体温と免疫力を上げ生活習慣病の改善と予防を実現する治療法

癌・心筋梗塞・脳卒中といった命に係わる病気の手前に糖尿病・肝炎・リュウマチなどがあり、その手前に肩こり・腰痛・冷え性などがある。このわけを解説し改善と予防の手立てを提案する。

NEW !
テーマ:

以下に切羽詰まった状況の相談の投稿を載せますが、これは今この時点でも全国のいろんなところで発生している事態です。明日はあなたかあなたのご家族かもしれないわけです。

 

 

 

こういった話を他人事として捉えるのか、あるいは今からの予防の必要性を感じるのか、あるいは感じるだけで行動しないのか、直ちに予防策を打つのか。これで運命が決まります。

 

 

 

先に言っておきますと、この相談に対して私は回答をしませんでした。理由は、もはや私の超短波治療が出る幕ではないからです。こうなると打つ手がありません。

 

 

 

胃がんと脳梗塞と脳出血の総合的な治療をしてくれる病院を教えてください。
少し長くなりますが、経緯を説明します。


父は、2016年8月に脳梗塞でA病院へ1か月ほど入院しましたが、幸い後遺症 はなく、それ以来薬による再発防止をしていましたが、昨年9月に胃がんのステージ4で肺にも転移が見つかり、

 

 

旦A病院へ入院しましたが、最初に説明された治療計画を3度延期など変更され、納得のいく説明もなかったため、知り合いの紹介でB病院へ転院して抗がん剤の治療をしました

 

 

がんの治療中にも脳梗塞による発作と医師からの説明がありましたが、時々失神して1日間くらいしゃべれないし、呼びかけに対して目は開きますが、焦点が合わないようなことがありました。

 


それでも、抗がん剤が合ったようで、2017年7月に退院し、通院治療に切り替えられるまでに回復しました



それが、8月12日未明に意味不明の言葉を発し、右手、右足が動かないようでしたので、急いで救急車を呼んだところ、A病院に搬送され、脳出血との診断を受けました。


出血は数日で収まったようですが、いまだに朦朧として吐き気などを訴え、食事ができず、栄養剤と血液を凝固しやすくする薬を点滴しています。

 


もちろん医療機関同士で病状情報などやり取りして胃がんの治療を継続しつつ脳出血、脳梗塞の治療をしてくださるとのことでしたが、脳疾患で救急入院したため、胃がんの治療するためには一度退院し、胃がんで入院しなおす必要があるといわれています。

 

 

胃がんの治療を早く始めるために早く退院するほうが良いのでしょうが、まだ意識もはっきりしていないし、右半身に麻痺の出た父を受け入れられる体制も、場所も我が家にはありません

 

 

受け入れできない家族へ、深刻な状態の患者を連れて帰らせなければ治療ができないなんておかしいと思うのですが、このようなことはよくあることなのでしょうか。

 

 

また、すべての病気を総合的に診てくれる病院をご存知の方がおられましたら教えてください。よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者のお父様は昨年8月に脳梗塞で入院、9月に胃癌発見で抗癌剤治療、その間に脳梗塞の発作らしき症状、今年7月に一度退院、8月12日に救急搬送で脳出血の診断。こういう流れです。

 

 

 

大変に気の毒に感じますが、この時点ではもう言葉が出なくなります。はっきりしているのは、お父様が人間的にどんなにいい方であったにしろ、予防のない生活はこうなるという事実です。

 

 

 

脳卒中は血液がきれいで血流がいい限り原理的にあり得ません。また、体温=免疫力が高い人は癌にならないと言われています。つまり、私の超短波療法で確実に予防できるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは数多くの治療実績で実証してきたわけで、その事を皆さんにお伝えすべくブログを書いています。もちろん、飽くまでも参考にされてどうするかは皆さんが決定すべきことです。

 

 

 

でも、治らない治療やさらに悪化した治療というものは続けるべきではないでしょう。仮に、続けざるを得ない場合でも、それとは別に血液浄化と血流促進はすぐに取り掛かるべきことです。

 

 

 

確実な治療から

そのまま生涯予防へ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

私が取り扱う機械は家庭で簡単に使える医療用の極超短波治療器です。

 

ご希望者には無料で体験治療をやって頂いています。

 

基本の当て方・病気症状別の当て方で効果に大きな差が出ます。(←ここが私の指導)

 

15年の歳月の中で私が研究開発した当て方です。

 

全国どこでも治療体験ができるようにしていますので、

遠慮なくお問い合わせください。

 

ご相談はこちら

 

*こちらはブロガーに重宝な情報

                                   ↓

無料オプト→アフィピク通信

 

読者登録してね

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

これはなかなかのお勧め情報

                 ☟

あの“玉川温泉”が自宅の

お風呂で再現できる!? 

