1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2013-05-01 15:23:26

ドバイ株投資セミナー 魅惑の楽園都市ドバイへの投資手法

テーマ:ブログ





ドバイ株投資セミナー 魅惑の楽園都市ドバイへの投資手法

1. 新興国投資とは 【エフエーキャピタル(株)代表取締役 木下順一】

日本人は新興国投資のタイミングが非常に遅く、その原因は国民性・・・
新興国投資で利益を手にした人々というのは、ブームになるほんの半年早いタイミングでの投資が決め手となっており・・・
ドバイは現在PERが非常に低く、ファンダメンタルもしっかりしており、フェアバリューに戻るだけでも利益を期待できる地域・・・

2. ドバイ・湾岸諸国投資の魅力 【ザ・スリービー代表取締役 石田和靖】

光の国ドバイ
ドバイ株は20**年まで持つといい?
6本の並行した滑走路を持つ空港建設?
・・・ドバイの影とは
GCC諸国のGDP原油比率が下がっている?
湾岸産油国はオイルマネーで贅沢三昧?
湾岸6ヵ国単一通貨の導入、そのキーワードは?
イスラム諸国は先物取引禁止?
世界の株式市場と連動しないマーケット

3. ドバイ・湾岸諸国への投資方法 【エフエーキャピタル(株) 植田 学】

WHY MENA?
GCCを代表する銘柄
投資手法


ドバイ株投資セミナー 魅惑の楽園都市ドバイへの投資手法
ミャンマー株式ニュース 有料会員様

ドバイ株投資完全マニュアル 企業情報編 特選30銘柄
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-06-15 06:16:52

海外投資即実践講座―タイ・ベトナム・ドバイ・アメリカと新興国

テーマ:ブログ
海外投資即実践講座―タイ・ベトナム・ドバイ・アメリカと新興国
ついにネットトレードが実現!世界最先先端ドリーム「ドバイ」
GDP成長率:8.9% (アラブ首長国連邦)
ドバイ市場時価総額:8兆円
リアルタイムのネットトレードが実現!







ペルシャ湾岸の小さな国ドバイをご存知ですか?
ドバイの経済成長は「アラビアの奇跡」とも呼ばれています。そんないくつもの奇跡を生み出してきたドバイにも証券取引所があります。ドバイ証券取引所は2000年にオープンしたばかりのまだ新しい未成熟なマーケットです。
しかし世界を舞台に活躍するグローバル企業や、増収増益を続ける成長企業も数多く、今後のIPO件数も大きく増加する見込みです。ドバイは強力なリーダーシップと具体的な経済政策で、金融・貿易・メディア・IT・メディカルなどを中心とした経済の多角化を進めています。中でも特に金融はドバイの目玉の戦略産業で、この地域の国際金融センターを目指すべく日々進化しています。「アラビアの奇跡」はまだ始まったばかりです。
今後長期的に発展し続けるであろう、ドバイの魅力とその影に潜むリスクを最新の情報を交えながらお話します。

■プログラム
MENA(Middle East and North Africa)
湾岸協力会議(GCC)加盟6カ国
GCC諸国の株価インデックスの推移
GCC諸国のファンダメンタル
GCC諸国の経済概況
高値を維持する原油価格
湾岸6カ国単一通貨、2010年導入(予定)
外国人株式保有枠
変化・成長し続ける都市ドバイ
今後のプロジェクト
ドバイのカリスマシェイク・モハメッド
ドバイ・ストラテジック・プラン2015
エコノミック・フリー・ゾーン
ドバイの人口増加率とGDP
ドバイの最近の動向
大手機関投資家のドバイ市場の評価
ドバイと湾岸諸国の投資リスク
ドバイと湾岸諸国投資のまとめ

映画 DVD市場
映画 DVD鑑賞ブログ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-06-04 08:40:25

ドバイ・アブダビ株式市場の基本情報

テーマ:ブログ
ドバイ・アブダビ株式市場の基本情報

世界の大富豪が集結する楽園都市ドバイ。皆さんでいっしょにその魅力をさぐってみませんか?


BRICs(ブラジル、ロシア、インド、チャイナ)の次に来る!!といわれ、注目のVISTA(ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチン) もその名はかなり浸透してきました。その一角であるベトナム投資の大ブームに影響され、
「 次はどこだっ!? 」と探している方が多々おられると思います。そこで注目なのが・・・


うですっ!!ドバイ(Dubai) です!!!

