ジェームス・ボンドになりきれってことか!?

テーマ:
007 JB1 degital camera
これライターの形しちゃって!デジカメなんだって!!すごいよね~!?
ちょっと前の雑誌読み返してみたら紹介されてました。結構いろいろと見逃してるものだね。
このデジタルカメラ「Think-Geek」で99$で売っています。
機能は、最大310枚の撮影が可能、ファインモードでも150枚撮れて、しかも、動画撮影と音声録音も可能!そして、シャッター間隔をセットすれば最大19日間、設置した場所を「監視」できるジェームス・ボンドモードがある。
なんか、こんなん出てきたら犯罪とかに使っちゃう人いそうですね~
くれぐれも犯罪なんかに使わんどいてください。
詳細はココhttp://www.thinkgeek.com/electronics/cameras/655e/
AD

アフターダーク

テーマ:
自分は「ノルウェイの森」で村上春樹さんを知って以来、新作がでる度にすぐ買って読んでいます。
「アフターダーク」もすぐに買って読んだのですが、やはり「ノルウェイの森」には及ばないように感じました。シックじゃなくなってきているのかな?
「アフターダーク」を読み終えてから、「ノルウェイの森」と「風の歌を聴け」を読みかえしましたが、やはりあの雰囲気や、会話が好きで(もちろん今回も全然ないわけではないのですが)アフターダークは何かぴったりとはこなかったですね。
汲みとるべきものを、汲みとれていなかったのかもしれませんが・・・
当然ですが、面白かったですよ。「知的好奇心」のところは笑えた。
それと「記憶を燃料にして生きていく」ってところも共感できた。
個人的な希望としてはもっと「高橋」に登場してほしかった!
AD

麻雀好きなら「天牌」!!

テーマ:
このマンガは感性や生き様について考えさせられます。
もし、麻雀を知っていてまだ読んでなければ、おすすめです。
(麻雀のルールを知らない人はよくわからないかも・・・)
今のところ、25巻まで発売されています。週刊漫画ゴラクで連載中です。あと、PS2でもゲームが出ててます。
詳しくはココに情報があります。
http://www5e.biglobe.ne.jp/~maziwa/hai.htm
たまにはトモダチ集めて高校生の時みたいに麻雀やりたいな~
AD

QuickColor__KOHAISTYLE.COM

テーマ:
QuickColor__KOHAISTYLE.COMは、1色指定すれば、合う色を5色ピックアップしてくれるというスグれもののページ!
スライダを動かすと色がリアルタイムに変化していきます。
これ、さらに女性向けの色とか、テーマでも分けることができたらもっと実用的なのに~(ワガママですね・・・)
面白いので、遊んでみるのもいいかもしれませんね。

世界の中心で愛をさけぶ

テーマ:
小説→映画→ドラマ
と姿を変えて公開されましたが、みなさん観(読み)ました?
自分は小説を読んでハマって全部観ました。全て泣いてしまいました!笑
純愛ストーリーに弱いのかな?
3つとも内容が少しづつ違うのも、見せ方がとてもよかったように思います。
自分ランキングでは
1位:ドラマ
2位:小 説
3位:映 画
でした。みなさんはどうでしたか?

onedotzero_nippon 2004

テーマ:
もうすぐ、日本でonedotzero_nippon 2004が開催されますね。
onedotzeroは、毎年楽しみなイベントの一つです。
アートムービーに興味のある人は必見です。
去年はあまり行くことができなかったんですが、
映像の業界で有名な方と出会えるチャンスの場でもあります。
VJとか目指してる人も、きっと参考になると思いますよ?
東京では、もしかしたら前売りチケットが売り切れているかも・・・

----- onedotzero_nippon 2004参照 -----

世界最大の映像フェスティバル、ロンドンから東京へ

「adventure in moving image ("ムービング イメージ"の冒険)」 このキーワードを持つフェスティバル "onedotzero" (ワンドットゼロ/ UK)。 常に世界のトップクリエーターに注目される存在であり続けると同時に、映像クリエイティブに敏感な世界中の若者をも刺激し続けている圧倒的な存在感。 実験的なアーテリジェンス、先進的な映像表現、インタラクティブ、CG、アニメーション、モーショングラフィック、ショートストーリー、ミュージックビデオ、クロスメディアクリエイティブなどの多種多様な映像作品が世界中から集結する世界最大規模の映像("moving image")フェスティバル。

