Lin-K(リンク) ケイコのライフワークMIXな毎日

ヒト・モノ・コトを
繋ぐ、伝える、プロデュース
 
横浜・横須賀で、講座・イベント等を通して
自分の持っているものを知る、活かす方法や
ワクワクする素敵な出会いや出来事を拡げる
情報発信・提供の場をつくっています


テーマ:

私にとって「表現する(書く)」ということは

自分の想い、感情をしまってあるハートに手を突っ込んで

そこから一部を取り出して、両手に乗せて差し出している

そんな感じなのです。



断片的に浮かんでくる短い文章や単語

それらは、繋がっていないので

まるでパズルのピースを1つ1つはめていくようにして

ゆっくり時間をかけて組み合わせ、練り合わせ

ひとつの文章にしていくのが、わたしのスタイル。


出だしが決まるまでが、一苦労



そして、何を書くかにもよるけれど


情感、情景が見えるか、感じられるか

1つの物語のような感覚で読めるか

出だしからラストまでの流れが滞っていないか

同じ言葉が続いていないか

(例えば、「思います」と書いたら、次の文章には入れない)

行間や文字のバランス

etc、、、


といったことを、何度も何度も確認しながら書くし、

書きたいので、とても時間がかかります。



なので、

授業中の作文は書き終わらないこともしょっちゅうだったし

今でも、その場で書くタイプのアンケートや

リアルレポ的なものを書くのはとても苦手です。



幼いころは、家に分厚い童話集が

本棚にぎっしりありました。


(イメージ画)


小学生のころから、新学期になり

教科書が新しくなるたびに

国語の教科書はその日のうちに読んでしまう


だからといって

文章が上手に書けたか、といったらそうではなく

読むのはそれなりに早かったけれど

書くのはとても遅い子でした。



1冊、お気に入りの本に出会うと

その著者の作品をしばらく続けて読むので


推理小説にはまっていた中学生のころは

山村美沙、西村京太郎、シドニーシェルダン

大学、そして社会人になってからは
山田詠美、京極夏彦、森瑤子、宮本輝


登場人物の心の機微や

ストーリーの紡ぎ方

読後感、余韻


京極夏彦さんに限っては

ほんの脇役だった登場人物が

次々回作で、大きな役割を持ってまた再登場したりと

伏線の張り巡らし方の壮大さ、構築のすごさに

私の中では不動の1位で大好きな作家さんです。



振り返ってみると

文章や文体のスタイル、作り方や

言い回しなんかは


今まで好んで読んできた本の影響を

少なからずうけているなあ、、と。

自分の読書の歴史がつまっているもんですね。



以前から、

表現のバリエーションの多さもさながら

それをさらっと読ませる力がある人だなあと思っていた

(ときに、ご家族との短いおもしろショートストーリーがあったりして緩急のつけ方もうまい)


君塚由佳さん

こちらの本をいただきました。

「自分の言葉」をもつ人になる/吉元由美
¥1,512
Amazon.co.jp

読書感想文は、苦手なジャンルなので

君塚さんの記事を読んでね♪

なのですが(おい)

>>私だけの言葉を紡ぐ方法



文章メソッドとはあるものの

文章の書き方や手法、というよりは

伝えたい!と思ったものを、どんな言葉で紡ぐか

その源である感情や感性の磨き方、拡げ方を

説いている。


といった感じかな。


言葉を大切にして

自分の想いを伝えたい、表現したい

というタイプの人には

じわじわ~と響いてくる本です。



だからかな

ちょっとした言葉の使い方、使う場が違う!って思うと

イラッとするのは(笑)



例えばSNSでの投稿。


「そうゆうこと」

という文字を目にした時点で、興ざめする。

(お友達とのやりとりの中で、

あえておふざけで書いているとわかるものは別です)


その瞬間に、その人の文章は

心に入ってこなくなります。

どんなに素晴らしいことを書いていたとしてもね。


「成功」を「成幸」と書いていたり

「頑張る」を「顔晴る」とかもそう。




文章には、

特に自分の想いや、伝えたいことを

発信しているものには

その人がにじみ出ています。


上手だなあと思う文章でも

読後感として、ものすごく人間味を感じさせる人と

どこか無機質に感じる人といる。

心にひっかからないというかね。


そのセンサーは、人間関係にも役立つ。


この人の文章が好きだ、と思う人とは

どこかしらウマがあうだろうし

そうでない人とは、一緒にいてしんどくなるかもしれない。


好きだと思うのは

どこか感性が近い部分があるから。



ちょっとの違和感を無視しない

自分の直感を信じる


ふと、見上げた空に

お友達との会話で

誰もいない部屋で一人すごしているときに

雑踏を歩いているときに

誰かの作った何かを目にしたときに、口にしたときに

、、、、、


その瞬間、感じた何かは

当たり前すぎて、スルーしそうになるものほど

実は、持ち得ている感性から

産まれているのかもしれない。


まずは気付いて、認めることが

「丁寧」に生きることにつながるのかな。


私の場合、美味しいものは

絶対にスルーしないけど(笑)



