文連芸術祭2017

テーマ:

皆さんはじめまして、2017年度美術部白美会主将のイワイと申します!(*^o^*)

前年度主将小林から引き継ぎまして、活動報告の場としてこのブログをどんどん更新していきたいと思います!この記事を書いている間にPCの更新が始まって、1度全部消えましたがめげずに行きます!!結構な量を書いていただけに正直絶望しかない。宇宙人しっぽ宇宙人からだ宇宙人あたま

 

記念すべき2017年第回目の活動報告は2月18日に行われた「文連芸術祭」です!

文連芸術祭とは、明治学院大学の文化団体連合会(略して文連)に所属する全16団体が普段の活動の成果をさまざまな形で発表し、文連内に限らず、学校全体、学外にまでアピールしまくる!お祭りです。

今年の文連芸術祭のテーマは『カルチュール』。

そして今年の芸術祭の醍醐味はなんといってもサークルコラボです!

白美のコラボパートナーは「シネマ研究会」さんでした。シネ研は、脚本から、演者、撮影、編集まですべてを行い、映画を作成しているサークルさんです。(素晴らしいなあ…)

そんなシネ研とのコラボ…白美が映像のためにできることがあるとしたら、なにか小道具をつくることくらいしか思い浮かばない…笑

しかし、文連執行部から、白美が作品を作ってその様子をシネ研がメイキング映像として撮影するというイメージを与えていただきました。なるほど!それならできそうですね!

そして白美には「今回のテーマ『カルチュール』そのもののような、歴史ある文連の象徴的な本のモニュメント」を作ることが任されました。

白美なぞがそんな大役を務めていいのだろうかと不安になりましたが、やるしかない!皆さんに見せても恥ずかしくないものを作るぞ~笑い泣き

 

白美内で参加者を募り、話し合いを重ね、制作の日間を用意しました。

ついに日目…

シネ研との顔合わせ合同部会から始まり、制作場所に移動してさっそく製作開始です。

しかし、ここでアクシデントが…。本モニュメント本体の材料となる段ボールが見込んでいた量よりずっと必要であることに気がつきました。会計ちゃんが探し回って集めてくれたのにまだ足りないとは…どうしよう。始まってすぐの問題発生に困惑している私たちに、なんとシネ研のお2人が取ってきましょうか、と声をかけてくれたのです…!(イケメンと天使かよ…)本当に助かりました、ありがとうございました。

そんなこんなでアクシデントも乗り越え、無事1日目終了。…かと思いきや、最後の最後、作品をアトリエへ運ぶ最中に破損。

 

続いて2日目。ここが山場でした。制作は休憩を挟みながらも約9時間にも及びました。

まずは1日目の最後に破損した部分の修復、強化。

表紙、裏表紙の作成、ペイント。

16団体全ての名前を入れたページ部分の下書き、ペイント。

この際だから言いますが、このページ部分のペイントがだいぶ進んでから、会計ちゃんがブタ研(舞台技術研究会)さんの名前が2つあることに気がつきます。デザイン案を出したイワイの責任です、ごめんなさい笑

でも、ブタ研さんにはたびたびお世話になっているし、いいか、感謝のもう1つです、という結論になりました。当日気づいた方いらっしゃるのかなあ。

22:30解散。さすがに疲れたね。皆さん、お疲れ様でした!

 

3日目。残念ながら、目標達成は見えてはいますがもう1日追加しないといけないと判断し、4日目を設定。ここまでくるとシネ研と白美はすっかり親友です(一方的)。

 

4日目。奇しくも(?)この日はバレンタインデー。みんなが同じことを考えて持ち寄られた大量のチョコレートと、執行部さんの手作りお菓子の差し入れに大喜びしながら、ついに目標達成!!!!よかった間に合った!!当日のライブペインティングをもって完成となります!

 

ついに文連芸術祭当日。

ブタ研さんやMCの旅研(旅行研究会)さんとリハーサルをし、いざ本番です。

残念だったのが、これまで一緒に頑張ってきたシネ研主将Nくんの欠席。授業ならしょうがないね!合間に顔出してくれてありがとう!代打は副将Yくんでした。彼しっかりしすぎて頼りきりのイワイ。そして遺影として登場のシネ研主将Nくん(彼は元気に授業を受けています)。

 

まず、シネ研によるメイキング映像が流れました。結論から言うと、素晴らしかった。画も同じようなものばかりにならないよう工夫されていたし、ここぞという瞬間が凝縮されていて素敵でしたラブ

映像の後、MCさんと軽いトーク。お客さんが相づちうってくださるし、目をみてくださるし、拍手してくださるしで、人前で話すの苦手マンのイワイはとても救われました。ありがとうございました。

ついにライブペインティング。ライペ自体は10分と短い時間でしたが、その間に文連マークと寄せ書きエリアをペイントしました。

なにやら楽しそうですね。何を話していたっけ…笑

 

暖かい拍手と、シネ研作成のエンドロールで、シネ研と白美のコラボは終了となりました。

 

今回、このコラボでは白美としては初めての経験が多かったです。ここまでがっつり他サークルとコラボしたことはないでしょうし、個人制作をメインとする白美が1つの大きな作品を時間をかけて制作するのはあまりないことです。トークでも話させていただきましたが、この経験はきっとなにか次に活かせるとことと思います。

 

最後になりましたが、今回コラボしてくださったシネ研の皆さん、場所やスケジュール、その他諸々全て手配してくださった執行部の皆さん、忙しい中サポートしてくださった先輩方、そして参加してくれた白美のみんなありがとうございました!

ここまでの長文を読んでくださった貴方にも感謝申し上げます!

 

よーし、つぎは春展(蒲公英展)だぞ~!素敵な展示会を作り上げていきましょう!ガーベラ

AD