世界の大富豪が集結する楽園都市ドバイ。皆さんでいっしょにその魅力をさぐってみませんか?

● 講師コメント ●

私は10年以上も前からドバイという都市に関わる機会がありました。

数年前まで会計事務所で法人税や財務コンサルティングの業務等に関わってきた私は、日本で会社を営む外国人経営者向けのコンサルティングを担当しておりました。彼らの多くは、日本でパソコンやその周辺機器、電化製品、自動車、ゲーム機などを仕入れて、ドバイへ輸出していきます。またドバイでは彼らのお得意さんであるバイヤーが存在し、世界へ誇れるMade In Japanの製品は、ドバイを拠点にロシア、東ヨーロッパ、南アジア、またラストフロンティアであるアフリカ大陸など、巨大な新興国市場へと流れていくのです。そう、ドバイは世界でも有数の貿易拠点であり、アジア、ヨーロッパ、アフリカという巨大市場の中間に位置し中継貿易都市として、またフリーゾーン(非関税区域)として、静かな発展を遂げてきました。

そんな静かな発展を遂げてきたドバイですが、2001年9月11日の米国同時多発テロをきっかけにドバイの発展はさらに加速度を増します。それまで米国へと流れていた中東の巨額のオイルマネーが、米国のリスクに敏感に反応し、中東にものすごい勢いで逆流してきました。その資金の流れを巧みに利用したのが、現在のドバイの首長”シェイク・モハメッド”です。

彼は強力なリーダーシップと具体的な経済政策をかかげ、金融・貿易・メディア・IT・メディカルなどを中心とした産業の多角化で、今後20年間で原油によるGDPをゼロパーセントに持っていくことを計画しています。2007年2月、彼は2015年までの戦略的経済・社会政策計画「ドバイ・ストラテジック・プラン2015」を発表し、今後のドバイの歩むべき道を、およそ2000人の聴衆の前で1時間以上の熱弁を振るいました。私も現地でその資料を入手しましたが、それは実に明解で具体的な戦略であり、今後のドバイの強烈な可能性を強く感じました。人呼んで「ドバイ株式会社のCEO”シェイク・モハメッド”」は、シンガポール建国の父”リー・クアン・ユー”を髣髴させます。

今回は、私の数回にわたるドバイ訪問の中で、ぎっしりと詰まったスケジュールをこなし、関係各社からいただいた多くの情報、ドバイ市場の魅力や可能性、またリスクなどを、コンパクトにまとめてお伝えしたいと思います。


● ドバイの知られざる株式事情 ●

低PER

原油価格に敏感に反応するドバイ株式市場は、原油バブルに煽られるかのように2006年の1月に一旦ピークに達し、その後原油の調整と足並みを揃えるように、一気に株価は崩れ落ちていきました。

その後安値圏を緩やかに上下しながら、現在はピーク時の半値以下で取引されています。PER(株価収益率)は、市場平均で11倍~12倍程度。現在はだいぶ割安な市場といえます。

湾岸6カ国通貨統合

ドバイを中心に湾岸6カ国は2010年に、ユーロをモデルにした単一通貨導入の計画に向けて動いています。さらに、現在は米ドルに釘付けされている為替レートを、2015年完全変動相場制へ移行する計画もあります。

数年前の中国株が、「人民元相場の上昇と株価の上昇」という2つのメリットが享受できたのと同様の可能性が存在します。

☆あの新興市場投資の第一人者である、「マーク・モビアス」もドバイはおもしろい!とおっしゃっています!
(石田 和靖とマーク・モビアス氏は、メールをやり取りする仲なのです。)

● プログラム ●

1)世界最先端都市ドバイと湾岸諸国の概要
2)UAE(ドバイ・アブダビ)株式市場の基本情報
3)ドバイの証券会社と上場企業

( 詳細 ↓)

世界最先端都市ドバイと湾岸諸国の概要

湾岸協力会議(GCC)加盟6カ国
アラブ首長国連邦の中のドバイ
世界有数の近未来都市
ドバイのカリスマ、シェイク・ラシッドと息子モハメッド
ドバイ・ストラテジック・プラン2015
ドバイの人口とGDP
ドバイのエコノミック・フリー・ゾーン(経済特区)
湾岸6カ国単一通貨、2010年導入
UAE、カタール、バーレーンの国際金融センター
サウジアラビアのメガ(14兆円)経済都市建設

