大竹沙絵子★GO!GO!埼玉!!

さいたま。はじめました

劇団献身スタジオ公演
「女の壁/憧れの雪国」
2017年2月1日(水)~6日(月)
@池袋・スタジオ空洞

作・演出 奥村徹也

旗揚げから一貫して独自のナンセンスコメディを作り上げる劇団献身が、2017年一発目にお届けするは、再演と新作の2本立て!

「女の壁」
初演は2015年2月。“女”という生き物を執拗なまでに男の偏見に基づいて描いた、女の子5人による努力と友情と化け物の話。
<キャスト>
石澤希代子
大竹沙絵子
金佳奈実(創像工房in front of.)
武川優子(電動夏子安置システム)
永井久喜(劇団献身)

「憧れの雪国」
経営再建をかけ、全財産を投入して人工降雪機を購入したスキー場店主。そのタイミングで雪が降った。実に5年ぶりの豪雪である。残されたのは気まずいほどに巨大な人工降雪機。店主は、必要性を見出すため、次々とカスタマイズをし始めた……
<キャスト>
加瀬澤拓未
木村圭介
永井久喜
奥村徹也(以上、劇団献身)
田村優依
西山宏幸(ブルドッキングヘッドロック)
はるはる

【タイムテーブル】
2017年2月
1日(水) 19:00【女】
2日(木) 19:00【憧】
3日(金) 16:00【女】/19:00【憧】
4日(土) 13:00【女】/16:00【憧】/19:00【女】
5日(日) 13:00【憧】/16:00【女】/19:00【憧】
6日(月) 13:00【憧】/16:00【女】
受付開始・当日券販売開始は開演の45分前・開場は開演の30分前。

【会場】
池袋 スタジオ空洞
JR線・東武線・西武池袋線・東京メトロ各線 池袋駅 西口より徒歩7分
〒171-0014 東京都豊島区 池袋3-60-5 地下1階
http://studiokudoh.blogspot.jp/p/blog-page_790.html

【チケット】
日時指定・全席自由席(開場前、受付順に整理番号発行)

前売り 一般 2300円
2本割引 3800円(前売のみ・2作品同時にご予約のお客様のみ対象)
当日券 2500円

【ご予約はコチラ】
https://www.quartet-online.net/ticket/kenshinstudio01?m=0ebcijg




お問い合わせ 質問 ご予約 等々

gogo55saitama@gmail.com

こちらへ 




テーマ:

雨の夜に

Norah Jonesなんて

柄でもない曲聴きながら

 

 

 

未だ実体のない自分を

ひとつひとつ確認しながら

 

それでもわからない過去を振り返りながら

 

 

生きてきた足跡をたどりながら

 

 

笑っている以前の自分に

他人のような距離を感じながら

 

 

それでも日々は続いている

 

 

 

 

何かを しっかりと掴みたい夜

 

 

確実に手のひらに

感触のある 何かを

ぐいっと 力一杯 握りしめたい夜なのです

 

 

確証ある何かを

 

 

きっと信じられる 何かを

 

 

これで良いのだと

胸を撫でる自分と

 

その背中をさすってあげたい自分とが

 

この狭いお部屋に2人いて

 

 

 

何度も言葉にするのだけど

 

どうにもそれは

喉のぎりぎりに

詰まって詰まって また 飲み込んで

 

 

きっと

発信することなんか

何もないのだけど

 

ここ最近強く思います

 

 

こうしてこの場で

ひたすらに

頑なに

自分というものを発信するのは

どういう心の表れか

 

 

私は

人が喜ぶのが好きで

 

人の喜びを

ともに分かち合うのが

何よりも幸せで

 

だから

そのためなら

自分のことが多少おろそかになろうが

そんなことは関係なくて

 

 

だから

 

こんな

人に何かを発信するということは

根っこではとても苦手で

 

自分の表現なんざ

どこかに垂れ流すほどのものはなくて

 

 

そんなことを考えていたら

日々が 穏やかに過ぎていって

 

私は

緩やかに 何かから 離れていく感覚を 覚えます

 

 

 

 

穏やかな 日々です

 

 

最近

よく笑っていると思います

 

 

基本的に 気にしぃなので

 

そこに雁字搦めになることも 多々あります

 

 

もっと

羽を伸ばせる人生ならば

どんなに

10歩も100歩も1000歩も前に

進んでいただろうか と

 

 