書くことも、どんな人と関係を作っていくかも

どんな風に生きていきたいかも


「自分」

という人間を表現するうえでは、同じなのかもね。




jewel* Lin-K(リンク)池田啓子メニュージュエル・white

横浜・神奈川を中心とした講座・イベント・交流会
ジュエル・purple 最新☆主催・招致☆講座・イベント開催情報
自分の持っているものを知り、活かし方を知る講座
ジュエル・purple 仮面心理学講座
ジュエル・purple 0からはじめるイベント・オーガナイズセミナー
1日1名様限定スペシャルメニュー
ジュエル・purple わたしスタイルナビゲート
日常のキレイを提案する、美容室プロデュース
ジュエル・purple スクラップアンドビルドヘアー
ジュエル・purple プロデュースメニュー ヒーリングヘッドスパ

テキストご予約可能スケジュール
  
講座・ワークお申し込み・お問い合わせ
  
イベント・交流会お申込み・お問い合わせ



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ラスカル(夫)とランチに行った
近場のイタリアンでのこと。


スタッフさんの対応もいい
手打ち生パスタでコスパもいい
店内も割と解放感があり、
女性が好きそうなナチュラルテイスト
(実際、女性のお客さんが多い)


そんなレストランでした。


(写真はイメージ画です)


ラストオーダーぎりぎりの時間帯のこともあり
食べ終わるころ、ふと窓の外をみたら
そのお店の料理人さんらしき人たちが
外で休憩しているのが見えました。


そして
お会計をすませ、店を出たとき。。


ドアを開けて出てきた私たちに
目の前にいた彼らは
声をかけることも
なにかのアクションをとることもなく
ただ、そのまま休憩していたの。

 
「それってどうなんだろう?」って思ってね。
 

だって
自分の作ったものを食べたお客が帰るというのに



ありがとう、もしくは
ありがとうじゃなくても
会釈なりひと声あったら
そこでまたお店の印象も上がると思うんだよね。


そこでちょっとした交流が生まれれば
「また来ますね!」だって言いやすい。


憶測でしかないけれど
作るのは自分の仕事
接客はサービス担当の仕事。
って思っているのかしら。
 
相手(お客さん)に最後まで気持ちよく過ごしてもらう。
そこに役割は関係ないと思うけどなあ。  



ちょっとしたことが
その店の印象を良くも悪くもする。

「また行こう」になるか
「もういいか」になるか


その決め手は
ほんの些細なことだったりするのだ。
特に女性にとってはね。



少なくとも、今回の出来事で
わたしたちにとって、そのお店は
パスタが食べたくなったときに
「一番に頭に浮かぶ店ではない」
という評価になった。



夫は美容室 cut!を営んでいるけれど
(わたしはプロデュースとして関わっています)
サービス業なのは同じ。


お客様は女性の方も多い。

ちょっとしたことを
いかに、おろそかにしないでいられるか。


もちろん
その「ちょっとしたセンサー」は人それぞれ。
全ての人に気にいられる店なんて、ありえない。



結局
どんな店でありたいか
お客様とどういう関係を築きたいか
だよね。


と、
ラスカル(夫)に話しながら帰ってきた
ある日の出来事でした。

 




jewel* Lin-K(リンク)池田啓子メニュージュエル・white

横浜・神奈川を中心とした講座・イベント・交流会
ジュエル・purple 最新☆主催・招致☆講座・イベント開催情報
自分の持っているものを知り、活かし方を知る講座
ジュエル・purple 仮面心理学講座
ジュエル・purple 0からはじめるイベント・オーガナイズセミナー
1日1名様限定スペシャルメニュー
ジュエル・purple わたしスタイルナビゲート
日常のキレイを提案する、美容室プロデュース
ジュエル・purple スクラップアンドビルドヘアー
ジュエル・purple プロデュースメニュー ヒーリングヘッドスパ

テキストご予約可能スケジュール
  
講座・ワークお申し込み・お問い合わせ
  
イベント・交流会お申込み・お問い合わせ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

萌える~っ爆笑ハート①


リカちゃん、こえだちゃん、シルバニアファミリーetc

人形には興味を示さず、

おうちの造作やインテリア、小物たちに萌えていた

幼少時代。。。


引きだしがちゃんと開く

トイレのフタが開く

ポットのふたがはずれる

フォークやスプーン、食材など


精巧につくられていればいるほど

た・ま・ら・んハート①

と、ずっと眺めていた子でした。


なので、今でも


ドールハウス、ミニチュア、ジオラマなど

小さいものが大好き!

