映画な日々。読書な日々。

本の感想、映画の感想(レビュー)を中心に更新していましたが、2011年出産につき、映画のレビューはしばらくお休みさせていただきます。
しばらくは読書、子育て、コスメ、グルメ情報等を中心に更新していきますのでよろしくお願いします。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

このブログはOL時代に沢山読んでいた本の読書感想と、沢山観ていた映画の感想を残したくてスタートさせました。

それから数年、1,000人以上の読者の方に支えられながら、現在は映画と本以外にコスメや食べ歩き、旅行、私生活などを綴っています。

現在は結婚、出産を経て子育て奮闘中でなかなか映画館に行く時間が取れない為、しばらく映画についてのレビューはお休みしておりますが、その他は継続中です♪



ブログ活動


宝石赤アメブロプレミアムメンバーズに選ばれました。
宝石赤AmebaGGゴールドメンバーに選ばれました。

宝石赤アルファメディアブロガーに認定されました。

宝石赤トリップアドバイザーおすすめBlogに選ばれました。

宝石赤本が好き!1級


ラブレターブログを通してのPR記事のお仕事の依頼を受付しております。ラブレター


各種商品のモニター、ブログ記事広告、バナー掲載等。

ご連絡はこちら ラブレターよりお願いします。



レビューの無断コピー、転記、引用は禁止させていただきます。

※相互読者登録、相互リンクの依頼は現在受付しておりませんのでご了承ください。


【レビューについて】

★3つが普通におもしろかったものです。それ以上はお勧めです。

※映画・本の更新ができない時期がありますがご了承ください。

※記事に関係のないコメント、不適切と思われるコメントはこちらの判断で削除致しますので、ご了承ください。



インデックスは下記リンクよりご参照ください。


本のレビュー一覧 作家名[あ行~た行]


本のレビュー一覧 作家名[な行~わ行]

映画のレビュー一覧[あ行~た行]


映画のレビュー一覧[な行~わ行]


masako_77をフォローしましょう  


NEW !
テーマ:

 

キャメロン&ガブリエル ヘヴンヴェール  3,456円(税込)


天使の聖油、天使の聖水でおなじみのキャメロン&ガブリエルから今年新発売されたUVベース。

SPF45 PA++++とUVA値、UVB値ともに高く強い日差しにも味方してくれます。


特徴は下記


●界面活性剤を一切使用せずに油分と水分と乳化できる画期的な特許製法の「三相乳化」を採用


●「界面活性剤・ナノ粒子散乱剤・紫外線吸収剤・シリコン・合成着色料・タルク・エタノール・パラベン・鉱物油・合成香料」は一切不使用


●合計で10個もの肌にやさしい低刺激な無添加を実現しながら、良好な使用感と高いUVカット効果をハイレベルで実現


●化粧崩れの原因となる界面活性剤は完全不使用だから、皮脂や汗で崩れにくく、肌の内側から輝くような艶と潤いをロングキープ


●従来の日焼け止めの重たさやベタつきとは無縁の「クリーム→乳液→化粧水」のようにテクスチャーが変化する新感覚のみずみずしい使用感

 

●全く白浮きせずになめらかに密着し、つけていることを忘れるほど軽やかなのに、紫外線とメイクの刺激から肌をパワフルに守ります


●日焼け止め化粧下地にも関わらず、厳選美容液成分85%の高いエイジングケア機能により、使うたびに素肌まで美肌へと導きます


早速使ってみました。

ベージュ色のクリームでチューブから出した時の見た目は普通のUVべースと変わりませんが、伸ばすとさらっとした液状になって、今まで使ったことのあるUVベースとは全く違う使用感なんです。


UVベースというよりも、乳液に近いテクスチャーで、とっても軽い付け心地。

肌への負担が全く感じられない、肌に優しい革新的UVベース。


これ、実際に手に取って使ってみないとのそのすごさはわからないと思うので、是非とも一度手に取ってみてほしいです。初めて使った時はかなり驚きました。


さらにUVA値もUVB値も高くてしっかり紫外線から肌を守ってくれるというのだからすごいです。

化粧のノリもよくて、かなり感動もの。


またとっても爽やかな香りで、この香りの良さはさすがキャメロン&ガブリエル。

これ、これから私の定番UVベースになりそうです。


毎回オマケで付いてくる品、今回はラベンダーの芳香剤。

こういうちょっとした気遣いもリピートに繋がるんですよね。


夏真っ盛りの今の必需品。

@csomeでも高評価なのがうなづけるオススメアイテム。

是非是非使ってみてください。

ヘヴンヴェール

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

少し前になりますが、日本のテーマパークTOP10で、ディズニーリゾートに続いて第3位を獲得している「ふなばしアンデルセン公園」に行ってきました。



駐車場は北駐車場と南駐車場の2カ所、そして臨時用で西、東駐車場がありますが、子連れの方はワンパク王国ゾーンに近い北駐車場が便利です。


北ゲートからワンパク王国ゾーンに行く途中に「平和を呼ぶ」像。

息子はこれを「太陽のおばさん」と命名していて、我が家では現在この公園名は「太陽のおばさん公園」となっております。




複合遊具「じゅえむタワー」


長ーいローラー滑り台のあるワンパク城

絶対楽しそうなこの2つの遊具、息子はなぜかイマイチ乗り気ではなく軽く遊んだ程度でした。


ワンパクボール島も最初はスルーしていたのですが、帰り間際に悪あがきのようにピョンピョン跳んでました。


息子のが一番気に入っていたのは水遊び。

にじの池という水遊びができる池の隣に、アルキメデスの泉というアルキメデスのポンプや足掛け水車などがあって、ここに大興奮だったんです。

ここだけで一日遊べそうなぐらいの勢い。ちなみにお昼前に一度遊び、夕方にも再度ここで遊ぶというお気に入りぶりでした。


足掛け水車は、普通は両足で乗ると水車が回るのですが、息子まだ体重軽すぎて乗っても全く動かず。夫に助けられながら一生懸命片足で。小学生ぐらいになったら回せるようになるかなー。




