1 | 2 次ページ >> ▼ /
2008-05-26 08:48:28

ドバイ株の証券口座の開設申請サービス。

テーマ:ブログ
ドバイ株の証券口座の開設申請サービス。
☆今、ドバイ株がアツいっ!!!☆・



TVで話題のオイル・マネーが世界中を駆け巡る。・新計画は2015年までGDP年率成長11%



【ドバイ株ドットコム】ドバイ株の証券口座の開設申請サービス。



※各プラン詳細

◆【Black-Book Plan】マック・シャラフ証券で口座開設し、ドバイ証券取引所・アブダビ証券取引所に登録をして、ドバイ株とアブダビ株を取引できるようになります。


□対象初めてマックシャラフ証券の口座を開設する方


◆【Red-Book Plan】マック・シャラフ証券で口座開設し、ドバイ証券取引所に登録をして、ドバイ株を取引できるようになります。□対象初めてマックシャラフ証券の口座を開設する方



◆【Blue-Book Plan】アブダビ証券取引所に登録をして、アブダビ株を取引できるようになります。□対象既にマック・シャラフ証券の口座をお持ちの方




緊急告知   



最近のよくあるご質問

Q.テレビで取り上げられていましたが、口座を開くとタブリード社の株を購入できますか?はい、ご購入いただけます。タブリード(TABREED)は外国人も売買できますので、ドバイ証券取引所でお取引いただけます。




Q.パスポートと免許証の両方が必要ですか?マック・シャラフ証券で口座を開設をする際に、パスポートと免許証の両方のコピーが必要となります。パスポートは必須ですが、免許証をお持ちでない場合は、その他の写真付き身分証明書で代用可能です。



ドバイ株の証券口座の開設申請サービス。
☆今、ドバイ株がアツいっ!!!☆・

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-05-18 06:13:02

ドバイ株投資完全マニュアル

テーマ:ブログ
ドバイ株投資完全マニュアル

ナショナル・バンク・オブ・アブダビのシニア・ファンド・マネジャーの協力を得て出来上がった、ドバイ企業の情報を網羅した日本初のドバイ企業ガイドブック!




ドバイ株投資完全マニュアル 企業情報編 特選30銘柄




「アブダビ・コマーシャル・バンク」「タブリード」「エマール・プロパティ」「ガルフ・ナビゲーション」。



トヨタや松下電器などに代表されるような
日本の企業情報を入手するのは、日本に住む私たちにとってさほど難しい作業ではありません。


しかし、これが遠く離れた異国の企業であれば、どうでしょうか?



百歩譲って、アメリカやイギリス、フランスといった
日本人に馴染みのある国の企業であれば、根気があれば何とかなるかもしれません。




ところが、です。新興諸国の企業であればどうでしょうか?


少し想像してみてください。何から始めたらいいのかわからずに、思考停止状態になってしまう方もおそらくいらっしゃるのではないかと思います。ドバイという国に興味を持った。



「これはおもしろそうだ」と、口座を開設してみた。



そのような方にとって次に必要なものは、
投資先の情報です。


具体的に言えば、ドバイの企業についての情報なのです。



ところが、日本から直行便でも10時間程度掛かる国の情報ですから、そう簡単には手に入りません。



日本の証券会社に尋ねても、まだまだこれからの国である「ドバイ」のことはほとんどわからないことでしょう。



そこで、登場したのが本書です。本書は「ナショナル・バンク・オブ・アブダビ」のシニア・ファンド・マネジャーであるデビッド・サンダース氏の全面的な協力を背景に、ドバイで活躍している企業はもちろん、今後活躍しそうな企業を30社厳選して取り上げ、それぞれの企業についての概要や事業活動、長所 &短所、今後の見通しを、箇条書きでわかりやすく紹介しています。




おそらく、ドバイの企業についてここまで詳しく語った本はないと思います。この本を読み終えたときには、 「アブダビ・コマーシャル・バンク」「タブリード」「エマール・プロパティ」「ガルフ・ナビゲーション」をはじめ、ドバイの企業について知識があなたの“脳”と“心”に染みこんでいることと思います。