ワンドットゼロは今年で8回目を迎え、世界10カ国でのツアーが予定されている。日本ツアーは、東京、札幌、福岡にて開催。 東京では青山スパイラルホールにおいて、2004年10月1日~3日の予定で開催される。

ドラゴンクエスト8

テーマ:
ドラゴンクエスト8

PS2でついにドラクエ8が11月27日(土)に発売されます。
シナリオ・ゲームデザイン 堀井雄二氏
キャラクターデザイン 鳥山明氏
音楽 すぎやまこういち氏
開発 レベルファイブ
価格が9270円とPS2のソフトでは高いな~って感じません?
自分はあまりゲームはやらない方だと思うのですが、ドラクエは昔からやっているので買っちゃいますね・・・
もう、攻略ページもあったりと、結構発売日が楽しみだったりします。
PlayStation.com(Japan) で11月26日までに予約すると、7,980円で買えるみたいです。

DUAL FEEL-NISSAN TIIDA×Yahoo!JAPAN presents-

テーマ:
DUAL FEEL

CHARさんと小西真奈美さんのショートムービー

主演は、ミュージシャンのCharと女優の小西真奈美。ミュージシャンと女優、まったく異なる二人がインターネットを通じて出会い、そして……。
一つの物語を、小西真奈美(SideA)とChar(SideB)の二人の視点から楽しめるDUALストーリー。ドラマの中ではわからない、主人公二人のおもいをつづった日記、Charの興味深い語りが聞けるオリジナルラジオ番組も視聴できます。(http://dualfeel.yahoo.co.jp/ 参照)

個人的に小西真奈美さんのことが好きなので、紹介しました。
このドラマの中で使用されているモノがオークションで買えたり(もうラストかも…)、yahoo!のグリーティングカードと連携されていたりします。
あっ、あとメイキング画像も見ることができます。

SHIFT 2005 CALENDAR COMPETITION

テーマ:
オンラインマガジン「shift」が主催する、カレンダーコンペティションが今年も開催されます。

「フレッシュなクリエイター発掘と活動のサポートを目的に行われ、カレンダーを媒体に世界から広く作品を募集するものです。募集し採用された作品はカレンダーとなり、世界中へディストリビュートされます。」

2003年から開催されて今年で3回目です。
国内外、プロ・アマなど一切不問で、テーマは自由。
世界へディストリビュートというのが頑張れますよね。
今年は私もチャレンジしてみたいと思っています。
締め切りは10月10日(日)となってますが、あと2週間あります。
ぜひ、みなさんもチャレンジしてみてはどうでしょうか?
http://www.shift.jp.org/2005/

ジョゼと虎と魚たち

テーマ:
ジョゼと虎と魚たち今回はを紹介したい!
今年観た映画で今のところベスト3に入る映画でした。

大学生の恒夫は、乳母車に乗って祖母と散歩するのが日課の自称・ジョゼこと、くみ子と知り合う。くみ子は足が悪いというハンディキャップを背負っていたが、自分の世界を持つユーモラスで知的な女の子だった。そんな彼女に恒夫はどんどん引かれていき、くみ子も心を許すが、ふたりの関係は永遠ではなかった。
『金髪の草原』の犬童一心監督が、田辺聖子の短編小説を映画化。くみ子演じる池脇千鶴は、関西弁でぶっきらぼうなくみ子の中の女性の部分をデリケートに見せて名演。妻夫木聡は、男の弱さ、ずるさ、情けなさを恒夫を通して見せていくが、恒夫が憎めない男になったのは、心の奥まで透けて見えるような彼の純な演技あってこそだろう。エロティックで美しくて切なくて泣けてしまうラブシーンも出色。恋愛の幸福感と背中合わせの残酷さを見事に描いた傑作だ。(斎藤 香)


くみ子(池脇千鶴)がジョゼ、恒夫(妻夫木聡)との出会いも面白かった。
「名前なんていうの?」
「ジョゼ」
「おばあちゃんはくみ子って呼んでたよ。」
「知ってんなら聞くな~」
ってかけあいが面白かった。
観ながら微笑ましかったし、 観終わったあとはとても、悲しい感じもあるけど
観て良かったと思える映画でした。
音楽もサントラほしいと思えるくらいよかった。
DVDだとコメンタリーが入っていて、
監督の犬童一心と妻夫木聡と池脇千鶴の話をききながら、映画本編を観れる。
それも笑えるし、どういう理由でこの画面になったみたいな説明があったり面白かった。

ジャケットの妻夫木聡・池脇千鶴の青と赤がカッコイイですよね?