一人でジオラマ展にも行ったりするケイコです。



でね、ヤバイハートものを見つけてしまいました


田中智さんというミニチュア作家さんの本


ぱっと見、お菓子作りの本かな?と

勘違いしていしまうほどの精巧さ。

この表紙のお菓子たち


ミニチュアなんですよ!!







指先でかるくつまめてしまうほどの小ささ。

なのに、このクオリティキラキラ


もう~っ たまらんっハート①ハート①


先日、TVで紹介されていたのですが

それを見ているだけで

興奮して過呼吸になりかけました(マジ)



海外とか、有名アーティストのライブで

女性が失神しちゃうのって映像でみたことありませんか?


え?なんで???

と、まったく理解ができなかったのですが


今ならわかる

興奮しすぎて、息ができないんだよね。

わかる、わかるよ。。。



そういえば、ちょっと前に見た

ジブリ映画の

「借りぐらしのアリエッティ」


小人の存在を信じている

主人公の親が小人たちのために

精巧なドールハウスを作って飾ってあるという

シーンがありました


もし、私が小人だったら

この人の作ったドールハウスに住みたいなあ


なんて。


手のひらサイズの1/12の世界

久しぶりにときめきました。




ミニチュア作家田中智さんHPとブログ

HP nunu's House

ブログ *Nunu's HouseのミニチュアBlog*




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

横浜から色々発信したい

横浜で楽しい人と出会いたい

さまざまなことを体験したい

心地よい、いいつながりを作りたい


横浜から拡げるコミュニティーハート




主催は

都内に出るのもいいけれど

横浜に戻ってくるとやっぱり少しホッとする(笑)


そんな妙齢のオンナふたり


ヨガとアーユルヴェーダで心と体と人と人をつなげる

州濱久美子さん (左)


ヒト・モノ・コトを繋ぐ、伝える、プロデュース

わたし、Lin-K(リンク)池田啓子



YOGAとは結びつけるもの、つながり
という意味があり、そして

わたしの屋号Lin-K(リンク)

結び付けるもの、輪、絆のLinkからきています。


「繋ぐ」ことをベースにもっている私たちが


「横浜からいろいろなことを発信したり
体験や出来事を共有できるような

大人な繋がりを作れる仲間ともっと

出会っていきたいね」

そんなところから、発足した会です。



このランチ会では

この会、そしてコミュニティとしての在り方について

最初に趣旨をお話させていただいています


たくさんのコミュニティがある横浜。
自分にとってどんなスタンスをもっているところがあうのか
それは本当に人それぞれです。


お互いにいい関係をつくっていけそうか

そうでないか


趣旨を聞いて、ご自身で判断していただきたい。




生きていく上で

人と人との関わりは欠かせない


だとしたら、

どんな人とどんな風なつながりを作っていきたいか


そこって、自分らしく生きていく上で

大事にしたいファクター。



「何かしたい、だけど何したいかわからない」

「こういう人を探しているんだけど」

「自分の知らないステキな場所、行ってみたい」


いろんな人が集まると、予想を超えた科学変化が起こるもの!



自分の利益やメリットのあるなしで

判断する繋がりを求めているなら

きっと、ここはあいません。


お互いのしていること、考えをリスペクトでき

有意義な情報交換や様々な想いを

自由に語り合える人、語り合いたい人むけです。


つながりと同時に洗練された心地よい距離感を大切にした場所

そんな大人な社交場にしていきたいと思います。



雑談、フリートークは侮れない。
一見、何も関係のない話から
拡がる縁や展開ってたくさんあるんです(経験談)



とはいえ、決して堅苦しい会ではなく
(主催者がそういうタイプではないし 笑)


大笑いしながら

真面目な話もときにはするよね


という、ざっくばらんなランチ会です音符


とりあえず、ランチをしながらお話しませんか?