ドバイ・アブダビ株式市場の基本情報

UAEの金融制度
マネーロンダリング防止に関わる報告義務
取引時間、マーケットID、取引通貨
株価インデックス、決済日、取引システム、呼び値
売買単位、空売り、登録ブローカー、レギュレーター
売買手数料
税金
外国人株式保有枠
株式の流動性
3つの証券取引所(DFM・ADSM・DIFX)比較
ドバイ証券取引所の推移
ドバイ証券取引所の最近のIPO
ドバイ証券取引所の時価総額
スクーク(イスラム債)の上場
ドバイのリスク

ドバイの証券会社と上場企業

ドバイの独立系オンラインブローカー “マック・シャラフ証券”
マック・シャラフ証券のサービス
マック・シャラフ証券の口座開設
郵送による口座開設
Dubai Financial Market(DFC)
National Bank of Abu Dhabi(NBAD)
Dubai Islamic Bank (DISB)
Emaar Properties (EMAR)
Arabtec Holding (ARTC)
Du( Emirates Integrated Telecommunications Company )(DU)


世界の大富豪が集結する楽園都市ドバイ。皆さんでいっしょにその魅力をさぐってみませんか?


ドバイ・アブダビ株式市場の基本情報


ドバイ株投資完全マニュアル 企業情報編 特選30銘柄
エンジュク株投資セミナー
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-06-04 08:39:09

世界最先先端ドリーム「ドバイ」

テーマ:ブログ
世界最先先端ドリーム「ドバイ」

ペルシャ湾岸の小さな国ドバイをご存知ですか?
ドバイの経済成長は「アラビアの奇跡」とも呼ばれています。そんないくつもの奇跡を生み出してきたドバイにも証券取引所があります。ドバイ証券取引所は2000年にオープンしたばかりのまだ新しい未成熟なマーケットです。
しかし世界を舞台に活躍するグローバル企業や、増収増益を続ける成長企業も数多く、今後のIPO件数も大きく増加する見込みです。ドバイは強力なリーダーシップと具体的な経済政策で、金融・貿易・メディア・IT・メディカルなどを中心とした経済の多角化を進めています。中でも特に金融はドバイの目玉の戦略産業で、この地域の国際金融センターを目指すべく日々進化しています。「アラビアの奇跡」はまだ始まったばかりです。
今後長期的に発展し続けるであろう、ドバイの魅力とその影に潜むリスクを最新の情報を交えながらお話します。








ついにネットトレードが実現!世界最先先端ドリーム「ドバイ」


GDP成長率:8.9% (アラブ首長国連邦)
ドバイ市場時価総額:8兆円
リアルタイムのネットトレードが実現!

■石田和靖氏からのコメント
ペルシャ湾岸の小さな国ドバイをご存知ですか?
ドバイの経済成長は「アラビアの奇跡」とも呼ばれています。そんないくつもの奇跡を生み出してきたドバイにも証券取引所があります。ドバイ証券取引所は2000年にオープンしたばかりのまだ新しい未成熟なマーケットです。
しかし世界を舞台に活躍するグローバル企業や、増収増益を続ける成長企業も数多く、今後のIPO件数も大きく増加する見込みです。ドバイは強力なリーダーシップと具体的な経済政策で、金融・貿易・メディア・IT・メディカルなどを中心とした経済の多角化を進めています。中でも特に金融はドバイの目玉の戦略産業で、この地域の国際金融センターを目指すべく日々進化しています。「アラビアの奇跡」はまだ始まったばかりです。
今後長期的に発展し続けるであろう、ドバイの魅力とその影に潜むリスクを最新の情報を交えながらお話します。


ドバイ株投資完全マニュアル 企業情報編 特選30銘柄
エンジュク株投資セミナー
石田高聖の投資塾
個人投資家の為のトレーダーズショップ
負け組からの、株勝者への道
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-06-04 08:36:28

ドバイ 海外投資即実践講座

テーマ:ブログ
ドバイ 海外投資即実践講座

DVD 海外投資即実践講座―タイ・ベトナム・ドバイ・アメリカと新興国―







BRICs、VISTAということばもかなり浸透し、今や「海外投資」は、大きなリターンが期待できるひとつの資産運用法として定着してきているようにも思えます。しかし、さまざまな情報が行き交う中で、どの情報を信じればいいのか迷っている方も多いのではないでしょうか。

本DVDでは、各国の投資スペシャリストや、実際にその国の投資を切り開いた「先を行く投資家」をお招きして、その魅力や知っておかなければいけないリスク面、そして実際に講師が自分の足で、自分の目で得てきた生の現地情報をお届けします。

海外投資に興味がある方、どの国に、どのように投資をするべきか悩んでいる方、世界に飛び出したい方!あなたを魅力的な海外投資の世界へと導きます。

「タイ」、「ベトナム」、「ドバイ」、そして、「不動産投資王が語るアメリカ、ベトナム、中国」・・・などなど、盛りだくさんでお送りするスペシャルDVDです。

いざ、投資で世界へ――!!