 

玉川温泉情報はこちら

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

下の二つはとりあえずの

有効な腰痛対策。

 

 

 

 

 

 

追記:実はこんなブログ始めてます。興味のある方は読者になってください。

英語力英会話力に必須の英文法はパターン認識で飛躍的にモノにできる。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

首や肩の痛み、左腕の痺れや違和感などで病院で検査を受けて狭心症という診断を受ける人は山ほどいます。また、定期検診で狭窄した冠動脈が発見される人もたくさんいます。

 

 

 

これらの人は予防策というものが生活の中にない人です。問題意識も低い。それで、病院側の治療方針にそのまま従い、多くのケースはステンドを心臓内血管に入れるということになります。

 

 

 

まさに、そんな方からの投稿がありました。

 

 

 

一週間前に心臓にステントを入れました。今回で3回目です。合計3本入っています。

 

 

ステントが増えるたびに、心臓の違和感が増えて胸の痛み、肩コリがひどくなります。

 

 

やはり、副作用として個人差は、あるでしょうが、あるのでしょうか?

 

 

 

これに対する私の回答は以下のとおりです。

 

 

 

ステントを入れて一時的に血流が良くなりますが飽くまでも一時的に過ぎません。


そもそもの血液の汚れや血流の悪化を防ぎ改善しないといつまでも再発を繰り返しますし、そこから来る肩こりなども慢性化します。


さて、私は長く独自の超短波療法をやっておりますが、ご存じない方はまさかという結果を出しています。


本業の傍ら書いているブログの関連記事のリンクを貼っておきますね。

https://ameblo.jp/5126acount1/entry-12275047794.html

https://ameblo.jp/5126acount1/theme-10103194467.html

実績ある方法なので、是非参考にされてください。


もし具体的な相談を御希望の場合は記事最下部「ご相談はこちら」からお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上のリンク先にある池田さんもこの状態でしたが、池田さんはもう一本多い4本のステントが入っていました。5本目を入れる手前で私の超短波治療を受け血栓が消えたので、その必要はなくなりました。

 

 

 

もう一人、頸動脈の詰まりが約5か月の超短波に当たる生活で3割ほど取れた宮川さんの例もあります。他にもまだまだありますが、超短波で動脈硬化が改善するのは間違いありません

 

 

 

投稿者はステントを入れるたびに心臓部の違和感や肩こりがひどくなると言われています。これ怖くないですか?そう思わない人は問題意識が低くよほどに鈍い人です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この場合、血液をきれいにして血流を促進する生活をしないと遅かれ早かれ心筋梗塞になります。それが特に冠動脈の血流に重要な血管部位である場合はあっと言う間に激痛とともに倒れます。

 

 

 

そうなってからではすべては後の祭りです。そうならないように縁を繋ごうとこの投稿者に回答という形で言葉を投げかけました。今までも何人もの方にしていますが、多くは無しのつぶてになります。

 

 

 

やはり、病院頼りという医療依存症はなかなか皆さんから離れません。一番肝心の血液浄化も血流促進もできない医療に頼る危険性を述べても、なお治せなかった病院に通われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうなるとこれは説明しても通じないわけで、理性の問題ではなく信仰に類する問題のような気がします。逆に、この医療依存症から脱却した人が私の超短波療法を通して生涯の予防を実現されています。

 

 

 

確実な治療から

そのまま生涯予防へ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

私が取り扱う機械は家庭で簡単に使える医療用の極超短波治療器です。

 

ご希望者には無料で体験治療をやって頂いています。

 

基本の当て方・病気症状別の当て方で効果に大きな差が出ます。(←ここが私の指導)

 

15年の歳月の中で私が研究開発した当て方です。

 

全国どこでも治療体験ができるようにしていますので、

遠慮なくお問い合わせください。

 

ご相談はこちら

 

*こちらはブロガーに重宝な情報

                                   ↓

無料オプト→アフィピク通信

 

読者登録してね

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

これはなかなかのお勧め情報

                 ☟

あの“玉川温泉”が自宅の

お風呂で再現できる!? 

 

玉川温泉情報はこちら

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

下の二つはとりあえずの

有効な腰痛対策。

 

 

 

 

 

 

追記:実はこんなブログ始めてます。興味のある方は読者になってください。

英語力英会話力に必須の英文法はパターン認識で飛躍的にモノにできる。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今朝久留米の男性から電話が入りました。この男性は例の幼少からのアトピーを大幅に改善した奥様のお父さんです。超短波治療器は昨年の6月からお使いになられています。

 

 

 

うつ病があり緑内障の視野狭窄があり低体温に悩む方でした。娘さんの治り方を信じてご自分も超短波治療器をお使いになる決断をされましたが、いろいろ紆余曲折がありました。

 

 

 

精神不安定なためか、よく電話をされてきては同じ質問を何度もされて正直疲れることもたびたびありました。そのたびに考え方を整理し励ましてきたわけです。人によって疲れますよ、この仕事。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、昨年の夏には体温が初めて36度を超えてその後順調に上がり続けました。これはこれで大いに喜んでおられましたが、やはり一番の心配は視野狭窄のある緑内障です。

 

 

 

その緑内障の眼圧はもともと右目10で左目12という数値。これはマズい状態です。久留米大学病院からは何度も手術をしないと失明すると脅されていました。

 

 

 