まだまだヨチヨチ歩きの市場に上場している企業ですから、もちろん、それなりのリスクはあります。



しかし、裏を返せば、
大化けする可能性も秘めているのです(実際、半年間で3倍に値上がりした銘柄もあります)。



まずは本書で紹介している企業の魅力を知ってください。次に、「これは!」と思う企業があれば、リスクを管理しながら実際に投資をしてみてください。



そして、心から愛せるドバイ企業を見つけ、ドバイの成長を温かく見守ってください。





資産運用のひとつとしてドバイを理解していただきたい。



それが、本書の願いです。そして、ドバイを好きになってもらうこと。



これが、本書の夢なのです。





本書の主な特長

* 入手しにくいドバイ(UAE)企業についての詳細情報を、箇条書きでわかりやすく詳細に紹介


* 決算等の情報は執筆段階において最新のものを掲載



* 株価チャートについては過去3年ぶん、財務データおよび株価指標について、過去5年間ぶんのデータを掲載


* レーダーチャートを駆使して、成長率や安定度、配当利回り、PER、PBRなどを5段階でわかりやすく評価



* 過去5年間にわたる売上高と利益の推移についてもわかりやすくグラフで紹介



* 大事なポイントをおさらいできるように各企業紹介の最後に「まとめ」を掲載 など本書を読んでほしい人


* ドバイ(UAE)企業に興味はあるけど、今ひとつ、きっかけが掴めなかった人


* ドバイ(UAE)企業に興味はあるけど、個別銘柄の情報が入手できないことを理由に投資できなかった人



* 割安なときに株を買い、長年掛けて大きく伸ばしていきたい人



* BRICs以外の“本当にこれからの新興諸国”への投資に興味がある人



* ドバイ(UAE)をこよなく愛している人



* 大化けする可能性のある株を持ちたいと思っている人



* ドバイ(UAE)のお国柄事情を理解しつつ、ドバイ株で資産を増やしたいと考えている人 など

ドバイ株投資完全マニュアル 企業情報編 特選30銘柄




ドバイ株投資完全マニュアル 企業情報編 特選30銘柄


ナショナル・バンク・オブ・アブダビのシニア・
ファンド・マネジャーの協力を得て出来上がった、ドバイ企業の情報を網羅した日本初のドバイ企業ガイドブック!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-05-13 22:20:42

ドバイ株 FX・インド株 0円から始める投資術

テーマ:ブログ
ドバイ株 FX・インド株 0円から始める投資術

すいません。もう他の投資系の商材に騙されるのは辞めて下さい。447ページの本物の投資マニュアルです。






FX・インド株・ドバイ株・・・0円から始める投資術。投資信託、不動産、オンライントレード、外貨、ETF、トルコリラ債、サブプライム問題など投資の全てを網羅!!





『サブプライム』、『同時株安』・・・etcあなたはまだそんなニュースに踊らされていませんか?





あなたが必要としているのは裏技や小手先のノウハウではなく本物の稼げるノウハウではありませんか?





絶対に投資で稼げる方法・・・。私が教えるのは指南書ではございません!




あなたが実際に実行できて稼げるいわば『技術×実行=利益』の法則の実践書なのです!

FX・インド株・ドバイ株・・・0円から始める投資術。投資信託、不動産、オンライントレード、外貨、ETF、トルコリラ債、サブプライム問題など投資の全てを網羅!!






ドバイ株 FX・インド株 0円から始める投資術すいません。もう他の投資系の商材に騙されるのは辞めて下さい。447ページの本物の投資マニュアルです。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-05-13 22:16:40

ドバイ不動産投資マニュアル[実録編]

テーマ:ブログ
ドバイ不動産投資マニュアル[実録編]

新築物件のローンが不動産価格の95パーセントや新築物件のローンが不動産価格の90パーセント


ドバイ不動産投資マニュアル[実録編]





ドバイ不動産投資マニュアル[実録編]


ドバイ不動産投資マニュアル[実録編]

自己資金が5-10%で物件を購入でる不動産物件が、ドバイにはあります。




更に、家賃保証が8-15パーセントなんてオプションまでついている不動産まであります。




筆者が実際にドバイ不動産投資を行った際の実録マニュアルです。購入の裏技もご紹介しています。




海外不動産投資の第一歩として、是非参考にしてください。





ドバイ不動産投資マニュアル[実録編]
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-05-13 21:17:15

ドバイ株投資完全マニュアル 本気の海外投資シリーズ5

テーマ:ブログ
ドバイ株投資完全マニュアル 本気の海外投資シリーズ5


世界の建設クレーンの3割が集結しているほどの建設ラッシュ。
脱オイルマネーを目標に掲げた政策。ユーロ導入をイメージさせる20XX年導入の湾岸6カ国単一通貨など



今、世界から注目されている「ドバイ」に投資するための、“日本初”のドバイ株投資マニュアル本です。「猫の目」という言葉があります。これは、比喩的に「よく変化するもの」を表すときに使われます。例えば、「あの人の考えは猫の目のようにころころ変わる」などの使われ方をします。


保守的な人にとっては受け入れがたいものである一方、革新的な人には「チャンス」と映るものでもあるように、「変化」という言葉は、意識のうえではいろいろな捉えられ方があります。

ドバイ株投資完全マニュアル 本気の海外投資シリーズ5
しかし、無意識の中での捉えられ方はひとつです。



それは「何かが起こっている」という捉え方です。事実、「変化」という言葉を聞いたとき、変化するだけの理由があることを、私たちは知らず知らずのうちに感じているはずです。


