B1の方はこの欄をご覧下さい。

テーマ:
私もB1タイプです。

   グリッツプの握り方  右打ちの場合

左手パームで直角に握る(並行)ににぎる。
ロングサムで左手親指は真上、、右手は右側から握り、両親指が並行になるイメージ

  アドレスの手順
B1はパラレルタイプで、並行に構えた方が気持ちが良く、
1、ボールの後ろから目標を確認した後、
2、ボールと体との距離の分だけ、真横左に移動し、
3、そこからアドレスの位置まで真直ぐ歩いて行って構えに入ります。
  長方形の2辺を描くように歩く入り方が自然です。
右手でクラブを持ち、両足をそろえた状態で、ボールにヘッドをあわせます。
そして左足を広げ、右足をあわせて、右足軸のスタンスを取ります。
構えはスケアにするのが自然です。
そして真っ直ぐ立った状態から、両膝を前に出して、曲げ、骨盤を足首に近づける感じで縮めます。
(骨盤と足首が常に1本の線上にあるように)
そうすればしっかり土踏まずに圧力のかかった状態となり、そこから前傾します。
グリップ位置は体に近く、ハンドダウンに構えます。
グリップの握り方で自然にハンドダウンになります。

 左足下がりのアドレス

右手でクラブを持ち、両足を揃えた状態で、ボールにヘッドをあわせます。
このとき右足、右股関節、首の付け根が垂直に並ぶように立ちます。
そこから左足、右足の順でスタンスを広げますが左足を広げるとき頭をすこし
左に動かして体のラインを傾斜と垂直にして、肩や腰のラインを傾斜と平行にします。
これで右軸、傾斜なりのアドレスが完成します。
B1タイプは左下がりは苦手ですが、右足の内転筋(太ももの内側)にハリを感じ
ハリが抜けないようにスイングするのがコツです。そうしなければダブりやすくなります。

  左足上がりのアドレス

アドレスの仕方は左足下がりに準じますが右足軸のB1タイプは左上がりを得意にしています。

   トップの位置

4スタンス理論では一般的なトップ、バックスイングで、上がりきった場所をトップといいません。
B1は切り返えして、右手が右肩の位置まで下げてきたポジションがトップの位置になります。
トップの位置がA2-B1-A1-B2と順に低くなります。
バックスイングから切り返すときはクラブヘッドが円を描くように切り返します。

  インパクト

B1タイプは右足軸で、V字軌道で上からボールを捉えるイメージで
4タイプ中では1番インパクト重視で、フオローのイメージはきわめて短くていい

 フオローの大きさ

スイングの前準備(グリップ、アドレス)と同じくらい大事なのは目指すべきスイングの全体像
、フイニッシュを知ることです。スイングブレーンは真円でなく楕円となります。
右足を軸にするB1タイプはバックスイングはゆったり大きくなるけれど、フオローは早くたたまれます。
インパクトしたら腕を早くたたんで、クラブを巻き上げる動きが自然です。
右ひざが曲がったI字型フィニッシュとなります。

 リストターン

B1はパラレルタイプで背中を軸にした体面の入れ替えで打っていくので、リストターンを抑えている
ように見えます。
順番ではB2-A1-B1-A2の順で、リストが使われています。

 アームターン

リストターンは手首の動きだけでは語れません。
手前にある肘や肩と連動した動きで考えなくてはなりません、
B1タイプは肩が基点になるので、肩の付け根を軸にして腕と手がローリングしていくような動きに
なります。このようにしてリストターンと呼ばれる動きは実はアームターンというべきもので、手首
だけで動きを捉えるのではなく、腕全体で捉える必要があります。
このアームターンの動きは意識して行うべきか
基本的にはタイプにあったグリップ、アドレス、体幹部の使い方をしていれば自然に発生する
ものですから意識して動かすものでありません。
力が効率よく伝わる本物のインパクトを作るためには(ボールを体の真ん中でとらえる)ことが
絶対条件です。コアインパクトの法則です。

 重心の集まるポイント

体全体の重心位置はB1タイプはかかとよりになります。
重心の集まるポイント(部位)は「首の付け根」と「骨盤」に重心が集まります。
スイングする場合はこの重心が集まるポイントの位置が前後、左右、高低にずれないよう
安定させる必要があります。
これがずれてしまうと脳が(体が安定しない)と判断してしまいパーフオーマンスよりも
修正動作を優先させてしまうです。
重心のポイントがずれると簡単には戻れません。結局ずれたまま打つわけですが、
手が」早く降りたり、腰が開いたりしてしまうわけです。
そのため手を使ったので、手を使わないにしようとか腰を開かないようにしようとか
しますが本当の原因は重心のポイントがずれてしまっているので、いつまでたっても
悪い動きを直すことが出来ません。

  
 ブレスアイ(胸)の目)

首の付け根がブレスアイで、アイで常にボールを見つめるようにしておく。
B1タイプは首の付け根と左右の股関節の3角形を出来るだけ崩れないよう
首の付け根の背中側をぶれにようにします。

 肘を絞る

Bタイプは肘や膝を止めてしまうと、上手く動けません。フリーにしておきます。
固定感を求めるのは肘でなく左脇のしまる感じを求めていたり、そけい部(足の付け根の内側)
でしょう。
B1の青木プロもシャツを左脇で挟むようにして,締める感じが
 あります。 

 体は回すものでない

B1タイプはパラレルタイプで、1軸型になります。
パラレルタイプは右肩と右腰、左肩と左腰という同側同士のラインを意識します。
バックスイングでは左肩と左腰の間が縮み、ダウンスイングでは右肩と右腰が縮む感じにします。
決して体を回転する意識を持ってはいけません。体幹の入れ替え運動です。
実際には体幹部の交差するラインや同側同士のラインを伸ばしたり、縮めたりしてるだけで
胴体が回転しているように見えるだけです。
一昔前逆C型が良いとか1軸型が良いとかの論争ガありました。
逆C型  ジョニミラーA1 ジャックニクラウスB2 トムワトソンB2
1軸型  タイガーウッズA2 カーチスストレンジA2
1軸型が逆C型にしようと思えば体の負担が多くなり、故障の原因となります。

 上達を妨げる2大要因

① ゴルフスイングを振り子スイングだと考えること
② いわゆるトップの型を気にすること
ゴルフスイングを振り子スイングだと考え、いきなり、いわゆるトップスイングから
ダウンスイングを開始した場合体幹スイングが出来ず、手や腕のスイングとなり
、パーフオーマンスが発揮できません。
基本的に体幹部が動きやすい腕のポジションがタイプ別に決まっています。
B1タイプは右手が右肩の位置に来た時が ダウンスイングの開始ポイントです。

 練習方法

B1タイプのトップ位置は右手が右肩の位置に下りてきたところにあります。
プロが上手になりたかったら、アプローチの練習をしなさいというのはインパクトゾーンの
動きやボールをコントロールする感覚を見に付ける意味もありますが
更に(ここからならうちにいける)という実際のトップポジションをを確認するためにも
効果的な練習方法です。
そうやって小さなスイングで厚い打感というか、いい弾道の球が打てるようになれば
自然にトップ位置から打つという感覚が身についてくるはずです。
尚アプローチの距離感の出し方はバックスイングの大きさでなく、
同じバックスイングの位置からスイングスピードの強弱や、インパクトの強弱で
本能的に距離感をだしている
B1の横田真一プロはショートアプローチはヘッドの開きで、距離感を出して、
調節されています。



AD