DOTMOV FESTIVAL 2004

テーマ:
今年で2回目となった「未知なる才能を持ったクリエイター発掘と、作品紹介の機会と創出を目的とする」デジタルフェスティバル「DOTMOV FESTIVAL 2004」!

「Shift」プロデュースの札幌「SOSO」カフェで11月1日~1ヶ月間に渡って毎日上映されます!オープニングイベントには「SAL magazineナイト5.0」など、ほぼ毎週末にオーディオ&ビジュアルのイベントが開催されています。

WEBでも公開されますので、札幌にいなくても観ることができますよ~!
自分は観に行く予定です!楽しみだ~!!!

DOTMOV FESTIVAL 2004
AD

ソウル「アートな場所」

テーマ:
昨日のソウルの話の流れにのってソウルのアートな場所を紹介!
弘大近辺はソウルでも有数のオシャレな場所らしい!(いったことないけど・・・)食事所もたくさんある上に、ブックストア、アートグッズストア、ギャラリー、カフェ、イベントスペースを擁するビルもあって、韓国のアーティスト作品や本も買える!お土産探しにもいいかもしれませんね~

その中でも、「いちばんオシャレなアートショップ」として雑誌で紹介されていた
ARTNUS!ソウルへ旅行したら、ぜひ行ってみたいです!
ARTNUS
AD

onedotzero - presentation2 - airside

テーマ:
onedotzero
自分が観た最後は「airside」のプレゼンテーションでした。
「airside」のメンバーの一人フレッド・ディーキン氏が来て話をしてくれました。
フレッド・ディーキン氏は「Lemon Jelly」のメンバーとしても活躍中です。
Lemon Jellyの曲は、EPSON「COLORIO ME:」の“じぶんアルバム”のCMに、明るくて軽やかな「Nice Weather For Ducks」も起用されています。この曲はアルバム『ロストホライズン(Lost Horizon)』に収録されています。
フレッド氏自身、クラブ経営やDJなどの経歴を持っていると言っていました。だから「音楽」にも活躍の場を作ったんですね。

このプレゼンテーションでは、仕事場の風景や、今まで手掛けた作品を紹介してくれました。
airsideのスタジオには「HARD WORK & BE NICE TO PEOPLE」と黄色いポスターが貼られていて、このスローガンとても気に入りました。自分もこのポスター仕事場に貼りたいです。「いっしょうけんめい働いて、人には親切に!!」
作品は「Lemon Jelly」のPVと、「スティッチー」という人形(?)、CM、映画「座頭市」や「バトルロワイヤル」のイギリス版ポスターなども見せてくれました。日本のものとは雰囲気がぶいぶ違いました。
面白かったのは、「スティッチー」!!毛糸でつくられた人形なのかな?ともてかわいらしい人形です。
この「スティッチー」は売っていない。なぜなら、私たちは「彼ら」を養子にだしているんです!!と言っていました。面白いですね。でも養子としてもらうにはやはりお金がかかるようです。笑
大阪で「養子」にもらったというスティッチーの写真が紹介されてました。今のところ30体ほどいるみたいですよ。
サイト内でも紹介されています。きっと気に入りますよ。

サイト内では他にも、スクリーンセイバーや映像作品、T-シャツなども紹介されています。

airside

onedotzero - presentation1 - logan

テーマ:
onedotzero
3つ観たうちの2つ目は「logan」のプレゼンテーションを観てきました。
あの「ipod」のCMを制作したデザインユニットですよ!!シルエットで白いヘッドホンが印象的なあのCMです。
loganは、実写、アニメーション、イラストレーションを組み合わせた作品を制作していると紹介されていました。
ビースティー・ボーイズのレーベル"グラン ド・ロイヤル”のオフィスがあった場所をベースに仕事をしているみたいです。
プレゼンテーションの中では、今まで手掛けた「ケン・イシイ」「No Doubt」「Jurassic5」などミュージックビデオや「ipod」「Target」のCMの制作プロセスを話してくれました。

その中でもApple「ipod」スティーブ・ジョブス氏の話がとても印象的でした。
スティーブ・ジョブス氏は、自分がチェックしたものしか世の中に出さない人みたいで、「ipod」のCMができた時は体調を崩してしまい入院中だったそうです。
それでも、上がって来たモノは全て病院でチェックしていて、ipodCMも病院でチェックしたらしいです。ものすごいですね!!
そして、loganが来日する2日前に納品したCMが、来日時には「Apple Store」で既に流されていたそうです。仕事が早い!!!
loganの2人も驚いていました。

あと、「ipod」のU2が出演している3分くらいのCMがあるんですが、
loganいわく、「ボーカルのボノはセクシーな 男だった」らしいです。笑

このプレゼンテーションで、すごく思ったことはもっと勉強しなければ・・・と、英語を話せるようになろう!!ということでした。
結構みんな英語でコミュニケーションをとったりしていました。
自分も話をしてみたかったです!!勉強して海外へ!!!!と断固たる決意をしました。