それなのに病院側は「手術しても良くなるとは限らない」とも言われるので、ご本人の悩みは深まるばかりでした。その眼圧が昨年の秋には少し下がってきて、それもお喜びでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今朝の電話ですが、何とこの眼圧が一気に下がっていたそうです。

 

 

 

右目  10 → 4.7

 

左目  12 → 7.0

 

 

 

ご本人大喜びで私に手術についての意見を再度求められるのでこう言いました。「手術は失敗もありえるし、眼圧も下がったことだから私だったらしません」と。

 

 

 

現在の視野狭窄の部分が治るかどうかはわかりませんが、理屈で云えば、血流が良くなって視細胞が復活するなら見えてくるということになります。悪化はまずあり得ないでしょう。

 

 

 

超短波治療の即効性はそれはそれでいいことですが、体質改善はもともと時間が掛かるものです。血液の入れ替えに120日、細胞の入れ替えに1年は掛かります。

 

 

 

私を信じてやり続けたこのお父さんには感謝です。

 

 

 

確実な治療から

そのまま生涯予防へ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

私が取り扱う機械は家庭で簡単に使える医療用の極超短波治療器です。

 

ご希望者には無料で体験治療をやって頂いています。

 

基本の当て方・病気症状別の当て方で効果に大きな差が出ます。(←ここが私の指導)

 

15年の歳月の中で私が研究開発した当て方です。

 

全国どこでも治療体験ができるようにしていますので、

遠慮なくお問い合わせください。

 

ご相談はこちら

 

*こちらはブロガーに重宝な情報

                                   ↓

無料オプト→アフィピク通信

 

読者登録してね

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

これはなかなかのお勧め情報

                 ☟

あの“玉川温泉”が自宅の

お風呂で再現できる!? 

 

玉川温泉情報はこちら

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

下の二つはとりあえずの

有効な腰痛対策。

 

 

 

 

 

 

追記:実はこんなブログ始めてます。興味のある方は読者になってください。

英語力英会話力に必須の英文法はパターン認識で飛躍的にモノにできる。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

これまで私の超短波治療で顔面麻痺が治った例は数例ありますが、特長的なのはその場で改善するということです。だいたい小一時間ほど超短波を当てるとはっきりわかります。

 

 

 

そんな顔面神経麻痺をお持ちの方の投稿があったのでご紹介します。

 

 

 

私65歳、顔面神経麻痺で右側が麻痺しているため、瞬きができません。発病してから1週間なのでこの先回復するかどうかわかりませんし、長期戦になるとの事です。

 


それについての質問ではなく、私は週2回のストレッチ&エアロ(1時間20分でエアロは20分あとはストレッチ的な体操、寝転んでするストレッチ)に行くのが最大の楽しみでした。

 

 

たとえ顔の麻痺があまり回復しなくてもいずれは行きたいと思っています。またそれ目標に頑張っていきたいと思っています。瞬きができない状態での運動はよくないでしょうか? 

 

 

現在昼間は目薬、寝るときは目パッチをしています。私としては1か月くらい休養してから行きたいと思っています。それまでに回復すれば問題ないのですが・・・。
 

 

顔面神経麻痺をされた方、運動はいつから始められましたか?、そうでない方でもごぞ存知の方がありましたらアドバイスお願します。

 

 

 

これに対する私の回答は以下のとおりです。

 

 

 

はじめまして。


私は長く独自の超短波療法をやっておりますが、この件と同じようなケースがあり即改善しています。


下記のリンク先の記事内にある森嶋さんと言われる女性のケースがまさに瞬きができないで目が開いたまま、また顔面は片方に引き攣っていました。これを即効で改善しています。


https://ameblo.jp/5126acount1/theme-10103277659.html


今までこういったケースは数例あり、いずれも改善していますよ。何より、今後の確実な予防に繋がります。


実績ある方法なので、是非参考にされてください。


また、もしより具体的な相談を御希望の場合は、記事最下部「ご相談はこちら」からお問い合わせください。

 

 

 

 

 

IMG_20170531_105709109201571809.jpg

 

 

 

 

 

神経が麻痺するのは血流が途絶えるからです。脳梗塞などの方が片側が麻痺して歩かれる姿を見たことあるかと思いますが、血流が途絶えて神経に酸素が行かないと神経は麻痺します。

 

 

 

麻痺の手前にある症状が痛みであったり痺れであったり違和感であったりするわけですが、それが血液の汚れが引き起こす血流の悪化とは思わないので対症療法だけとなります。

 

 

 

投稿者の方は長期戦を覚悟されているようですが、長期戦をやれば治るとも言えません。血流を促進して神経に十分な酸素が届くと神経麻痺は治ります。逆に、悪くなると脳梗塞になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳梗塞は程度により社会復帰が困難な場合もよくあります。だから、今この時点から早く超短波に当たって血流を確保して確実な予防をすべきですが、どこまで考えられるでしょうか?