ついにネットトレードが実現!世界最先先端ドリーム「ドバイ」

GDP成長率:8.9% (アラブ首長国連邦)
ドバイ市場時価総額:8兆円
リアルタイムのネットトレードが実現!

■石田和靖氏からのコメント
ペルシャ湾岸の小さな国ドバイをご存知ですか?
ドバイの経済成長は「アラビアの奇跡」とも呼ばれています。そんないくつもの奇跡を生み出してきたドバイにも証券取引所があります。ドバイ証券取引所は2000年にオープンしたばかりのまだ新しい未成熟なマーケットです。
しかし世界を舞台に活躍するグローバル企業や、増収増益を続ける成長企業も数多く、今後のIPO件数も大きく増加する見込みです。ドバイは強力なリーダーシップと具体的な経済政策で、金融・貿易・メディア・IT・メディカルなどを中心とした経済の多角化を進めています。中でも特に金融はドバイの目玉の戦略産業で、この地域の国際金融センターを目指すべく日々進化しています。「アラビアの奇跡」はまだ始まったばかりです。
今後長期的に発展し続けるであろう、ドバイの魅力とその影に潜むリスクを最新の情報を交えながらお話します。


■プログラム
MENA(Middle East and North Africa)
湾岸協力会議(GCC)加盟6カ国
GCC諸国の株価インデックスの推移
GCC諸国のファンダメンタル
GCC諸国の経済概況
高値を維持する原油価格
湾岸6カ国単一通貨、2010年導入(予定)
外国人株式保有枠
変化・成長し続ける都市ドバイ
今後のプロジェクト
ドバイのカリスマシェイク・モハメッド
ドバイ・ストラテジック・プラン2015
エコノミック・フリー・ゾーン
ドバイの人口増加率とGDP
ドバイの最近の動向
大手機関投資家のドバイ市場の評価
ドバイと湾岸諸国の投資リスク
ドバイと湾岸諸国投資のまとめ

ドバイ 海外投資即実践講座

DVD 海外投資即実践講座―タイ・ベトナム・ドバイ・アメリカと新興国―

ドバイ株投資完全マニュアル 企業情報編 特選30銘柄
エンジュク株投資セミナー
石田高聖の投資塾
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-06-26 07:40:22

DVD 世界ナンバーワンの楽園都市 ドバイ株投資完全攻略セミナー

テーマ:ブログ
DVD 世界ナンバーワンの楽園都市 ドバイ株投資完全攻略セミナー

ドルベースでの名目成長率20%~25%と高い!
GCCトップ150社の収益は平均40%の伸び!
人口の40%が若年層で消費市場として期待ができる!










もっともホットな金融市場である大注目エリア!中東
中東の経済の今後を解剖する!

サンプル映像
サンプル映像 低画質
サンプル映像 高画質

「かつては、潤沢なオイルマネーを海外での運用や浪費に向けていた。
いまは、GCCエリアでの投資インフラ整備に投資している世界でも最も成長が期待できるエリア」
「ほかの市場との相関性も低く、株価も妥当。クウェート以外はドルペック制を採用しているが、
インフレ率が高くいずれ通貨も切上がるだろう、そこにも妙味がある」

デビッド・サンダース
― UAE、GCC、MENAのファンド運用している。実際の現地運用者である―

「成長のスピードを賢くコントロールしながら、石油以外の産業を育成している」
「[毎年11%の成長を継続する]というドバイの戦略的な構想には驚かされる」

石田和靖
― いち早くドバイの魅力に注目し、投資先としてドバイを日本に紹介した海外投資の第一人者 ―


【特典1】本邦初!ドバイ株のオンライントレードシステム「MAC Traderの日本語版マニュアル」付
【特典2】ホットな最新情報が満載「ドバイ株投資プレミアムレポート」付 世界ナンバーワンの楽園都市・ドバイに今こそ投資!

