映画な日々。読書な日々。

読書、子育て、コスメ、グルメ情報等を中心に更新しています。


テーマ:
聖女の救済/東野 圭吾
¥1,700
Amazon.co.jp

会社社長が自宅で毒殺された。女性刑事・内海薫は離婚を切り出されていた妻を直感で疑うが、妻には鉄壁のアリバイがあった。捜査が難航するなか、湯川が推理した殺害方法は、「虚数解」。非論理的ともいえる思考が編み出した驚愕のトリックを、湯川は証明することができるのか。


図書館での予約がすごい数になっちゃっていたのでどうしようかなーと思っていたら、会社の先輩が貸してくれました。ありがとうございます!多分図書館だと1年待ちぐらいでした。


ガリレオシリーズの最新刊。そしてドラマのヒットを受けての最新作だからか、ドラマで勝手に作られた柴崎コウの役柄「内海薫」が登場してました。設定的には「ガリレオ」よりも前のようですが。そして湯川先生も、前より格好良く描かれていたように思うのは私だけ??


子供を持てないなら意味がない。義孝は1年以内に子供を産むことを前提に綾音と結婚した。しかし義孝と綾音の間に子供は授からず、義孝は綾音に離婚を切り出す。子供がいる結婚こそが、彼のライフプランだったからだ。そして「子供の産めない女に用はない。」と。


離婚を切り出された日のホームパーティーの後、綾音は家の鍵を助手の宏美に預けて実家へ帰る。戻りはいつになるかわからないという。そして綾音が留守にしている間に、義孝は自宅でコーヒーに混入されていた毒物・亜ヒ酸によって死亡した。


亜ヒ酸はいつ、誰が、どこに購入したのか。一番疑わしい妻の綾音には鉄壁のアリバイがあった為、捜査は難航する。


しかしアリバイがあっても、女の直感で内海は綾音に疑惑の目を向け、湯川に捜査の協力を求める。


そして湯川が推理した殺害方法は「虚数解」。理論的にありえるけれども、現実的にはありえない。トリックは可能だが、実行は不可能。そしてもし虚数解でなければ、これは完全犯罪になる。


それでも内海は湯川の協力のもと、捜査を進め、湯川が見つけた答えに辿り着こうとする。一方、綾音に特別な感情を抱いていた草薙は、別の犯人を見つけようと、義孝が過去に付き合った女性を探し始める。



面白かったです!

ただねー、こんなトリック、どう考えても一般人の私には想像するのは不可能。そして亜ヒ酸の混入方法に気づいた湯川先生は相変わらずすごいですが、こんな非合理的な方法を考え付いた綾音もすごい。


ちなみにこのお話は容疑者Xの献身と同じく、最初から犯人はわかっています。物語が始まってすぐに、「あなたも死んでください」という綾音の言葉があるので。


でもトリックを知って、その言葉を最初に読み違えていたことに気がつきました。綾音がいつ義孝の殺害を決意したか、私は完全に最初から勘違いしていました。


それにしても愛情と憎しみは紙一重なんですね。綾音の気持ちを思うと切ないです。綾音の結婚生活は果たして幸せだったのでしょうか?


ともかく義孝が自分の立てたライフプランを固持しようとするその徹底ぶりがすごいというか、なんというか。「子供を産んでくれる女が必要なのであって、家政婦や高い置物は必要ない」ってひどくないか?愛情はあっても、子供の産めない女はあっさり切り捨てるって、どうなのよ。そうやってあっさり切り捨てられちゃうということは、結局その愛情は本物じゃなかったんじゃない!と思ってしまいましたよ。彼にとっては産まれてもいない子供の方が大事なんですから。


義孝の考えには正直腹が立ちましたから、この計画を立てた綾音の気持ちがすごくよく理解できました。


今回はいろんな角度から真相に迫っていきます。

湯川に協力を依頼しながらも内海は内海で独自の捜査と推理をし、草薙は草薙で、綾音が犯人だと思いたくない気持ちを持ちながら、それでも冷静さは失なわずに草薙のやり方で捜査を進め、湯川は科学者としての視点で虚数解を導きだす。


湯川はギリギリまで内海にも草薙にも自分が導き出した答えを教えず、最後の最後、二人が捜査した結果及び推理を聞きながら、彼らに考えさせながら、二人がある答えにたどり着けた時に初めて自分の推理を説明する。内海の直感や、草薙が別方向から責めていった結果たどり着けた答え。綾音が殺害を決意した時期、殺害方法、そして実行まで、3人の力が合わさって解決できたという展開がよかったです。特にドラマや映画では全く存在の意味を感じなかった内海が、しっかり活躍していましたから。また綾音に特別な感情を抱いていた草薙も、感情に左右されることなく、しっかり警察官としての仕事を成し遂げたのは立派だと思いました。


それにしても「聖女の救済」とは上手いタイトルをつけたな、と思いましたね。そして湯川が「ありえない」と言ってしまうほど、理論的にはありえても、現実的にはありえない方法で殺害を成し遂げた綾音の思いを考えるとせつなかったです。


そうそう、福山雅治の登場は東野さん、ずいぶんサービスしてくれたなーと思いました。このお話もいずれ映像化しそうですね。


★★★★

コメント(17)  |  リブログ(0)

masakoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。