 

 

 

体験治療で超短波を試すと、たぶん今までの例のようにすぐに改善するはずですが、やるもやらないもご本人の気持ち次第です。

 

 

 

確実な治療から

そのまま生涯予防へ

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

私が取り扱う機械は家庭で簡単に使える医療用の極超短波治療器です。

 

ご希望者には無料で体験治療をやって頂いています。

 

基本の当て方・病気症状別の当て方で効果に大きな差が出ます。(←ここが私の指導)

 

15年の歳月の中で私が研究開発した当て方です。

 

全国どこでも治療体験ができるようにしていますので、

遠慮なくお問い合わせください。

 

ご相談はこちら

 

 

読者登録してね

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

これはなかなかのお勧め情報

                 ☟

あの“玉川温泉”が自宅の

お風呂で再現できる!? 

 

玉川温泉情報はこちら

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

下の二つはとりあえずの

有効な腰痛対策。

 

 

 

 

 

 

追記:実はこんなブログ始めてます。興味のある方は読者になってください。

英語力英会話力に必須の英文法はパターン認識で飛躍的にモノにできる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

子宮頚癌ウイルス説を信じている方は多いようですね。それで子宮頚癌予防ワクチンが宣伝されて多くの方がワクチン接種に走ったわけですが、その結末はこんな形です。

 

 

 

このウイルスは性交渉で感染すると言われていますが、であるならば性を生業にしている業界の女性は突出して子宮頚癌が多発しなければならないはずです。でも、そんな噂は聞きません。

 

 

 

子宮頚癌になり、その理由が不可解な女性の投稿がありました。

 

 

 

子宮頸癌と診断されました。
昨年10月に子宮頸ガンと体ガンの検診を受け、
大丈夫だったのですが、8ヶ月くらいで発症するのでしょうか?


発症の原因が感染であるとなんとなくの知識を得ま
したがここ3年くらい男性との関係はありません。


潜伏期間などの知識はありませんがどうして私は子宮頸癌になったのでしょうか?


防げるガンと聞き、昨年の検診と男性関係を考えても自分がどうしてなったのか調べれば調べるほどわかりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これに対する私の回答は以下の通りです。

 

 

 

性行為と癌は何ら関係ないと考えています。癌は体温が低くなり免疫が低下するとどこにでもできます。なので、血流を良くして体温と免疫力を上げることで治ったという人がたくさんいます。


もう一つの問題は医療での癌治療は癌の部分だけをどうにかする(手術、放射線、抗癌剤)ことに躍起となるだけで、体全体のダメージを当然のように考えています。

 

 

これで命を失う人もいるのが事実です。また、医療に予防はありませんね。


どんな選択をされるかは個々人の判断ですが、本業の傍ら書いているブログの関連記事のリンクを貼っておきますね。


https://ameblo.jp/5126acount1/entry-12289601210.html

https://ameblo.jp/5126acount1/entry-12284522325.html

https://ameblo.jp/5126acount1/entry-12279409138.html


実績ある方法なので、是非参考にされてください。

 

 

 

これは医師の間でも意見が分かれることです。なので、それぞれの見解を理性的に理解しどちらが筋が通っているかを冷静に判断しなければなりません。私は免疫低下説を支持します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

免疫力を上げるとはどんなことかと云えば、ワクチンなどの接種で抗体を作ることで免疫力が上がるとは考えていません。それは人体全体のメカニズムを無視した話だと思います。

 

 

 

私の考えは一部の研究者と同じで、体温が高いこと。つまり、血液がきれいで血流がいい体は体温が高く免疫力が高いわけです。当然体調不良はなく風邪も引かないといった体です。

 

 

 

癌が治るかどうかは結果に過ぎませんが、私のアドバイス通りに超短波に当たる生活をされた方から癌が消えたという報告を受けてきたのは事実ですし、その方たちには再発を聞きません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

癌は更年期を過ぎた頃から頻発してきます。これも血流が悪くなり体の不調を覚えるようになってくる時期とピッタリ重なります。子供や若い人に癌は稀です。

 

 

 

どう考えどういった選択をするかは各人が決めることですが、私が特に強調したいのは癌になってから慌てるのではなく、癌にならないように毎日の生活の中で予防することです。

 

 

 

確実な治療から

そのまま生涯予防へ

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

私が取り扱う機械は家庭で簡単に使える医療用の極超短波治療器です。

 

ご希望者には無料で体験治療をやって頂いています。

 

基本の当て方・病気症状別の当て方で効果に大きな差が出ます。(←ここが私の指導)

 

15年の歳月の中で私が研究開発した当て方です。

 

全国どこでも治療体験ができるようにしていますので、

遠慮なくお問い合わせください。

 

ご相談はこちら

 

 

読者登録してね

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

これはなかなかのお勧め情報

                 ☟

あの“玉川温泉”が自宅の

お風呂で再現できる!? 

