活動報告

真夏の野外フリーコンサートにて、バイオマス原材料入りの『オリジナルごみ袋の製作』に関わらせていただきました。

主催者であるFM802さんとは、2007年の同イベントから環境対策活動を始め、学生さん達の協力を得ながら、今に至ります。


当日配布されたごみ袋の画像はこちら↓
※FM802さんより画像の使用許可をいただいてますので、掲載します。

{872B30B6-09E1-4900-8D6E-41CF1E32E5AD}



フェスティバル名
FM802 MEET THE WORLD BEAT 2017

会場名
万博記念公園  自然文化園  もみじ川芝生広場(吹田・大阪)

日時
7月16日(日)

来場者数
14,000人

製作枚数
14,000枚

東京でのオリンピック開催も有り、公園等公共の場での環境対策活動も益々大切になります。

10年間、変わらず、取り組みを共に続けてくださるFM802さんの姿勢には、並々ならぬ決意を感じます。

ごみゼロ関西としては、現在は年間1本、このイベントのみの活動です。

過去10年前、15年前のような大掛かりで大幅に時間を割くような活動は縮小しています。

大を以って、小を為す。
関わるメンバーの縮小も有り、大きいことから小さいことへ。

小さくとも続けていることが、今後の何かにつながると信じています。




オリジナルごみ袋の製作

テーマ:

ごみゼロ関西blogをご覧の皆様

 

毎年、少しだけですが、ごみ袋の製作を継続させていただいたおります。

 

今年も、現時点で一つだけ、ご依頼を頂き、進めています。

 

大きな活動を停止した私たちですが、繋がった信頼は途切れることなく、

 

心からありがたいと思いながら、進んでいます。

 

また何かできることがあれば、少しずつでも、進めていくつもりです。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

ごみゼロ関西blogをご覧の皆様

ごみ袋製作に続き、応援したいことをシェアさせてください。

LIGHT UP NIPPON

LIGHT UP NIPPON !
http://lightupnippon.jp/
http://twitter.com/lightupnippon

はじまりは、LIGHT UP NIPPON 関連Twitterに、
ごみゼロ関西のTwitterアカウントをフォローいただき、偶然に見た映画から。

大阪では、梅田ブルク7にて公開中の他、TSUTAYAさんでもレンタルできます。

上映時間は日によって違うみたいなので、詳しくはブルク7さんのウェブをどうぞ。
http://burg7.com/index.html


わき上がって来る東北まで行ってしまっている想いと共に、
考えを下記に打ち付けます。

不要なことかもしれませんので、読みたいと思った人だけどうぞ。

~・~・~・

正直に申し上げて、ごみゼロ関西の活動を停止した私自身の葛藤の中には、

311以後の東北への想いが少なからず有りました。

それは日本人なら誰でも持ったと思う、何かしたい!という想いに他なりません。

一日24時間しか無い中で、何が出来るかを考えると、

環境対策活動も大切だけど、“いま、本当に自分がやりたいことは何か?”と自分自身に問うと、

活動としての最優先は、東北への想いに有りました。

こんなことを云うと、きれいごとかもしれません。

たしかにきれいごとです。

自分の生活も守らなければならない。

でも、東北への想いは消えない。

まるで蝋燭の灯りのように、自分ごとに集中すればするほど、

何かしたいという想いは強く具体化されて行く。

そんな感じを持って、今まで過ごしてきました。

何もしていない訳じゃない。

自己擁護ではないですが、募金も集め、行き先も協力先も、

出来るだけ自分が会ったことの有る人がつながる先へ、

届けようと動いて実行してきました。

一つできた。ひとつ、ひとつ、できた。
http://ameblo.jp/530kansai/entry-11034704931.html
http://ameblo.jp/530kansai/entry-11131118084.html

でもまだまだ実感が無い。上記2つは間接的な支援だから。

東北に自分が訪れることが出来たのは、昨年の5月。
http://ameblo.jp/530kansai/entry-10913934341.html

一年以上も再訪することが出来ていない事実。
あんまりこうして言葉にすると重くなって来る。


LIGHT UP NIPPONを見て自分が感じたこと。

東北に住む人たちを元気にしたい!

という想いには、善悪はないということ。

だからLIGHT UP NIPPONを応援しようと想います。^^

LIGHT UP NIPPON

文責:ごみゼロ関西 代表理事 中尾太樹