本書で紹介する「ドバイ」は今、そんな“変化”の渦中にいます。


この国では今まさに、さまざまなことが起こっています。


世界の建設クレーンの3割がドバイに集結していることから容易に想像できる建設ラッシュ。「ドバイに住んでみたい」と世界各国から次々と集まるセレブな人たち。


脱オイルマネーを目標に掲げ、金融や観光をはじめとする産業の多角化を進めている事実。2001年から2005年までのたった5年間で2倍以上に成長したドバイの名目GDP。



ユーロ導入をイメージさせる20XX年導入の湾岸6カ国単一通貨。2015年に開始予定の変動相場制。アジアで言うところの香港やシンガポールに引けを取らない国際金融センターの誕生など、ドバイでは間違いなく「何かが起こっています」。世界中から人や資本が集まっている国「ドバイ」。


世界中から注目されている国「ドバイ」。



「そんな何かが起こっている勢いのある国に投資してみたい」と考えている方のために登場したのが本書『ドバイ株投資完全マニュアル』です。




ドバイ・アブダビ株式市場の基本的な情報や投資信託を通じて投資する方法、株式市場を通じて投資する方法(本書ではUAE非居住者でも口座を開設することができて、かつ、ドバイの企業情報が入手できる詳細なリサーチサービスもあり、さらに外国の銀行口座でも証券取引が可能な証券会社である「マック・シャラフ証券」を紹介。


口座開設の仕方からオンライントレードまでを詳しく解説)、ドバイの企業情報など、ドバイに投資するために必要な情報を余すことなく紹介しています。“ドバイ株投資”についてこれだけ詳しく述べている本はおそらく「日本初」でしょう。




「猫の目」のように、次々とさまざまな変化が起こっている国「ドバイ」。投資という領域においては、ドバイはまだ“赤ん坊”のようなものです。成長初期の段階ですから、この時期に資産運用できれば、長い目で見て、大きな果実を手にすることも夢ではありません。




ドバイに投資して、ドバイの成長を一緒に見ませんか。「猟ある猫は爪を隠す」というように、本当に力や才能のある人は、それを他人に自慢することなく、人知れず、こっそり始めているものです。牡蛎の身を手にできるのはこっそり先頭を行く人たちだけなのです。



ドバイ株投資完全マニュアル 本気の海外投資シリーズ5本書の主な特長


* ドバイについての基本情報を余すことなく紹介


* 現地に行かなければわからない情報を満載


* 現地の要人(ドバイ国際金融センター総裁など)から直接聞いた情報を紹介


* ドバイ証券取引所の会員登録や口座開設、
オンライントレードのやり方など、実際に始めなければわからない実践的な情報を詳しく紹介


* 原稿執筆段階で紹介できる企業を簡潔に紹介 ※本書に書いてあることを自分で調べようと思ったら、とてつもない時間と労力とコストが掛かります。このことを頭に入れつつ、本書をご堪能ください。 本書を読んでほしい人 * ドバイ投資に興味がある人


* ドバイ投資に興味があっても、「どうやって投資をすればいいのか」わからずに最初の一歩がなかなか踏み出せなかった人 * 長い目で見て資産を増やしたい人 * まだ他人が始めていないことに興味がある人



* ドバイのお国柄を理解しつつ、ドバイに投資して資産を増やしたいと思っている人


* ドバイをこよなく愛する人





■各誌に掲載されました目次第1章 急成長の世界最先端都市ドバイと湾岸諸国の概要第2章 ドバイ・アブダビ株式市場の基本情報第3章 投資信託を通じてドバイに投資する第4章 株式市場を通じてドバイに投資する第5章 “マックシャラフ証券”のオンライントレード第6章 ドバイ株の情報収集第7章 ドバイ・アブダビ株式市場の参考銘柄著者紹介石田 和靖 Kazuyasu Ishida(有)ザ・スリービー 代表取締役。会計事務所に10年間勤務、主に法人税業務と財務コンサルティング業務を中心に携わる。



UAE、パキスタン、ミャンマー、タイ、ベトナム、インドネシアなど中近東~東南アジアエリアの外国人経営者の法人を多く担当。その後、(有)ザ・スリービーを設立。年に十数回、香港・タイ・UAEなど各国を訪問し、香港やドバイの証券会社にも太いパイプを持つ。世界の投資情報を集約させるべく構築された、「海外分散投資に燃える同志が集まるSNS “World Investors” 」を企画・デザイン。



著書に『15万円からはじめる本気の海外投資完全マニュアル』『タイ株投資完全マニュアル 入門編』がある。つながれ。海外投資家たち。ワールド・インベスターズ
ドバイ株投資完全マニュアル 本気の海外投資シリーズ5





ドバイ株投資完全マニュアル 本気の海外投資シリーズ5世界の建設クレーンの3割が集結しているほどの建設ラッシュ。脱オイルマネーを目標に掲げた政策。ユーロ導入をイメージさせる20XX年導入の湾岸6カ国単一通貨など。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-05-11 04:58:23

