人命防護研究所・今なら救える電話 チバカズノリの人命防護日記〜子どもと若者の死亡を絶対ゼロにする〜

どうも!NGO人命防護研究所のチバです(^_^)
子ども・若者の死亡をゼロにするを目標に幅広く活動しております 
命を守れなきゃロックじゃない!病気・災害・事件・自殺・いじめ等 「5秒後の命の危機」から身を守ろう

死にたくなってしまったアナタ


まずは俺と友達になろう


一人じゃないぞ


070-5541-9609


    (ここ良い苦労置く)まで


電話待ってる(出なくても絶対掛け直します!)






毎日どこかで若者が亡くなっていく


この国はもはや「戦時中」なのだ





どーも「戦場の救護班」


人命防護研究所です





「命を守れなきゃロックじゃない」


病気・災害・事故・事件・自殺・戦争等

5秒後の命の危機から命をまもりましょう 


毎日がトリアージ!



【車が水没転落した時の対応】

①ドアを開け脱出

②ドアが開かなかったら窓を開け脱出

③窓が開かなかったらハンマーでサイドガラスの端を叩き割り脱出

④窓が割れなかったらドアロック解除を再確認←脱出・救助をしやすくする為

⑤ある程度水没し外との水位差が無くなればドアは開く!

落ち着いてドアを開け続ける





【川に落ちたり海で流されたら泳がず浮いて待て】

川とか海で溺れたらとにかく「背中から浮く」!

空のペットボトルあるいはランドセルを持って浮けばなおよし!

ひたすら浮いて救助を待て!

溺れてるの発見したら空のペットボトル等の浮くものを投げて「ラッコの体勢」になるよう指示!


【ガン患者の方へ】




副作用がほとんど無い抗がん剤「高濃度ビタミンC点滴療法&断糖療法」を推奨します

※ビタミンC点滴と断糖療法でガンが治る仕組み

①糖質を限りなくカットし、ガン細胞を飢餓状態にする

②そこに高濃度のビタミンCを点滴するとビタミンCとブドウ糖の化学構造がそっくりな為、ガン細胞がビタミンCを積極的に取り込む

③ビタミンCから発生する過酸化水素がガンを攻撃

④ガンが消える

断糖療法する事によりガン細胞が衰弱し、更に高濃度ビタミンCがガン細胞のみを攻撃し、正常細胞を傷つけないので、従来の抗がん剤のような副作用が無いのです

東京目黒にある「ハタイクリニック」の西脇俊二医師が高濃度ビタミンC点滴療法&断糖療法の第一人者です

今されている治療が上手くいっていない場合の次の治療手段として推奨します!


ビタミンCはどうかな?と思う方も


「糖質がガン細胞を成長させる」のは事実ですので断糖療法だけでも是非やってみてください!(美容にもいいよ!)





【復習・無差別殺人鬼より想定力を持つべし】


無差別殺人鬼は殺す想定は100%だが「反撃されたらこうする」という想定は無い


もし逃げられなかったら間合いをとられず蜂スプレー(顔に)・硬球・石等の飛び道具で攻撃!


すると相手は怪我もするし、想定外で一瞬パニックになる


その瞬間にもう一撃!(この時は万が一急所を刺されないように飛び蹴りが望ましい)





【瓦礫からの要救助者のクラッシュ症候群による死亡を防ごう】

①飲める範囲で大量(1L以上)の水を飲ませる


②瓦礫に挟まれてた部位より心臓側の所に止血帯法(採血の時に腕に巻かれるゴムバンドぐらいの強さ) 30分に1回4~5分緩める









テーマ:

子ども・若者の死亡をゼロにする為に、どうしても忘れてはならない場所があり定期的に訪れ、手を合わさせていただいています

2015年9月14日16日
埼玉県熊谷市で起きた連続殺人事件

ペルー国籍の男に6人が死傷されるという悲惨な事件でしたが、その中でも小学生の2人の女の子、そしてそのお母さんが殺されたという事実がずっと頭から離れず、あの日から現場に何度も訪れてしまいます

そして一人残されたお父さんが毎日どう過ごされているのかと思うと、居ても立ってもいられない気持ちになります

「突然、気が狂った男が現れて殺されるなんて事は想定できなかったから、防ぎようがない」

「もうそんな事は起きないから大丈夫」

僕にはそう割り切る事はできません

無差別殺人事件の犯人はこう言います
「殺せれば誰でもよかった」

そう、僕でも、僕の子どもでも、あなたでもあなたの家族でも、子どもでも誰でもよかったのです

「仕方ない」「想定できなかった」「こんな事今までなかったから」で自分の子どもを殺される訳にはいきません

そして、防ぐ為にできる事はあると思って行動しています

想定はできます

こんな悲惨な事件が現実に起こった訳ですから、できない訳がありません

まさかをまさかにしてはいけないのです

無関心、正常性バイアス、風化

それが日本人の特徴であるが故に、毎日悲しいニュースを目にします

自然災害・事件・事故・病気・自殺

どんな理由であれ子どもや若者は死んではいけません

命の危機はいつでもどこでもあるという事を忘れずに、その想定と対策をした上で皆さんそれぞれの人生を歩んでいただきたいと思います

亡くなった沢山の子どもや若者達の為にも、二度と起こさせないように





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。