WEB内で、映像作品を観ることができます。
「FelixHousecat」のPVと「aiga」は個人的にオススメです。

logan

onedotzero - sh*te + shynola

テーマ:
9日に「onedotzero」観て来ました。全部で3プログラム観ました。
1つ目は「sh*te + shynola」
シャイノーラはレディオヘッドやブラーなどのミュージックビデオを手掛けています。
「sh*te + shynola」では、ミュージックビデオが主に紹介されてました!どれもよかったですね。特にレディオヘッドの「blipverts selection」は以前もonedotzeroで流されていましたが、とてもインパクトがあって面白い!他にもショートフィルムも流されてました。やっぱり、こういうすごい作品を観るといい刺激になります。

今年の札幌会場は、去年よりも小規模になっていました。
前にフリーパスが売り切れてて、興味のある人多いんだな~って思っていたけど、たんにチケットの枚数が少なかっただけなのかな?
毎年大きなホールを埋め尽くせるほど入っていないですし・・・仕方ないのかもしれないですけどね・・・北海道を盛り上げていきたいです!!

shynola

onedotzero2004チケット購入!!

テーマ:
札幌では明日からいよいよ「onedotzero」がスタートします!
東京から一週間遅れでしたけど、やっとって感じです!
今日ギリギリで前売りチケットを買いにいったんですが、フリーパスは売り切れてました。こういうイベントに興味を持っている人が札幌にも結構いるんだと思い、嬉しく思いました。
自分は仕事忙しくて全部はさすがに観ることができないんでいいんですけどね・・・とりあえず、3プログラム券買いました。楽しみだ~

onedotzeroのブログがあるって今日知りました。
exciteでやってます。
onedotzero2004 team blog

新資格!!フォトマスター検定

テーマ:
フォトマスター検定という資格が今年から出来ました。
今年の12月に試験があります。しかし、願書受付期間が9月30日まででした・・・(紹介すんなよって感じか!)検定コースは4段級(3級、2級、準1級、1級)+EX(エキスパート)で分かれています。
写真愛好者が1,000万人もいると言うくらいなんで、願書が殺到していそうですね。
それに、デザインなどの職種の人は勉強してみたいと思っている人多いんじゃないですか?自分は勉強したいと思っているんですけど・・・見つけたのが今日だったので願書受付に間に合いませんでした。笑
来年まで、勉強して受けてみたいと思います。7割程度の正答率で合格だから、イケそうな気が・・・

レベル的には、幅広く基本~達人までらしい!
受験資格はナシ!
来年から年2回実施!(6月と12月かな?)
検定料は3級が3,500円、ひとつずつ階級があがる度に+1,000円アップ!EXは10,000円!

写真屋さんに勤められそう!

フォトマスター検定

コンテスト「文化庁メディア芸術祭」

テーマ:
文化庁メディア芸術祭が第8回目を迎えました。
っていっても、作品募集は8/2から始まってるんだけど・・・

詳細は
作品募集
8/2~10/20まで必着

■ アート部門
<デジタル技術を用いて作られたアート作品>
インタラクティブアート、インスタレーション、
映像(アニメーション含む)、静止画、Webなど
■ エンターテインメント部門 
<デジタル技術を用いて作られたエンターテインメント作品>
ゲーム、遊具、映像(VFX、CM等)、キャラクター、Webなど
■ アニメーション部門
<アニメーション作品やデジタル技術を用いて作られた映像作品>
長編アニメーション、テレビアニメーション、
オリジナルビデオアニメーション(OVA)、短編アニメーションなど
■ マンガ部門 
<マンガ作品>
ストーリーマンガ、コママンガ(四コマ、一コマ等)、
オンラインマンガ、自主制作マンガなど

賞は
●大 賞 60万円、トロフィー、賞状(文部科学大臣賞)
●優秀賞 30万円、トロフィー、賞状(文部科学大臣賞)
●奨励賞 15万円、トロフィー、賞状(文部科学大臣賞)

さらに詳しくは、公式へ!!!
http://plaza.bunka.go.jp/festival.html

onedotzero_nippon 2004

テーマ:
もうすぐ、日本でonedotzero_nippon 2004が開催されますね。
onedotzeroは、毎年楽しみなイベントの一つです。
アートムービーに興味のある人は必見です。
去年はあまり行くことができなかったんですが、
映像の業界で有名な方と出会えるチャンスの場でもあります。
VJとか目指してる人も、きっと参考になると思いますよ?
東京では、もしかしたら前売りチケットが売り切れているかも・・・

----- onedotzero_nippon 2004参照 -----

世界最大の映像フェスティバル、ロンドンから東京へ

「adventure in moving image ("ムービング イメージ"の冒険)」 このキーワードを持つフェスティバル "onedotzero" (ワンドットゼロ/ UK)。 常に世界のトップクリエーターに注目される存在であり続けると同時に、映像クリエイティブに敏感な世界中の若者をも刺激し続けている圧倒的な存在感。 実験的なアーテリジェンス、先進的な映像表現、インタラクティブ、CG、アニメーション、モーショングラフィック、ショートストーリー、ミュージックビデオ、クロスメディアクリエイティブなどの多種多様な映像作品が世界中から集結する世界最大規模の映像("moving image")フェスティバル。

ワンドットゼロは今年で8回目を迎え、世界10カ国でのツアーが予定されている。日本ツアーは、東京、札幌、福岡にて開催。 東京では青山スパイラルホールにおいて、2004年10月1日~3日の予定で開催される。