でも

今世のわたくしの人生は

どうやらこれくらいの歩みのようです

 

 

 

 

はっきりとした言葉は

今日も喉を詰まって 出ない予感

 

 

こうして

地道に 歩むのが 今世

 

 

 

真夜中に 風呂に入っては

 

少しずつ痩せていく自分の裸体をみながら

 

また 実体の無さを感じながら

 

 

苦手な鏡を

少しずつ直視しながら

 

 

穏やかな日々を 暮らします

 

 

 

 

頭がぼんやりするのは 天気のせい

 

 

 

天気に振り回される女でありたい

 

 

それくらい

 

バカで まっすぐでありたい

 

 

子どもの笑顔は 何よりのお薬

 

どんな言葉よりも 救い 救い 救い

 

 

 

 

何かを

 

そこにある何かを

 

この小さい手のひらで

 

ぐいっと 掴みたい 夜です

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

原色!原色!原色!

 

コントラストきつめに!!

目に!目に!刺激!

 

圧倒的に

ぎらつく街を

 

刺激刺激刺激

 

 

なんでもない街を

彩る 目を  目を

 

 

触れたら

ガチャガチャ 音たてて崩れる

 

圧倒的な

不安定さの ギリギリのギリギリのところを

 

爪先立ちで

歌いながら 踊りながら

 

街を 歩く 最高の 感覚を

 

 

沈殿した夜に

君となんでもない話をする

その刹那の ギリギリの 熱と

 

 

触れてる指の

半径30センチ

 

それ以外は

耳が痛いくらいの静寂

 

 

朝が

淀みをかき混ぜる前の

しん とした 空気を

 

 

 

夜は魔法だよ

 

全ての嘘が 本当になる

 

 

 

最高に ハッピーに いたいもの

 

 

好きなものは 好きと言いたいし

 

嫌いなものは 嫌いと言いたい

 

健康的に

 

健やかに

 

 

 

ごまかしごまかし

 

それはもう終わりにしようって

 

年末 寝込みながら

ガチャガチャした天井見上げながら思った

 

 

ここに 心に

健康でいてください!

 

って

31年付き合ってきた体が

叫んでくれたので

 

私は それを 受け入れます

 

 

 

それでも 歩んできた道は

確かにあって

 

歩みを進めてきた足があって

 

それは 間違っては いなくて きっと

 

 

それは

この子が そうだと 選んだから

 

ごまかそうがなんだろうが

そう決めたのは この体で

 

 

だから

褒めてやりつつ

 

私は 遠くをみる

 

 

伸びた影に絶望をみない

 

眩しい光に しっかり目を向ける

 

裸眼視力 1.5 まだいけるの 先をみるの

 

 

 

血反吐吐くほど 人と向き合いたいから

 

小手先で 上手く生きるのは

 

やっぱり不向きでしたよ

 

 

安定感なんて

器用に作り出してしまったから

 

器用貧乏が

安定感まで器用に作ってしまったから

 

そんなもんは 壊します

 

本当は圧倒的に 脆い

 

 

最高に不器用で

たくさんのものに依存して 失って

 

それでも 胸ぐら掴んで 向き合ってきたから

 

 

安定感なんていう武器を持って

依存するのは

 

それは 戦ってるんじゃなくて

向き合ってるんじゃなくて

 

必死にすがりついてるだけ

 

 

 

真剣に 真正面から

中指立てて向き合っていけなくなったら

 

それは もう 許せないのです

 

言葉が湧き上がってこなかったら

体がふつふつしなくなったら

小手先で ごまかし喋るなら

 

それは

もう 終わってるってことなんです

 

いまは

火が消えてるってことなんです

 

 

保温状態を

必死に保っていたって いつかは 冷めるよ

 

 

それを見て見ぬ振りして

 

これ まだあったかいもん!

って 嘘つき続けちゃだめ

 

嘘つき上手になっちゃ だめだ

 

 

愛をもって

言葉をくれる人に 最高の感謝を

 

 

みんなから栄養ばっかもらってる

 

 

だからこそ

その養分で

一生懸命生きなきゃね

 

 

嘘なく 生きなきゃね

 

 

ありがとうの1億倍を!みんなに!!