世界最先端! ドバイ株投資セミナー

テーマ:ブログ
世界最先端! ドバイ株投資セミナーBRICs(ブラジル、ロシア、インド、チャイナ)の次に来る!!といわれ、注目のVISTA(ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチン) もその名はかなり浸透してきました。その一角であるベトナム投資の大ブームに影響され、「 次はどこだっ!? 」と探している方が多々おられると思います。そこで注目なのが・・・そうですっ!!ドバイ(Dubai) です!!!世界の大富豪が集結する楽園都市ドバイ。皆さんでいっしょにその魅力をさぐってみませんか?世界最先端! ドバイ株投資セミナー ● 講師コメント ●私は10年以上も前からドバイという都市に関わる機会がありました。数年前まで会計事務所で法人税や財務コンサルティングの業務等に関わってきた私は、日本で会社を営む外国人経営者向けのコンサルティングを担当しておりました。彼らの多くは、日本でパソコンやその周辺機器、電化製品、自動車、ゲーム機などを仕入れて、ドバイへ輸出していきます。またドバイでは彼らのお得意さんであるバイヤーが存在し、世界へ誇れるMade In Japanの製品は、ドバイを拠点にロシア、東ヨーロッパ、南アジア、またラストフロンティアであるアフリカ大陸など、巨大な新興国市場へと流れていくのです。そう、ドバイは世界でも有数の貿易拠点であり、アジア、ヨーロッパ、アフリカという巨大市場の中間に位置し中継貿易都市として、またフリーゾーン(非関税区域)として、静かな発展を遂げてきました。そんな静かな発展を遂げてきたドバイですが、2001年9月11日の米国同時多発テロをきっかけにドバイの発展はさらに加速度を増します。それまで米国へと流れていた中東の巨額のオイルマネーが、米国のリスクに敏感に反応し、中東にものすごい勢いで逆流してきました。その資金の流れを巧みに利用したのが、現在のドバイの首長”シェイク・モハメッド”です。彼は強力なリーダーシップと具体的な経済政策をかかげ、金融・貿易・メディア・IT・メディカルなどを中心とした産業の多角化で、今後20年間で原油によるGDPをゼロパーセントに持っていくことを計画しています。2007年2月、彼は2015年までの戦略的経済・社会政策計画「ドバイ・ストラテジック・プラン2015」を発表し、今後のドバイの歩むべき道を、およそ2000人の聴衆の前で1時間以上の熱弁を振るいました。私も現地でその資料を入手しましたが、それは実に明解で具体的な戦略であり、今後のドバイの強烈な可能性を強く感じました。人呼んで「ドバイ株式会社のCEO”シェイク・モハメッド”」は、シンガポール建国の父”リー・クアン・ユー”を髣髴させます。今回は、私の数回にわたるドバイ訪問の中で、ぎっしりと詰まったスケジュールをこなし、関係各社からいただいた多くの情報、ドバイ市場の魅力や可能性、またリスクなどを、コンパクトにまとめてお伝えしたいと思います。世界の大富豪が集結する楽園都市ドバイ。皆さんでいっしょにその魅力をさぐってみませんか?世界最先端! ドバイ株投資セミナー ● ドバイの知られざる株式事情 ●# 低PER原油価格に敏感に反応するドバイ株式市場は、原油バブルに煽られるかのように2006年の1月に一旦ピークに達し、その後原油の調整と足並みを揃えるように、一気に株価は崩れ落ちていきました。その後安値圏を緩やかに上下しながら、現在はピーク時の半値以下で取引されています。PER(株価収益率)は、市場平均で11倍~12倍程度。現在はだいぶ割安な市場といえます。湾岸6カ国通貨統合ドバイを中心に湾岸6カ国は2010年に、ユーロをモデルにした単一通貨導入の計画に向けて動いています。さらに、現在は米ドルに釘付けされている為替レートを、2015年完全変動相場制へ移行する計画もあります。数年前の中国株が、「人民元相場の上昇と株価の上昇」という2つのメリットが享受できたのと同様の可能性が存在します。☆あの新興市場投資の第一人者である、「マーク・モビアス」もドバイはおもしろい!とおっしゃっています!(石田 和靖とマーク・モビアス氏は、メールをやり取りする仲なのです。)世界最先端! ドバイ株投資セミナー ● プログラム ● 1)世界最先端都市ドバイと湾岸諸国の概要 2)UAE(ドバイ・アブダビ)株式市場の基本情報 3)ドバイの証券会社と上場企業 ( 詳細 ↓) 世界最先端都市ドバイと湾岸諸国の概要 湾岸協力会議(GCC)加盟6カ国 アラブ首長国連邦の中のドバイ 世界有数の近未来都市 ドバイのカリスマ、シェイク・ラシッドと息子モハメッド ドバイ・ストラテジック・プラン2015 ドバイの人口とGDP ドバイのエコノミック・フリー・ゾーン(経済特区) 湾岸6カ国単一通貨、2010年導入 UAE、カタール、バーレーンの国際金融センター サウジアラビアのメガ(14兆円)経済都市建設 ドバイ・アブダビ株式市場の基本情報 UAEの金融制度 マネーロンダリング防止に関わる報告義務 取引時間、マーケットID、取引通貨 株価インデックス、決済日、取引システム、呼び値 売買単位、空売り、登録ブローカー、レギュレーター 売買手数料 税金 外国人株式保有枠 株式の流動性 3つの証券取引所(DFM・ADSM・DIFX)比較 ドバイ証券取引所の推移 ドバイ証券取引所の最近のIPO ドバイ証券取引所の時価総額 スクーク(イスラム債)の上場 ドバイのリスク ドバイの証券会社と上場企業 ドバイの独立系オンラインブローカー “マック・シャラフ証券” マック・シャラフ証券のサービス マック・シャラフ証券の口座開設 郵送による口座開設 Dubai Financial Market(DFC) National Bank of Abu Dhabi(NBAD) Dubai Islamic Bank (DISB) Emaar Properties (EMAR) Arabtec Holding (ARTC) Du( Emirates Integrated Telecommunications Company )(DU) 世界の大富豪が集結する楽園都市ドバイ。皆さんでいっしょにその魅力をさぐってみませんか?世界最先端! ドバイ株投資セミナー
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-05-10 22:43:30

