樽抜栓の風景

テーマ:

24:00回った時に店内に居たお客様は、

樽を抜栓する瞬間を生で見れたのですが、

この機会に
公開
しちゃいます(笑)

飲んだけどその瞬間見たかったって声が大きいので・・・・。

↓最初はこんな状態です↓


↓一度立てて注ぎ口のコルクを抜きます↓


↓ボトルと違いそのまま引っこ抜きます↓


↓開けたら蛇口を打ち込みます↓


↓もう一度横にして↓
↓上のコルクに空気穴を開けます↓



↓完成これで美味しく注げます↓


↓おまけ↓
仕事後に飲みました。
ちょっと偉そうに
贅沢気分を味わってます(笑)


AD

「2012年は
出来が悪いから
美味しくない」

なんて言われてますが、

確かに美味しくないワインもありますよ。

二日酔いになったり、
翌日残ったりなどなど・・・・。


何で違うのでしょう?

簡単に説明すると、

出来の良いブドウだけを残して
ワインを造ること
が大切なのです。

毎年徹底してブドウを選果すること!

こだわりの生産者は
収穫量を減らしてでもワインを造ります。
(収穫が減る=ワインが減る=収入が減る)


これを徹底するから凄い!!

これが出来ないと、

病気のブドウや、美味しくないブドウが
ワイン造りに使用され、
殺菌なども含め酸化防止剤が多く使われます。

つまりは、

ブドウの質と酸化防止剤によって違いが出る訳です。
(他にも細かいことは多々ありますが・・・・)

今回は、

当店が仕入れている

ジュイヤールさんのヌーヴォーと、

某メーカーさんの、

ヴィラージュクラスのヌーヴォーを買って比較してみました。

味わいが全然違いますね。

一般的に流通しているものは、

酸化防止剤が多く含まれており、

その影響で甘味が増し、

色もガーネットのような紫の色になります。
(香を嗅いだり、色を見るとすぐに分かりますよ)

それが二日酔いや、片頭痛、

ワインが翌日残る原因にもなるのです。

結構面白いので比べてみて下さいね。

ワインは奥が深いです。

まだまだ勉強中でーす♪


AD

今年も2樽入れちゃいました!!

強気ですね(笑)

今年は

私、代表の鈴木が全幅の信頼を置いている輸入業者さんから購入しました。

なんとその輸入業者の社長さんが


「普通でない
ボジョレーヌーヴォー
を造りたい」

ということでオーダーメイドしている代物ですので、

あまりお見かけすることはない代物です。

なぜなら、そこにしか卸してないのですから・・・・。

どういうヌーヴォーかと言うと、
以前のブログ
で紹介してますのでそちらをご覧になって下さい。

↓手前がキュヴェ・シュヴァリエ↓
↓これをG¥980で販売してます↓ 
   


↓本来ヴィラージュクラスだが↓
↓税金対策の為にランクを落としてます↓



↓手前がル・シャピートル↓
↓世界で20樽しか生産されない↓
↓本物のオーク樽に入った1級品↓
↓こちらは18日のパーティー用↓


↓こちらはヴィラージュになってます↓

大分少なくなってきたので、
お早目にどうぞ!!


AD

1周年のお祝い

11月9日が1周年でした。

お祝いのお言葉、

お祝いのお花、

お祝いのシャンパン、

お祝いのケーキなどなど・・・・、


たくさんのお祝いを頂き感無量でした!!

なんとか1周年やってこれましたが、

まだまだ未熟なのも事実。

初心を忘れないように日々精進して参りたいと思います。

2年目も宜しくお願い致します。

4 Seasons LDK 代表 鈴木亮平

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
お祝いをくれた方々をご紹介させて頂きます。

↓Sea Dining Lian↓ 
↓代表取締役 田代雄二様↓



↓有限会社鈴鶴 鈴木明子様↓


↓ミウラバル様↓


↓lacunadelvino様↓


↓青二才様↓


↓土屋美咲様↓


↓Trip植野奏様↓


↓斎藤萌様↓


↓うかい亭表参道 白田様↓



↓鈴木友紀子様↓