 

玉川温泉情報はこちら

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

下の二つはとりあえずの

有効な腰痛対策。

 

 

 

 

 

 

追記:実はこんなブログ始めてます。興味のある方は読者になってください。

英語力英会話力に必須の英文法はパターン認識で飛躍的にモノにできる。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

生理痛に慣れっこになっている女性は普通にいます。それを早く治した方がいいとアドバイスするのが私の仕事ですが、あまり真剣にならない女性がほとんどです。

 

 

 

しかし、何かお腹に慢性的な違和感や妙なおりものが続くと心配になってきて受診するというのがお決まりの行動パターンです。異常が見つかると対症療法である医療に任せます。

 

 

 

異常が見つからず大した問題ではないとわかると、今度はまたそれまでと変わらない生活が始まります。予防という行動に移らないのでいつか今度は本当にヤバい病に罹ったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな投稿がありました。

 

 

 

右の卵巣?に違和感を感じる時があります。痛いというよりも違和感があるなという感じです。

 

 

最近始まったことではないですがたまにあります。

 


本当に卵巣なのかはわかりませんが、ネットで子宮の図を見たときに違和感を感じる部分に卵巣がありました。

 


排卵とかが関係してるのでしょうか?


産婦人科に行った方がいいでしょうか?

 

 

 

これに対する私の回答は以下のとおりです。

 

 

 

それが何かを病院で検査することは悪いことではありません。ありませんが、仮に悪いものだとしても医療では薬と手術という対症療法です。体質を改善して治すという方法はありません。


また、常に医療に頼るというのは予防の不在を意味します。悪くなってアクションを起こすということですね。本当は悪くならないように常に体質を改善できる方法があれば問題は起きないわけです。


さて、私は長くやっている独自の超短波療法で医療で解決できない婦人器の問題もたくさん解決し、再発なしの状態を実現してきました。


本業の傍ら書いているブログの関連記事のリンクを貼っておきますね。

https://ameblo.jp/5126acount1/entry-12276502496.html

https://ameblo.jp/5126acount1/theme-10103371484.html

https://ameblo.jp/5126acount1/entry-12279409138.html


実績ある方法なので、是非参考にされてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかに実績ある有効な治療法であろうが、ご本人に試す気がなければ縁はありません。また、決断が遅い場合はその有効な治療も間に合わないということもありえます。

 

 

 

私が無料の体験治療をお薦めしているのは、その結果の選択がどうであれ試してみなければわからないからです。そこで救われた人が数多くいるという経験があればこその思いです。

 

 

 

上のリンク先でもわかりますが、昨年4月から超短波治療をされて良くなられた奥様の改善点を改めて列記します。

 

 

 

・ 便秘が治る

 

・ 不眠症が治る

 

・ 尿の色が良くなる

 

・ 抜け毛が減る

 

・ 髪の艶が良くなる

 

・ 冷えを感じなくなる

 

・ 疲れがなくなる

 

・ 体温が上がる

 

・ アトピー症がほぼなくなる

 

・ 胃腸の調子が良くなる

 

・ ピロリ菌が消える

 

・ 子宮頸部軽度異形成治る

 

・ 卵巣嚢腫が消える 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これたった一台の超短波治療器で改善したわけですが、これだけの改善は医療では不可能です。また、この先も超短波に当たる生活をされている限り再発の危険性はないということになります。

 

 

確実な治療から

そのまま生涯予防へ

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

私が取り扱う機械は家庭で簡単に使える医療用の極超短波治療器です。

 

ご希望者には無料で体験治療をやって頂いています。

 

基本の当て方・病気症状別の当て方で効果に大きな差が出ます。(←ここが私の指導)

 

15年の歳月の中で私が研究開発した当て方です。

 

全国どこでも治療体験ができるようにしていますので、

遠慮なくお問い合わせください。

 

ご相談はこちら

 

 

読者登録してね

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

これはなかなかのお勧め情報

                 ☟

あの“玉川温泉”が自宅の

お風呂で再現できる!? 

 

玉川温泉情報はこちら

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

下の二つはとりあえずの

有効な腰痛対策。

 

 

 

 

 

 

追記:実はこんなブログ始めてます。興味のある方は読者になってください。

英語力英会話力に必須の英文法はパターン認識で飛躍的にモノにできる。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などを始めとする腰痛に苦しむ人は全国にどのくらいいるんでしょう?星の数ほど?(笑) そんな方が辿るコースというのはお決まりです。

 

 

 

湿布薬を愛用、運動で筋力トレーニング、整形外科で薬をもらう、コルセット装着、神経ブロック注射、整骨院通い。その時点での効果や程度もそれぞれですが、結局手術をする人がこれまた数多くいます。

 

 

 

そんな可能性を心配する方の投稿がありました。

 

 

 

坐骨神経痛から椎間板ヘルニア

 

 

約半年から坐骨神経痛で通院していたのですが全然改善されず、近所の接骨院の紹介で改めて整形外科に行っところ、椎間板ヘルニアと言われました。

 

 

そのレントゲン写真を接骨院に見せたところひどいねぇ~取り敢えず3ヶ月治療して改善されなければ手術しかないですね!と言われました。また手術しても成功は50%と言われました。

 

 

椎間板ヘルニアで手術した方教えて下さい。やはり成功は50%ですか?いろいろ手術方法もありますがお勧めがあれば教えて下さい。

 

 

また入院期間、手術代等教えて頂けると助かります。宜しくお願いいたします。

 

 

