変化の速度

そうそう。自分の中に「楽しむ」が甦りましたが、こんなことまで楽しめるようになりました。

 

本日のマイ格言。
「少しづつ変わっていくことを、楽しもう。」
(言活No361)

以前は焦りから、はやく変わりたい。どんどん進展して欲しい!

いや。それどころか。速く展開すること事に価値があり、時間がかかればかかるほど、価値は下がるように感じてしまってました。

 

これは致し方ないと思います。そしてこんな考えの方は割といるんじゃないでしょうか?

「時間がかかる=仕事が出来ない人。能力が劣ってる人。」みたいな環境の中でずっと仕事をしてましたので、いつの間にか自分中に、それが根付いてしまったんだと思います。


しかし最近になって、じわじわと変わりゆく事を、楽しいと感じられるようになりました。

きっかけは、辛くキツカッた占星術のお勉強でした。
占星術の勉強中は、とにかく私には焦りしかなく、パッパと吸収でいない自分の頭が物凄くストレスでした。
しかし今では、ゼファー先生のもとで学んだ経験が、「時間がかかっても、最後まで諦めなければ、ちゃんと吸収できる」と、自信につながったんです。

今までだったら、時間がかかるってことは、適性がないんだ。となってしまってたんですね。


そのおかげで、英語の勉強にも意欲的に取り組めるようにもなったんです。

パッパとは覚えられないけど、地道にコツコツ続ければ、スラスラ喋れちゃうときがくるかもー!ウキウキー!って思えてます。

自分に合う速度が分かったんだと思います。
速けりゃいいってものではない。
私の場合は明らかに、「じっくり姿勢で挑み続けること。」

そう言った意味でも、ゼファー先生のもとで占星術を学んだ経験は、自分らしい挑戦の仕方にも気付かせてくれたものになりました。
ありがたや―。ありがたやー。

んで、ここ注意。

時間を掛ける=小さな事に、常に、挑み続けること。なんだとも思ってます。
休み休み~。間を開け~間を開け~で時間をかけるのとは違いますよ。って意味ですぞ。

 

ー言活(ゲンカツ)ー

日々の体験で学んだことから、マイ格言を考えること。

 

応援のポチお願いします。

AD

コメント(2)