「ドバイが発展すると、日本で売られるバラの種類が増える」

ドバイ空港は世界のハブ空港を目指していて世界中からモノが集まる中継拠点になりつつある。経済発展を背景に地元のエミレーツ航空は世界各地にネットワークを広げ、現在はドバイと世界の92都市を結ぶ。
以前まで、アフリカ産のバラを空輸する場合は欧州経由が多く、時間がかかり鮮度を維持するのは難しかったが、ドバイ経由の航空便の利用で、ある切り花輸入業者では空輸時間が10時間程度、輸送コストは約10%減った。
中継拠点としてのドバイの発展が国際的な物流を拡大し、日本で売られるバラの種類の増加にもつながったというわけだ。

07.7.15.日経朝刊『エコノ探偵団』より

ドバイの発展は世界中で注目されています。
BRICS銘柄に対する日本の投資は、世界に比べて出遅れ感がありましたが、ドバイの株式市場はまだまだ西側の資金が入ってきていません。つまり個人投資家が、ヘッジファンド、機関投資家を出し抜くチャンスがあるのがドバイ投資の最大の魅力です。

これから10年、本格的な成長プロセスに入るDubai(ドバイ)、「マックトレーダー」のリリースにより遂にリアルタイムでのネットトレードも実現!!
本DVDは、まだまだ成長過程にあるドバイ株式市場の、どこよりも最新で、どこよりも使える情報をお届けします。次なる10倍銘柄をお探しの方、今こそ先行投資をオススメします。

講師、石田和靖氏よりコメント

今回のドバイ株投資完全攻略セミナーでは、

・ドバイ株投資に興味がある方、
・これから実際に口座を開いて取引を始める方、
・口座開設後にすぐに取引を始めたい方、
・どのような銘柄を選べばよいのか悩んでいる方

を対象に「基本的な概要の話から実践的な内容まで」お伝えしたいと思います。

現在テスト運用中のドバイ株のオンライントレードシステム「MAC Trader」のデモンストレーションに関わってきた講師が、そのリリースに合わせて、「MAC Trader」の使い方などもみなさまに公開いたします。

2007年8月末現在、ドバイ証券市場取引システムにリサーチシステムとさらにはアブダビ証券市場取引システムをドッキングさせ、最終テスト段階に入っています。このシステムは10月中旬の正式リリースを予定しており、本セミナーでは日本国内ではどこよりも早く、ドバイ株のオンライントレードシステムを体感することが可能です。

今回のセミナーでは、「ドバイ株取引をすぐに開始できる」をコンセプトに、

1.基本情報、
2.口座開設方法、
3.MAC Traderの使い方、
4.個別銘柄の説明(20社前後を予定)、
5.情報収集方法

といった内容を中心にお話します。さらにセミナー直前の10月中旬にドバイとサウジアラビアを訪する講師が、現地のホットな最新情報なども合わせてお届けします。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-06-26 07:30:29

魅惑の楽園都市ドバイへの投資手法

テーマ:ブログ
魅惑の楽園都市ドバイへの投資手法

DVD ドバイ株投資セミナー 魅惑の楽園都市ドバイへの投資手法








1. 新興国投資とは 【エフエーキャピタル(株)代表取締役 木下順一】

* 日本人は新興国投資のタイミングが非常に遅く、その原因は国民性・・・
* 新興国投資で利益を手にした人々というのは、ブームになるほんの半年早いタイミングでの投資が決め手となっており・・・
* ドバイは現在PERが非常に低く、ファンダメンタルもしっかりしており、フェアバリューに戻るだけでも利益を期待できる地域・・・

2. ドバイ・湾岸諸国投資の魅力 【ザ・スリービー代表取締役 石田和靖】

* 光の国ドバイ
* ドバイ株は20**年まで持つといい?
* 6本の並行した滑走路を持つ空港建設?
* ・・・ドバイの影とは
* GCC諸国のGDP原油比率が下がっている?
* 湾岸産油国はオイルマネーで贅沢三昧?
* 湾岸6ヵ国単一通貨の導入、そのキーワードは?
* イスラム諸国は先物取引禁止?
* 世界の株式市場と連動しないマーケット

3. ドバイ・湾岸諸国への投資方法 【エフエーキャピタル(株) 植田 学】

* WHY MENA?
* GCCを代表する銘柄
* 投資手法

(2007年11月14日東京開催セミナーを収録)
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-06-24 04:27:54