補足:因みに、接骨院に2週間位通院していますが症状にあまり変化がありません。以前の整形外科では胃薬とボルタレン、今の整形外科ではリリカと吐き気止めとトラムセットを処方してもらっていますが飲んでも飲まなくても痛みは変わりません。

 

 

やはり手術でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これに対する私の回答は以下のとおりです。

 

 

 

辛そうですね。辛いだけでなく先が心配かと思います。

さて、腰椎ヘルニアのだいたいの原因は血流悪化→筋力の低下→骨格のバランスの崩れ→椎間部への過剰負荷です。これが限度を超すと椎間板が飛び出てきます。

従って、この順序通りに改善して上げると治ってきます。事実、私が長くやっている独自の超短波療法で、医療その他で良くなってない方が次々と改善し再発なしの状態になっています。

また、仮に手術が一応成功したとしても上の状態が同じなら再発や関連する病気が現れやすいものです。

本業の傍ら書いているブログの関連記事のリンクを貼っておきますね。

https://ameblo.jp/5126acount1/entry-12300928879.html

実績ある方法です。是非参考にされてください。

 

 

 

約半年から坐骨神経痛で通院していたのですが全然改善されず」とありますが、半年も通って全然改善されない治療は治療ではありません。それは百年通っても良くなりません。

 

 

 

相談者は接骨院にも2週間通われていますが、これも効果なし。現在は痛み止めや吐き気止めといった薬でやり過ごしているわけですが、成功率50%の手術に期待と不安をお持ちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

接骨院の先生がこれは酷いねと言ったくらいですから、かなり軟骨が飛び出た状態ないし骨同士が接触している状態かと推察します。だから、成功率50%なのでしょう。つまり、この場合手術は一か八かです。

 

 

 

しかし、よく考えてほしいのは手術とは椎間板ヘルニアに至った原因を除去するものではありません。従って、多くの人の例にある通り、再発や股関節や膝に問題を抱えるリスクがあります。

 

 

 

そんな人を何人見てきたかわからないくらい見てきました。そして、その上で噂を聞いて来られるという最後の選択肢としての私の治療となります。(涙) ガタガタの人にたくさんお会いしてきました。

 

 

 

 

 

三浦さん(現在68歳)

 

 

 

 

 

どんなに酷い腰痛でも私が実際にポイントを探り当て、小一時間ほど基本通りにお腹や腰部や大腿部に超短波を照射するとはっきりと痛みが緩和します。中にはすっかり痛みが消える人もいます。

 

 

 

それを続けて頂きストレッチの方法なども指導するわけですが、ちゃんんと励行する人はみるみる改善していきます。それはその方の歩幅の広がりや歩くスピードや安定感に明確に現れます。

 

 

 

 

藤野さん(84歳)

 

 

 

 

そして、前傾気味だった背筋がいつしかピンと真っすぐになる高齢者が数多くいます。

 

 

 

お義母さん(85歳)

 

 

 

確実な治療から

そのまま生涯予防へ

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

私が取り扱う機械は家庭で簡単に使える医療用の極超短波治療器です。

 

ご希望者には無料で体験治療をやって頂いています。

 

基本の当て方・病気症状別の当て方で効果に大きな差が出ます。(←ここが私の指導)

 

15年の歳月の中で私が研究開発した当て方です。

 

全国どこでも治療体験ができるようにしていますので、

遠慮なくお問い合わせください。

 

ご相談はこちら

 

 

読者登録してね

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

これはなかなかのお勧め情報

                 ☟

あの“玉川温泉”が自宅の

お風呂で再現できる!? 

 

玉川温泉情報はこちら

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

下の二つはとりあえずの

有効な腰痛対策。

 

 

 

 

 

 

追記:実はこんなブログ始めてます。興味のある方は読者になってください。

英語力英会話力に必須の英文法はパターン認識で飛躍的にモノにできる。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

胆石や尿路結石や急性膵炎と並んで痛風の痛みも耐え難いものです。全国にこの爆弾を抱えたまま生活している人は、厚生労働省の「国民生活基礎調査」によれば、推計患者数は2013年に100万人を超えて増加の一途だとか。

 

 

 

これは医療で通風が治せない事実と患者側はその治せない医療に頼るという事実を表しています。糖尿についても然りですが、この構図がかわらない限り病人が増え続けることになり、あなたの病気は治りません。

 

 

 

そんなご主人を心配する奥様の投稿をご紹介します。

 

 

 

痛風の発作について。
 

 

主人が痛風の発作の為足が腫れてで歩けません。
そのため、お医者様にも行けません。

 

 

以前もありましたので、その時に処方されたロキソプロフェン60をのんでいます。

 

 

ただ、ネットなどの痛風について書かれている記事などの中に鎮痛剤などは、腫れて痛みがなければ飲まない方が発作が早く治ると書いてあります。

 

 

何もしなければ痛みはないので、やはり飲まないで冷やしたりするだけの方が良いのでしょうか?