ドバイ株投資完全マニュアル 企業情報編 特選30銘柄

テーマ:ブログ
ドバイ株投資完全マニュアル 企業情報編 特選30銘柄ナショナル・バンク・オブ・アブダビのシニア・ファンド・マネジャーの協力を得て出来上がった、ドバイ企業の情報を網羅した日本初のドバイ企業ガイドブック! ドバイ株投資完全マニュアル 企業情報編 特選30銘柄「アブダビ・コマーシャル・バンク」「タブリード」「エマール・プロパティ」「ガルフ・ナビゲーション」。 ここに挙げた名前を見て「?」と思う方がほとんどのことでしょう(「!」と思った方はかなりドバイ通といえるでしょう)。トヨタや松下電器などに代表されるような日本の企業情報を入手するのは、日本に住む私たちにとってさほど難しい作業ではありません。しかし、これが遠く離れた異国の企業であれば、どうでしょうか?百歩譲って、アメリカやイギリス、フランスといった日本人に馴染みのある国の企業であれば、根気があれば何とかなるかもしれません。ところが、です。新興諸国の企業であればどうでしょうか?少し想像してみてください。何から始めたらいいのかわからずに、思考停止状態になってしまう方もおそらくいらっしゃるのではないかと思います。ドバイという国に興味を持った。「これはおもしろそうだ」と、口座を開設してみた。そのような方にとって次に必要なものは、投資先の情報です。具体的に言えば、ドバイの企業についての情報なのです。ところが、日本から直行便でも10時間程度掛かる国の情報ですから、そう簡単には手に入りません。日本の証券会社に尋ねても、まだまだこれからの国である「ドバイ」のことはほとんどわからないことでしょう。そこで、登場したのが本書です。本書は「ナショナル・バンク・オブ・アブダビ」のシニア・ファンド・マネジャーであるデビッド・サンダース氏の全面的な協力を背景に、ドバイで活躍している企業はもちろん、今後活躍しそうな企業を30社厳選して取り上げ、それぞれの企業についての概要や事業活動、長所 &短所、今後の見通しを、箇条書きでわかりやすく紹介しています。おそらく、ドバイの企業についてここまで詳しく語った本はないと思います。この本を読み終えたときには、 「アブダビ・コマーシャル・バンク」「タブリード」「エマール・プロパティ」「ガルフ・ナビゲーション」をはじめ、ドバイの企業について知識があなたの“脳”と“心”に染みこんでいることと思います。まだまだヨチヨチ歩きの市場に上場している企業ですから、もちろん、それなりのリスクはあります。しかし、裏を返せば、大化けする可能性も秘めているのです(実際、半年間で3倍に値上がりした銘柄もあります)。まずは本書で紹介している企業の魅力を知ってください。次に、「これは!」と思う企業があれば、リスクを管理しながら実際に投資をしてみてください。そして、心から愛せるドバイ企業を見つけ、ドバイの成長を温かく見守ってください。資産運用のひとつとしてドバイを理解していただきたい。それが、本書の願いです。そして、ドバイを好きになってもらうこと。これが、本書の夢なのです。本書の主な特長 * 入手しにくいドバイ(UAE)企業についての詳細情報を、箇条書きでわかりやすく詳細に紹介 * 決算等の情報は執筆段階において最新のものを掲載 * 株価チャートについては過去3年ぶん、財務データおよび株価指標について、過去5年間ぶんのデータを掲載 * レーダーチャートを駆使して、成長率や安定度、配当利回り、PER、PBRなどを5段階でわかりやすく評価 * 過去5年間にわたる売上高と利益の推移についてもわかりやすくグラフで紹介 * 大事なポイントをおさらいできるように各企業紹介の最後に「まとめ」を掲載 など本書を読んでほしい人 * ドバイ(UAE)企業に興味はあるけど、今ひとつ、きっかけが掴めなかった人 * ドバイ(UAE)企業に興味はあるけど、個別銘柄の情報が入手できないことを理由に投資できなかった人 * 割安なときに株を買い、長年掛けて大きく伸ばしていきたい人 * BRICs以外の“本当にこれからの新興諸国”への投資に興味がある人 * ドバイ(UAE)をこよなく愛している人 * 大化けする可能性のある株を持ちたいと思っている人 * ドバイ(UAE)のお国柄事情を理解しつつ、ドバイ株で資産を増やしたいと考えている人 など ドバイ株投資完全マニュアル 企業情報編 特選30銘柄ナショナル・バンク・オブ・アブダビのシニア・ファンド・マネジャーの協力を得て出来上がった、ドバイ企業の情報を網羅した日本初のドバイ企業ガイドブック!はじめに『ドバイ株投資完全マニュアル 企業情報編特選30銘柄』をお手にとっていただき、本当にありがとうございます。前作『ドバイ株投資完全マニュアル』(パンローリング)では、ドバイとその周辺国の経済概略、ドバイ・アブダビ株式市場の基本情報、投資信託を通じて投資する方法、株式市場を通じて投資する方法、証券会社の口座開設や利用方法、情報収集の方法など、初めて「ドバイ」という言葉を耳にする人が、その市場を理解し参戦するためのA to Zを漏れなく記載しました。日本で初めてのドバイ株投資のマニュアル本ということで、「興奮した!」