7月はみなとみらいのカフェレストランを予定しています。



こんな方のご参加をお待ちしています音符

ジュエル・pink横浜でいい関係を築ける仲間と出会いたい方
ジュエル・blue
情報交換したり、楽しく交流する機会が欲しい方

ジュエル・greenおもしろい、楽しいことが好きな方

ジュエル・yellow自立した大人の配慮ができる方


個人で起業されている方も

主婦の方も

会社員の方も


横浜在住ではないんだけど、、

という方ももちろんOKです。


横浜で一緒に楽しんでくれる

会を盛り上げてくれる方であれば大歓迎ハート


参加者さんと一緒に作っていくランチ会です


jewel*横浜ウーマンランチ会jewel* 


日時:毎月開催 7月は27日(水)
参加費:2000円(別途各自ご飲食代がかかります)

お申込み: https://ws.formzu.net/fgen/S4341100/


全力でその場を楽しむことができる

自分の軸と相手への尊重のバランスをとれる

そんな素敵なオトナな女性求むハート



開催レポ&ご感想はこちら






jewel* Lin-K(リンク)池田啓子メニュージュエル・white

横浜・神奈川を中心とした講座・イベント・交流会
ジュエル・purple 最新☆主催・招致☆講座・イベント開催情報
自分の持っているものを知り、活かし方を知る講座
ジュエル・purple 仮面心理学講座
ジュエル・purple 0からはじめるイベント・オーガナイズセミナー
1日1名様限定スペシャルメニュー
ジュエル・purple わたしスタイルナビゲート
日常のキレイを提案する、美容室プロデュース
ジュエル・purple スクラップアンドビルドヘアー
ジュエル・purple プロデュースメニュー ヒーリングヘッドスパ

テキストご予約可能スケジュール
  
講座・ワークお申し込み・お問い合わせ
  
イベント・交流会お申込み・お問い合わせ

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

完全なる暗闇

どんなに目を凝らしても、何も見えない。


普段、当たり前のように

視覚を使って見ている、あらゆるものごとは

行動や感情や思考に少なからず影響を与えている


それらが一切通用しない世界


「クラヤミ」の世界


そんな世界に踏み入ったとき

視覚以外のさまざまな感覚は


どんな風に研ぎ澄まされるのだろう

そこで何を感じ、何を受け取るのだろう


それを体験できる場所

DIALOG IN THE DARK

「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」


そこで

絵本の読み聞かせと三昧琴演奏を体験していただく

クラヤミ三昧@ダイアログ・イン・ザ・ダーク

というイベントを開催しました。


絵本の読み聞かせは

絵本セラピストの古屋サマンサ恭子さん


三昧琴演奏は

三昧琴演奏者の福島千種さん




お二人が暗闇の中で繰り広げる

パフォーマンスを楽しみに、19名の参加者さんとともに

クラヤミの世界へと足を踏み入れてきました。



暗闇の中では、アテンドさんが道案内をしてくださいます。

三昧琴が聞こえてくる音を頼りに

みんなでその音の聞こえてくるほうへ。。。



そして、絵本の読み聞かせが始まります。


絵本を読んでいるときのサマンサさんは

普段の声とはまた違い

登場人物やストーリーの流れで抑揚や声色が変化し、

イメージをより一層かきたてられます。


本来、絵本は(視覚障害の方が読むものは別として)

