「こやつめ、どうもパワーが落ちたようだの」

とエアコンの外蓋をパカっと開けてみるとフィルタが埃だらけ、というのはよくある話。

これじゃエアコンくんが頑張っても、ちゃんと風は出てこない。



ホコリがジャマをする



フィルターにホコリがたまったらどうするか?

簡単なことだ、掃除しちゃえばいいんだよね


………



うつ状態の時

心は不安、焦りなどのマイナス要素で埋め尽くされた

元気だった頃は何も感じなかったことさえ恐怖におののいてしまう

そんな時僕は抗うつ剤と安定剤をたらふく飲んでひたすら震えながら収まるのを待った



マイナスイメージがジャマをする



僕のココロの作りを想像してみた

ココロはその直前にマイナス要素をキャッチするフィルターがあるんだろう


ヨン様になりたくて 三鼎-こころ1

マイナス要素はこのフィルターに絡まって、できごとをマイナスイメージでココロに伝えてしまう

ヨン様になりたくて 三鼎-こころ2

さらにココロはマイナスイメージで伝わったことをフィルターにフィードバックしてしまい、フィルタのホコリはよりおおきくなってしまう

ヨン様になりたくて 三鼎-こころ3

これが負の連鎖

この状態に入ったらなかなか抜け出せない





そこでどうするか?

エアコンと全く一緒。

簡単なことだ、掃除しちゃえばいいんだよね




ヨン様になりたくて 三鼎-こころ4

フィルタさえ綺麗だったらココロは素直にできごとを受け入れられる。

逆にフィルタにホコリをためると(マイナス要素に執着する、ということになるのかな?)

ココロはいつまでたってもできごとをマイナスでしか捉えることができない。



簡単にいうけど、それができればうつ病なんかにならねーよ、という感じではあるが

次回はいま僕が実践している

「フィルターの掃除方法、掃除機のパワーアップ」

について書きたいと思う

ではでは~

(つづく)




AD
それは本当に突然だった

通勤中に目の前が真っ暗になった

幸い事務所の近くだったのでたどり着くにはたどり着いたのだが、自席に着くやいなや汗と震えが止まらなかった



その後、僕は「うつ病」と判断され半年休職して復職したが、4ヶ月でまたダウン。

正式に復職できるまで1年半を要した。



正直「まさか自分が?」と思った

悩めば悩むほど傷口は広くなり、どんどん闇の中に落ちていく。



主治医は

「物事にとらわれなさんな。それを自然のことと受け止めて、そして受け流しなさい。こだわりを捨てなさい。」

とアドバイスしてくれた。



それが簡単にできれば話は早いんだが、それができないからこその病気なんだろう

復職後も比較的プレッシャーの高い仕事(全く未知の分野、かつギリギリの日程)を任された際、うまく対処できない自分に対して怒り、焦り、悲しみを感じる毎日だった

ああ、まただめかな…

と思ったそんなある日



「最善はつくした。あとはどうなったっていいや。おこったことをそのまま受け止めよう」


そう思うことにした。

本当に自分でもその時なぜそう思ったのか分からない。

でも、なぜかそう思えたのだ。


それからの僕は湧き上がる感情を「ありのまま受け止めて、受け流す」ことができるようになった

それから格段に症状は良くなっていった。



しかし、ときどきキャパシティを超えて受けとめきれず調子を崩すこともある。

そのたびに「ありのまま受け止める」ことの意味をぼんやり考えるのだが

最近やっと自分自身の中で答えが出そうだ

きっかけはエアコンだった

(つづく)
AD

ボクの夢

テーマ:
漫画「ザ・ワールドイズマイン」でトシが要求した



世に棲む生きとし生けるものすべてが

自由に

平和に

平等に

美しく

明るく

楽しく暮らせる

幸福と

善意と

優しさと

愛に満ちた世界




この手で作ること



そう思ったんだからしょうがない

細かいことはやってから考える
AD