 

 

どうしようもなくなったら

 

またみんなを 頼るかもね

 

でも

まずは つま先を 正面に向けて

 

すりすり 一歩だそうとね してるよ

 

大きく一歩なんて

かっこいいもんじゃないのさ

 

石橋を叩きまくって

一度壊してからじゃないと

納得して渡れないくらいの人間だから

 

 

そこに

みんなの 愛ある言葉を

とんでもない握力でもって握りしめて

 

すりすり 一歩

 

 

 

きっと大丈夫なんだ って

 

よろけても

今まで散々踏み固めてきた道は あるからね

 

バカみたいに同じとこ踏みまくって

ガッチガチに固めた地面が

きっと 足を支えてくれるからね

 

 

もっと 信じてあげないとね

 

 

 

この文章を書くのに

30回以上

書いては消し書いては消しを繰り返して

 

どこもここも八方塞がり

出口がどこにもなくて

 

やっぱり間違ってたんだ!

道!違ってたんだ!これ!

 

って 朝まで頭抱えて

 

時間を延ばして延ばして

 

答えを 延期していたけど

 

 

そんなに 責めることも 焦ることも

 

ないのかもな

 

って 思ったら

肩 すとん ってなった

 

 

何を決断しようが 死にはしないさ

 

 

会いたくなったら

会いに行けばいいさ

 

それくらいの やわやわな お気持ちで

 

 

いっちょ ひょい と

 

 

 

未来に 期待 しないとね

 

希望しかないんだよ  未来には

 

 

 

夢いっぱい!!!

 

 

 

最高の笑顔 と

 

ありがとう を

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

国分寺大人倶楽部

 

解散しました

 

 

『ラストダンス』

 

 

終演しました

 

 

 

本当に終わりましたね

 

 

4年も活動してなかったのに

 

劇団員や

お馴染みの客演さんや

初めましてとは思えない初めましての役者さんや

 

みんなが

本当に 舞台上で頼もしくて

 

そして居心地が本当に良くて

 

 

幕が開けるまでは

本当にいろいろあったけど

 

なんだかんだ最高の舞台上でした

 

毎日が

最高の1時間40分でした

 

 

解散公演をやれるなんて

すごく幸せなことだ

 

って

いろんな方に言われました

 

確かに

 

解散なんて

大体が仲違いやらで

 

解散公演を打とうなんて

そもそもならない

 

ってことなのか

 

我々だって

4年経った

 

でも

4年経って

いろんな経験をしてきたからこそ

久しぶりに会ったメンバーは

愛おしかった

 

すごく舞台上で

愛おしかった

 

超恥ずかしいこと言ってるけど

 

 

 

 

 

今日

 

友達のバンドのライブを

久しぶりに観に行って

 

 

あぁ

 

私は

これを求めてたんだな

 

って 気づいた

 

 

 

私は

小さい頃から

バンドを組むのが夢で

 

なんやかんやで

叶わないままここまで来たんだけど

 

 

中学の卒業アルバムにも

バンド組みたい!!

 

ってでっかく書いちゃうくらい

バンドをやりたくて

 

 

そして

演劇ってものを

本当に毛嫌いしていて

 

 

不自然な喋り方と

妙な説明的セリフと

気持ち悪いコミュニケーションと

 

 

なんか

そんなイメージから

圧倒的に毛嫌いしていて

 

 

だから

負けず嫌いから始めてしまった演劇だけど

本当は始めた時点から ものすごい違和感と戦っていて

 

 

 

そんな時に

全く知らないのに

ただ人に勧められて受けた

国分寺大人倶楽部オーディション

 

 

どんなことやってるのか

全く知らなくて

 

ただ応募して

 

 

オーディション会場に行ったら

まず案内の人がいますって言ったのにいなくて

受けに来た人たちがみんな

会場付近で困ってたら

やっと来た人は

妙に小綺麗で

いやこの人演劇の人じゃないでしょって感じの美術の井上紗彩さん

 

受付に行ったら

マックのハンバーガー食べながら

もごもご受付してる主宰 河西裕介

 

河西のバイト先の友達なんすけど

って受けに来てた

全然芝居とかやったことない

すごいチャラチャラしてる加藤岳史

 

急に途中から

見学ですって言って会場に入ってきた

真っ黒のガチムチの

やから感半端ない後藤剛範

 

 

 

もうなんか

 

なんだよ 国分寺大人倶楽部って

 

こえぇよ

 

 

って印象しかなくて

 

 

でも

渡された台本は

短いものだったけど

 

面白くて

 

 

でもなんか

全然だめで

 

全然できなくて

 

 

ほとんど演劇なんかやったことないのに

勝手な演劇のイメージで

変な節とかつけて喋ってて

 