ビジュアルも大切な要素としてある媒体


その「絵」自体が見えない


彼女が読む、見えない絵本

もとは1つの絵本なのに

百人百様ならぬ20人20様で

登場人物も背景も、イメージしているものは全員違う


その瞬間は

「わたしだけの絵本」

を、それぞれの心で作りだしているのだなあと



そして、読み聞かせが終わるとともに

静かに鳴り響く三昧琴


千種さんが演奏する三昧琴は

その響き、残響が体を包み込む


そんな風に感じています。


静かに音とその響きを味わう。

音を聞くのは聴覚を使っているのだけれど

響きは体全体でゆったりと味わう。



そのうち、見えないから、聞く、体感するということに

より意識し、敏感になっている体と心が

その環境に少し慣れてくる。


意識して聞くというところから

その音がある今が当たり前、という感覚になると

三昧琴がBGMになり、ちょっと考え事をしている自分に

はっと気づいたりね。



そして、ワーク

三昧琴の音とともに、声を発してみます。

低い音、高い音、皆の声が1つのハーモニーとなる、、

そのハーモニーがとても幻想的で


ハーモニーが高いところから降ってくる、、

まるで宇宙空間にいるような気分、、

私の中では、クラヤミはこんな空間でした


クラヤミの中では

絵本の読み聞かせ、三昧琴演奏のほかにも


飲み物を味わってみる

遊具で遊んでみる

また、香りを強く感じたり

地面の凹凸や感触の違いを感じたり


視覚以外の感覚で味わうさまざまな体験をしました。


その中で、わたしが大きく感じたのは

「自分の存在と安心の在りか」

というもの



クラヤミの中で頼りになるのは

アテンドさん、白杖、そして

自分が作り出す音


普段、意思表示の1つとして

うなづく、首を横に振る

ということをしているけれど

それは相手が自分を見えているから、という前提のもと。


このクラヤミではそれは通用しないのです。


手をたたいたり、声をかけあい、意思を持って

自分の存在がここにあるよ

ということを示す。


手探りで歩みを進めていく中

ふと、誰かの体が触れる。

ぬくもり、声、存在そのものに安心する。

そして、わたしもきっと誰かの安心になっている。



そして逆に

誰からも見られない


という安心。


手で隠さずに大あくびをしてみても誰も気づかない

例え、変顔をしたとしても(笑)誰にもわからない


見られない安心と

存在がわかることの安心


この相反する2つを感じることができたのが

このクラヤミの中ででした。



それぞれが、それぞれ何かを感じ受け取って

視覚のある世界に戻ってきたあとは

感想を数人の方に少しお聞きしました。





その後、場所を移してのシェア会へ




どんな絵本だったのか、、種明かしもここで♪


クラヤミでのスキンシップや

同じ空間を共有したという想いもあるのでしょう


リラックスした中で

それぞれが感じたことをおもいおもいに

シェアをしてくださいました。





暗闇を怖いと感じた方、心地よかった方
あることを思い出された方、また体感もさまざまで

みなさまそれぞれの感性で楽しんでいただけたようでした。



このクラヤミ体験はほんの数時間の出来事です。

私たちは、また視覚を使う日常生活を送るわけですが

それでも、この体験から受け取った何か、感じた何かは
それぞれの感性の新たなエッセンスの1つに

なっていくのではないかなと思います。

ご参加くださったみなさま

この企画の実現に向けて、ともに創り上げてくださいました

ダイアログ・インザ・ダークのご担当者さま

そしてスタッフのみなさま

ありがとうございましたハート



ありがたいことに、次回開催ご希望のお声もいただいております。

内容をふりかえりつつ、いただいたご感想も参考に

企画を練り、ご案内できたらと思っています。


先行案内をご希望の方はこちらから承ります

https://ws.formzu.net/dist/S32424709/



ジュエル・whiteご感想をいただきましたありがとうございます


みなさまからのご感想はこちら
>>クラヤミ三昧@ダイアログ・インザ・ダーク【ご感想】


(一部掲載) 
《真っ暗闇体験してきた!》 T.M 様 


ダイアログ・イン・ザ・ダークに行ってきました。
純度100%の 真っ暗闇。

目が慣れても 真っ暗。どこまでも暗闇。

初めての経験だったのでとっても楽しみにしていた。


その暗闇の中で、サマンサの絵本を読む声や
ちぐりすの三昧琴がどんな風に聴こえるのか
何を感じるのか も興味があった。


真っ暗闇は、ほんとに真っ暗闇。
だから目を凝らしたって仕方ない。


降参。


最初は戸惑ったものの 意外にもとても心地良い時間だった。
きっと最近仕事三昧でいつもに増して
目を酷使しているからなのか、目がとても癒された。


でもそれは、そんな真っ暗闇でも周りに人がいるから。

そして、必ず光の世界に戻れる事がわかっているからこそだ。。


もし、この闇がずっと続くのだとしたらどうなるのかな。
闇のなかでも 薄い闇を光とするのかな。。


闇は 偉大だな。いつも光を 輝かせてさ。
光は闇がなければ存在できない。

暗闇の中ではサマンサの声も、ちぐりすの三昧琴も、
彼方からのいにしえのようだった(笑)

そんなに懐かしむほどの距離感では
ないはずなのだが、、、


なんだ、やはり 心細かったということか(笑)


会場では久しぶりのお友達にも会えて楽しかった!

ちぐりす、けーこ、サマンサ
素晴らしいひとときをありがとうございました。



jewel* Lin-K(リンク)池田啓子メニュージュエル・white

横浜・神奈川を中心とした講座・イベント・交流会
ジュエル・purple 最新☆主催・招致☆講座・イベント開催情報
自分の持っているものを知り、活かし方を知る講座
ジュエル・purple 仮面心理学講座
ジュエル・purple 0からはじめるイベント・オーガナイズセミナー
1日1名様限定スペシャルメニュー
ジュエル・purple わたしスタイルナビゲート
日常のキレイを提案する、美容室プロデュース
ジュエル・purple スクラップアンドビルドヘアー
ジュエル・purple プロデュースメニュー ヒーリングヘッドスパ

テキストご予約可能スケジュール
  
講座・ワークお申し込み・お問い合わせ
  
イベント・交流会お申込み・お問い合わせ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。