どうして神経をとった歯が痛むの?

テーマ:

こんにちは!にしさんそう歯科 歯科医師の八木龍です(^^)
皆さん、神経を取る治療を受けたはずなのに痛みが出た経験はございませんか?

実は歯自体の痛みではなく、歯の周りの組織に炎症が起きているというサインなんですビックリマーク

神経を取った歯の根元や周辺に炎症が起こり、膿(うみ)が溜まることで腫れて痛みが発生します。 これは神経の治療の際に完全に根の中の細菌や感染源を除去できず、長い時間をかけて根の先に膿の袋を作ってしまうことが原因ですビックリマーク

 

 

 

 

 

痛みの種類としては軽度な場合は「歯が浮いたような感じがある」「歯ぐきが腫れぼったい」等の症状がでますが、急性時には「何もしなくてもずきずきと痛み、咬むと強い痛みがでる」となどの特徴があります。

膿の出口ができないと、どんどん圧力が高まり、痛みがおさまりません汗

 

治療方法としては神経の入っていた部分が細菌に汚染されているので、かぶせもの、土台を外して器具を用いてできるだけ根の中の汚染物質を取り除いていく根管治療という方法がスタンダードな治療になります。その後、症状が消失し根の中がきれいになったことを確認してから最終的な材料で緊密にふさぎます。 
しかし、基本的に根の治療は盲目的な治療になるため根管内を完全に無菌化することは難しいです。そのため治癒は最終的には患者様自身の体の抵抗力も借りて治すことになりますので治り具合には、感染の程度や治療の手技が同じでも、年齢や健康状態、全身疾患の有無によって治療結果に違いが出ることがあります。痛みが取れない場合ももちろんあり、その場合は最悪抜歯になってしまう場合もあります。


 硬いものを噛んだり病気などの体調の変化で、いったん治まっていた炎症がふたたび起こり、急に痛みだすこともあります。また強い力で歯が割れて痛みが出ている場合もあります。きっかけは予想がつかないので、ある時急に痛みが出ることがあります。  

先ほどもお伝えしましたが歯の神経の治療は、盲目的な処置のため難易度が高く、特に奥歯の神経の治療は器具も入りにくく根っこの形態も複雑なため困難な治療となることが多いです。
長々と書かせて頂きましたが、神経の治療は難易度がかなり高く何年後かに再治療を必要とする場合があります。そのため一番大切なことは、神経を取らないですむように日頃から検診を受けられて初期虫歯のうちからしっかりなおすことです。

痛くなってから歯科医院に来られると、神経の治療が必要なことが多いです。

大切なのはやはり予防と早い時期の治療ということになります。

 


お痛みを感じられている場合は一度診察を受けられてみてください。

しっかりと診察させて頂きます。

当院では定期健診も行っておりますので予防のためにも受診をお勧めします。

お電話にてご予約お待ちしております。

 

お電話にてご質問・ご予約受け付けしております

→☎06-6906-5454

 

AD