「新しい世界と出会えた!」「イスラムの文化に強い興味を持った!」など、本当に数多くの方に大変な反響をいただきました。ドバイにはさまざまな夢があります。私は、「ドバイの株式市場ってどうなんですか?」と聞かれると、「今、世界でもっともホットな市場である」と自信を持って言えます。それは、ドバイ政府の戦略的な政策であるドバイ・ストラテジック・プラン2015(ドバイ株投資完全マニュアル20ページ参照)が進行中だからです。数多くの経済特区が次々と建設され、そこに世界中から企業や人々が集まり、経済規模が急拡大し、さまざまな雇用やサービスがうまれています。なかでも特に金融セクターはあの地域の中心的な位置づけです。株式市場全体の時価総額に占める割合も、金融・不動産・通信などの業種が大多数を占めます。ドバイ証券取引所(DFM)もアブダビ証券取引所(ADSM)も、2000年にオープンしたばかりのまだまだ新しい市場です。これから大いに発展・成長が期待できるマーケットではありますが、先進国に比べると時価総額も小さく、銘柄数も少なく、業種にも大きな偏りがありますので、大変ボラティリティの高い市場であると言えます。しかし、短期的な株の値動きに一喜一憂するのではなく、「今後数年間は、ドバイの成長を見守りながら」の投資スタンスで、読者の皆様には、投資しながらドバイを好きになってほしいのです。ドバイを好きになれば、ドバイを理解することができます。ドバイを理解すれば、日々の値動きに一喜一憂することなく長期投資が実践できます。それどころか、むしろ暴落時に買い足すくらいの勇気も出てくるでしょう。また、この本を読んで「ドバイに行ってしまおう!」と実際に行動される方がいましたら、私は本望です。ぜひ現地に飛んでドバイのポテンシャルを肌で感じてください。とはいうものの、日本人にとってはるか彼方のペルシャ湾岸は、日常でなかなか触れることのできない異文化体験を私たちに与えてくれますが、その反面、情報はなかなか入手しにくく、距離の壁や文化の壁、さらにはイスラム教という宗教の壁が大きく立ちはだかります。日本に入ってくる海外の情報は、中国・アジア・米国を中心としたアジア太平洋地域のニュースばかりです。中東の情報は数少ないうえに、その数少ない情報がさらに何らかのフィルターにかけられて私たちの手元に届いているという印象を拭えません。そのような背景もあり、『ドバイ株投資完全マニュアル』の読者の皆様から寄せられた多くのご意見のうち、最も多かったのは、「ドバイ株の企業情報編を早く書いてほしい」というご要望でした。インターネットでの情報収集方法は前作でも詳しく述べましたが、ネットでしかも英語での情報収集は、どうしてもまだまだ敷居の高い作業で、多くの方が銘柄選定に四苦八苦されていることと思います。前作「ドバイ株投資完全マニュアル」の出版からはや半年。多くの読者様のそんなご要望に何とか応えたいと思い、さらに深くドバイ証券取引所と湾岸経済を理解するための、おそらく日本で初めてとなる『ドバイ株企業情報データブック』を執筆しました。本書は、「さらに深くドバイを理解したい」「ドバイの企業の可能性に長い目で見て投資したい」そのような方々に向けて、ドバイかアブダビに上場する企業の30銘柄を選定し、そのビジネスモデルや特徴、強み・弱み、各種指標などのデータを盛り込んだ、企業情報となっております。前作と本書のこの2冊で、ドバイ株式市場のことはほぼ網羅できているといっても過言ではありません。前作が入門編という位置づけならば、本書は実践編という位置づけになります。前作を読まれた方が、さらにドバイを理解するという位置づけで、本書を読み進めてください。この企業情報編では、少しでも信憑性の高い情報を読者の皆様にお届けするために、ナショナル・バンク・オブ・アブダビ(NBAD)のシニア・ファンド・マネジャーであるデビッド・サンダース氏を共著に加えています。サンダース氏は中東地域のファンド・マネジャーとしての経験が長く、同エリアでの株式市場や企業を熟知しており、ブルームバーグなどの金融情報メディアでもコメンテーターとして活躍中です。さらに、同氏の所属するナショナル・バンク・オブ・アブダビは、企業訪問や企業支援などの面でUAEローカルの企業と非常に深い関わりあいを持っているため、欧米の機関投資家と比較しても大変有利な調査基盤が確立されています。ですから、本書には欧米機関投資家が発表するレポートにはないような、ひと味違ったスパイスでの報告も盛り込まれています。そのような状況からも、同氏との共著体制をとれたことで、読者のみなさまに質の高い情報をご提供できると確信しています。どうぞ最後まで一字一句見逃すことのないよう、読み進めていただけたら幸いです。また、ドバイ・アブダビの両市場は2000年に開設されたばかりの新しい市場で、法制度や情報開示の面などで、まだまだ未熟さも残ります。できる限りのデータを集めましたが、株価指標や財務データなどすべてのデータを入手できない企業もあり、空欄になっている箇所もございますことをご了承ください。そして、本書はあくまでも企業情報編という位置づけですので、ドバイ基本情報、証券会社の口座開設方法、取引方法などは述べません。