てか

こんなにも自然体で喋っていい演劇なんて

ないと思ってたから

よくわかんなくて

 

 

 

あぁー 落ちたわー

 

 

って

なんの期待もしないで

生活してたら

 

一週間後くらいに

河西から電話が来て

 

次の公演に出てくださいと

 

 

もう

意味わからなくて

 

なんで受かったのか

さっぱりわからなくて

 

 

ただ

あっ 出ていいんだ

 

って思って

即返事して

 

 

 

 

でも

国分寺がやってることは

とんでもなく難しいことで

 

人が書いたセリフを

本当に自然体で喋ることって

尋常じゃなく難しいことで

 

信じられないくらい

細かく演出が付いていて

 

全くできなくて

 

死ぬほど怒られて

泣いて

稽古場飛び出して

 

 

本当

このままじゃ

精神がイカれるって思うくらい怒られて

 

 

もう二度と出ない!!!!!

 

って心に誓ってたのに

 

また次の公演も誘われて

 

 

なんだか

もう辛いし

わけわかんないけど

でも

この団体には

とにかく

 

 

『かっこよさ』

 

 

 

を感じていたから

 

だから

付いて行きたくて

 

 

まじで辛かったけど

 

食らいついてた

 

 

 

 

 

そう

 

こんなにも

信じられないくらい丁寧に

稽古をつけて

 

ありえないくらい

空気感と

コミュニケーションの嘘のなさを追求して

 

不自然に見せない声量と

お客様に見せている

見せ物であるということの

ギリギリのところを

めちゃくちゃに攻めてて

 

こんなにも真剣に

お芝居作っているのに

 

外には 演劇ファック!っつって

中指立てて 喧嘩売ってて

 

なんかもう

 

 

私の思ってた

くそダサい くそキモい 演劇じゃなくて

 

 

なんか

 

くそカッコよくて

 

 

 

だから

 

河西裕介

後藤剛範

加藤岳史

井上紗彩

 

って 人たちと

メンバーになれたことで

 

なんか

劇団っつーか

 

なんか

 

バンド組んでる

みたいな気分だったよね

 

 

みんな

ビジュアルからしても

おおよそ

演劇やってそうではないし

 

実際私も

あとからオーディション受かった理由聞いたら

「おしゃれだったから」

「演劇やってなさそうだったから」

だったし

 

 

みんなバラバラで

 

みんなくそ野郎で

 

お酒飲んだら

私含めて みんな酷いし

 

いたずらも 本当に酷いし

 

恋愛に思いっきり振り回されちゃうし

 

だけど

作品をやることに関しては

本当に真剣で

 

セリフを喋ると

なんとも言えない説得力があって

 

恋愛もプライベートも

きっといろいろあるんだろうけど

 

その 経験が

とても面白い芝居を生んでいて

 

でも

いい具合に力が抜けてて

 

 

なんかもう

やっぱ

カッコよかった

 

 

 

私は

カッコよくなりたかったから

 

 

むかしから

 

 

カッコよくありたかったから

 

 

 

だから

 

国分寺大人倶楽部のメンバーでいて

 

 

みんなから

 

『かっこいい』

 

って感想をもらえるのは

 

最っっっっっっ高に嬉しくて

 

 

 

 

だから

 

活動休止したり

 

 

 

久々に集まって 解散したり

 

 

 

なんか

 

 

そんな距離感のみんなも

 

 

いろいろあったから

 

一言ではもうなんにも言えないけど

 

でも

 

 

愛おしかったです

 

 

 

そして

やっぱ

みんなすごいです

 

 

そこにいた私は

 

幸せでした

 

 

 

また いつか

 

舞台上で 会いたいな

 

 

なんて

 

そんなことを思いながら

 

 

解散です

 

 

 

 

 

かっこよかったです

 

 

 

大竹沙絵子(国分寺大人倶楽部)

 

 

 

って つくのが

なんか いかつくて

 

好きでした

 

 

 

 

 

これから

 

 

大竹沙絵子

 

 

 

一人でも

 

かっこよく あり続けたい

 

 

 

くそだけど

 

 

 

かっこよくありたい

 

 

 

 

ありがとう

 

 

 

ありがとうございました

 

 

 

 

どの作品も

 

大好きだったよ

 

 

客席で観たら  きっと

 

圧倒的に 一番好きな『演劇』だったよ

 

 

 

 

ありがとう

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。