 


回答よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の回答は以下のとおりです。

 

 

 

痛風の腫れをいくら冷やしたところで、あるいは痛みをいくら鎮痛剤で緩和したところで、腫れも痛みも何度でも再発します。


痛風を良くして再発しないようにするにはただ一つ、腎臓の機能を高めるしかありません。一生の問題ですが、これは医療では不可能です。


さて、私は長く独自のやり方で超短波療法をやってますが、様々な体調不良を確実に改善し再発なしの状態にしています。痛風もその一つです。


本業の傍ら書いているブログの関連記事のリンクを貼っておきすね。

https://ameblo.jp/5126acount1/entry-12281072528.html

https://ameblo.jp/5126acount1/entry-12298046282.html

https://ameblo.jp/5126acount1/entry-12273751778.html


実績ある方法です。是非参考にされてください。

 

 

 

痛風とは腎機能が低下した病気です。医療では腎機能を向上させる方法は存在しません。症状を抑える薬が主な治療(?)です。従って、痛風は医療では治りません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だいたい痛風になる人の共通項として過食があります。過食は概ね咀嚼不足の結果です。従って、よく噛んで腹八分に収める食生活を送る人にまず痛風という病気はありません。

 

 

 

だから、私が超短波の照射で即効で痛風の痛みを緩和することは事実ではありますが、同時にご本人が食生活という生活習慣を改善しないと根治には至らない旨を話しています。

 

 

 

私が行う超短波治療の場合は超短波をお腹や腰や膝の裏などに当てるとその場で親指の痛みが緩和されるのが普通です。何度か続けると痛みがまったく出なくなり腫れも引いてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、そこで治ったと勘違いして超短波治療を止めた人は遅かれ早かれ再発しています。当たり前の話で良くなった治療を止めればいつか悪くなるに決まってます。

 

 

 

逆に、超短波治療器を自分で使うようになり毎日の生活で普通にお使いの方に、知っている限り再発は皆無です。これも当たり前の話で、治った方法を続ければ再発は原理的にあり得ません。

 

 

 

そこにこの治療を体験する方のセンスが問われるわけです。センス次第で痛風の発作に苦しみながら人工透析に入るか、健康にまったく問題のない生活を実現するかという運命の違いが出ます。確実に!

 

 

 

 

確実な治療から

そのまま生涯予防へ

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

私が取り扱う機械は家庭で簡単に使える医療用の極超短波治療器です。

 

ご希望者には無料で体験治療をやって頂いています。

 

基本の当て方・病気症状別の当て方で効果に大きな差が出ます。(←ここが私の指導)

 

15年の歳月の中で私が研究開発した当て方です。

 

全国どこでも治療体験ができるようにしていますので、

遠慮なくお問い合わせください。

 

ご相談はこちら

 

 

読者登録してね

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

これはなかなかのお勧め情報

                 ☟

あの“玉川温泉”が自宅の

お風呂で再現できる!? 

 

玉川温泉情報はこちら

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

下の二つはとりあえずの

有効な腰痛対策。

 

 

 

 

 

 

追記:実はこんなブログ始めてます。興味のある方は読者になってください。

英語力英会話力に必須の英文法はパターン認識で飛躍的にモノにできる。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日神奈川県在住の奥様からメールでお問い合わせがあり、超短波治療の説明と体験治療のプロセスについてご案内しました。それで、昨日機械をお届けしました。

 

 

 

この奥様は正に更年期真っ盛りの年齢で、体がシャキッとしないとか左腕の五十肩とか、軽い腰痛や便秘をお持ちです。まだ、重篤な病気の段階にはないけれど問題意識は高い。

 

 

 

今の段階で何とか体調を取り戻す方法を探しておられたようで、三十数万円もする超短波(?)治療器を購入されたとか。それで調べてみると私の扱う超短波治療器とは電波自体が違ってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはさて置き、機械の操作方法を説明しながらまずお腹に20分ほど当たってもらいました。そして、右の腰に約15分くらいでしたか、超短波を当ててもらいました。

 

 

 

それで五十肩の左腕を動かしてもらったところ「あれ、なんだかさっきよりもあまり痛くないようです。ホントに、あまり痛くない」と言われました。これ体験初日の説明時によくあることです。

 

 

 

五十肩は医療では治りません。整体や鍼などでもその場で即効果というのは少ないようです。しかし、私がご本人の状態を把握した上で超短波を当てると即効で改善します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは必要とされる場所に血流を実現すればそうなるということで、それはそれなりにいいことです。しかし、超短波治療をやる一番の目的は完全な予防生活の実現です。

 

 

 

更年期とは血液の汚れと血流の悪化がより深刻になる時期です。血液の汚れは目に見えない毛細血管を次々と詰まらせます。詰まった血管の先の血管は消えてしまします。

 

 

 

今まで流れていた血流が途絶え代謝が行われなくなれば当然様々な体調不良、いわゆる不定愁訴というものになります。これを対症療法に過ぎない医療に頼るから大きな病気に繋がるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解決法は偏に血液の浄化と血流の促進が正解です。この二つの効果なくして更年期障害を改善し予防に繋げることはできません。それは腸内環境を良くし(食生活改善)肝臓と腎臓の機能を高めることです。

 

 

 