詳しくは前作『ドバイ株投資完全マニュアル』をご参照いただけたらと思います。最後になりましたが、本書に書かれた数多くのデータは、ドバイ証券取引所(DFM)、アブダビ証券取引所(ADSM)、ナショナル・バンク・オブ・アブダビ(NBAD)のご協力によるものです。関係各社に改めて深く感謝申し上げます。著者:石田 和靖/デビッド・サンダース情報提供にご協力下さったみなさま * ドバイ証券取引所(DFM) * アブダビ証券取引所(ADSM) * ナショナル・バンク・オブ・アブダビ(NBAD) ドバイ株投資完全マニュアル 企業情報編 特選30銘柄 ドバイ株投資完全マニュアル 企業情報編 特選30銘柄目次はじめに / 本書の使い方 序章 ドバイ市場の概略と今後の見通し ~ Outline of DFM and ADSM market ~第1章 銀行5銘柄 ~ Conventional Banking sector ~1-1 アブダビ・コマーシャル・バンク/Abu Dhabi Commercial Bank (ADCB.AD)1-2 ナショナル・バンク・オブ・アブダビ/National Bank Of Abu Dhabi (NBAD.AD)1-3 ファースト・ガルフ・バンク/First Gulf Bank (FGB.AD)1-4 エミレーツ・バンク・インターナショナル/Emirates Bank International (EBIL.DU)1-5 ユニオン・ナショナル・バンク/Union National Bank (UNB.AD)第2章 イスラム銀行3銘柄 ~ Islamic Banks sector ~2-1 ドバイ・イスラミック・バンク / Dubai Islamic Bank (DISB.DU)2-2 アブダビ・イスラミック・バンク / Abu Dhabi Islamic Bank (ADIB.AD)2-3 シャルジャ・イスラミック・バンク / Sharjah Islamic Bank (SIB.AD)第3章 その他金融5銘柄 ~ Finance and Insurance sector ~3-1 ドバイ証券取引所/DFM (DFM.DU)3-2 ドバイ・インベストメント/Dubai Investment Co. (DINV.DU)3-3 アムラック・ファイナンス/Amlak Finance Co. (AMLK.DU)3-4 タムウィール/Tamweel (TAML.DU)3-5 イスラミック・アラブ・インシュアランス/Islamic Arab Insurance Co. (IAIC.DU)第4章 不動産5銘柄 ~ Real Estate developers sector ~4-1 エマール・プロパティーズ/Emaar Properties Co. (EMAR.DU)4-2 ソロウ/SOROUH (SOR.AD)4-3 アル・ダー・プロパティーズ/Al Dar Properties Co. (ALDR.AD)4-4 アブダビ・ナショナル・ホテルズ/Abu Dhabi National Hotels Co. (ADNH.AD)4-5 ラス・アル・ハイマ・プロパティーズ/RAKPROP (RPRO.AD)第5章 建設関連3銘柄 ~ Construction sector ~5-1 ガルフ・セメント/Gulf Cement Co. (GCEM.AD)5-2 タブリード/National Central Cooling Co. Tabreed (TABR.DU)5-3 アラブテック・ホールディングス/Arabtec Holdings (ARTC.DU)第6章 通信3銘柄 ~ Telecom sector ~6-1 エティサラート/Etisalat (ETEL.AD)6-2 ディー・ユー/DU (DU.DU)6-3 スーダン・テレコミュニケーションズ/Sudatel (Adsm Closing) (SDTL.AD)第7章 エネルギー関連3銘柄 ~ Oil and Gas sector ~7-1 ダナ・ガス/DANA GAS (DANA.AD)7-2 アブダビ・ナショナル・エナジー/Abu Dhabi National Energy Co. TAQA (TAQA.AD)7-3 アーバル・ペトロリウム/AABAR (AABAR.AD)第8章 運輸・物流3銘柄 ~ Transportation and Logistics sector ~8-1 エア・アラビア/Air Arabia (AIRA.DU)8-2 ガルフ・ナビゲーション/Gulf Navigation Holding (GNAV.DU)8-3 アラメックス/Aramex(ARMX.DU)ドバイ株投資完全マニュアル 企業情報編 特選30銘柄ドバイ株投資完全マニュアル 企業情報編 特選30銘柄ナショナル・バンク・オブ・アブダビのシニア・ファンド・マネジャーの協力を得て出来上がった、ドバイ企業の情報を網羅した日本初のドバイ企業ガイドブック!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-05-10 22:42:39

