再犯防止推進法も早速今日施行になり、記念すべき日に、気分良く閉会となるはずが…

IR法案で、民進党が衆議院は採決拒否なのに参議院では民進党出身の委員長が採決を認めるなどチグハグな対応をとった煽りを受けて朝から国会は民進党が閉会手続きに出席してこないなど不正常。

挙げ句に夜になって野党から内閣不信任案などが出されたため、夜22時から衆議院本会議が開かれ、国会は3日間延長に。

...

今は23時30分に一旦延会手続きを取り、40分間をおいて、明日の0時10分からの再開を議員控室で待っているところ。

 

 

内閣不信任案についての野党の討論も同じ主張の繰り返しなので、昨夜普天間基地所属のオスプレイが不時着水したことについての資料を読みながら聞いています。

 

 

帰りは2時ころになりそう。地下鉄も終わっているから自転車で帰ることになりそうです。

 

 

 

facebookFacebook 随時更新中!』

https://www.facebook.com/takashi.yamashita.7/