お昼はバーベキュー。なんとなく小旅行気分味わえていい感じです。


牧場のあいす屋さんのアイスもかなり美味しかった!ソフトクリームじゃなくてアイスです。


お昼を食べた後はボートに乗ったり・・・

アスレチックを堪能したり。


ちなみにアスレチックは面白いものがいっぱいでした。

息子のお気に入りはコレ。斜面走り。


お母さんも来てーと言われて登ってみたものの、中はこんな。

この傾斜を走り回るわけです。そして下に降りちゃったら上に登ってくるのが超大変なの。

斜めに歩くだけでもしんどくて、しかも上り口と下り口が違うから半周は歩かないといけなくて、上に登ったことを後悔(-_-;)

でも息子と夫はかなり長時間ここで遊んでました。


他にもどうぶつとのふれあいコーナーがあったり、汽車、乗馬などいろいろ楽しめます。

そうして一日遊んだ息子のズボンはこの通り。

開園から閉園の17時まで大満喫。

こどもの美術館ゾーンや自然体験ゾーン、花の城ゾーンは全く足を踏み入れることなく終了。

メルヘンンの丘ゾーンもボートだけで、童話館にも行く余裕ありませんでした。


これだけ広いと一日じゃ遊びきれないですね。


船橋は船橋でも結構駅からも離れているし、周りはかなりの田舎風景、レストランでバーベキューも楽しめたりと小旅行気分が味わえて撮ってもうよかったです。


私たちが行った日は朝天気が少し微妙な感じだったからか、思ったより空いていたので良かったです。

ゴールデンウィークとか夏休みはアンデルセン公園渋滞ができるほどの人気のようなので、また空いてる時期狙っていきたいな。


ふなばしアンデルセン公園

船橋市金堀町525

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

去年の夏休み、さいたまスーパーアリーナで開催されていた『魔法の美術館』。

今年の夏休みは新宿の損保ジャパン日本興亜美術館で開催されています。


息子は「Splash Display」をかなり気に入って、その後も何度かSplash Displayのスポンジを投げるのをやりたいと言っていたんですよね。


今回の展示作品を確認したところ、Splash Displayあるある!

というわけで今年も連れて行ってみました。

ちなみに去年のさいたまでは子供も料金がかかったのですが、今回は中学生以下無料なんですよ。

大人の料金も去年より安くて当日券で1,000円。


今回は週末ではなく平日午前保育の後、午後14時ぐらいに行ったのですが、混雑してなかったので体験しやすくて良かったです。去年は結構並ぶからとやめちゃったものもあったし、TRANSFORMなんかはかなり頑張って並んだのですが、今回は2人ずつしか体験できないものでも何度もできたので、同じ時間会場にいても内容が濃かった気がします。


手に持った真っ白な本に物語が映し出される「がそのもり」
 

これは去年もあったけど、すごい人で真っ白の本が全然回ってこないし、スペース内を歩き回るのもままならなかったけど、今回はさすが夏休み前の平日!御覧の通りここ貸し切り状態。


Splash Displayは結構人気だったけど、それでも人の後ろになっちゃうことはなかったし、何度もスポンジをもらえて、かなり何度も堪能していました。

カラフルな玉を自分の影ではじく「Immersive Shadow」

これもかなり楽しかったようで、ジャンプしたり横に走ったりしながらボールを飛ばしてました。


あとは作品名がわからないのですが、蝶が舞っているスクリーンの前に立つと3色の自分の影ができるもの。

蝶を追いかけるように走り回っていました。


そしてこちらもタイトルわからないのですが、椅子に座ると横にあるスクリーンに時間差でもう一人の自分が現れるというもの。

これがすっごく面白くて大爆笑。

息子、大興奮。


こんな風に手を伸ばすと繋いでるみたいになったり

じゃんけんしてみたり。

息子があまりにもおかしな動きをするものだから、近くにいたおじさんが面白がって、しばらく息子のあとをついてきて息子の行動を笑いながら眺めてました。


15作品あり、最後まで行ったあとにまた戻ったりし、滞在時間は1時間ちょっとぐらい。

楽しめました!


8月28日まで開催しているのでご興味ある方はぜひ。


魔法の美術館

会期:2016年7月12日(火)~8月28日(日)
休館日:月曜日(ただし7月18日は開館。翌火曜日も開館)
開館時間:午前10時から午後6時まで※入館は閉館30分前まで
会場:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所:東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階


【観覧料】

・一般:1,000(800)円
・大学・高校生:600(500)円
・シルバー〈65歳以上〉:800円
・中学生以下:無料
※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金

コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。