ドバイ株投資完全

テーマ:ブログ
ドバイ株投資完全ナショナル・バンク・オブ・アブダビのシニア・ファンド・マネジャーの協力を得て出来上がった、ドバイ企業の情報を網羅した日本初のドバイ企業ガイドブック!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-05-10 22:39:53

ドバイ株投資完全マニュアル はじめに

テーマ:ブログ
ドバイ株投資完全マニュアル はじめに『ドバイ株投資完全マニュアル 企業情報編特選30銘柄』をお手にとっていただき、本当にありがとうございます。前作『ドバイ株投資完全マニュアル』(パンローリング)では、ドバイとその周辺国の経済概略、ドバイ・アブダビ株式市場の基本情報、投資信託を通じて投資する方法、株式市場を通じて投資する方法、証券会社の口座開設や利用方法、情報収集の方法など、初めて「ドバイ」という言葉を耳にする人が、その市場を理解し参戦するためのA to Zを漏れなく記載しました。日本で初めてのドバイ株投資のマニュアル本ということで、「興奮した!」「新しい世界と出会えた!」「イスラムの文化に強い興味を持った!」など、本当に数多くの方に大変な反響をいただきました。ドバイ株投資完全マニュアル 企業情報編 特選30銘柄ドバイ株投資完全マニュアル はじめに
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-05-10 22:38:26

ドバイ株投資完全マニュアル 本書の主な特長

テーマ:ブログ
ドバイ株投資完全マニュアル 本書の主な特長 * 入手しにくいドバイ(UAE)企業についての詳細情報を、箇条書きでわかりやすく詳細に紹介 * 決算等の情報は執筆段階において最新のものを掲載 * 株価チャートについては過去3年ぶん、財務データおよび株価指標について、過去5年間ぶんのデータを掲載 * レーダーチャートを駆使して、成長率や安定度、配当利回り、PER、PBRなどを5段階でわかりやすく評価 * 過去5年間にわたる売上高と利益の推移についてもわかりやすくグラフで紹介 * 大事なポイントをおさらいできるように各企業紹介の最後に「まとめ」を掲載 など本書を読んでほしい人 * ドバイ(UAE)企業に興味はあるけど、今ひとつ、きっかけが掴めなかった人 * ドバイ(UAE)企業に興味はあるけど、個別銘柄の情報が入手できないことを理由に投資できなかった人 * 割安なときに株を買い、長年掛けて大きく伸ばしていきたい人 * BRICs以外の“本当にこれからの新興諸国”への投資に興味がある人 * ドバイ(UAE)をこよなく愛している人 * 大化けする可能性のある株を持ちたいと思っている人 * ドバイ(UAE)のお国柄事情を理解しつつ、ドバイ株で資産を増やしたいと考えている人 など ドバイ株投資完全マニュアル 企業情報編 特選30銘柄ドバイ株投資完全マニュアル 本書の主な特長
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。