特にタイ、ドバイの講演は有益でした。

テーマ:ブログ
特にタイ、ドバイの講演は有益でした。
ついにネットトレードが実現!世界最先先端ドリーム「ドバイ」






#
■プログラム
# MENA(Middle East and North Africa)
# 湾岸協力会議(GCC)加盟6カ国
# GCC諸国の株価インデックスの推移
# GCC諸国のファンダメンタル
# GCC諸国の経済概況
# 高値を維持する原油価格
# 湾岸6カ国単一通貨、2010年導入(予定)
# 外国人株式保有枠
# 変化・成長し続ける都市ドバイ
# 今後のプロジェクト
# ドバイのカリスマシェイク・モハメッド
# ドバイ・ストラテジック・プラン2015
# エコノミック・フリー・ゾーン
# ドバイの人口増加率とGDP
# ドバイの最近の動向
# 大手機関投資家のドバイ市場の評価
# ドバイと湾岸諸国の投資リスク
# ドバイと湾岸諸国投資のまとめ


東京で優良物件を購入できる
驚異の不動産投資法
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-06-24 04:19:24

ドバイ 海外投資即実践講座

テーマ:ブログ
ドバイ 海外投資即実践講座

DVD 海外投資即実践講座―タイ・ベトナム・ドバイ・アメリカと新興国―





ついにネットトレードが実現!世界最先先端ドリーム「ドバイ」


# GDP成長率:8.9% (アラブ首長国連邦)
# ドバイ市場時価総額:8兆円
リアルタイムのネットトレードが実現!


■石田和靖氏からのコメント
ペルシャ湾岸の小さな国ドバイをご存知ですか?

ドバイの経済成長は「アラビアの奇跡」とも呼ばれています。そんないくつもの奇跡を生み出してきたドバイにも証券取引所があります。ドバイ証券取引所は 2000年にオープンしたばかりのまだ新しい未成熟なマーケットです。


しかし世界を舞台に活躍するグローバル企業や、増収増益を続ける成長企業も数多く、今後のIPO件数も大きく増加する見込みです。ドバイは強力なリーダーシップと具体的な経済政策で、金融・貿易・メディア・IT・メディカルなどを中心とした経済の多角化を進めています。中でも特に金融はドバイの目玉の戦略産業で、この地域の国際金融センターを目指すべく日々進化しています。「アラビアの奇跡」はまだ始まったばかりです。


今後長期的に発展し続けるであろう、ドバイの魅力とその影に潜むリスクを最新の情報を交えながらお話します。

東京で優良物件を購入できる
驚異の不動産投資法
分譲マンションを安く買う方法
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-04-11 08:27:19

ドバイ・ベトナム・インド 経済・経営の視点から確かなことがわかる本

テーマ:ブログ
ドバイ・ベトナム・インド 経済・経営の視点から確かなことがわかる本


日本小売業協会の事務局長と三菱UFJリサーチ&コンサルティングのトップリサーチャーによる、今もっとも伸びている3カ国の経済・経営のことがわかる本。










ドバイ・ベトナム・インド 経済・経営の視点から確かなことがわかる本





目次第1部 なぜドバイ・ベトナム・インドなのか第1章 日本企業にとっての次なるグローバル新興市場と今後の有望地域~日本企業にとってのグローバル市場の捉え方~第2章 市場としてのインド・ベトナム・ドバイ(中東)の重要性第2部 ドバイ(中東)第1章 ドバイをハブとする新型経済圏の誕生~ドバイ躍進の背景~第2章 ドバイをハブとする新型経済圏と発展戦略第3章 ドバイ発展の要因分析とリスク分析第4章 ドバイ市場への外貨参入の課題とドバイを中心としたビジネスの拡がり第3部 ベトナム第1章 今、なぜベトナムなのか?~マクロ視点から見たベトナム~第2章 変わりゆくライフスタイルと価値観から~ミクロの視点から見たベトナム~第3章 ベトナム市場へ雪崩を打つ外資系メジャー第4章 日系企業の取るべきアクションは?~先行事例からの示唆~第5章 ベトナムでの事業発展の阻害要因第4部 インド第1章 この目で見てきたインド第2章 この先のインド~人・もの・消費力から~第3章 インドの小売業のすべてがわかる第4章 インド小売業の牽引者たち~有力小売業プロフィール~






エンジュク株投資セミナー
個人投資家の為のトレーダーズショップ
石田高聖の投資塾
株から、IPOへ

彼女をゲットしたい
結婚 婚活パーフェクトマニュアル
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。