そうじが苦手でも暮らしが快適になる 断捨離の10のコツ

住まいが変われば、暮らし方も変わります。断捨離トレーナー 、ダスキンフランチャイジー、コーチ、母として・・快適な暮らし方をサポートします。

                 

               お掃除は、掃く☆拭く☆磨く

          

                 環境が整うと、心も整います。


テーマ:

ごきげんいかがですか
断捨離トレーナー&お掃除コンサルタントの大澤ゆう子です。

本日は、自宅で行っている
断捨離1・2ステップセミナーの1期が終了しました。

受講者の小林みゆきさん(ご本人の許可を頂いて掲載しています。)
とは、断捨離メルマガでもお馴染みの小松易先生
2014年にコラボセミナーを受講頂いてからのご縁でした。


何回かセミナーに参加いただくけれど、

「沢山ある洋服が処分できない」
「子供の作品や、表彰状などどうしたらいいか」
の、テーマに毎回行き着く・・


アンケート用紙を拝見しても、字が整っているけど小さい
お顔の表情からも、何か迷われているような印象が・・・

けれど、今回は
お会いした瞬間にあれ?顔つきが違う!」のですよ。。

ご本人は「髪を切ったから・・」と言うけど
何か、つる~んと一皮剥けてキレイになった(元からおキレイですよ、あしからず(^^ゞ)
感じがして。

断捨離では、部分即全体・全体即部分
その部分を見れば、見えていない部分まで見えてくる
見えている部分を整えれば、見えない部分まで整う
と、考えます。


確かに、今回の小林さんは違いました。




1回目のスタート時に「こんな記録ファイルを作ってみたんですよ~♪」
と、before after写真を張り、その時に気づいた事
何をどの様に減らしたのか等を書き込んだファイル帖を制作。

メールでのサポート中には
「断捨離が、楽しくなってきましたぁ」とのやり取りも有り

本日2回目の終了時には
ご本人の課題であった、洋服も手放し
子供さんの作品も、処分できたそうです。

もちろん、今回のアンケート用紙の文字は
大きくしっかりとした字になっています。
自身と自信が整った印象を受けました。


さらに、今回は『ご自分の名前を出しても良い』に丸印が付いています!!


「スゴイぞ~!! 山が動いたぁ」っていう感じ。


100人いれば100通りの断捨離がある」

試行錯誤を繰り返し、ご自身のタイミングやポイントが見つかれば
こんなにいい笑顔が見られるんですね!







本日も、お越しいただきありがとうございます。




こちらに参加しています。
ポチット、押して頂けると とっても嬉しいです。
     👇




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ごきげんいかがですか?
断捨離トレーナー&お掃除コンサルタントの大澤ゆう子です。


今日は、半年間の断捨離徹底実践コースⅠ期、Ⅱ期、Ⅲ期修了生のフォローUP講座
が行われた様ですね。

実は私も、アシスタントとして半年間をご一緒させて頂いてました。



その時、受講されていたシナモンさん
先日、ご自宅サポートをさせて頂いた時の事が
ブログにUPされていますので、ご紹介しますね。

自宅サポート報告(1)
自宅サポート報告(2)(3)
自宅サポート報告(4)(5)


シナモンさんの、半年前を知っているからこそ
半年間の進化、深化、新化っぷりに
ワクワクしてしまいます


やっぱり断捨離は、見るより、聞くより
実践あるのみですね!!



 
やましたひでこブログ
その違いを一番知っている人たちより(一部抜粋)

人生に断捨離との縁があって、
人生に断捨離を招き入れて、
人生に断捨離で気づきをもたらして、

自分の人生に断捨離で発展的な進化を起こしだす。

断捨離を知る前の生活
断捨離を知ってからの生活

断捨離を実践する前の人生
断捨離を実践してからの人生


その違い、その差を一番知っている皆さんですね


 




本日も、お越しいただきありがとうございます。




こちらに参加しています。
ポチット、押して頂けると とっても嬉しいです。
     👇




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ごきげんいかがですか?
断捨離トレーナー&お掃除コンサルタントの大澤ゆう子です。

それは、先日・・

あるお客様より
「ヘルパーさんをお願いするので、台所を使えるように掃除してほしい」
というご依頼を頂いた時の事。

ご依頼者は、70代後半の女性
朝から熱があり「ベットで休んでいる」状態でした。
代わりに近くに住む、妹さんが対応してくれたのです。


「姐さんは、昔は綺麗好きだったのに
どうして、ここまでなっちゃうんだろうね~
たまには、掃除しなくちゃダメだよねぇ」


ひととおりの伝達を済ませ「夕方にまた来るから」と
妹さんは、自宅に返って行きました。


スタッフ3人でも午前中には仕事が終わらず、昼食を取る為に

寝室に声を掛けたけれど、返事が無い。
仕方なくドアを開けると
ベットの下にうつぶせに倒れている???


