夢とは

先日のWPW症候群をお読み頂ければ想像できるかと。私は良い環境の中で育った子ではありません。
良くない環境と言い切ってしまってもいいように思います。

 

でも私は、ぐれる事はしなかったです。
当時の状況を知る方たちからも、「よくぐれなかったね。」と言われます。
親の友人さんは皆、私を見ると驚きます。(笑)

 

これは、たまたまではなく、意図しての事でした。

 

本日のマイ格言。
「夢とは。人が道を踏み外さないよう、
心に耐える力を与えてくれる存在だと思う。」
(言活No431)

 

かつて私は苦しい時、いつか自分が親になる事を考えて、耐えてました。

 

「過去の私を知った我が子が、幻滅したり、傷つくことがないように。」

 

その考えが、私にグッと耐える力を与えてくれました。
もちろん完ぺきな生き方はしてませんが、出来る限りの中で、人としてやってはいけないことを判別して、自分の子供に言えない過去は、なるべくなるべく作らないようにと、自制してました。

 

そのおかげで、怒り任せに悪事に手を染めたり、人をいたずらにからかったり傷つけたりなどせず、見た目には、普通の子して、過ごせてたと思います。

 

皆様は、どんな夢をお持ちですか?
こんなにも、人の心に耐える力を与えてくれるなら、夢は絶対に持つべきだと思います。

 

夢は空想で終わらず。夢は幸せの実現に、大きな力を与えてくれると思います。

 

ー言活(ゲンカツ)ー

日々の体験で学んだことから、マイ格言を考えること。

 

応援のポチお願いします。

AD

コメント(2)