テスト用・コバシンのブログ

アメブロカスタマイズや、アメブロ自動投稿などの効果測定をするためのテスト用投稿ブログです。


テーマ:
小保方さんのSTAP細胞論文問題で、

今、大きく話題になっているのが、


     コピペ  です。


言うまでもなく、コピー&ペースト。


小保方さんの場合は、

論文の至る所に、

他者の論文やサイトから、
引用注釈もなく、
コピペされているというのが、

問題になっているわけです。


しかし、専門家の話では、

学術論文は、
完全なオリジナルのモノは、

“ほとんど有り得ない”そうです。


唯一あるとしたら、
アインシュタイン博士の
特殊相対性理論、
一般相対性理論の論文くらいとのこと。


本来、科学の分野は、
これまでの知識、技術、理論の蓄積の上に、

新しい論理構築していくので、
引用が無いのはありえないのです。


100%引用なしのオリジナルとしての
科学論文は、

論文ではなく、

「フィクション」、
「小説」だという意見もあります。


しかし、“引用”は引用であり、
コピペしても、

“出典元”を明記する必要があるわけです。

どこがオリジナルで、
どこが、他人の理論なのか?

ここを明確にする事で、
論文は形成されます。


しかし、、

学生の卒業論文なども、
他人の文章をそのままコピペして、
自分の論文を手抜きしてつくり上げるのは、

これは、マズイ。


今、巷では、このように、

コピペ問題が、
話題になっていますが、


アフィリエイターの世界では、
ずーっと以前から問題になっているのは、
ご存じのとおりです。


コピーサイト問題ですね。

必ず、コピペの問題が出てきます。


Googleは、同じ文章のサイトは評価しなくなります。

ですから、もし、自分のサイトの記事が、
自分が100%書いた、オリジナルの記事であっても、

誰かが無断で記事をコピーした場合、
コピーされた事を知らないと、

SEO的にも不利になります。


しかし、自分の記事が誰かからコピペされていても、
誰かから通報をもらわない限り、

見つけることは難しい・・


ところが、、そういうものを見つけるツールが有るんです。
コピペをチェックするツールは、いろいろと有るようです。

大学でも、教授たちが、
学生の論文のチェックに使っているのが、

これ。↓

●剽窃(ひょうせつ)チェッカー
http://plagiarism.strud.net/


レポートなどの文がコピペかどうかチェックしてくれる、
使い方もとっても簡単な、

無料ウェブサービスツールです。


もっと、本格的なソフトでは、
【コピペルナーV3】というのがあります。


●【コピペルナーV3】
http://www.shoeisha.co.jp/biz/soft/cpv3s

このソフト、
大学の生協で売られているのには、
笑っちゃいました。(笑)



で、、アフィリエイターさんがよく使っている、
コピペチェックツールは、

【影武者】というツールです。


●【コピーコンテンツチェックツール・影武者】
→ http://kagemusya.biz-samurai.com/

これは、無料版と、有料版があります。


無料版では、利用回数、文字数などに制限がありますが、
有料プランは、それぞれ、ユーザーの利用頻度で、
値段が違います。


個人のアフ入りエイターの場合は、
フリープランで十分だと思います。


しかし、

SEO対策で、記事数を増やしたい時、
似たようなジャンルから、
記事をコピペする。

これは一番やっちゃいけないことです。

しかし、リライトなら別です。



自分のコンテンツ記事がコピーされているのでは?

と、思われるくらいの記事を書くこと、
その段階に成れば、

かなりの収益が産まれているはずです。


ちなみに、私のメルマガ記事も、
過去に何度か、第三者さんに、

コピペ盗用されていて、
ネット仲間から教えてもらったこともあります。


    「コピペは全ていけない!」


とは言いませんが、“引用”と、“盗用”は、
別物です。

著作権の問題にも絡みます。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
iPhoneからアメブロ投稿、
同時に、ツイッター投稿ができる!
この投稿はテストです。(笑)
写真も入れてみるか?
{5F383F21-D48D-42EC-9B0D-B035DE748874:01}
今日の駅売り夕刊紙の見出し写真。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
4月1日から、消費税の増税がされましたが、

アフィリエイターさんや、
ネット販売している人は、

ウェブサイトも価格変更の“更新”
必要な場合があります。

“必要な場合”とは?

自分のサイトに価格表示をしている場合です。


旧・消費税、5%価格で掲載している場合は、
当然、8%への変更が必要です。

のちのち、トラブルになるといけません。


本来ならば、
4月1日の0時00分には価格表示を変更しなければ
ならなかったわけですが、

或るウェブサイト作成会社が、
ホームページで商品販売しているところに、
変更&更新作業状況のアンケートを取ったら、

  ・着手していない→ 約32%

  ・まだ完了していない→ 約17%


という情報が流れていました。


ネットショップの運営などで、
直接、商品を案内して価格を表示している場合は、
修正が必要な場合があります。


全部修正出来ない場合は、
とりあえず、

  =============================================
  弊社ホームページでは、一部旧税率(5%)に
  基づく税込価格を表示している商品がありますが、
  4月1日以降は、販売時に新税率(8%)に
  基づいて精算いたします。
  =============================================


こんな風に記述しておくと良いです。



外税価格表示なら、
 
「本体価格××円+消費税」と表示していれば、
特になんの問題もないですけど、、

この「総額表示義務の特例」も、
平成29年3月31日までです。

一応、こんな指導が有ります。

●総額表示義務の特例措置に関する事例集
→ http://inf.to/QIl

税込価格を表示しない事業者は、
できるだけ速やかに、
税込価格を表示するよう努めなければならない。

まるまる三年間は、この特例があるので、
来年10月に、もし、10%になっても、

外税表記、「本体価格××円+消費税」なら、
そのまま変更しないですみます。


ところで、民間会社が、こんなふうに、

消費増税での価格変更対応策、

4月1日午前0時切り替えに、てんてこ舞いしているのに、


     「まさか!」

     「嘘だろ!」 って、、

信じられないサイトを見つけました。


どんなサイトだと思います?
民間会社が消費増税での価格変更対応策、

4月1日午前0時切り替えに、てんてこ舞いしているのに、

信じられないサイト! とは?

国税庁のサイトです。

しかも、“消費税”を説明しているページ!

ご覧ください。

こちら。

●国税庁・消費税のしくみ
→ http://inf.to/RIl

URLが長いので、短縮してあります。(^o^;)

↓ こんな記述。

================================================
税率 消費税の税率は4%です
(地方消費税と合わせた税率は5%となります。)。
================================================


消費税の元締めである、

天下の国税庁が、自分のウェブサイトで、
記事を更新していないなんて、


なんたる怠慢!  

そう思いませんか?

これじゃ、今度の、8%の内訳、
国の消費税と、地方消費税の割合すら判りません。


それに比べて、
Googleアドセンス狙いの、

アフィリエイターののサイトはちゃんと、

正しい、今の情報を流しています。

→ http://consumption-tax.biz/

このサイト、どう見ても、
個人のアフィリエイターさんのサイトに見えるのですが、

記事量も多く、よく調べてあって、
なかなかのパワーサイトです。

このアフィリサイトのキャッシュポイントは、アドセンスですね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。