「えぇっ! いつから倒れていたんだろう?」


そこからが慌てました!!


応答は出来ても、身体の身動きが取れない様子

ひとまずベットに起き上げ、妹さんに連絡!

すぐに妹さんが駆け付け、医者に行く算段をするも
ご本人の容態が急変

ガタガタ震えだし、熱も随分あり、意識ももうろうとした様子

始めは「救急車は、騒ぎになるから・・」と
躊躇していた妹さんが救急車を呼び、すぐに到着



「あぁ~ ホッと一安心~」


でも・・・ですよ。
廊下は物が置かれ、担架で運べ出せるスペースが無いのです。


その結果、救急隊員3人に抱えられ歩いて救急車に乗って行きました。


数時間後・・帰宅され、病名を聞いて、またビックリ!!
「インフルエンザA型だったそうです。大事にならず良かった~」


私は、こんな風に思うのです。

高齢であろうと、若かろうと
救急車にお世話にならないとは限りませんよね?

本当に自分の身体がつらい状態の時には
担架に乗せてほしいです。

物に邪魔されず、一刻も早く、病院に連れて行って欲しいですよね?

掃除より、片付けが先!
動線である床は、スペースを開けておく!
が、鉄則だと・・

いかがでしょうか?




本日も、お越しいただきありがとうございます。




こちらに参加しています。
ポチット、押して頂けると とっても嬉しいです。
     👇






いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
ごきげんいかがですか? って・・半年ぶりの投稿です。

「大澤さん、ブログ更新してませんね」
そんな声も聞こえてきまして

何をしていたかって?

掃く・拭く・磨くのお仕事と
断捨離トレーナーのお仕事も、しっかりしていましたよ(^_^;)

ブログは、チョットお休みでした。
ゴメンナサイ・・


さて、今日は立春
暦の上では、新しい1年の始まりですね。


その前にと、この方のお家のお掃除をさせて頂きました。





やましたひでこオフィシャルブログより



でもね
おそうじの第一人者であり、師匠のお宅

普段からピカピカに磨かれているお宅の
何処を、どの様にお掃除したらいいんだろうか?


あーでもない、こーでもないと考えてみても
仕方のない事でした。


出来るか、出来ないかではなく
やりたいのか、やりたくないのかで考えれば「そりゃぁ、やりたい!」

そう!!「私にお掃除をさせていただきたい」

この想いは、他のお客様だって同じことでした。

今の私の持てる力で、心を込めて掃く・拭く・磨くをすること。
気持ちの良い場を提供したい。


そんな想いが今回、実現しました。
数年前には想像でしかなかった事・・叶うんですね

ありがとうございます。






いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
断捨離トレーナー&お掃除コンサルタントの大澤ゆう子です。

今回の記録的大雨被害にあわれた方々に
心より、お見舞い申し上げます。


先日、群馬県も台風18号が去ってからも豪雨が続いていた。


大雨の原因は「線状降水帯」

記録的な大雨となり特別警報が発表されていた栃木県・茨城県には
帯状の発達した雨雲がかかり続けました。
川の氾濫や土砂災害、浸水に最大級の警戒が必要!

と言う報道に
「内陸だから、大したことは無いだろう」という
過去からの経験と過信が私にはあった。


台風の進路次第では、お隣の栃木県ではなく
群馬だったのかもしれない・・


テレビから流れる映像は
川がまるで海のようになっている。
東北の震災の時のように思えた。


『海が無い県でも、水害は起きる』
改めて、思い知らされたように思う。


救助された方のインタビューを聞くと

「まさか、こんな事になるとは思わなかった」

「すぐに帰れると思って、着の身着のままです」と言う。

まさしく、想定外の事態。


ここ数年間の気象は
「観測史上初の〇〇」とか「何十年に1度の〇〇」という情報もよく聞くようになり
聴き慣れて来てしまったようにも思う。


沢山飛び交う情報の、何を選択し、どう行動に移すのか?

今回の災害を教訓に
その時、どうやって身を守るのか?
改めて考えさせられました。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)