奥様にはご主人とお二人の娘さんがいます。お元気なようですが、娘さんは生理痛があるとか。普通のことかもしれませんが、子宮や卵巣に問題を抱える女性に生理痛があるのも普通のことです。

 

 

 

それを今から体質改善を通して芯から治し予防に繋げるか、事が起きてからアクションを起こすのかで結果はまるっきり違ってきます。私のアドバイスする体験治療を通して一番理解してほしい点です。

 

 

 

確実な治療から

そのまま生涯予防へ

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

私が取り扱う機械は家庭で簡単に使える医療用の極超短波治療器です。

 

ご希望者には無料で体験治療をやって頂いています。

 

基本の当て方・病気症状別の当て方で効果に大きな差が出ます。(←ここが私の指導)

 

15年の歳月の中で私が研究開発した当て方です。

 

全国どこでも治療体験ができるようにしていますので、

遠慮なくお問い合わせください。

 

ご相談はこちら

 

 

読者登録してね

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

これはなかなかのお勧め情報

                 ☟

あの“玉川温泉”が自宅の

お風呂で再現できる!? 

 

玉川温泉情報はこちら

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

下の二つはとりあえずの

有効な腰痛対策。

 

 

 

 

 

 

追記:実はこんなブログ始めてます。興味のある方は読者になってください。

英語力英会話力に必須の英文法はパターン認識で飛躍的にモノにできる。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

毎度の話ですが、病院で治療して治ったと思ってた副鼻腔炎が再発し困った方からの投稿がありました。

 

 

 

また副鼻腔炎…
 

 

長い治療を終えて、六月に画像も撮り完治と言われ喜んでいました。
そしたら8月に入り、また黄色い痰が出始めました。

 

 

すぐ耳鼻科へいき、サワシリンが4日分出ましたが効きません。
数年前からすぐ副鼻腔炎になり、大変困っています。抗生剤ばかりで本当に嫌になります。

 


何の抗生剤が効くか菌を調べてもらったほうがいいでしょうか、
同じような方いらっしゃいますか

 

 

 

これに対する私の回答は以下のとおりです。

 

 

 

薬などの対症療法は一時的に治ったと錯覚に陥るものです。

原因である体質が同じならいつでも再発します。

体質を変えることと、考え方も変えることです。

本業の傍ら書いているブログの関連記事のリンクを貼っておきますね。

https://ameblo.jp/5126acount1/entry-12288334188.html

参考にされてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

副鼻腔炎に限ったことではありませんが、その病気を引き起こした体質というものを改善しないと病気の再発は免れません。医療は対症療法に過ぎず体質改善法ではないのです。

 

 

 

副鼻腔炎は炎症です。炎症というのは主に血流が弱いところで発生するものです。従って、血流を根本的に良くすれば治るものだし、血流を維持しさえすれば再発はないということになります。

 

 

 

とろこが、体調不良を自覚したら自動的に病院で検査を受けて、そのまま対症療法に過ぎない医療に身を任せる。この行動が病気が離れない根本的な原因です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでまだ日常生活を送れているうちは何とかなるわけです。それでご本人も「これではいかん!」と目覚めません。だらだらと通院しながら相変わらず薬を飲んでます。

 

 

 

しかし、遅かれ早かれそれでは終わらない時が来ます。慢性的な頭痛になったり、めまいが頻発することもあります。顔面に麻痺が生じたり三叉神経痛にでもなれば危機感を覚えます。

 

 

 

それでもまだなお病院で検査を受けて言われるままに手術を受ける人が山ほどいます。何年間もそういった形で医療とお付き合いされる方には医療への疑いや自分の生活の反省がないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそもが血液が流れることで生命活動を営む人体は、血液が汚れて血流が悪化すれば必ず病気になります。逆に、血液浄化と血流促進をやれば病気にはなりません。

 

 

 

血液浄化と血流促進のない治療とはすべて対症療法です。対症療法は決して病気の再発を防ぐことはできません。一時的な対応にはなっても必ずより深刻な病気を生むことになります。

 

 

 

その無駄で危険な行動を私の超短波療法をやることで完全に断ち切り、以降ご家族全員が深刻な病気にならず毎日の健康を自分で実現する生活に入って頂きたいと思います。

 

 

 

確実な治療から

そのまま生涯予防へ

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

これはなかなかのお勧め情報

                 ☟

あの“玉川温泉”が自宅の

お風呂で再現できる!? 

 

玉川温泉情報はこちら

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

私が取り扱う機械は家庭で簡単に使える医療用の極超短波治療器です。

 

ご希望者には無料で体験治療をやって頂いています。

 

基本の当て方・病気症状別の当て方で効果に大きな差が出ます。(←ここが私の指導)

15年の歳月の中で私が研究開発した当て方です。

 

全国どこでも治療体験ができるようにしていますので、

遠慮なくお問い合わせください。

 

ご相談はこちら

 

*こちらはブロガーに重宝な情報

                                   ↓

無料オプト→アフィピク通信

 

読者登録してね

 

 

追記:実はこんなブログ始めてます。興味のある方は読者になってください。

英語力英会話力に必須の英文法はパターン認識で飛躍的にモノにできる。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。